タグ:意識は行為 ( 5 ) タグの人気記事

もっと関心を持って生きます

知ることが愛へ導くとマザーテレサは言います。

危険性を伝えることも愛だとわたしは思います。

けれども知りたくない人に、伝えることは、独りよがりな押しつけに過ぎないかもしれないと思う様になりました。だから知りたい人、読みたい人だけが読んでくれるブログに書くのが一番適切なのかもしれません。

それでも時折フェイスブックに載せてしまうのは、おしつけにならない程度で主義主張をすることはとても大事なことだと信じているからです。

また発信すれば、同じ興味を持った人と繋がりやすいからです。

わたしは体制に迎合することに強い抵抗があります。体制をまったく信用していないのです。市場優先主義の拝金主義が蔓延しているこの世界で人々の命よりも経済が優先されていくのをまざまざと観てきたからです。それはこれまでブログに綴ってきた通りです。

けれども今度の原発事故の後ほど、失望したことはありません。どこまでこの体制は腐ってしまっているのでしょうか。。。

でも悲しいことに、これは人々の集合意識の現れなのです。人間の無関心と利己主義と刹那主義がもたらした結果なのです。わたし達は今、自分たちの選択の結果を経験しているのです。


だからこそ、一人でも多くの人が、わたし達の本質を取り戻して、


「世の中で今起こっていることを知ること」
「苦しんでいる人々のことを考えること」
「何世代も先の子供のことを真剣に考えること」



これらのことと真剣に向き合わなければいけない時がきたと思っています。


現実を知ることを始めなければ、解決策、打開策、救出策もでてきません。


そして伝えることはとても難しいことです。とても勇気のいることです。確かな真実が意図的に覆い隠されるこの世の中で、生きるための本能、直感を研ぎすませることが重要だと思うのです。


話しは飛びますが、わたしは4年に1度くらいしか日本に帰っていません。家族はいるのですが、両親が別居していて泊まれる実家がないからです。

日本のテレビも見ないので、日本の世論というものが全くつかめないのです。ネットで探す情報は自分の興味のある物しか見ませんので、当然自分と同じ考えを発信したものばかりです。

無関心層、体制迎合層がどのくらいいるのかが想像がつかないのです。

けれども体制迎合層の反応をネットで見かけると、なんだか軍国主義に走りだしたころの、日本の国民性を垣間みる気がして、空恐ろしくなります。それが大衆の一部であると望んでいるのですが、ワールドシフトの動きが起きないということはまだ体制迎合層と無関心層が社会の大半を占めているということでしょうか?



わたしは、木下黄太さんのブログを参考にしています。論調は少しきつい印象はありますが、真剣に国民のことを考えているからこそだと思うので、その論調のよしあしをジャッジする事はしません。素晴らしい活動をしてくださっていると思っています。ただご自身のお体をいたわって頂きたいと心配しております。
(7月追記:時々ご自分の考えに対する他の人の選択に対して、尊重に欠けるところを感じますので、あまり感情に流されないように情報だけをたんたんとピックアップさせてもらっています。)


木下黄太のブログ「福島第一原発を考えます」
[PR]
by simplicity_circle | 2012-06-07 00:00 | 地上に楽園を!

confession 2

私はとても押し付けがましいのです。

自分への戒めをこめて、これをUPします。同じあやまちを繰り返さない様に。。。

「伝える」ということをずっと自分なりに考えていました。とても大事な事だと思うので、自分の気づきをここに書いておきます。

どんなことであれ、相手が聞きたいと思っていないことを無理矢理に伝えたり、意見に相違がある相手に自分の考えが正しいと説得することは、押しつけなんだと思うようになりました。

押し付けると強く押し返されてきます。それはわたしのエゴがのっていたからだと気がつきました。

私はこれまで伝えることで、たくさんの人を傷つけてしまいました。自分は間違っていない!という私の感情(エゴ)がのっていたのです。自分に関係が近ければ近いほどその感情がのっていたと思います。

人に伝えるということは、当然自分が正しいと思っているから伝えるのです。相手も同じ様に思っていれば何の問題もありません。けれども相手が違う見解を持っていた場合、断定的で感情がのったいい方だったら、それは押し返されますよね。

