食に関して影響を受けた本 2

b0113192_1284680.jpg

幕内秀夫 著
『粗食のすすめ』

私の母は、食の大切さを私にいつも教えてくれた。自然食のお店に通い、私のお弁当には玄米、小豆、粟、ひえ等が入る事があり、子供の頃の私はそれが恥ずかしくって、よく蓋で隠しながら食べていた。クロレラやらウコンやら、いろんなものを飲まされた。好き嫌いが多く、偏食だった私が、こんなに健康に育ったのは、母親のおかげだと思う。

さて、そんな私が母親になってみると、あんなに美味しくないと思っていた健康食が、なんだか気になってしかたがない。

そんな私の格言は? 「医食同源」

健康を維持したり病気から快復するために、薬と食品が同様な効果を持つという意味。病気になった人を治すために薬を処方する近代医学的な思想に対し、病気になる前に普段の食生活で予防する思想。

食の大切さを説く本はみな同じようなことを言っている。

白米等の精製食品は、効率的に含まれている栄養素をほとんど取り除いたカス。加工食品は、必要以上に薬品処理をされて、添加物を大量に含み、本当の食材の顔が見えない。現代の食生活は糖分や動物性脂質を摂取しすぎる。

こんな食生活を続けていくと、不調がちな体(虚弱体質)になっていき、避けられるかもしれない病気(アレルギーや生活習慣病)になっていく。

身体面だけではなく、精神面でもイライラしやすくなったり、無気力になったり、ひいては、精神疾患として表れてくる。心と体は表裏一体。むしろ関連性のない事として考える事に無理がある。

その中で「粗食の勧め」の説く身土不二の思想は、人間の長い歴史の中で、それこそ壮大な人体実験の結果培われてきた食の知識による食べ物こそ、真に体が求めているものではないか。そうやってできあがった、地元の食品、伝統食を食べることが健康につながる。というもの。しみじみとした共感を覚えた。

更に人間は風土の物を食べることによって、自分のためだけではなく、ひいては、環境保護や世界の飢餓問題への対策にも繋がるのでは? という著者の意見に強く同意したい気持ちが湧き上がった。

一例としては、先進国に加えて、急激な経済成長を遂げている中国などで、食肉用の家畜の需要が急速に増える中、家畜の餌用の穀物の価格は環境問題などの煽りを受けて急騰している。そうすると、後進国では、主食の穀物さえ入手するのが困難になり、更に飢餓が広がる。

また運送によって消費するエネルギーは環境破壊を助長する。

その一方、恵まれた国では、時間単位で、あまった食料がごみ箱へと消えていく世界のこの悲しい現実。先進国で何でも手に入る飽食の時代に生まれた私、もっと考えるべき事があるのではと思う。。私にできることは、作っては捨てるという大量消費を前提とした産業をサポートしないということかなぁ。。


最後に...

世界には二つの貧しい国がある
ひとつは物質的に貧しい国インド

もうひとつは
世界でこれだけ困っているのに
無関心でいる日本

私たちは知らなければ愛することはできません。

知ることが愛へ導き、愛は奉仕に導きます。

マザーテレサ

愛の対極にあるのが、無関心である。


とマザーは語る。
[PR]
# by simplicity_circle | 2007-07-09 12:23 | WAKE UP!

食に関して影響を受けた本 1

b0113192_1222496.jpg
今村光一 著『キレない子どもを作る食事と食べ方』
食事と栄養の改善により子どもたちを健全に育てる方法を説くガイド・ブックなのですが、その内容はタイトルの印象とはちょっと違って、子供だけを対象にしたものではなく、一般的な、食(栄養)によって及ぼされる心身への影響を広く紹介していて、もっとこの著者の本を読んでみたいと思った。

その中で「ポッテンガーの猫」という研究を紹介していた。この研究が、なんだか私が日頃感じている漠然とした疑念に対して一つの答えをくれたような気がする。

「ポッテンガーの猫」という研究。

30~40年代のアメリカでポッテンガーという博士が猫を2組に分けて飼育実験をした。一方の組には健全な餌を与え、他方の組には不健全な餌を与えて、10年間、900匹の猫を3代にわたって研究した。

