<< 炭素循環農法でベランダ菜園 ♪ ファンになりました! >>

白龍と木こり

このあいだの「福はうち」

瞑想からこんなヴィジョンを告げていただきました。

白い川のような龍がでてきてね
あ〜、龍神ちゃまか〜、だからこの方頑固なのね〜〜と思ったそうです。
そして、その白龍はお空に向かって、真っすぐ上に飛んでいったそうです。

同じ瞑想中、他の方からは、真っすぐの白い線が見えて、
なんだろう「滝」かな???と思ったけど、ああ龍だったんだ。
とも伝えて頂きました。

実はその内容に、内心びっくりしていました。

っというのは、その日の朝に「すべては宇宙の采配」を読み始めましてね、
木村さんがはじめて不思議現象に出会ったときのエピソードが「龍」なんです。

「ああ、そろそろ帰っていくんじゃないかな」と思った瞬間、
空に向かって一直線に飛んでいったのです。
くねくねとした動作ではなく、真っすぐに飛んでいきました。


本を読み終えて、すっかり木村さんのファンになった今、
そのヴィジョンのシンクロはとっても嬉しいものとなりました。
なんかこちらについて行きなさいという道しるべを頂いた気分です。


そしてもう一つ大きな道しるべを頂きました。


これまたその瞑想のときのヴィジョンで、
どうやら私の過去生の一つのようです。


木こりの人生、ロッキー山脈?アパラチア山脈?(あれっ忘れちゃった!とにかく北アメリカ)
樹齢何百年という大きな大きな木を倒そうとしているそうで、
そんな大きな木を切ってしまっていいの???と聞くと、
この木はもう役には立たない。おがくずにする。
この木がそうやって土に還る事を望んでいる。それが自然の摂理。
と答え、生命の循環、それぞれの役割を熟知した上で、
強い信念のもとで木を切っていたようです。
おがくずの香りを嗅いで、この木はいい、だめだ、と判断できたようです。


このヴィジョンもとてもとても嬉しいものでした。


わかりました???


おがくずですよ!


今の私がたどり着いている目指したい道は「炭素循環農法」です。


おがくず=炭素 です。
微生物に餌である炭素をたくさん与える事によって、土の中の微生物を活性化させて、
腐敗型ではなく、発酵型の土にする事によって、
土のエネルギーを最大限に活かそうという理論なんです。森の土がお手本です。
(プロの方には森の土より更に炭素比をあげてより収穫量を高めようと言う考え方です。)


そんな自然の摂理を知っていた過去生があって、現在の目標とシンクロしているなんて!


こんなに勇気づけられる道しるべはありません!!


しかし今の私は、無知の無智に不器用ときています。どうしましょう....


この道を行きなさい。自分のためだけではなく、人のためにも。
準備は整っているというメッセージを頂きました。
立ち止まっている私が見えるそうです。


っということで、自分に発破をかける意味で書き残しておきます。



太く表せ

もう流れは出来ている

一歩踏み出せば動き出す

足並みを揃える必要はない



っということで、ようやく土作りを始めました。


それは次回に!
[PR]
by simplicity_circle | 2010-09-15 00:00 | 自然に還ろう!
<< 炭素循環農法でベランダ菜園 ♪ ファンになりました! >>