タグ:福はうち ( 15 ) タグの人気記事

現実逃避

ここ最近書いていることですが、私にとって本当にたくさんのたくさんの大きな気づきがやってきています。書くのが追いつかない程なんです。

今年、私にとって、かけがえのない出会いがもたらされたと感じています。
心がずっと深く求めていた事柄を、こんなにも充足感を持って会話できる人に、
これまで会ったことがありませんでした。
いい悪いを言っているのではないのです。
ただ世界観がとても似ている人と出会えた喜びを感じているのです。

そのお友達との会話の中での気づきから、考え方ががらっと変わっています。
とは言え、それが行動に現れるまでは、これが亀の歩みでなかなか進みません(笑)

そして、その気づきをすぐ忘れてしまわないように(笑)
ブログに書いて、自分の思考を整理して、記録しておきたいのです。 


久しぶりに、2年前の自分の「かぶとたまねぎ」を読みました。
あの頃、ノブちゃまをメインにその他のワークショップやセッションに参加することで、
自分のトラウマを知って、それがどんな風に自分の思考に影響を与えるのかということを、
認識していったんたんです。しかしノブちゃまの切り口がすごかったです!

それでもあの頃は、トラウマに気がついたはいいけど、一体全体どうしたらいいのやら。。。。
と考えあぐねていました。

でも2年経ってみると、気がつかないうちに、全然違う自分がいることに気がつきました!

あの頃のように人の顔色を伺っておどおどする自分がいなくなっているのです。
今は自分の中に判断基準を持ってしまって、他人に判断基準を置かなくなっているのです。

かなりふてぶてしいです(笑)
そして心はとてもすっきりしています。

あの頃、ノブちゃまに、あなたはここをしっかり見つめれば、あと大きいのはないわよ!
と言われほっと一安心していました。

ノブちゃますごいです!

そして今になってわかるのは、私の心の世界のお勉強はノブちゃまのおかげで、
あの時ひとつの山を越えていたんだということ。
もちろんこれからも山はやって来ることでしょう。なにしろ本当に未熟な人間ですから(笑)

でもその山が次にやってきた時に、また心のお勉強に入ればいいのであって、
現在は、いつまでも心の世界のお勉強に時間を費やすより、学んだことを糧に、
その時間を、行動や表現にあてるべきなんだと気がついたのです。

「人生とは自分が何を表現するかなんです。」

と前述のお友達から言われて、なるほど〜と思いました。

「何を語るかではないんです。何を選択して、何を行為にしているかなんです。」
「そしてその一つ一つの選択・行為・行動が、その人が人生で表現したものになるのです。」


この言葉も、私にとって、大きな気づきとなりました。


幸いにも、心のお勉強をしてきたおかげで、私にとって何が大切なのか、私は何をしたいのか、
明確に見えています。

私は心の世界をきわめてその道でお仕事をしていくようなカウンセラーやヒーラーさんになりたいわけではないのです。

私がこの人生で表現したいことは、現代文明の技術と知性を持って、人類が自然と共生して生きていくには、人間はどう考え、どう行動して、生きていけばいいのかということを模索して、それを実行にうつして生きていくことなんです。

なのに、いつまでも心のお勉強のワークショップに通ったり、ネットにかじりついたりしているのは、私の場合は、まるで試験前に机の整頓を始めて、部屋中の大掃除になって、ついには家具を移動して模様替えをしているような、現実逃避だったのです(笑)

で、私が今実際にやらなければいけないことは。。。。(もとい、やりたいことは!)

とにかく「暮らし」ですから、手作りすることです。料理、パン、石鹸、保存食、裁縫、etc.....

どれもこれも、主婦のスキルです。普通に器用な人はなんなく、ちゃっちゃか、ちゃっちゃか、簡単にできてしまうことです。

でもね、これがね、私には、本当に難しいのです!!!!
不器用で面倒くさがり屋の私には、とてもとてもとても敷居が高くて、逃げたいことなのです。

それなのに、なんで、やりたいのかしら!?
やりたくないけど... でもやりたいのです! 
どうしようもないですね。私(笑)

だから、「まずは知識の収集、お勉強」と言って、いつまでもこうやって、ネットや本にかじりついている、現実逃避をやめなければいけないのです。(もといやめたいのです!!)


これも最近の大きな気づきの一つです。


はぁ〜〜〜、きっとブログも現実逃避だな(笑)


それでも気づきを記録したい。。。。


ということで、今しばらく、のろまな亀の私は、現実逃避を続ける予定です(笑)
[PR]
by simplicity_circle | 2012-07-27 17:07 | 地上に楽園を!