健全な餌で育てた組では二代目、三代目も健康な猫が生まれた。けれども不健全な餌の組では二代目からは疲れやすいなどの肉体的不調や病気がみられる猫が多く生まれ始めた。三代目になると身体の不健康さや病気だけでなく、高い所から落としても足から着地できず背中から落ちるなどの不器用さがめだち、そればかりか、他の猫に意味のない敵意を見せる、飼い主に噛みつくなど、精神的に異常な現象や行動を起こす猫が増えた。

さらに驚くことは、不健全な餌の三代目からは、実験できるだけの数の四代目の子供が生まれなかったという。

~以上Pottenger Cat Studyより~


さて、猫と人間を単純に比較する事は現実的ではないという人もいるかもしれないけど、簡単にばかばかしい実験と笑い流す事ができないと、私は思う。現代人、現代っ子といわれる私たちと共通点が見えて、ちょっと怖い。

私は何代目?そうするとこの子達は何代目??

この実験は「食」だけが対象だけれども、今私達が暮らしているこの現代社会を取り巻く状況は、 もっと複雑になっている。

化学物質等の生態系への影響。遺伝子操作の産物。進む大気や土壌や水質の汚染。オゾンホールの拡大。電磁波の影響。。 数え上げたらきりがない。これらは便利さや安さという恩恵への代償。

そして、これらの安全性って絶対に保証されているのかしら??

確実な危険性が認められているけれども、少量の場合安全であるとみなされているもの。まだ確実な危険性は認められていないものも、確実な安全性も証明されていないもの。また併用された場合の危険性は今のところ認められてないもの。私の疑いはきりがない。

これらの事はこの猫の研究のように何世代と世代を追って影響をみてみなければ、本当の事は分からないと思う。

「現代を生きる私たちは、壮大な人体実験をしているようなもの」と著者は言っていた。

現代科学は全てを解明した訳ではなく、 一部を証明しただけに過ぎないと私は思う。その影で取りかえしのつかない事が進行しているかもしれない。。

将来、政府が安全性を認めていたのに被害にあったと、訴えるのでは、あまりにも悲しすぎる。体制に対して疑う事をせず、ただ受身な姿勢で生きていくのは怖い。

そして何よりも「森羅万象」人間はもっと謙虚にならなくては。



次回もまだ食に関して...
[PR]
# by simplicity_circle | 2007-07-09 12:05 | WAKE UP!

シンプル化 食品 中国産

食のシンプル化のつづき。さらにシンプル化したもの。というよりも、

排除したい食品 原材料 中国

中国産は信用が出来ない。以前から中国産の食物については使用禁止の薬品の使用、残留農薬の問題など報道されていた。でもメディアではあまり積極的には扱われていなかったという。それは安価な中国産を使用しているスポンサーを配慮しての事だろうという考え方がある。

でもここ数ヶ月、海外でいろんな事実が発覚してからというもの、パンドラの箱を開けてしまったように、次々と衝撃的なニュースがでてくる。もうとどまる所を知らない。隠しようがないということかもしれない。

更に深刻な問題は、中国全土を覆う土壌、空気、水質の汚染。だから加工品だけではなく、生鮮食品(海の物も山の物も畑の物)だって全てに危険がある可能性が高い。加工する段階でいくら規制を強化したところで、原材料となるものから汚染されていたら、安全なものはひとつとしてない。

日本も高度経済成長の時代には同じ道を歩んできたと思う。でも中国にはモラルの問題もあり、根が深いと思う。

まぁ日本でも雪印、不二家、食肉加工業者と不正もいろいろとあるから、あまり人の国のことは言えない気もする。これはとても悲しい事実。

中国では工業地帯の周辺では幼児の頭が巨大化する奇病が次々に確認されているという記事を目にして、ふと思い出すのが、中国からきたばかりの知り合いの赤ちゃん、ちょっと異様に頭が大きかった。生後9ヶ月ではっきり異常があるとは診断されていなかったけれども、おすわりも全くできなかった。すぐ中国に帰ってしまったので、その後はわからない。