伝えたいメッセージは質問形式にして伝えるのがいいかもしれないですね。そして建設的な意見の交換ができれば、見解の違いを埋めることができるかもしれないです。

逆にその時はっきりとした違いを認識するかもしれません。その場合は、伝えることは伝えたのですから、身を引くのが一番だと思うのです。追いかけてまで自分の意見の正当性を主張することは一番するべきことではないと今は思います。

一人一人観ている、感じている世界が全く違うということを実感しています。

物のいい方には気をつけて、意見を押しつけるべきではないという立場に立った上で、それでもわたしの性格は相手を思う気持があったら伝えたいのです。たとえ見解の相違があると知っていても、相手に嫌われることになったとしてもです。

その後はその人の選択です。その人の問題です。

同意しても、拒絶しても、もっと素晴らしい意見でわたしを負かしてもいいんです。


逆にわたしが伝えられる立場になった時を考えてみます。

相手が自分を思って伝えてくれるのがわかれば、傷つくことでも、聞きたいです。それが中傷目的であるとさすがにきついのですが、何であれその問題が目の前に現れたということは、自分が観なければいけない問題がそこにあると解釈します。

わたしはプライドというものは、不必要な物なものだと思っているので、自分に非があることがわかれば結構素直に受け取ります。納得のいかない時は、保留にします。すぐわかる時もありますし、数年後に「あ〜〜〜〜!」とわかる時もあります。何年たってもわからない事もあります。



☆プライド=優越感=特別意識≦劣等感 
他人と比べることによって生まれる感情です。だから人の評価により左右されます。
わたしが捨てたいものです。

☆自尊心
自分は自分でいいんだということを、自分で決めます。人の評価に左右されません。
これからもっともっと大きく育てたいものです。



っということで、自分の痛い所をしっかり見つめた上で、ここを忘れない様に、知った事を伝えるという事をやっていきたいのです。わたしは真剣に地上に楽園を作る事を夢見ていますから。。。



すべては意識。意識は行為。です。
[PR]
by simplicity_circle | 2012-06-06 00:00 | 地上に楽園を!

スピリチュアル ビジネス

はじめに、中傷目的で書くつもりがないことを明記させてください。
ただ自分の気づきをシェアしたいという思いから書いています。
わたしは気づきをシェアしてくれたお友達に感謝しているからです。
(不快に感じる方は読まれない事をおすすめします。これはあくまでもわたしの主観です。)


ここ何年も信じきっていた「精神世界」
今その世界観が崩れていくのを感じています。


自分が信じていたすべてを否定している訳ではないのです。
ただ最後の解釈が、何か違う所へ導いていると感じることがあるからです。


ニューエイジといわれる精神世界の言っている事はね、97%は正しいんだよ。。
でも3%が違うんだよ。
だけどその3%が、すごく重要なんだよ。。。



この言葉は、あるがん患者の方が亡くなる直前に残していかれた言葉だそうです。


世界的なスピリチュアルリーダーと言われるような方すべてを否定したい訳ではないのです。ただその一部に、人々を刹那主義と自己主義と無関心へとミスリードしている教えがあると感じるようになったのです。

そしてその思想が、多くの良心的なスピリチャル論の根底になっていると感じる様になりました。これが一番恐ろしい落とし穴だと思うのです。

こういった精神世界を勉強して実践する人たちは、心優しく、他人への思いやりに満ちあふれて、そのための行動力を持ち合わせた人達が多いのです。少なくともわたしの周りにはそんな素敵な方達ばかりです。

けれども、その思想が組み込まれた教えは、綺麗な言葉と、素晴らしいメッセージの背後に、より自己的であれ、刹那的であれ、無関心であれ、というメッセージがあるように思え、それが人の意識=行為を、本来の性質と正反対のものにしてしまうと危惧しているのです。


本来の性質とは愛です。愛とは喜びと慈悲です。


今のスピリチュアル界は喜び(ワクワク)にばかりに焦点があてられて、慈悲(情け)が忘れられていると思うようになりました。

そのワクワクも、惑星意識にたってのワクワクなのか、個人的な嗜好によるワクワクなのか、そこを見極めることがおざなりにされている印象もあります。

目の前にある現実を、自分でネガティブと判断して、目を伏せて、ワクワクする事だけを考えていればいいと思っていたわたしだってそうです。慈悲があれば目を背ける事はできなくなるはずです。

