人気ブログランキング |
<< 天上と地上を結ぶ道 「新月の願いごと ワークショップ」 >>

恐れや不安を解き放つ デトックスの時


今日の「シリウス文明がやって来る」のメッセージ 

「弥勒の世」の世界へ いらっしゃい
そこには あなたが思い描いていた
希望のすべてがあります

いらない荷物は 捨てておいで
あなたたちは 余計な怖れや不安を
抱え込み過ぎています

それらは 全く必要のないもの

新しい世界へ入るためには
あなたを その正反対の状態に置かなければ
到達出来ないのです

それは 楽観や平安というもの

心と思考に いつでも その感覚を宿していれば
わたしたちは いつでも あなたの隣りにいます”



昨日の新月のワークショップでも、Naomiさんの誘導で、本当の私が欲しいものが見えて、
一つクリアになった気がしています。その事を書く前に。。。


出すものは出さなければとYosshiさんもおっしゃっています。


今デトックス、手放しが私の中で差し迫った課題と感じています。


今朝方の皆既日食は、Kagariさんによると、地球地表上、全てに心と魂の浄化のためのデトックスを促進させているそうです。

心と魂の浄化において、デトックス作用を促進させるために、
非常に大切であることは、「素直さ」だそうです。

何かと自信のない私ですが、素直さだけには自信がありますよ!!^^



さて、そんな気持ちを抱えていた私が昨日の夜、偶然!?クリックした動画
Cocccoの言葉に心が揺さぶられました。





「自分の“痛い”を出す。それが歌うこと」
「ひとつ“痛い”を出せば、ひとつ“やさしい”になる」



包み隠すことのない、強く、あまりにも純粋な魂。
摘んでしまうにはあまりにも儚くて、もろい、花のような魂。


美しい魂。彼女のむきだしの感情が、魂を揺すぶります。


そんな彼女を感じるだけで、強烈なデトックスを感じます。


自分の“痛い”に蓋をしてはいけないと、私の魂も私に語りかけているようです。



見せたくないところは、隠しておきたいです。
さらけ出すということには痛みをともないます。
でもその作業が、自分を浄化していくのだとしたら、やらざるを得ませんね。。。


***************************************************************************************************


自分には、今はあまり負の感情はないと、自負していました。
怒り、憎しみ、恨み、妬み、嫉妬と言った、強い負の感情に苦しめられる事はないので、
そう思っていました。


でもね、小さな不満、自信のなさ、傷つきやすさ、人間関係への不安、
といった小さな否定的な気持ちは、日々の生活で、よく顔を出していたのです。


これって、完璧に負の感情ですよね〜。


人間関係においての、恐れや不安を手放せない私がいたのです。


気がつくと当たり前の事なんですけど。。。


そんなものあって当然。なかったら人間卒業。と思って、開き直っていたところがあります。


最近、それを厳しく指摘してくださったありがたい方がいらっしゃって、
心の底からの深い感謝を感じました。


魂の向上のために、今この世に生を頂いているのですから、
少しずつでも負の感情を手放すことが、人生の目的。


文章で読んで頭で納得するのは、本当に簡単です。


でもそれを本当に心で理解して、日々の生活で実践しているかは、別の次元なんですよね。。。
ここ本当に難しいところです。



私、人との関係に、自信がないのです。
いつも嫌われちゃったかな?と相手の顔色を伺ってしまうのです。
これが不安の原因。

嫌われても死ぬ訳じゃないと言い聞かせてるんですけどね。。。


小さな不満が出るのは、価値観の違いを大きく感じる時です。
精神的に疲労感を感じます。


怒りに到達することは大分少なくなってきています。
親など、そのエネルギーが上の目線から高圧的なものだったりすると、
ムカッと怒りに走りそうな自分がまだいます。
旦那や子供家族に対しては、まだプリプリ怒ることは多いかな。。。


自信もないのにプライドも高い。こまったやつです。


でね、その理由をよくよく見ていくと、やっぱり同じインナーチャイルドにたどり着くのです。


根っこには、


「私、頭も悪くて、要領も悪くて、不器用」といじけていて、でも、
「私、頑張ってるの!お母さんに認めてもらいたいの!」という心の叫びがあるのです。


自信がなくて、否定される事が痛くて、怖いのです。


あちらこちらで顔を出している私のインナーチャイルド。見つけては、
ぎゅーっと抱きしめてあげて、

「ありがとう小さなSimちゃん、がんばってたね。もういいよ、大丈夫だよ、ありがとう」
とその想いを宇宙にお返しするようにしました。


それでも、顔を出していることに気がつかないこともまだ多いのですが、

繰り返していくうちに、必ず、もっと見つけるのが上手になるし、
浄化が上手になれば、回数も時間も少なくなっていくそうです。


ありのままの自分を受け入れて、自分を愛するって、本当に頭で考える以上に難しいです。



「ブレーキをかけておいて、この車は走らないとこぼしているのと同じだ」



鈴木鎮一先生の言葉だそうです。

ブレーキをかけるのは、自分。

ブレーキを全開にして、目的地へのドライブを楽しみたいものです。
by simplicity_circle | 2010-07-12 13:42 | スピリッチュアルに!
<< 天上と地上を結ぶ道 「新月の願いごと ワークショップ」 >>