奇形の動物が生まれたというニュースを目にしたりすると、中国国内に奇形が多いという話も誇張ではないのかもと感じてしまう。

【画像注意】縁起モノ?鼻が2つ目が3つのブタが中国で発見! ABC振興会

赤いおべべを着たコブタちゃんちょっとかわいいです。
しかし、なぜおばちゃんはうれしそうなんだろう。。 
奇形なんだけど...怖い!どうして、こんな事に?って考えないのかな??



実際中国に暮らしている方の文章からも現状を垣間見る事ができます。
田んぼの用水路の中には奇形の鯉が普通にいるそうです。
http://www.ne.jp/asahi/kikko/living/sekken4.htm 


b0113192_11311598.jpg

濃いスモッグに覆われる北京(Photo by China Photos/Getty Images)
http://jp.epochtimes.com/jp/2006/12/html/d47778.html大紀元より

b0113192_11313439.jpg

izuru136.cocolog-nifty.com/.../01/post_be6e.html
汚染されている中国の河川


まだまだたくさんあるけれども、もう見たくないかな?

ということで、いろんなニュースや画像を見てるうちに、中国産を食べるのが気持ち悪くなってしまった。日本の食材のお店は遠いし、高い。だからこれまで我が家は本当に中国の食材に頼りきっていた。それでもやめようという気になった。(でも日本の商品でも原材料はかなりの割合で、中国産なんだろうな。不毛。。。)

気が付いたら、いろんな食材が我が家の台所から消えていた。図るずともシンプル化。



まだ食の話はつづく...
[PR]
# by simplicity_circle | 2007-07-09 11:32 | WAKE UP!

シンプル化のはじまり 食品

b0113192_10461884.jpg我が家のシンプル化が始まったきっかけはこの本。安部司 著『食品の裏側』

シンプル化されたもの、調味料、加工食品、冷凍食材。

去年この本を読んで、大きな衝撃を受けた。

かつて食品添加物の専門商社に勤め、「歩く添加物辞典」とまで呼ばれた著者。加工食品の開発に精力をそそぎ、トップセールスマンであった著者が明かす、「どうやって、見た目がきれいで、おいしく感じて、便利で、安い食品を作るかという、食品業界の裏技」

それは業界を熟知した著者が鳴らす日本の食卓への警鐘。

漬け物や冷凍食品は輸入品のくろずんだ野菜を漂白し合成着色料で色をつけ、化学調味料で味をつける。ドロドロのクズ肉が30種類の添加物でミートボールに甦る。要は食材の形さえあれば、激安の廃材で見た目もよく、味もおいしく感じる食品を添加物で作り出せてしまう。その為に添加される化学薬品の多さに言葉を失った。

業界の先端にいた自責の念と、厳密な情報が開示されない状況で、現場の人間は気持ち悪くて食べられないという食品を、知らずに摂取している消費者の現状を、世に知らせなければという使命感。その真摯な著者の思いに引き込まれた。

また単に危険性を煽るだけではなく、添加物の必要性、恩恵も提示し、食品の真実を知った上での消費者の自由な選択を可能にしてくれる。

そして「利益」優先の企業と「安さ」「便利さ」「見た目のよさ」を追い求める消費者という、現在のマーケットの構造にも問題を投げかけている。


私は前から、ある程度添加物には気をつけていた。けれども醤油やお酒、みりんと言った基本的な調味料もニセモノにすり変わっているため、手作りをしていたとしても、こんなに化学物質を摂取しているという事実を知って怖くなってしまった。

