タグ:原発反対 ( 11 ) タグの人気記事

問題意識と楽観主義

問題意識と楽観主義 

この二つの性質は共存できるのか?
私はいつもここでぶつかってしまいます。


私は問題意識がある方だと思います。その問題意識をずっとブログに綴ってきました。
でも実際私がそれらを語る時、ネガティブなことにフォーカスしていると感じる方も多いと思います。

とくに精神世界/スピリチュアルワールドでは、ワクワク、喜びにフォーカスするあまり、
ネガティブには焦点を当てないという流れがあります。
焦点を当てればあなたの意識レベルがそこへ行って、あなたがその意識レベルの住民になってしまう。
そのようなレベルにいる人は放っておきなさい。
あなたはあなたのことだけにフォーカスして愛と喜びにみちていればいいと言います。

確かに病気になることを恐れていたら、逆に病気を呼び込むというのは真実だと思います。
思いが生み出すものの大きさも実感しています。思いが奇跡を生み出すことも信じています。
だから大丈夫という楽観主義はとてもとても大事だと思います。

けれども問題意識のない楽観主義はとても脆いものだと思うのです。
砂の上に家を建てるような事だと思うのです。

そして楽観主義のない問題意識は、どこまでも思考が落ちていくと思います。


私はこの二つの性質が共存していなければ、
どちらも本当の効果が発揮されないと感じています。

楽観主義をPositive Thinking (前向きな考え方)と言葉を変えてみます。

Positive Thinkingのない問題意識
問題意識のないPositive Thinking

どちらも危ういと思うのです。


だから私は問題を直視した上で前向きな考え方を選択しているつもりなのです。
前向きな選択とは、ここにある問題を認識した上で、絶望的にならずに、
どんな小さなことでも、今できる最善のことを選択するということです。

無関心でいたら、いくら自分自身が愛と喜びに満ちあふれていると思っても、
世界は変わらないと思うようになりました。
なぜならばその愛には慈悲がないからです。
慈悲のない喜びだけの愛は愛とはよべないのではないでしょうか?
だって慈悲があったら無関心でいられないですから。
そして世界を変えられるのはやっぱり愛だと思うのです。

(こちらに愛と慈悲について私が参考にしているメッセージがあります。「キリスト意識」

もちろん世界中に存在する慈悲を必要とするすべての存在に慈悲の心を向けるのは、
凡人である私にはとても無理なことです。

だからせめても自分の人生の目の前に現れたことには意味があると考え、
そこに心を向けていきたいと思うのです。日本の原発問題がいい例です。

原発再稼動、放射能汚染、がれき問題による汚染の拡大、
食物や空気による内部被曝を憂慮しています。
この問題について多くの人と話し合いたいのです。でもそれがとても難しいことだと感じています。

今この問題に無関心でいたら、
将来、自分と大切な家族、ひいては地球全体に更なるダメージが与えられると考えています。

この思いはネガティブだと思いますか?
この思いがそんなネガティブな現実を引き寄せることになると思いますか?

その頃には自分はその次元にいないように、それらの問題にフォーカスしないようにしますか?
大丈夫と楽観的で感謝の気持を持っていたら、
どんな汚染食品を小さな子供が食べてもなんの影響も出ないと思いますか?

私はそうは思っていません。

もちろん心の持ち方は大切です。効果は絶対あるはずです。
でも心だけではなく、汚染物質を避ける、保養する、食事や生活習慣を正すなどの、
実際の行動が伴ってこそのものだと思うのです。


私たちの思い、行為が今の世界を作り出しているとしたら、
自分達が蒔いた種は、自分達で刈り取ることになると思うのです。
私たちはその種を刈り取るために、原発事故という事体に直面しているのだと思うのです。

その問題に目を背けて、自分だけ次元上昇なんてあるのでしょうか?
パラレルワールドとかもう興味がなくなりました。
実際に存在しているかもしれません。でもそれはどうでもいいことと感じるようになりました。

ただ私は今の目の前の世界がよくなることに自分の関心をそそぎたいのです。
そして本当の愛について語る心の世界に学びたいのです。
ニューエイジ系とでもいうのかしら?
ちまたにある精神世界の教えに興味がなくなってしまったのです。

