<< 人 作物 地球 「炭素循環農法」が気になります >>

キノコ菌


炭素循環農法「キノコ廃菌床の正しい使い方」より 


キノコを育てた後の、使用済み培地を廃菌床と言うそうです。


廃菌床は土(土壌微生物群)にとって完璧な完全食品。

活きの良い新鮮なものを、土に混ぜるだけ。菌が生きていることだけが使用条件。絶対条件。

キノコの種類を問わず、畑にキノコが生えるということは、土が良くなっている証拠。
キノコ菌も有用微生物の一つ。
有用微生物に適した土壌条件は、作物にもキノコにも適しています。



キノコ菌の活用、なんだか、ワクワクしちゃいません??


って、庭すら持っていない私は、読むだけで夢を膨らませています^^



でもね、ひょんな事から、ここオーストラリアでも、
普通にマッシュルーム・コンポストが活用されている事がわかったのです!!


ブログを通じて知りあった、和香蓮さんの日記「Eumundiでのお仕事」で紹介されていました。




将来Sunshine Coastに見学に行く事も可能なのです!

自然農を見学しにCowraにも行きたいし、考えるだけでワクワクしてしまいます♪




さて、キノコの話でも、またまた「シリウス文明」のKagariさんに戻ります。



キノコというものはスピ的に見てもこんな意味があるようです。

シリウス星系で生息している自然界の種で、
伊邪那岐命(いざなぎ=オシリス)さんと
伊邪那美命(いざなみ=イシス)さんが、
降ろして来たと云っています。

キノコは漢字で、「茸」と書きますが、
この漢字の意味は、

“自然界の音を聴いて”

という意味で、地球人類の霊的な機能を、
保持するために存在している種です。


「キノコ類と雷との相関関係」より


「妖精の輪」に収穫量増やす効果 静岡
b0113192_2119441.gif

キノコに含まれる物質が周りの植物の生育を手助けする(静岡大学大学院提供)(写真:産経新聞)

静岡大学大学院は18日、科学的に未解明だった輪状に芝が色濃く生え、その後、キノコが生える「フェアリーリング(妖精の輪)現象」を引き起こす物質が、農作物の収穫量を増やす効果を持つことを突き止めたと発表した。

フェアリーリング現象とキノコの関係は、
“自然界のお祭りの儀式”として、
妖精たちが行なっています。

それが、円状になるのは、妖精たちなりの、
真なる太陽信仰を表現したものです。

妖精たちが踊りながら、

フェアリーリング現象を起こしているときに唄う内容は、

“自然界の輪の中に入って その音を その声を
「内なる声」で聴き取るために

わたしたちは踊る ひとり またひとりと
楽しい仲間が 輪の中に入ってゆくのを”


「霊的なアンテナを張り巡らせる方法」より 




なんだか、とってもおもしろいです!
[PR]
by simplicity_circle | 2010-06-03 00:00 | 自然に還ろう!
<< 人 作物 地球 「炭素循環農法」が気になります >>