心の世界の探究は、今やスピリチュアル業界という一大産業に発展しているように思えます。簡単に大金が動きます。

世界的なスピリチュアルリーダー達は、お金はエネルギーだから流しなさい。貪欲に溜め込んではいけない。と説きながら、高額な金額を請求したり、巨額の寄付金を募っていたりします。

そして実際の彼らは意外にも物質に執着して贅を尽くした人だったりするそうです。

マザーテレサが寄付を募っても、私腹を肥やすための寄付ではなかった事は、世界の周知の事実です。

良心的な値段は労働に対する当然の報酬です。けれども、あまりにも高額なお金が動くものはスピリチュアルビジネスだと思うに至っております。

だから言葉を発信する人たちが何を選択しているのか、どう生きているのかを観る事が大切な事なんだと考えるようになりました。


もう一度、潜在意識からのメッセージです。


行為はとても重要です。とても重要です。
行為の中に意識が宿っているのです。
多くのものが行為が意識だという事を忘れているのです。
自分が何によって満ちたりるかという行為が意識なんです。
どの様な小さな行為も意識なのです。


意識について語るなら、行為についても語るという事です。



下記の文章は最近目にしたものです。
これを読むのは、富の中に生きている人々だけです。
目線が富のある人に向かって書かれているものだからです。
富の中に生きているわたしたち皆がこの様に生きれば、
本当に世界の紛争、貧困、飢餓がなくなるのでしょうか?


私の提案はこうだ。
あなたが
第三次世界大戦を防止できると
考えてはいけない、
あなたが貧困を変えられると
考えてはいけないということだ。

あなたが変えられるのは、
あなた自身だけだ。

あなたの貪欲を捨てなさい、
あなたの未来を捨てなさい、
あなたのマインドを捨てなさい。
もっと愛に満ち、
もっと健康になって、
そしてハートから生きなさい。

そしてもしたくさんの人びとが
そのように生き始めたら、
それこそが
世界を変える唯一の方法だ。

世界を直接変えることはできない。
なぜなら世界は魂を持っていないからだ。
魂は個人のなかに存在する。
個人だけが変わることができる。


あなたがたが溜め込み屋のままで
貪欲で、暴力に満ちて、
抑圧されているなら、
この社会が続くだろう。

そしてあなたは
乞食にお金をやることは
できるだろうが、
彼は乞食のままだろう。
なぜならお金は決してなにも
変えはしないからだ。
私は百万長者でいて
しかも乞食のような人たちを知っている。
彼らは、
いくら持っていようが
なにも違わない守銭奴だ。

・・・

人は変わらない。
お金では
決してなにも変わらない。
もし自分が変われば、
それはまったく別なことだ。
私は慈愛の心を
持ってはいけないと
言っているのではない。

私が言っているのは
慈愛の心を持つのはいいが、
ただあなたの慈悲で
世界が変わると思っては
いけないということだ。
そんなことを望んではいけない。

なんであれ
与えられるものを
与えたらいい、
分かち合えるもの を
分かち合いなさい。
ただ愛の心からのみ
分かち合いなさい。
政治的観点で、
世界を変えるなどと
考えてはいけない。
さもないと失望することになる。
そういうことは忘れてしまいなさい。
あなたはなんでも
自分がしたいと思うことをしたらいい。
乞食に会ってなにか感じたのなら
それをしたらいい。
自分がしたいと感じることを
なんでもしなさい。
私は、
なにもするなと言ってはいない。
ただ私が言っているのは、
自分が世界を変えているなどと
思ってはいけないということだ。
なにひとつ変わるものはない。

世界を変える唯一の方法は
意識のレベルを変えることだ
そしてあなたは、
それをあなた自身のなかでしかできない。
ほかの誰に も、
それを外側からすることはできない。

確かに、あなたが
自分の意識の水準を変えたら、
あなたは人びとを変えるような、
彼らが知らずに変わってしまうような
波動を生み出す。

世界には
ある別の雰囲気が必要なのだ――
別の社会ではなく、
別の空気だ。
別の霊的な波動が必要なのだ。
私が直接することに
関心がないのはそのためだ。
私はあなたを社会のしもべに、
宣教師に、
なにかそういうものに
したくはない。