誰の言葉でも、そこに無関心を促す流れを感じたら、今まで信頼していたものでも、
その情報源を参考にすることをやめました。


私は「持続性のある暮らしの実現」を人生の生きる目的にしています。

そのためには、環境破壊、人権無視、動物虐待、戦争、略奪、貧困、飢餓の上に成り立っている
経済優先主義の現代社会は今、直ちに方向変換を迫られていると感じています。

そのために今の私ができる小さなこと。

原発のない未来を実現するために行動する。
健康に被害を及ぼすものや環境を汚染するものはできるだけ使わない。
大量生産、大量消費、使い捨てのものを避ける。
リサイクルする。

本当はもっともっとできることがあると思います。銀行や企業を選ぶとか。
これからも問題意識を持って、出来る事を増やしていきたいと思います。


またまたFBにタイムリーに感じるメッセージがありましたので、ここでシェアさせてもらいます。
b0113192_21584181.jpg


私はPositiveでいつも笑っていたいです。
そして自分が楽しいと思ったことに、絶対後悔はしたくないです。

だからそのためにいつも問題意識を持っています。
[PR]
by simplicity_circle | 2012-07-28 00:00 | 地上に楽園を!

参考 Part1

幸運な事に、情報は私たちに与えられています。関心を持てば、各自が簡単にネットで情報を得ることができる時代になっているのです。

何に関心を持つか、何を行動するか、どうやって生きたいか、選択は本当に人それぞれだと感じています。

魂という視点から見たら、何が正しくて、何が間違っているという答えはきっとないのでしょう。だって人は経験するためにこの世にやってきて生きているのですから、どんな体験も体験したかった素晴らしい経験になるんでしょうね。きっと。

だからわたしがここで書く事にも、善し悪し、正しい間違い、というジャッジを入れる必要などなく、ただ自分が参考にしている情報をここに記録として残しておきたいから書くのです。あふれる情報に埋もれて忘れていってしまうからです。

FBで発信しすぎると見たくない人に押し付けてしまう事になりますし、情報はそれこそ下に流れていってしまいますから、やっぱり私にはブログが一番しっくりきます。

そして私のスタンスは一貫しています。

「わたしは後で誰かを責める生き方はしたくないのです!」

情報は探せば今ここにあるのです。それなのに後で「聞いてなかった、どうしてくれるの!」と政府や機関や企業を責めても、後の祭りです。

だからこそ、情報は鵜呑みにせず、自分の心で吟味していきたいのです。自分と家族は自分で守らなければいけないと真剣に感じています。

将来「あんなに心配して騒いで大袈裟だったね(笑)」てバカにされる方がましです。というより...すべてわたしのまちがいで杞憂だったということを、心から願っています。

調査結果、原発事故や放射能への不安は文系・低所得層ほど拡大(慶應義塾大学)
震災後の生活満足度、低所得者・非正規雇用者の方が増加傾向

なんてニュースをみると、今の私には、この状況に不安を感じずに、けれども人生に満足度幸福度が低いという人々に、逆に哀れを感じてしまいます。


前置きが長くなりましたが...
ここから私が参考にしている方の紹介です。参考 Part1


FBでの友達からのシェアです。

小野俊一という7年間東電に勤めた後に内科医になったという変わった経歴を持つ先生による、つい昨日6月9日(土)に熊本市で開かれた『フクシマの真実と内部被曝】というセミナーの映像があります。少し長いですが、例えがとても分かりやすいです。



これからどうすればいいのか

雨には濡れない
食料品からの内部被曝をできるだけ避ける。(特に濃縮するキノコ類など)
黙っていてはならない。政府の内部被曝強要に講義を(電話、FAX、その他自分のできること)
最稼動は決して許してはいけない。
絶対に諦めない。諦めたら終わり。


これは小野先生の締めくくりの言葉です。共感します。


院長の独り言こちらが院長先生の発信ブログです。
[PR]
by simplicity_circle | 2012-06-14 13:25 | 地上に楽園を!