この本を読んでから一年がたつ、ゆっくりだけど、うちの台所からはいろんな調味料や加工品、冷凍食品が消えていった。

本物の食品は高い、特に海外で暮らしているので、日本の食材はとても高い。でも冷蔵庫やキャビネットがとってもシンプルになり、余計な買い物は減った。

手作りしなければいけないので、手間はかかる。のんびり暮らせるこのライフスタイルだからできるのかな。それでも時には息抜きも必要、楽はしたい。ジャンクな物を食べたりする。だけど、あまりおいしいと感じなくなってきた。

こういった事を考える最大の理由は、これから人生がスタートしたばかりの子供にはきれいなものをあげたいという気持ち。



まだまだ食の話は続く- 我が家の台所から更に消えていくものが...
[PR]
# by simplicity_circle | 2007-07-09 10:53 | WAKE UP!

1歳のお誕生日


b0113192_2121114.jpg
先月のことですが、ようやく我が家の長男KARが1歳の誕生日を迎えました。
そして3歳半になる長女LEEもいます。なんだかせわしなく毎日が過ぎていきます。


お誕生日会は4歳になるお友達と一緒にお祝いしました。

にんじんとブラウンシュガーでカップケーキを作りました。彼にとっては初めてのケーキです。美味しそうに食べてくれただけでケーキ作りの苦手な私としては、嬉しくなりました。それに、お友達のママがKARの名前のクッキーをかわいらしく作ってくれて、とっても素敵なデコレーションになりました。ケーキの写真も載せたかったのですが、おおきく名前が乗っているのでやめておきます。残念です。

b0113192_2035262.jpg

この食べ物は大人用です。あしからず。
[PR]
# by simplicity_circle | 2007-07-08 20:46 | 我が家の最近

OP SHOP

オプショップと呼ばれる「Opportunity Shop」とはキリスト教の団体や教会などが運営しているセカンドハンドのお店です。

私は無宗教の人間ですが、キリスト教がバックグランドの文化に流れる、「助け合いの精神」というものが好きです。

このお店のシステムは、商品はすべて寄付によって持ち寄られた物です。売上はその店の運営だけではなく、ホームレスの人や助けを必要としている人たちへの支援へと変わります。

こういったシステムがあるので、モノの整理がとてもしやすいです。まだ使える物を捨ててしまう罪悪感に苛まれることがありません。

10年程前のことですが、私は日本の実家を出る際に、自分の服を処分するのに、どこかへ寄付をしたいと考え、探し当てたのは、海外の恵まれない国へ送ってくれるという機関でした。確か、2万円ほど払って処分したような気がします。

そう考えると、本当に実用的で愛にあふれたシステムですね。
[PR]
# by simplicity_circle | 2007-07-08 18:56 | いろいろ思う事

シンプルに生きるって...

私のまわりには、ものがあふれている。
情報もあふれている。価値観もあふれている。

でも実は、なくてもいいものかもしれない。
流される必要もない情報かもしれない。
無理にあわせる必要もない価値観かもしれない。

本当に必要なものとそうでないもの。自分の心に正直に選びたい。

シンプルライフとは物質や生活、住環境を指すのではなく、心の状態のこと。
昔の質素な生活に戻るのではなく、虚栄心などの余計なものは避け、
自分に正直であること。
-Charles Wagnerの説く「簡素な生活」-

私の心が正直でいられるってどんな生き方だろう。

やっぱりありのままの自分でいられることかな。
無理して背伸びをしても、あとでぼろが出るし、それでは居心地が悪い。
そのままの自分を受け止めてくれる人がたくさんいなくてもいい。
少しでもいてくれたら、それで幸せ。

意見なんて合っても合わなくてもいい、
私の話を聞いて、「それがあなただからって」
笑って聞き流してくれる人が、少しでもいてくれたらそれで幸せ。

そんな私の人生の最大の目標
私、この半年の間に突然目覚めちゃいました。

仲のいいお友達からは「また始った!」
と軽く笑い飛ばされてしまいそうだけど、
私としてはかなり真剣。というか考えるだけでわくわくしてロマンが広がる。


「地球に優しい生き方をする」「究極は自給自足」


まぁ現代社会の恩恵はある程度受けながら、
余分な物はできるだけ捨てて、
自然と共生できる暮らしができたらなぁと、
そんなことを夢見ている毎日。

とは言っても、これは人生の目標だから、簡単に達成できることではなく、
まずは、目の前のできることからコツコツと、小さな事からコツコツと。

現在進行中のミッションは、あふれ返ったちび達のおもちゃの整理。
あぁなんでこんなにおもちゃがあるのだろう、この家には。。。
[PR]
# by simplicity_circle | 2007-07-08 18:22 | 自然に還ろう!