白龍と木こり

このあいだの「福はうち」

瞑想からこんなヴィジョンを告げていただきました。

白い川のような龍がでてきてね
あ〜、龍神ちゃまか〜、だからこの方頑固なのね〜〜と思ったそうです。
そして、その白龍はお空に向かって、真っすぐ上に飛んでいったそうです。

同じ瞑想中、他の方からは、真っすぐの白い線が見えて、
なんだろう「滝」かな???と思ったけど、ああ龍だったんだ。
とも伝えて頂きました。

実はその内容に、内心びっくりしていました。

っというのは、その日の朝に「すべては宇宙の采配」を読み始めましてね、
木村さんがはじめて不思議現象に出会ったときのエピソードが「龍」なんです。

「ああ、そろそろ帰っていくんじゃないかな」と思った瞬間、
空に向かって一直線に飛んでいったのです。
くねくねとした動作ではなく、真っすぐに飛んでいきました。


本を読み終えて、すっかり木村さんのファンになった今、
そのヴィジョンのシンクロはとっても嬉しいものとなりました。
なんかこちらについて行きなさいという道しるべを頂いた気分です。


そしてもう一つ大きな道しるべを頂きました。


これまたその瞑想のときのヴィジョンで、
どうやら私の過去生の一つのようです。


木こりの人生、ロッキー山脈?アパラチア山脈?(あれっ忘れちゃった!とにかく北アメリカ)
樹齢何百年という大きな大きな木を倒そうとしているそうで、
そんな大きな木を切ってしまっていいの???と聞くと、
この木はもう役には立たない。おがくずにする。
この木がそうやって土に還る事を望んでいる。それが自然の摂理。
と答え、生命の循環、それぞれの役割を熟知した上で、
強い信念のもとで木を切っていたようです。
おがくずの香りを嗅いで、この木はいい、だめだ、と判断できたようです。


このヴィジョンもとてもとても嬉しいものでした。


わかりました???


おがくずですよ!


今の私がたどり着いている目指したい道は「炭素循環農法」です。


おがくず=炭素 です。
微生物に餌である炭素をたくさん与える事によって、土の中の微生物を活性化させて、
腐敗型ではなく、発酵型の土にする事によって、
土のエネルギーを最大限に活かそうという理論なんです。森の土がお手本です。
(プロの方には森の土より更に炭素比をあげてより収穫量を高めようと言う考え方です。)


そんな自然の摂理を知っていた過去生があって、現在の目標とシンクロしているなんて!


こんなに勇気づけられる道しるべはありません!!


しかし今の私は、無知の無智に不器用ときています。どうしましょう....


この道を行きなさい。自分のためだけではなく、人のためにも。
準備は整っているというメッセージを頂きました。
立ち止まっている私が見えるそうです。


っということで、自分に発破をかける意味で書き残しておきます。



太く表せ

もう流れは出来ている

一歩踏み出せば動き出す

足並みを揃える必要はない



っということで、ようやく土作りを始めました。


それは次回に!
[PR]
by simplicity_circle | 2010-09-15 00:00 | 自然に還ろう!

福はうちから 「蕪と玉葱」


私ね、つい最近まで本気で
「こんな平々凡々な私の人生にインナーチャイルドなんてない!」
と思っていたんです。笑っちゃいますよね〜^^

けれどものぶちゃまとのワークのおかげで
「自信がなく劣等感の強い小さい私」がでてきてしまったのです!!

でてきたそれは、まるで「おおきなかぶ」でした。

の「そこに確かにはえているわよ」
し「宅の庭は花畑ですのよ、ホホホホホ〜」
の「ほらそこにでっかい葉っぱが・・・」
し「またまた、のぶちゃまったら♪ 気のせいですってば!」
 「あっでも野菜を否定している訳ではないんですのよ〜」
の「あのね、しむちゃん花畑って信じたい気持ちはよくわかるんだけど・・・」
し「あらどうしましょう、さすがののぶちゃまも幻想をみていらっしゃる...」
 「私もできれば野菜ぐらいとれる庭だったらよかったのになんて思ってるんですのよ〜」
 「でも野菜がとれるような庭ではないみたいですの〜。ホホホホホ〜」

これが去年の8月のやり取りでした。

そして今年の3月についにその葉っぱが引き抜かれました。
それは本当に「かぶ」でした。お花ではなかったのです。。。
それも「うんとこしょ、どっこいしょ」の「おおきなかぶ」
幻想を見ていたのは、どうやら、本当に、私だったのです。

さて、花畑から収穫してしまった「おおきなかぶ」
煮るのか?焼くのか?はたまた 生でいただくのか?
どう料理したらいいのか、それ以来、考えあぐねている状態でした。

ただ、その「かぶ」が私の花畑のど真ん中に、どーんとすわっていた痕跡ははっきりしていて、
どの花壇にも余すところなく面していたという事実に驚き呆然とするばかりです。

そして先月の「福はうち」で、その「かぶ」は、実は、
「たまねぎ」だったと気がつくのです!
だって、この「かぶ」剥いても剥いても新しい顔が出てくるのです!!!