原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」

このニュースに衝撃を受けています。

それは、私からみたら、あちら側にいると感じられた学者達が、
政府や電力会社の発表を飛び越えて、
魂の声に耳を傾けた、勇気のある行動をとったからです。

確かに彼らが今まで成し遂げたことの罪は重いと思います。
原子力を平和利用という名目で推進してきた国家、電力会社、企業を、
牽引サポートして来た立場であるからです。
原子力利用を推進してきた人々は、
欲にまみれていたか、あまりにも自然に対して驕り高ぶっていたかのどちらかです。
それが、今日本国民、いえ、世界をこのような未曾有の危機にさらすことになっています。

この罪は思いです。

でもそれと同時に、どれだけの非難にさらされることを承知の上で、
原子力利用の危険性を提言する立場で国民を牽引する立場に変わったということに、
私は光を見るのです。

未だに、真実を隠匿して、責任回避をし、あげくの果てに、まだ原子力発電の必要性を訴え続け、
人類を滅亡へと導いているのかと思える人々がたくさんいます。

そういう方は、魂が闇の世界にいっています。
でも生きている今なら光の世界に戻ってくることができます。


だから私はあえてここで言いたいです。

どんな方も、安易な非難、怒りはご自分の魂を曇らせます。
この地球、ガイアに生かされている私たちは、みんな共に生きているのです。
誰のせいということは存在しないのです。
究極のところ人類の共同責任なんですから。
牽引して来た人ばかりが悪いのではありません。
牽引されて来た人にも重い罪があります。
それはガイアという自分自身の生命に対する尊厳を忘れていたことです。
あまりにも盲目で、驕り高ぶっていたことです。
これまで原子力発電について危険性はたくさん発信されていました。
その声に耳を傾けなかった人々、
結局はその恩恵を被っていた人々、
私たち全てに責任があるのです。

そんな私たちのすべてに求められていること。
自分自身の浄化作用を活性化させているガイアの意志に沿うことです。

ガイアの声を聴きましょう。

こんなにも強く揺さぶられても、ガイアが何を望んでいるのか、まだ気がつかないですか?



原子力発電所は地上のすべてから、
即刻撤廃しなければいけないのです!!




原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する
2011年4月16日 13時17分 (2011年4月16日 13時18分 更新)

東京電力の福島第1原子力発電所の深刻な事故を受け、政府の原子力安全委員会の歴代委員長を含む原発推進派学者の重鎮たちが原発の「安全神話」崩壊に懺悔を繰り返している。特に元原子力安全委員長の松浦祥次郎氏や前原子力委員会委員長代理の田中俊一氏ら原発推進の学者16人がこのほど、異例の緊急提言を行った。

「原子力の平和利用を先頭だって進めてきた者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝する」との謝罪を前面に掲げた提言の内容は政府や東電の発表よりも今回の事故を深刻に受け止めており、緊迫感が伝わってくる。

大量の放射能を閉じ込めるのは極めて困難、と認める「私たちは事故の推移を固唾を飲んで見守ってきた。しかし、事態は次々と悪化し、事故を終息させる見通しが得られていない」「膨大な放射性物質は圧力容器や格納容器内に拡散・分布し、その一部は環境に放出され、現在も放出され続けている」 「特に懸念されることは溶融炉心が圧力容器を溶かし、格納容器に移り、大量の水素ガスの火災・爆発による格納容器の破壊などによる広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除できないことである」

提言は、水素爆発などで格納容器が破壊され、放射性物質が長期にわたり国土を汚染する可能性を指摘している。日本を代表する学者たちが、チェルノブイリ原発事故級の最悪の事態を想定していることがわかる。

16人は東京大学名誉教授、京都大学名誉教授、東京工業大学名誉教授など錚々たるメンバーで、原子力安全委員会や原子力委員会の歴代委員長や委員を務めるなどした日本を代表する原子力の専門家たちだけに、発言には重みがある。

特に気になるのは、「当面なすべきことは原子炉及び使用済み核燃料プール内の燃料の冷却を安定させ、大量の放射能を閉じ込めること。これを達成することは極めて困難であるが、これを達成できなければ事故の終息は覚束ない」と述べた点で、有効な解決策を見いだすのが難しいことを自ら認めているとも受け取れる発言だ。

2011年4月1日、会見した田中俊一氏は「原子力の平和利用を進めて、まさかこういう事態、これほど国民に迷惑をかけるような事態は予測していなかった。…結果的にこういうことになっていることについて、原子力を進めてきた人間として、国民に謝らなくてはならないという気持ちは、みんな持っていると思う」と心境を明かした。

田中氏は提言をまとめた理由について「(我々は)余計なことを言わなくてもいい年齢だけれども、黙っていられないと。とにかく早くこの状況を抜け出して頂きたいという思いでまとめた」と述べた。学会で地位も名誉もある学者たちが、自分たちのこれまでの仕事を全否定するような今回の提言や会見が、事故の深刻さを物語っている。

