人気ブログランキング |
<< オーストラリアの農薬事情 「自然界の驚くベき不思議」No.1 >>

「自然界の驚くベき不思議」No.2

Phenomenal Wonders Of The Natural World つづき。

「自然界の七不思」Part2

※意訳、ならず、異訳注意報!
ちゃんとした説明はあちらの ↑ のページでご確認くださいませ。



Sinkholes 陥没
b0113192_21542969.jpg

長い年月をかけて、水によって、浸食された地盤は地上のものを含めて、時に突然、地下へ大陥没させてしまうことがあるのです。 多くの陥没は自然に起こりますが、人間の活動が影響をすることもあります。 壊れたパイプから水が安定していた地層にしみ込む事によって、浸食が進んで、空洞を開ける事もあります。都市部での陥没は道路やビル丸ごと飲み込んでしまう事もあるのです。

※シリウス文明のKagariさんの グアテマラで大陥没:洪水が原因?では竜巻が原因と説明がありました。竜巻??う〜んちょっと信じがたい。




Penitentes
b0113192_21545638.jpg

ピークフードをかぶったニューメキシコ修道士(上記の右下)の名をとって名づけられたPenitentesは、太陽の方へ鋭い角度で突き出し、まぶしいばかりに自然に形成された刀状の氷です。めったに高い高度で以外見つからなくて、彼らは人間より高く形成し、広大なフィールドになる事もあります。氷が特定のパターンで溶けて、そのピークの形状ができ、これらの形態がそれら自身を冷やし、最終的に溶けるプロセスを遅らせます。




Lenticular Clouds レンズ豆雲
b0113192_21553598.jpg

これまで従来の伝統的なパイロットには避けられてきましたが、上昇気流にのり長距離飛行をするグライダーには愛されています。この強く内部に上昇させる力を持つ大きな塊の雲はグライダーを高みへと連れて行きます。よく未確認飛行物体、もしくは、その人工的なカバーであると間違えられます。 通常、山のような大きな土地物を回っている間風が速くなって、レンズ雲はつくられのです。

※シリウス文明のKagariさんの 光のネットワークに繋がれば、地球外生命体とのコンタクトは自由自在で説明がありました。光のネットワークに繋がると瞬時にそれが何であるか認識できるそうです。

おもしろい動画を見つけちゃった。サウジで撮られた不思議な雲の動画




Light Pillars 光柱
b0113192_21563345.jpg

光柱は無気味に直立した明るい柱として空に現れます。そして、明かりはその光の源を表さずに、上空に光を放ちます。これらは光が氷の結晶に反射する時見る事が出来ます。反射する光源は太陽(写真上2枚)、地上源 街頭や公園のライト等 (写真下3枚)どちらでもおこります。それらのしっかりした光の柱の表れ方にもかかわらず、その影響は全くもって、 どこから見ているかによって、見え方が違います。




Sundogs 幻日
b0113192_21571086.jpg

光柱の様に、幻日は氷晶の中を光が通る事によって出来る現象です。
詳しい説明は wiki でよろしく!
幻日は古代から推測され議論されてきました。太陽についての様々な特質の記述がある書面での記録は古代、エジプト、ギリシャまでさかのぼります。




Fire Whirls 火災旋風
b0113192_2157435.jpg

火災旋風 (別名火悪魔または竜巻)は 最高に状況の正しい組合せがあった時に、激しい火の中や火の周りに現れます。火災旋風 は地震と雷雨などによって引き起こされる事もあります。 発生した領域から離れた所へと移動し、熱または炎がきていない半径でさえ荒廃と死を引き起こすため、非常に危険性が高いです。火災旋風は高さはほぼ1マイル、風速100マイル以上、そして20分以上保ち続ける事が出来ます。



Orange Moons
b0113192_21581250.jpg

一般的に見られる、水平線に低く見える、オレンジ色の美しい月。
月が地平線より低く見える時、それに反射している光の光線はゆっくり黄色、オレンジ、赤以外のすべてをはぎ取る相当量の我々の大気を通らなければならない。

※う〜ん、よくわかんない。訳ギブアップ。とにかくミステリアスな月っということで終わり。
月って本当にミステリアス。月って人工衛星らしいです。「鳥類が方向感覚を失ったら、地球地表上全体がゼロ磁場へと近づいている」月の裏側、宇宙基地、宇宙連合、そんな事が気になります〜。

今ちょっとおもしろそうなサイトを見つけちゃった♪
後でゆっくり読んでみよう。
by simplicity_circle | 2010-06-14 00:02 | シェアしたい事
<< オーストラリアの農薬事情 「自然界の驚くベき不思議」No.1 >>