人気ブログランキング |
<< 人生哲学・言葉とは 人生哲学・ しあわせになるコツ2 >>

人生哲学・病気とは


ひとりさん流・病気について。


これ実は書きたくないのです。なぜならば書きだしてしまった以上、
多少なりとも努力しなければいけなくなるから。
あ〜私の努力は3日坊主にすらならない...
っということで、全くできていないと告白した上で書いてしまいます。



病気になる人の原因


自分が許せないんだよ。
うちの親が許せないのです。誰々が許せないのです。
という人は最終的に自分が許せない。

幸せになりたかったら、自分を許すって言うの。

「私、親がどうしても許せないんです」
「親を許せない自分を許すって言うの」

ゆるすってゆるむっていう意味なの。 許すって言うと、体の硬直が緩むの。
硬直させておくと交感神経がもろに働いて、顆粒球やなんかが働きだすと、
自分の体を破壊していってしまうの。
今は免疫学でそういうのがわかってきた。


自分を許すと口に出して言えばいいの。たったこれだけ。


「ひとりさんからそうやって教わったのに、私は人を許せないのです」
「教わったのに許せない自分を許すって言いな」

人を許せないと体に硬直がおきる。
許せない状態って、だらっとして、許せませんという人は少ないでしょう。
たいがいそういう人はどっかに力が入ってるんだよ。


いつも頭が痛いんです。
目の上が頭が痛いとしたら、誰か目上の人で嫌ってる人がいるだろう。
そういう人がいると目から上に硬直が起きる。だから頭が痛くなるんだよ。だからそれよしな。

首が痛いんです。首は頭と胴をつなぐところです。
だから人間関係にトラブったり、腹を立てていると首が痛くなるよ。同級生でもいいんだよ。

目下の人に腹を立てていると、腰が痛くなる。子供のこととか。

怒っていてもぐっと押さえて何も言わないんです。
怒りをぐっと押さえているとどこに行くと思う?
腰にたまって痛くなる。

私は言っちゃってるんです。
言っちゃってると腰も痛くなった上に、人の恨みも買う。

手のここにふくれができた。これは何の因果でしょう。
手先で使っている人、部下の人に腹を立てている人がいるでしょう。


こういうことになってるんだね。たったそれだけ。


癌になる人に癌になる前にどういうことがありましたか?
と調べていくとみんな同じような経験がある。
原因があるから結果がある。


因果ってこわくないのよ。
お水を飲んだらおしっこが出たということと同じこと。
たったそれだけのことなの。


癌になる人は、頑張り過ぎか、頑固な人。
人生頑張りすぎちゃだめだよ。あまり頑固になってはダメだよ。


頑固をやめたら治るの。


胃が悪くなる。食べものに対する感謝が足りない。
人が傷つくようなことを平気でがっと言ってしまうと、知らなかったとしても、腸をやられてしまう。
それに頑固、頑張り過ぎが加わってしまうと、腸癌になってしまう可能性が圧倒的に高い。
肺癌は心配し過ぎ。心配事の強い人、責任感が強い人、そういう人は肺をやられてしまう。


人間なんて、神経、魂、肉体しかないの。
肉体の間違いは食べものの間違いだけなの。
あとは考え方の間違いなの。


私の場合何が悪いのでしょう?
そんなことはどうでもいいの。
それよりもこっち「天国言葉」を言おうよ。
そしてこっち「地獄言葉」をやめようよ。



「天国言葉・地獄言葉」は前エントリーで紹介しました。


病気になる人は「地獄言葉」を使ってるんだよ。



それとね、人間って食べ過ぎだからダメなんだよ。



体の中には顆粒球やなんかがあってね、癌細胞でも何でも食い殺してしまうようになってるの。


お腹が減っている時間がないといけないの。
3回も食べてはいけないの。
今の人は3回も食べる程働いていないの。


お腹を減らしていれば、その間に白血球だって、お腹が減っていれば、悪いものも全部食べちゃうの。
それを、お腹はすいていないけど、時間だから食べるけど、
野生の動物は腹が減ってから獲物探すんだよ。それからやっと捕まえるんだよ。


それがいやなら草食動物になっちゃいな。草食動物ならのべつぐしゃぐしゃ食ってたっていいよ。
でも肉食とかそういうことをするのだったとしたら、それはだめなんだよ。


だから朝食を抜けば、お腹がへる時間ができるから、
この時間にに悪いものでも何でもやっつけちゃうの。
癌細胞なんて一日300個くらい誰でもできるの。
みんなやっつけちゃっているんだよ。
だから腹一杯にしちゃダメだよ。


やまいだれに 品物の品 いろんな品を山ほど食べると癌になる。
字に書でてあるでしょ。


だから食べすぎちゃいけないんだよ。それをまず一つ気をつける。



それから人間は脚を使って何万年も生きてきたから、脚を使わなければダメなの。
いくら便利になっても、脚を使わなければ病気は治らないようになってるの。
1日続けて20分歩くの。


今の人は、食べ過ぎの上に、運動不足なの。どんな薬も効かないの。


人間って、お腹減らす時間があって、脚を使って運動して、
それで「ツイてるね〜、ありがたいね〜」って言ってれば、
それでいいんだよね〜。


世間でいわれる“がんばる“は、『頑固に意地を張る』という意味なんだけど、
そうやって神経を張りつめているから、人生がおかしくなちゃう...


天の神様は、


『晴れ晴れとした顔をしなさい。顔晴(がんば)れば、しあわせですよ』


と言っている。


だから、


精一杯 顔晴りましょう!!!






今回はまるっきり斉藤一人☆15分間☆ハッピーラッキー付属のCD「つやこ49」(47分)からの抜粋でした。



さて、CDからの抜粋をあともう一回。
私にとっての耳の痛い話は続きます。。。
by simplicity_circle | 2010-11-01 07:55 | スピリッチュアルに!
<< 人生哲学・言葉とは 人生哲学・ しあわせになるコツ2 >>