原子力安全委員会では、歴代OB、現役首脳も自己批判

提言は、最後に事態打開策について「当面の難局を乗り切るためには、関係省庁に加え、産業界、大学等を結集し、我が国がもつ専門的英知と経験を組織的、機動的に活用しつつ、総合的かつ戦略的な取り組みが必須である」と指摘する。

提言に加わっていない原子力安全委員会前委員長の鈴木篤之氏(日本原子力研究開発機構理事長)も4月6日、衆議院経済産業委員会に招致され、「国民にたいへん申し訳ない。私にとって痛恨の極みだ。この事故を反省し、よく考えていかないといけない」などと反省の弁を述べている。

原子力安全委員会では、歴代OBに限らず、現役首脳も自己批判に追い込まれている。斑目春樹委員長は、やはり6日の衆議院経済産業委員会で、「今回の事故を深く反省し、二度とこのようなことが起こらないよう指導していきたい」などと弁明に懸命だった。


J-CASTニュースより
[PR]
by simplicity_circle | 2011-04-17 09:12 | ACTION !

伝説のスピーチ

「リオの伝説のスピーチ」この伝説のスピーチを、以前紹介させてもらったことがあるのですが、


今、この時だからこそ、もう一度、真っ白な子供の声を聴いてもらいたいと思います。







このスピーチを聴いても、物事や現実を知らない子供の理想論なんて皮肉っていた大人達。

子供のあまりにも真っすぐ過ぎる訴えに、素直に耳を傾けることができなかった大人達。

聴いて感動しても、何もアクションを起こさなかった大人達。

経済発展こそが人類の豊かさを実現する唯一の手段と考えていた大人達。

だから経済発展しか念頭になく、自然から略奪し、自然を破壊し、生態系を狂わせても、
自分の命や未来の命には何も影響がないと疑うことすらなかった大人達。



こんなことが起こった後でも、今の生き方を続けるのですか?

まだ物質の豊かさ、便利さ、安さを追い求めて生き続けるのですか?

現代の人類の科学では現実に対処しきれない事をこんなにまざまざと見せつけられているにもかかわらず、それでも原子力発電を必要不可欠なものだといいながら生きて、あなたは胸を張って死ぬことはできますか?



私はこのままでは、子供たちに、子孫に申しわけなくて、あわせる顔がありません。



実は私たち人間の豊かさと幸せを究極的に保証するものは経済ではなくバイオスフィア、つまり生命圏なんです。

David Suzuki博士もナマケモノ倶楽部へのメッセージでおっしゃっております。

私も強くそう思います。
地球に存在する多種多様な生物はそれぞれの個性を保ちながら、
繋がりを持って一つの命を生きていると感じています。
それが共存するということだと思うのです。

生物多様性とは?~地球に生きる豊かな生命

地球に生命が誕生してから約40億年。この間、海、川、森、大地のあらゆる場所で、実に多種多様な生命の営みが生まれ、進化と絶滅を繰り返してきました。科学的に明らかな生物種は約175万種ですが、このほかに今なお未知の生物を含めると、地球には約3,000万種にも上る生物が暮らしていると言われています。こうした多種多様な生き物と、それらがつながってバランスが保たれている生態系、さらに生物が過去から未来へと伝える遺伝子の個性までを含めた生命の豊かさを、生物多様性(Biodiversity)といいます。
外務省公式ページより


私たちの命は生と死を持って、それぞれの存在が支えあい、バランスがとられて、存在しています。


地球意識を持つこと。


それが早急に求められていることだと感じています。
[PR]
by simplicity_circle | 2011-04-12 15:14 | シェアしたい事

あなたが世界中のどこにいても 3月31日正午12時!


祈りましょう!!



『福島原発の中にいる水たちに、愛と感謝の想いを捧げ送ろう!!』


日時2011年3月31日(木)
それぞれの地区の時間の正午

何を言うか


「福島原発の中の水たちよ
辛い思いをさせてごめんなさい。

我々を許して下さい。

そして有難う、愛しています。」



これを口に出して、あるいは心の中で、

手を合わせて3回祈ってください。 

お願いします。


愛感謝


                2011年3月27日
                 水の伝道師 江本勝 





[PR]
by simplicity_circle | 2011-03-31 08:00 | ACTION !