私はあなたが完全に
利己的であることを望む。
まず自分が誰かを知ろうとしなさい。
これこそが利己的であることの
第一原理だ。

まず愛そうとしなさい。
これが利己的であることの
第二原理だ。
他人を愛せるよう になるほどに
自分自身を愛しなさい。

そして利己的であることの
第三原理はこうだ。
その瞬間を喜びに満ちて、
祝いながら生きなさい――

そうすればあなたを通じて
なにかが起こり始める。
あなたは引き金のポイントになる。
世界的プロセスが始まる。
 
いつであれ
ひとりの覚者が生まれるとき、
世界的プロセスが始まる。
あなたは覚者になりなさい、
目覚めるのだ。
それがあなたにできるすべてだ。

Osho - The Path of Love




わたしは、この文章に97%の真実と3%の危うさを感じるのです。
[PR]
by simplicity_circle | 2012-06-05 00:00 | 地上に楽園を!

confession

わたしは無関心でいました。

去年震災が起こってから、精神的に怒濤の数ヶ月を送った気がするのですが、
それと同時に、それまでの暮らしと何一つ変わらないかのように流れていく社会の風潮に、どうしようもない違和感を感じていました。

でも決定的な打開策も打ち出されない中、そこにある危険性を語る事は、
傷つけるだけで、思いやりに欠けている事だと思えてきました。
それは恐怖を煽るだけで人々を傷つける事だという社会的な反発を感じたからです。

所詮自分は海外にいて放射能汚染から離れた所に暮らしているのです。
沈黙してしまいました。
そして目を伏せてしまいました。

わたしは震災前から原発に反対していましたので、この震災をきっかけに、
日本は目覚めて、イノベーションの国として、また精神的リーダーとして、
世界を引っ張って行く存在になると、震災直後、心から信じていました。
「日本の皆さんにエールを送ります!」 「ワールドシフト」

その後わたしの希望的予想とは正反対の方向に進んで行く社会に、言葉を失い、
わたし自身の理想主義を嘲笑する気分になっていました。

その後は精神世界からのメッセージに未来への希望を見いだして、
幸せな気持に満ちたりて、ワクワクしていれば、未来はよくなる。
自分が幸せな波動を保っていればおのずと世界が変わる。
他人を変えるなんておこがましい事を考えてはいけない。
まずは望む世界に自分が変わる。
大丈夫と信じていれば大丈夫。
ネガティブな思いはネガティブを引き寄せる。
そう信じる事にして、問題から目を背けてしまいました。


でも今、それは間違っていたと感じる自分がいます。


それはとても刹那的で利己的な、意識・行為だったんです。


愛と奉仕を貫いたマザーテレサのような方は、
無関心で、刹那的で、利己的であれとはいいませんでした。


わたしの中でガラガラと崩れ落ちる物がありました。

気づかせてくれた大切なお友達に、感謝します。。。


タイムリーなメッセージが、FBのお友達のページに! 
こちらでもシェアさせてもらいます。
b0113192_8454865.jpg

[PR]
by simplicity_circle | 2012-06-04 00:00 | 地上に楽園を!

潜在意識との対話 ー汚染の原因ー

環境破壊、環境汚染、戦争、紛争、貧困、飢餓...
すべてが、地球上にある汚染です



と潜在意識から教えてもらいました。


次に潜在意識の方から逆に質問されました。


では、これらの原因はなんだと思いますか?


わたしの答えは「死への恐怖」でした。


人間には潜在的に死に対する恐れがあるため、
「溜め込まなければいけない」「奪わなければいけない」
という心理が働くのかと思っていました。


それは違うという答えでした。


潜在意識からの答えは・・・


「今がよければいい」「自分だけがよければいい」「自分以外の事はどうでもいい」
これらの刹那的で、利己的で、無関心な人間の思いが、
環境破壊、環境汚染、戦争、貧困、飢餓を引き起こすのです。




この言葉は、全く想像していなかったものでした。



そうですね。本当にそうですね。
死への恐怖だったら、まだましでしたね。
逆に危険を回避しようともっと堅実に立ち回っていた筈ですから。


そう一番恐ろしいのが、


「刹那主義、利己主義、無関心」だったのです。


そして気がつきました。


わたしはなんと、今まで、刹那主義で、利己主義で、無関心だったんだろう。。。
人生の今、この言葉が聞けた事に、神様に、心から感謝します。
この言葉を一緒に探し出してくれた、お二人に出会えたことを心から感謝します。
これからも噴水の前で吹き上がる水をみて、一緒にわくわくしましょうね!!!!


ラブ ともこ
[PR]
by simplicity_circle | 2012-06-03 08:02 | 地上に楽園を!