次から次へといろんな側面が出てきましてね、本当に目から鱗の連続なんです。
でもいくら私の内面をさらけ出すワーク「弱さの情報公開」と言っても相手があっての事です。
書くべきではない事が殆どですが、シェアできる範囲で書いていきます。


まず、発見した私のインナーチャイルド

「人の評価」に過剰に反応する私。
「お兄ちゃんみたいにできない私にがっかりした?」
「お母さんみたいに器用じゃなくてがっかりした?」

「嫌われる」ということにも、過剰反応する私。
「人に嫌な思いをさせないように、一生懸命自分を抑えているの」
「人の心を傷つけない様に、いつもいつも気を使ってるの」
「どうして私のことが嫌いなの?」

後ろに、お母さんに、好きでいて欲しくって、褒めてもらいたくって、認めてもらいたくって、聞き分けのいい優しい子でいたかった私が隠れていたのです。
それがわかった今、過剰反応が少し穏やかになってきています。

それでも、まだ根強く残っている、相手の反応を気にしすぎる癖
「人に対する恐れ」が手放せず、それを変容させるためのワークを続けていました



でもね、そんな私の独り言も、のぶちゃまにかかったらひとたまりもないんです。
「どうして人が恐いのかわからない」という私に、

過去生に何か原因があるなんて逃げちゃだめよ!
現世にある原因を見つめてしっかり対峙していこうね!
キーポイントはお兄ちゃんよ!
と今回の「福はうち」の前から予告されていました。

もうそう言われた時点で「えぇ〜〜やだ...」と、
何故だか後ずさりする私がいました。
実は兄とは、私が日本を出て以来対話というものがないのです。
そこにインナーチャイルドの鍵があるなんて、
いやだ。。。見たくない。。。
っと思いました。

そして「福はうち」当日、セッション中、のぶちゃんが忘れていてくれればいい..
という願いもむなしく、突然その話がはじまりました。

「そうは のぶちゃま もとい 問屋が 卸さない」なのです。。。


まず子供の頃私は3つ上の優しい兄を尊敬していて、大好きでした。
兄が自慢だった反面、私と違って頭のいい兄への強い劣等感も持っていました。

のぶちゃまに指摘してもらうまで気がつかなかったのですが、
私の、できない、下手だという自信のなさは、
子供の時の兄からの、罪のない言葉が心に刺さって、
今の私を作っていた面もあるようです。
それほど、当時の私にとって、兄の言葉は影響力があったのだと思います。

大人になってそれぞれの人生を歩みだすと、
私たちは全く別の道、やり方を選ぶようになっていきました。
交流も殆どなくなっていきました。
そんな中、兄と私の意見の違い、アプローチの違いだけは、家族を通して見えてきます。

なので今の私は「また兄に批判されるかな、拒絶されるかな」
そんなネガティブな思いだけが膨らんでいってしまったのです。
兄への劣等感から、他の誰よりも、兄の反応に過剰反応をしてしまうんですね〜。

それが「拒絶されたら...批判されたら...痛い...」という臆病な気持ち
「人が恐い」に繋がっていくのですね。。。
それは兄への劣等感の投影でした。


そしてここからが「福はうち」での驚きの展開なんです!!
ここが「かぶ」ではなく「たまねぎ」だと言う所以です。


そう、インナーチャイルドには
「傷つけられたという被害者という立場」と「傷つけたという加害者の立場」
が同時に存在して、どちらになる事もあるんだという事が見えてきたのです!


私は劣等感から、自分の方が上手に出来る事を必死で探します。
それが相手の立場から見れば、同じ結果を招く事もあるのです。

私が必死に取り組んだ事は人付き合い。
周りの人と仲良くなって、上手につきあう事で、
兄や親に認められたかった。兄に羨ましがってもらいたかった。
私だってできることがあるんだってわかってもらいたかった。


そんな小さな子供の心の叫びを理解したら、肩から力が抜けていくのを感じて、


心の奥底から母と兄に「ごめんね〜〜〜」という気持ちが込み上げてきました。


勝手に被害者意識でいっぱいになっていた私の加害者の側面を見せられて、
申しわけないという気持ちと同時に、
だからこそ、お互い学びのために今生で家族である事を選んでいるという、
深遠なる人生の仕組みを垣間みて、涙が溢れ出ました。。。


でね、この結果もすごいんですけど、ここまでの気づきを得るまでのプロセスもすごいんです!


のぶちゃまは、私の深層意識に隠していた思いを白状する前からすでに視ていて、
上手に誘導していくんです。のぶちゃまとやすこさんが巧みに話を持っていきます。

するとね、私自身は自覚すらしていなく当然頭の中に文章も作っていないのに、
言葉が勝手に口からボロっと黒い塊がこぼれるように出てきてしまったのです。

ベテラン警部 のぶちゃまとやすこさんの華麗なる連係プレイ!絶妙な誘導なんです。
この度はみぽさんのバックアップもありました。

「取調室で尋問を受けている容疑者が、おもわず自白した瞬間の気持ち」
というものを体験させて頂きましたよ。本当に!(笑)


「お前も大変だったんだよなぁ..これでも吸うか?」
「でもなぁ本当にそれだけか??」
「本当の事言って楽になりなよ、なぁ...」


加害者の私がボロっと出てきました。。。


もうそんな感じ!! 伝わりました???