別のグローバル化 

録画した2.3日前のNHKのニュースを見ていたら、
タイの伝統的文化復活への取り組みを紹介していた。

道行く人たちが微笑みながら合掌のポーズで挨拶をする「ワイ」。
これがタイが「微笑みの国」と言われる所以だそう。

それが若い世代を中心にその「ワイ」という伝統習慣がくずれはじめているという。
人々の間の「礼儀や尊敬」という意識が薄れ、謙虚さを忘れて、自己中心的な人が増えていっている。タイの人が持っていた、思いやりと言う心が減っていくばかり、と憂いていた。

ちょっと待って、同じ声が世界中のあちらこちらから聞こえてくる気がする...

こんなグローバル化はいらないと思う。
[PR]
# by simplicity_circle | 2007-07-08 09:53 | WAKE UP!

グローバル化 LIVE EARTH

2007年7月7日、世界7大陸、9都市で「LIVE EARTH」コンサートが連続開催されている。MSNではコンサートのライブ演奏を無料配信している。これは気候変動問題に対する認識を世界規模で飛躍的に高める目的でひらかれたもの。

昨日の朝CITYへ行く用事があった。駅はスタジアムへ向かう人たちであふれ返っていた。チケットは$99。アーティスト目当ての人もいるかもしれない。でも何かを救いたいという、愛の気持ちが人と人の間につながり、これが大きなうねりとなって、世界中がつつまれる事になったら。。。。

これから参加しようと、意気揚揚としている人々を見るだけで暖かい気持ちにつつまれた。

世界は変わるかも。。。

そこで更に思いは広がる。グローバルな観点でみなければ解決できない問題はたくさんある。どんなに国境や言葉、文化で線をひいたとしても世界はひとつでつながっている。一国だけでは解決できない飢餓、貧困といった問題も同じようにこういった活動によって人々の心に広がっていったら。。。と素朴に感じた。

こんなコンサートの存在さえ知らず、ましてやグローバル規模の環境破壊の危機の存在も知らず、先進国の現代文明からかけ離れた暮らしを送っている人たちに思いをはせる。。

世界の人口比率で見ると、コンピュータを所有している人はたったの1%だという。

動画で見る『100人の村』より


2年前のG8サミット開催の時「LIVE 8」も素晴らしい催しでした。でもその後のロンドン同時多発テロでなんとなく、インパクトが薄れてしまったような。。テロというのも悲しく、難しい問題だと思う。
[PR]
# by simplicity_circle | 2007-07-08 09:50 | いろいろ思う事

はじめまして

はじめて『ブログ』というものに手をだしてみる。

ちょっとドキドキ。
不精な私、続くかしら??
かなりあやしい。

どんな事を書いていくかまだ方向は決まっていない。
日々なんとなく感じていること、単純に興味のあることを
ひとり言の日記のように書いていけたらと思う。

お友達への近況報告もこの場で、と不精な私はそんな野心も持っている。
あくまでも公開できる範囲で。

よし、がんばってみよう。


縁あって、このページにいらっしゃって、これを読んでくださった方、
ありがとうございます。そしてよろしくおねがいいたします。


「星の数ほどの数えきれない幸せ」
全ての人がそんな幸せを感じて生きていけたら、
世界が変わるのではないか。。

とそんな事を空想しています。


あなたがそんな幸せにつつまれますように。。。
[PR]
# by simplicity_circle | 2007-07-08 09:47 | いろいろ思う事