思いを行動に移す時です!

b0113192_4225625.jpg

★☆★☆★☆(転送・転載大歓迎)☆★☆★☆★

◎「NO MORE FUKUSIMA!」3月30日、東京電力&日本政府本部への抗議・申し入れ・ライブ8日目の呼びかけ!
日時:3月30日(水)18時スタート〜20時半くらいまで(申し入れもします。申し入れ書の持参をお願いします)
場所:東京電力本社前に集合。(JR新橋駅から有楽町方面へ徒歩5分、
地下鉄三田線内幸町駅A5出口から徒歩2分。小雨決行です)
地図:http://www.tepco.co.jp/corporateinfo/company/annai/gaiyou/index-j.html


明日です!!
私も日本にいたなら確実に参加していました。
ひとりでも多くの人に参加してもらって、この声を、電力会社、政府、ひいては世界に伝えてもらいたいです。

*****************************************************************************************

ここからは私の個人的な思いです。

抗議は必要です。
思いを伝えるために。
これ以上の被害が広がらないようにするため。
絶対必要なことです。

でもそこに、政府や電力会社への怒り、謝罪要求をのっけることは必ずしも有力な解決方法ではないかもしれないと思うのです。

これは政府や電力会社だけの責任ではないのですから。
これまで、原発に無関心できた国民
原発反対といいながらもやっぱりその恩恵を享受してきた国民
温暖化阻止のために原子力が地球を救うと信じてきた国民

全ての人にもやっぱり責任はあるのですから・・・
そして当然私もそこに含まれています。

だからスタンスは、やっぱり、
地球の未来を念頭に入れることなく、
自然に対して傲慢であった、
愚かな人類を反省するというものが大前提だと感じるのです。

だから彼らを責めるより、お願いする気持ちしかありません。


どうかお願いですから、原子力発電をやめてください。

私たちは電力消費を押さえて暮らします。

これ以上の犠牲者を出さないために、これ以上地球(私たち自身)を傷つけないために、

東京電力だけではなく、全ての電力会社にお願いします。

今稼働している全ての原子力発電所を廃止してください。

その決断ができないでいる、政府、電力会社のあなたの理由はなんですか?

その大義名分の背後にあるものを見つめてください。自分の私利私欲ですか?

このままのあなたで死ぬ覚悟はできていますか?

たくさんの現在、未来の尊い命を犠牲にしてまで、守りたいものなのですか?




自分の中の恐れに打ち勝ってください。。。


[PR]
by simplicity_circle | 2011-03-29 05:07 | ACTION !

祈りをささげましょう...

日時: 2011年3月20日18:35:59 JST
宛先:
件名: Fw:福島原発事故によせて

友人から、下記のような〓をもらいました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
今、福島の友人から先ほどメールをもらいました。知り合いに転送しているようです。是非読んでいただければと…


皆さん
どうかお願いがあります
祈りを、皆さんの祈りを
今、福島原発で命がけで 我々の国、この日本を
国民を
あなたをあなたの
家族を救う為に懸命に仕事をしている人々がいます。

どうか祈って下さい!
作業が成功するのを!
お願いします!

自衛隊特殊化学防護隊の
隊員たちは志願者です。
しかも年齢は55歳からうえ、もう子育ても終わりに近づいて思い残す事は無い
と志願者となったようです。
その様な志願者が50名


時事通信社の記事があります。
東電が全国の電力会社、協力企業に助けを求めました。
志願者です、決死隊として原発の内部作業をする原発関係者のベテランを募った
のです。
中国電力の原発勤務40年というある男性が。
この作業は自分達のようなベテランがやるべきだ、
自分は定年まで後一年であるし、子育ても終わったとして、志願したそうです。
ご家族は静かに思いを語る、自分の夫、父親 の
決意に何も言えなかたそうです。
その方の娘さんは,今までと違う父のもの静かな顔を初めて見たそうです。
志願者20名
翌朝、いつも出勤する時のように。
じゃあ、いってくる。
と言って玄関を出てたそうです。

原発での作業中、放射線被爆があります。
国が定める限界被爆単位100ミリシーベルト。
それが250ミリシーベルトになりました。
何故なら、彼等が望んだからです。

100ミリシーベルトではすぐ時間が経ってしまい数分では作業ができない。
だから国に250に上げてくれと。
その為の被爆量は覚悟の上なのです。

そのおかげで
昨日、あと一歩で臨界点と言う所で臨界が止まったのです。
もし臨界点に達していたら。
私達は今、この時を
この時間を過ごしていません。
家族と恋人と仲間、友人とこの時間が無かったかもしれないのです。

半径300キロ生物の生存率は、限りなくゼロ
に近かったんです。
今のこの時間は彼等のおかげなのです。

経営側幹部たちは我が身安泰の為、情報を小出しにし、遠く離れた東京から出て
きませんでした。

お願いです。皆さん
祈って下さい!
皆さんの祈りを
作業が成功するように
祈って下さい!
皆さんの想念を送って下さい!