ネガティブな思いをぶつけてくる人はそれだけ傷ついているんです。

傷つけられた私も、実は人を傷つけているのです。

人を恐がる必要は、ほんとうに、ないのかもしれません。。。



気づきの後には、さらに新たな気づきも続きます。
あの傲慢な私ともまた出会ってしまいました。

この間やっつけてしまったと思った、トレバー君相手に繰り広げていた、私の押しつけ

「私のやり方とこのペースが正しいのよ〜!」

この私がまた他で顔を出しているのを見つけたのです...
人それぞれにアプローチの仕方とそのペースがある。
それを尊重するべきで、押しつけは傲慢だと気がついたはずなのに...
本当に嫌になってしまいます...
でもトレバー君には3年かかった事が、1週間で気がつきました。
亀の歩でも少しずつ進歩しているかな。。。




あやまらなきゃね...
[PR]
by simplicity_circle | 2010-09-04 23:24 | 心の持ち方!

福はうち「開花改新の章」再受講 ♪


もうここでは、「福はうち」とはどうだこうだと書きません!
とにかく説明は、すごい!というだけにしておきます。

今回のセッションは高校時代からの友達で日本に住んでいるS と どんぐりさんと私の3人で、
講師はのぶちゃま、やすこさん、みほさんという豪華なものでした。

「開花改新」とにかく「自分を知る」です。
まぁ、出てきました、出てきました、3人とも!
本当の自分をさらけ出すって、怖くて、痛い事です。
傷ついた自分がいればいるほど、それを隠す殻は厚く固く、
本当の自分を隠そうと頑張ってしまいます。傷には触れてて欲しくないですからね。

でも、これは例えですけど、ここに傷があったんだ!
だから、私はこんな風に身体を動かして痛い所をかばっていたんだ!
っと気がつくと、傷をかばう事よりも、直そうという前向きな心が芽生えます。
もしくは、傷をかばう身体の動きだけが癖となって、残っていたとしたら、
気がついてしまった時点で癒えてしまうのです。

一回この工程に気がついてしまうと、傷口探しが楽しくなってしまうのですね〜。

さらに、そんなあるがままの自分を潔く受け入れて、
それを誰からも隠す必要がなくなると、
ばれたらどうしようという恐れがなくなります。
その爽快感、開放感がたまりません!!

すると、今まで無意識でも胸を痛めていた事が、
たちまち全く別のものになってしまうのです!

自己顕示欲なんてものは、木っ端みじんです。
でももともといらないものですからね ♪


どんどん壊して行きましょう!


自分を守る鎧や自分を隠す仮面を外して、
本当の自分を見る事、
本当の自分を見せる事、
それがあるがままの自分を認める事。
自己浄化のただ一つの道で、世界平和へのただ一つの道だと信じております。


霊性を高めるとは、
まずは自分を知る。
その上で、日々どうやって周りの人々と接していくか。
すべてここにかかっていると思うのです。

人々と関わるためにこの三次元の世界にやってきているのです。
一人っきりで生まれて、一人っきりで育ってきた人はいません。
人間関係を否定してしまっては本末転倒です。

昔の人は、一生瞑想や修行をしながら深い悟りの道を開くという孤高の人生もあったでしょうが、
今は日々の生活の中で悟りを得られるという、そんなレベルまで人間の霊性は進化しているようです。

スピリッチュアル的な知識を詰め込む事や、瞑想する事、霊感を磨く事はあくまでも手段です。
最終目的ではないのです。


ここなんですよ。大事な所は。


だから自分のネガティブな思考パターンやネガティブな行動パターンを生み出している、
インナーチャイルド探しは自分を向上させるために、欠かせない方法なんです。鍵なのですね。


本当に私の中のネガティブ、際限なく出てきます。
それを一つ一つ見つめて変容させて、減らしていく事が生きている理由。


っということで、またまたたどり着いた、私の痛い所を、
いつもの通り、自分のために、こんな公共の場に公表しよう!

でもその前に、どうしてそんな事をするのか説明しようと思ったら、
思いのほか、熱い思いが出てきました。


っということで、長くなってしまったので、続きは次回に!!
[PR]
by simplicity_circle | 2010-08-29 07:41 | 心の持ち方!

陰陽のマーク

福はうちでの瞑想中に、ポンと

このマークが浮かびました。

b0113192_1913484.jpg


はて? どうしてかしらん?

と、何の意味かわかりませんでしたが
後日、その意図するところが掴めました。

常に心にとめておきたいメッセージだったので、書き記しておきます。



セッション中「モーゼ」が登場しました。



前エントリーに書いてきたように、
私は旧約聖書は信憑性0と切り捨てていたので、

なぜにここでモーゼが登場するのだろう??
という疑問を捨て置くことができなかったのです。


それは新約聖書は盗作でキリスト教は権力者によって利用されていたから、
イエス・キリストもただの神話上の人物。と結論づけている
「時代の精神」と、私は同じ思考パターンだったんですね。 


私は、旧約聖書の中のモーゼの怒りや激しい行動に対して、
いい印象を持っていませんでした。

でもあれは実際起こった事というより、象徴としての物語なんですね〜。
「時代の精神」を見直して、よく理解できました。

まぁそもそも書き手が闇の存在ですから、実際の出来事をねじ曲げられているという見方もできます。



今回の福はうちのセッションでは、

「白・黒」をはっきりさせたがる癖について気づかされました。



「モーゼは 白(光の存在)なの? 黒(闇の存在)なの?」

こんな風に、こだわってしまうのです。




そこであの「陰陽のマーク」が浮かび上がった意味が見えてくるのです。

陰と陽のマークは、白と黒に真っ二つに分かれている訳ではありません。




真実の中に偽りもあり 偽りの中に真実もあり

光の中に闇もあり 闇の中に光もあり





こんな声が聞こえてきました。

私の癖が顔を出したらあの陰陽のマークがでてきて教えてくれそうです。




もうひとつ、今回の福はうちで、またまた同じインナーチャイルド
別の形で顔を出しているのが、見つかっちゃいましたぁ〜。
こんなところにも、まだ傷ついていた、小さなsimちゃんがいたのですね〜。



人の意見を自分のバックにつけるという癖



どうせ私の意見じゃバカにして信用してくれないから..と自信がないんです。


説得力のある人の意見、権威のある意見、他人の盾を後ろに必ず用意したくなるのです。
小さい私はそうやって自分を守っていたのです。


本当は自分に自信があれば、そんな盾はいらないんですね。





意識の世界の探究たのしい〜〜〜 ♪
[PR]
by simplicity_circle | 2010-05-29 00:00 | スピリッチュアルに!

ひまわりという太陽

ひまわり銀河について読んでいたら、 太陽信仰に思いが飛んでいきました。

数年前に見た動画を思い出しました。

zeitgeist ツァイトガイスト(時代の精神)Part1/3





これはね、おもしろかったですよ。
宗教について、私に新たな視点をくれました。目から鱗が落ちるようでした。
宗教を多角的にみてみたい方には必見!

これを見た後、もともと宗教団体というものにシニカルな姿勢を持っていましたが、
しばらくは、さらにシニカルになってしまいました。


この動画では、宗教とは古代エジプトの太陽信仰の盗作である。ただの神話である。
というたくさんの理由付けを見せてくれた後

実際イエスとは聖書の中の太陽の神で、他の宗教の神と同様に、神話上の人物だった。

彼は政治的理由で社会を操作する為の想像上の人物。
西暦325年までにローマ帝王コンスタンティがニケアで公会議を開き、
その政治的背景によってキリスト教理が創作された。
続く1600年間バチカンがヨーロッパ全体の政治主権を握り暗黒の時代を率先してきた。
キリスト教及び、その他全ての神の信仰制度は時代詐欺である。

こんな締めくくりになります。




久しぶりに見直すと、ある意味真実であり、でも真理ではないと感じました。



宗教に盲目的な信者を目覚めさす為には有効な真実であり
だからといって、太陽神、神話を完全否定するのでは
盲目的な信者と変わらないと思ったのです。


霊性・文明ともに高度に発達した異星人や異星人の魂を持った人間との交流が、
今も神話、太陽信仰となって、残っているのですから、これらも真実なのです。


そうでなければ、古代の人が持っていた叡智をどうやって説明するのでしょう?


それらを時の権力者が、人間の霊性の進化を止めさせて、大衆を都合のいいように操る為に、
宗教という形で悪用してきたという面があるのでしょう。

権力者の背後には、アヌンナキ等の人間の智慧をこえたネガティブな存在の操作や指示がありました。
もしくは、その指示の元に動いている人間によって、動かされていました。

現在はその指示だけが残り、それによって動いている人間しか残っていないと言われています。

だから宗教は、その場で生きて語られた言葉や人物が本物であっても、
聖書にまとめられ宗教団体によって利用された時点で、
真実がちりばめられていながらも、最終的に導く方向が違った方へ行っているのです。


もともとの「宗教」が意味するところを、
ネガティヴ(闇)存在たちが捻じ曲げて、悪用してしまった
その元凶がアヌンナキを情報源とする『旧約聖書』です。

現キリスト教や、ユダヤ教、イスラム教らはすべて、
ここから派生していったものですから、
これらの原理主義者は、悪魔の信徒です。

三大宗教の中では、仏教が、かろうじて無難だとは云っても、
真の教えには迫っておらず、それは、中国の恵果和尚から、
空海さんが受け継いだ、密教の中にあります。

真なる教えは、古代グノーシス派、古代フリーメーソン派、
古代エッセネ派、陰陽道、神道などのように、
密かに隠され続けて来た中にあります。


新約聖書はカバラの知識でもって、
その全ての内容を読み解くことが可能です。
そして真実性は100%です。

新約聖書の情報源は、
古代エジプト文明で知られる、
太陽神ラーという集合意識体です。

それはまた、『ラー文書』の情報源と同じです。
日本の神々の中で当てはめますと、
集合意識体・太陽神ラーの中の、
天照皇大神さんです。


「旧約聖書と新約聖書」「宗教におけるマインド・コントロール」より


こんな風に、宗教についてクールにとらえられる宗教観を持つ日本人に生まれてよかった〜。


宗教について太陽信仰について、興味を持ってる、もっと知ってるという方がいらっしゃったら、
ぜひお声をかけてくださいませ!

ここまで読んでしまったあなた。結構好きですね!

ぜひぜひ ↑ の動画、観てみてください!