今日 放水作業が無事終わりました。

明日の作業も成功するように。
隊員たちが無事であるように。
祈って下さい!

どうかお願いします!

そして家族、友人、仲間、一人でも多く方に知ってもらい
祈ってほしいので伝えて下さい!
お願いします!

[PR]
by simplicity_circle | 2011-03-27 06:10 | ACTION !

原発君にありがとう!

前エントリー「日本にいらっしゃる皆様、すぐ読んでください!」のコメント欄できょうちゃまに紹介してもらった動画です。



原発君がんばってるのね。

原発君のお腹の中で大暴れしているガス君の名前はプルちゃんとウランちゃん。
プルちゃん、ウランちゃん、本当にありがとうね。

原発君の中で頑張ってもらったけど、もうお家に帰りたいでしょう。。。
今まで本当にありがとうね。もうお家に帰ろうか。

原発君もたくさんたくさん人間のために働いてもう疲れちゃったでしょう。
もうお休みしていいよ。

人間はどうなるの? 大丈夫?

大丈夫だよ!

僕たちが変わればいいんだから!

ちょっと不便になるくらい、大丈夫だよ。

もともと、24時間で営業するお店も、5m置きに必ずある自動販売機もいらなかったんだよ。

ちょっと前まではそんなものなくても、みんなたのしく暮らしていけたんだよ。

人間はね、今本当に生きるために必要なものと、そうでないものをちゃんと選ぺるようになったからね、

疲れた原発君をはたらけ〜〜〜!って、無理ばかり言ってごめんね。

僕たちちょっとわがままだったね。

でもね、もう気がついたから、大丈夫だよ。


だから、今は君のお腹が痛いのが治るように、たくさんお薬をあげるね。


お薬をあげる、お医者さんをみんなが応援してるからね。。。




お薬をあげるお医者さんは一番のヒーローなんだ。
[PR]
by simplicity_circle | 2011-03-24 12:34 | ACTION !

日本にいらっしゃる皆様、すぐ読んでください!

今、尊敬するお友達が、Facebookで素敵な言葉をUPしてくださいました。
いても立ってもいられなくなって、こちらで紹介させてもらいます。

地震発生以来、これから復興する日本を思い描いて、愛のエネルギーを一生懸命送っていました。

でも私に一つかけていたものを見つけました!

それは....

プルトニウムとウランへの感謝と愛の気持ちでした!!!!!!

わたし、以前から原発に反対しておりましたから、憎し原子力・・・一本やりの気持ちでおりました。
こちらのメルマガを読んで、横っ面をたたかれた気分です。
ありがたいことです。

そういえば、奇跡のりんごの木村さんも癌細胞には感謝を!って書いていらっしゃったことに、
感心していたのに、本当に、忘れっぽく、応用の利かない私です。


この思いが、福島原発の周辺に今もいる被災者の方、
そして何よりもご自分の命も省みず、現場で作業されている方達に届きますように!!!


ぜひ読んでください!!


「原発が淋しがっています。 プルトニウムにも意識があります。
今まで無償の愛で私たちの快適な生活のためにエネルギーを
電力に供給してくれました。」

<2011.3.17配信のメルマガ緊急号外より>

今回の地震と津波の被災者の皆さん、寒い中よく耐えられました!
本当に心から尊敬します!
やっと主要道路が開通しましたので、ガソリンも食料も医薬品も届くようになります!
大量に愛の物資が届きますから安心してください。もう少しの辛抱です。
これからは復興の感動の波が来ます!

福島原発への愛と感謝と花束の祈りが届きました!
福島第一原発の1号機、2号機の二基も落ち着いてきました!
私たちの祈りが届いたと思います!

あとは福島第一原発の3号機と4号機のプールにある783本の使用済み燃料棒です!
皆で一緒に愛と感謝を、783本の花束のイメージとともに贈りましょう!