おもしろいですよ♪



ひまわりの花に似たその渦巻銀河は、
文字通り、ひまわりという太陽を象徴しています。

太陽は、何処まで遡っていっても、
その太陽としての信号を発信しているでしょう。

地球人類の全宗教、もしくは、
善なる信仰の対象のすべては太陽信仰です。

この太陽に住んでいる太陽星人から、
派遣されてきたマスターが、
以前にもお伝えしましたように、
イエス・キリストさんや、釈迦さんです。

この太陽星人、キリスト意識も含めて、
もとは、太陽系外からやってきた存在です。

それは、シリウスという星を通って、
この太陽系に入って来たでしょう。

シリウスには、古代エジプト文明の神々がいました。

ヒンドゥー教で知られる神々や、
イスラム教で知られる神々も
ここを通って入ってきたでしょう。

それらの共通シンボルとしての最高神である太陽神は、
シリウスに来る前は、琴座に存在していたでしょうか。

その太陽神たちのルーツとなる先祖は、
外宇宙の遥か彼方の「ひまわり銀河」にまで遡れそうです。


つまり、物質宇宙内の地球と非物質宇宙である外宇宙とを繋ぐ
玄関であるシリウス星系のシリウス文明とは、
宇宙の根源からもたらされる光の、
真なる太陽信仰の復活を表しています。

それは、既存の全宗教を超えた宇宙の法則です。


ひまわりの花言葉は、

「あこがれ」、「崇拝」、「熱愛」、「敬慕」、「高貴」、「光輝」。

そして、

「あなたは素晴らしい」、
「私の目は、あなただけを見つめる」


宇宙の根源からもたらされる光は、
いつも、無条件に、無償の愛の優しさと思いやりをもって、
私たちひとりひとりを励まし続けるように、ただ、見つめています。


「シリウス文明の秘密 その3」より
[PR]
by simplicity_circle | 2010-05-28 10:09 | スピリッチュアルに!

渦巻銀河


前回、瞑想中に「渦巻銀河」へ行ってきたと書きました。


あまりにも気持のいい感覚だったので、そのイメージに近い銀河があるか、
画像でググってみました。

そうしたら、ありました。

M63という渦巻銀河でした。


b0113192_21295664.jpg



そしてM63とはなんぞやとよく見ると。。。


それは「ひまわり銀河」だったのです〜〜!!!


秀樹感激!!


っと誰もついてきていないと思いつつ、このまま行ってしまいます!


「シリウス文明がやって来る」のKagariさんによると...

宇宙の創造の初めの頃、この宇宙の根源「生命の樹」を囲むように7つの宇宙(銀河)が創造されました。
その2番目に創られたのがひまわり銀河。
1番目の黒眼銀河は既に消滅して存在しないそうです。現存する一番古い銀河ということですね。
7つの銀河のうち、他に残っているのは4番目創られたアンドロメダ銀河だけだそうです。
ちなみに私たちがいる「天の川銀河」は132番目だそうです。
いずれも、核戦争・核爆発によって、木っ端微塵に消滅してしまったということです。
なんかスターウォーズの世界ですね〜。


だから何?


という声が聞こえてきそうですが、わたくし、こんな事が気になって、気になってしかたがないのです。


勢いに乗って、意識や宇宙へ広がる想いを今日は書いてみます。


この思考する私たちの心、魂は何処からやってきているのだろう?
地球や人類、宇宙の本当の歴史はどんな風なんだろう?

どうせ今の科学では、魂とは何処からやってきて、何処へ行くか、
こんなことすら証明できていないんです。

だから、科学を盾に、わからない事を語る事を嘲笑する人を気にしていては、先へ行けません!


アカシックレコードにアクセスできたらどんなに楽しいでしょう!

私の魂はここ地球で生まれたのかしら?
それともシリウス、プレアデス、こと座、オリオン座 etc...
いろんなところを通ってきたのかしら?
今の私はペンジュラムで楽しんでいます。



太古の地球には自然の生態系の進化によってできあがった 前人類と呼ばれていた存在がいました。
そこへ別の高度な文明を持った異星人達がやってきて、遺伝子操作をされたことによって、
人類という形が作られ、魂はその形の中に輪廻して生まれ変わってくることができるようになったということです。(アバターみたい!)


そのはじめの宇宙人は「シリウス」もしくは「アヌンナキ」という説が多いです。


この順番によって、ちょっと印象が変わってしまうんですよね〜。

人類はポジティブな存在により始まったのか、
ネガティブな存在による、奴隷化の為にはじまったのか。

バシャールの説明も好きなんですけど、彼は「アヌンナキ」が始めと言うんですよね。

いろいろ読んだ結果、シリウスのKagariさんの詳しい説明にググっときます。
「地球人類の遺伝子操作に携わった、「12」の宇宙種族」



こんな話好き!とか、もっと知ってる!とか、アカシックレコードに直接アクセスできる!
何て言う方がいらしたら、ぜひお声をかけてくださいませ!!



あれ、ひまわり銀河について書くつもりだったのに...


とめどない話は続きます。



ちなみにうちの旦那さんにこんな話を少しでもすると、すぐ、それって「菜園トロジー」と警戒する。
その気持ちもわからなくもないけど、あんなんじゃないってば!
[PR]
by simplicity_circle | 2010-05-27 21:28 | スピリッチュアルに!

福はうち

「福はうち療法」の「天真爛漫の章」受けてきましたよ〜〜〜〜 ♪

仲良しの友達2人と一緒に3人で受講しました!

終わってみて、びっくり!!

なんと! 7時間も瞑想していたのです〜〜〜!!!


少し前の私だったら「7時間の瞑想」なんて、お仕置き?拷問??

ってな具合だったのですが...


もう面白いのなんのって!! あっという間の7時間でした。


シドニー発信ヒーリング♪福はうち療法 
シドニー在住の新しいヒーリング『福はうち療法』を紹介するブログです♪



「福はうち」って、多分文章で説明を読んでも、イメージするのが難しいと思うのです。

とにかく受けてみたらわかる!としか説明できないのですが...



自分の中にある、 本来の輝き、本当の自分を引き出してくれヒーリング法なのですね〜。

瞑想や会話の中から、ヒーラーの のぶちゃま、やすこさんが、メッセージを拾いだしてくれるのですが、もうそれがピンポイント!


おぉ〜〜!!


っと唸ってしまいました。



瞑想に慣れていないこれまでの私は、ただ闇雲に試して、何か感じたとしても、ただの想像??
と否定してしまいがちでした。

最近少し慣れてきて、何か見えてきたとしても、その解釈が難しかったりするんです。



それが、その道の先を歩んでいる方、霊感や、右脳が発達している方に、 誘導してもらって、説明や解釈をしてもらえると、すとんと腑に落ちるのですね〜。

そして励ましていただく事によって、
妄想!(じゃないんですよ!!)が広がっていきます。



「天真爛漫」


ありのままの自分


楽しかったです。




瞑想中、私が受け取った天真爛漫のイメージは


渦巻き銀河でした。銀河が見えてきて、その渦の中に入っていきました。

海で波に乗った後、波が壊れていくと、その中で洗濯機のようにかき回されます。
上も下もわからなくなります。
本当に洗濯機の中で洗われているようになります。

銀河の中に入っていくと、そんな感覚になったのですが、
波に巻かれて溺れそうな苦しい感覚ではなく、
逆に無重力でとてもとてもきもちい〜い感覚でした。


そこで、最近よく受け取る同じメッセージがやってきました..


「上も下も前も後ろもない、無重力、無秩序、縦横無尽でいいんだよ」


こうであるべき、という概念にとらわれてしまう私の癖を指摘してくれていると感じました。



いやはや、本当にすごいです。


温かいエネルギーを送っていただいて、
自分のエネルギーも引き出していただいて、
みんなのエネルギーが融合されて、
なんとも心地よく、とにかく楽しかったです〜。


意識の世界の探索、やめられませ〜〜ん!!!



たくさんのメッセージを整理するために次回に続きます。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-05-25 08:48 | スピリッチュアルに!

愛の波動

久しぶりのブログ♪ 
最近ちょっとバタバタしておりましたが落ち着きました。

さて、以前も紹介しているのですが..
このブログに目を通してくださる人で、まだこのブログを読んだことのない!
なんていう人がいたら大変!!と思うので...

またまた、のぶちゃんのブログ「シドニー」を紹介しま~す♪

これを読んだあなた!

必ずあなたへのメッセージがあります!!!
↑あちらのブログへ飛んでください。


あたくぴね、スピ系のページをあちらこちらで、ちょこちょこっと読んでます。

ほぉほぉと納得したり、感心しながら読んでいます。

でも書いている人たち、実際の人物を目の前で見たことがないのです。。。

だけど「のぶちゃん」は実物に会っています。
だから文章そのままの人だと太鼓判を押せるのです。

あたくぴ、よくこんな事を考えていました。

実際波動が高くなると、その人の見かけはどうなるの???
光り輝いて見える?透けて見える?そのうち見えなくなる?
ロード オブ ザ リングの最後??フロドとエルフ??ガンダルフ~???
実際に見てみたいものだ。。


っで、ここからはあたくぴの勝手な考えです。

「のぶちゃん」のお言葉をこのブログで何度も勝手に登場させていただいていますが...(タグ:「福はうち」ででてくるかな??)

のぶこさんとは2007年の10月に初めてお会いしました。
シドニーの巷でうわさになってるオーラの見える指圧士さん、それまで少し興味があったのですが、特に体の調子も悪くないし、ぜひとも聞きたいことがあるわけでもない。そのうち、何て思っていたら、腰をひねって、腰痛がつらくなってきたのです。

よし!これはチャンスと決心して、おうちに来ていただきました。
スピ☆アレルギーの旦那にはもちろん指圧士の方にマッサージしてもらうと言っただけです。それで旦那にベビーシッターをしてもらいました。

それから「ホメオパス」を紹介してもらったり、「福はうち」に参加したりと実際、お会いしたのは2、3回だけなんですけど、いつ会ってもキラキラしてるんです。そして会ってお話しするだけで、こっちまで何だか楽しくって、元気になってしまうのです。本当にすごいんですよ。

これが波動が高いとか、光が強い、とかそういう事なんだろうなぁ~と思うのです。

特別、光もののジュエリーをつけてるわけでもないですし、
キラキラ系のメイクアップをしているわけでもないのに...