ついでに、プルトニウムとウランの意識をもとの鉱脈に戻すイメージをしましょう!
まるで、シンデレラ姫のように、プルトニウム姫とウラン姫を花の馬車で
故郷に帰してあげましょう!

その鉱脈は地球の大切なハートチャクラの部分です。
きっと地球が喜んでくれます!

「今まで本当にありがとう!深く感謝しています!安心して故郷にお帰りくださいね!」
本当に今まで、私たちの快適な生活のためにエネルギーを電力に供給してくれました。

イメージなので、ハグをしても大丈夫です。被爆しません。むしろパワーをもらえます。
熱を受け取るイメージでクールダウンの応援をしましょう!必ず落ち着いてきます!
ここ数日がとても大切です!

今日は愛の祈りを3号機と4号機のプールにある783本の使用済み燃料棒さんに
しましょう!
今日もみんなで一緒に愛の祈りをしっかりやりましょう!

漏れ出ている放射能が心配で、直感で避難したいと思う方はどうぞ避難されてください。
今すぐに動けない方、自分は大丈夫と思える方は、腹をすえて今を受け入れ
自分自身を強化しましょう!これからさらにパワーアップします!!!

太陽をイメージして両手を広げ「ありがとう!」と元気よく唱えて、
小脳(太陽)スイッチをオンにしてください!これから小脳がどんどん活性化します!
小脳が今燃えている太陽のパワーと放射能のパワーを変換吸収できる場所になります。
首の後ろのくぼみに手を当てて、「小脳(太陽)スイッチオン!」と言ってもOKです!
これで放射能を平和活用できるようになります!

子どもたちはすでにスイッチオンになっているので大丈夫です!
舌がしびれたり、頭痛がしたり敏感な方は、何度もやりましょう!楽になります!

今こそ宇宙の「引き寄せの法則」を最大活用する時です!
日本が、地球が平和な世界になっている美しい未来をイメージして引き寄せましょう!!



必ず、日本は蘇ります。地球は大丈夫です!
私たちには乗り越えるパワーがあります!

 


笑いの天使・啓子より


ー追記ー

とんねるずの木梨憲武(49)さんは、14日付のブログから、太陽を通じて勇気付けを行っているようです。
木梨憲武が勇気付けへ「太陽を書いて送って!何か作るから」

このエントリーを前後して、太陽を描いた絵を載せており、太陽を通じて勇気付けを行っていくとの趣旨が伺える。
 木梨のそうした配慮に読者からは「娘と書いて送ります」や「涙がとまらない。本当に、ありがとう」「皆の想い。太陽。力。届けて下さい!」「被災された方に太陽パワーが届くように!」「皆様に助けていただいた分、パワーを送りたいです。子供たちと一緒に描きました!のりさん、よろしくお願いします」といったコメントが寄せられ、希望の光を与えている。
[PR]
by simplicity_circle | 2011-03-18 15:36 | ACTION !

原発事故と平井憲夫さんの遺言


私はその内部被曝を百回以上もして、癌になってしまいました。癌の宣告を受けたとき、本当に死ぬのが怖くて怖くてどうしようかと考えました。

でも、私の母が何時も言っていたのですが、「死ぬより大きいことはないよ」と。

じゃ死ぬ前になにかやろうと。原発のことで、私が知っていることをすべて明るみに出そうと思ったのです。



「原発がどんなものか知ってほしい」
「アヒンサー・地震と原発」(95年5月発行)に掲載



「平井憲夫さん」 1997年1月逝去。

1級プラント配管技能士、原発事故調査国民会議顧問、原発被曝労働者救済センター代表、北陸電力能登(現・志賀)原発差し止め裁判原告特別補佐人、東北電力女川原発差し止め裁判原告特別補佐人、福島第2原発3号機運転差し止め訴訟原告証人。




オーストラリアには原発がありません。
日本はあんな狭い国土に54基です。その内43基が運転中。(2009年12月18日現)
電力量の約30%を担っているそうです。(2004年現)



私はすべての人が幸せに、地球上で自然と共生する暮らしを夢見ています。



そのための「真実」を探究しています。

それ以外の理由はありません。



私は死を間近に迎え、恐れに打ち勝った人の真実の訴えを信じます。



『アーロン・ルッソ(Aaron Russo)監督 インタビュー』
(2007年8月24日逝去)
[PR]
by simplicity_circle | 2009-12-20 07:34 | WAKE UP!