なんかキラキラ見えるんですよ~。

そんなのぶちゃんがブログをはじめてくれて、とても身近に感じられて、ブログを読むだけで元気がもらえて...

生きてるってすごいよね~。たのしいよね~。と笑わせてくれるのです。

テレビのバラエティー番組をみるより面白いことまちがいなし!!!



ぜひ↑あちらへ飛んでくださいまし。
[PR]
by simplicity_circle | 2009-03-18 10:50 | スピリッチュアルに!

シークレット・エージェント

またまた、「玄のリモ農園ダイアリー」からの紹介で~す。
いつもビビビッと心を打たれます♪

Youtube「Love Is The New Religion」英語版
これは、バックミュージックにしてもいいですよ!

玄さん日本語訳↓
愛は新しい宗教

いま世界に起きているのは戦争と暴力で
暗いことばかりのように見える

でも、それと同時に、穏やかに静かに、
見えない所で、ほかのことが起きている

内なる変革が起きつつある
より高い光に導かれている人たちがいる

それは沈黙の変革だ
内から外へ
下から上へ

自分の正体をそろそろ明かそう

私は、秘密の、隠れた世界作戦の
組み込みシークレットエージェントだ

スピリチュアルな陰謀がある
私たちには、この惑星のすべての国に潜伏組織がある

私たちのことはテレビでは見ないだろう
新聞にも出てこない
ラジオでも聞かない

かっこよいことはしない
ユニフォームもない
好き勝手なカッコで人種もスタイルもない

私たちのほとんどはこっそりと働いている
世界中のあるゆる国や文化で
隠れて静かに働いている
大きい町小さい町、山々や谷、農地や村々、部族や離れた島々で

通りですれ違っても気づかないだろう
私たちはこっそりやっているから
表には出てこないし
別にだれの手柄になっても関係ない
やることをやるだけだ

ときどき通りでお互いが分かるときがある
そんなときは黙ってうなずいて、誰も分からないようにそのまま行き過ぎる

日中は当たり前の仕事をしているふりをしているが
それは表向きのことで、本当の仕事が始まるのは夜だ

私たちのことを”心の軍隊”と呼ぶ人もいる
心のパワーで新しい世界をゆっくりと造ろうとしているんだ

私たちが情熱をもって喜んで動いているのは
中央司令部からの命令があるからだ
それがスピリチュアル情報局(SIA)だ

私たちは誰も見ていないときに
秘密の愛の爆弾を落す


抱擁
音楽
写真
映画
優しい言葉
微笑み
瞑想と祈り
ダンス
社会活動
ウェブサイト
ブログ
無差別の親切

それぞれが独自の才能で独自のやり方で自分たちを表現する

「この世界の内に望む変化に、あなた自身がなりなさい」
これが私たちの心に留める一番のモットーだ

変革はそうすることのみ可能なことを知っている
私たちには海をすべて合わせたくらいのパワーがあることを
静かに心から知っている

私たちの仕事はゆっくりと慎重だ
山を造るように
ちょっと見ても分からないだろう
でも、そうやって、これから数世紀の内には
大陸プレートさえも動かすだろう

愛は21世紀の宗教だ

別に高い教育などなくてもいい
特別な知識がなくても理解できる

それは、心の知性から来て
人類すべての、時間を超越した進化の動悸の内に
埋め込まれている

この世界に望む変化にあなた自身がなる
あなた以外にそれをやる人はいない

私たちはいま募集中だ
あなたも私たちに参加するかもしれない
もうそうしているかも・・
誰でも歓迎だ・・
ドアは開いている・・

ブライアン・ピアグロシ
(著書”The Big Glow"より)
訳文責: 森田 玄 

以上、緑文字は玄さんブログより転載でした。


そぉか!

私が好きな人、もの、すべて、みぃ~んな、シークレットエージェントだったんだ!


そして...

このあたくぴも!!

そして、これを不本意ながら、ここまで読んでしまった、そこのあなた!!!


秘密の隠れた世界作戦
スピリッチュアル陰謀を達成するための秘密組織
その組織の組み込みシークレットエージェントなのですぅ!!!!


今日思わず、愛を送ってしまいませんでしたか?
任務遂行中です。

このブログは「愛の爆弾」と比べたら「愛の後方援護射撃!」ってかんじかな?

影響力ちいさっ!

あははっ。


「この世界に望む変化にあなた自身がなる」



そう、まずは自分から...



日本の人ってシークレットエージェントの率かなり高し!!!


っていうか、本来世界中に存在するすべてがシークレットエージェントなんだよね...

日本の人は覚醒率高し!!というべきかな?


ぴったりな例えを思いつきました!!!


自分はシークレットエージェントなんかではない!と思いながら、
まだこれを読んでるあなた!!

そう、あなたは...

「記憶をなくしたCIA工作員 ジェイソン・ボーン」 
b0113192_8324037.jpg





こんなかんじ??


あたくぴ、マットデイモン すきです。
[PR]
by simplicity_circle | 2009-01-19 12:02 | スピリッチュアルに!