<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Steve Jobs 氏 伝説のスピーチ

2011年10月5日、アップルの創設者で、前CEOのスティーブ・ジョブズ氏がお亡くなりになられましたね。56歳、あまりにも早過ぎる、惜しまれる死でした。

永久保存版であると感じる動画が紹介されていたので、自分のブログにも残しておきます。
らばQ 『何度でも見ておきたい、感動を呼んだスティーブ・ジョブズ「伝説のスピーチ」(動画)』より

スティーブ・ジョブズ ス大卒業式でのスピーチ 前編


スティーブ・ジョブズ ス大卒業式でのスピーチ 後編





好奇心と直感に従って入った道は後にかけがえのないものとなりました

先を見て点を繋げる事はできません

振り返ってのみ繋げる事ができるのです

だから点は未来で繋がるのだと信じないといけません



あなたは愛する何かを見つけなければなりません

それは仕事でも恋愛でも真実です

真に満足する唯一の方法は 自分が素晴らしいと思う仕事をすることです

素晴らしい仕事をする唯一の方法は それを愛する事です

まだ見つけられていないのなら

探し続けなさい そして妥協しない



”毎日を最後の日であるかのように生きなさい”

外部の期待や 自分のプライド 挫折や屈辱への恐れは 全て死に際してなくなり

本当に重要なものだけが残る


自分も死にゆくと自覚する事は 何かを失うという思考の罠を回避する最良の方法です


人は必ず死にます

時間は限られているのです

だから他人の人生を生きて それを無駄にしないでください

他人の意見という雑音で

内なる声をかき消さないでください

アナタのハートと直感に従う勇気を持ってください

全ては二の次です


“ハングリーであれ バカであれ”




スティーブ・ジョブズ氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
[PR]
by simplicity_circle | 2011-10-07 11:34 | 心の持ち方!

バランス

前回、更新してから、もう1ヶ月が経っている。。。    
信じられない。。。。。
何なんでしょう、この時の流れ。。。。


って、一体この1ヶ月私は何をしていたのだろう???


ここのところすっかりのんびりモードになってしまって、
脳みそにエナジーがいかないんですよね〜。


ネットサーフィンお宅な私は、いつも検索しては読みまくっていたのに、
Input にも興味がわかないし、
自分の思考を整理するための、Outputの意欲もでてこないのです。
完全に脳みそがストップ。
そのおかげでよく寝る。よく寝る。毎晩子供と一緒に9時過ぎには寝てしまいます。
今は休息の時と自分に言い聞かせても、こんなんでいいのかなとちょっとギルティに感じたり。。

それにしても、今年のこれまでの流れは、私にとってはすごいものでした。

突然、2月から映画の上映会の準備を初めて6月まで、全力疾走しました。
そして上映会終了と同時に、突然6月から9月まで、ずっと来客が続きました。

この8ヶ月は、充足感があり、達成感があり、成長もあり、癒されたり、本当に楽しい日々でした。もう一度2月に戻ったとしても、同じ道をたどった事だと思います。

でもやっぱり、ちょっと地から足が離れている状態が長過ぎたかもしれません。。。
通常の生活に戻って、落ち着いてみると、かなり脱力している自分がいます。

そんな折り、長らく怠っていた、子供の歯科検診に連れて行きました。

するとKarの虫歯が進行していました。Joyにも虫歯ができてしまっていました。


猛烈反省。。。。


やっぱり、子供の事がおざなりになっていたと言わざるを得ません。。。
これをあげておけば大人しくなるからと、結構甘いものをあげていました。
しかもダラダラ食いです。

その隙に、私は自分のやりたい事をやっていました。

そして追い討ちをかけるようにさらに、ショッキングな事が、発見されました。


Joyが 出っ歯になっていたのです。。。。。


Joyは1歳になる前から、自分の下唇を吸って自分を落ち着かせるようになっていました。
去年Joyが2歳になった頃、歯医者さんに連れて行ったら、下唇を吸う癖は、良くない癖だから、
今すぐやめさせてくださいと言われていたのです。

でも、親指なら外せるけど、下唇だし。。。
それに自分を落ち着かせるために吸っているのに、やめさせると、泣き叫んで怒るから、どうしようもないな。。それに何がそんなに悪いのかしら??? と何もしないでいました。

実は、Karも親指しゃぶりをする子で(これはTrevor君が教えたんですよ!!)
どうやってやめさせようかと思案していたのですが、特に歯並びが悪くなる様子もなかったので、
親指しゃぶりって、結構大丈夫なんだ。。とタカをくくってしまっていました。


そして、今回の3歳になる直前の検診で、下の歯が全部下唇におされて、中の方に傾いて生えてしまって、逆に上の歯が押し出されて、上の歯と下の歯の噛み合わせが、指一本はいるくらいのギャップができてしまっていることがわかったのです。

丸2年、昼も夜も、下唇を吸い続けていたから、当然です。

「Lip Biting」「咬唇癖」と言うようです。

歯医者さんからは、もう言って聞かせてわかる歳だからとにかく、出っ歯のラビットの絵本を使って、読み聞かせたりして、これ以上悪化しないように何とかやめさせてください。と厳しく指導されました。

本当はシュガーレスのガムを噛ませるのがいいそうですが、彼の歳では、まだ飲み込んでしまうかもしれないからだめなようです。


これはどうしたものかと、落ち込んでいろいろ模索していた時に、最近通い始めた、沖ヨガの先生 (世界の中心で『YOGAaaaaぁああぁぁx』と叫ぶ!!新妻正幸Official Blog) に話したら、

彼の師匠レベルのヨガの先生がブルーマウンテンにいるのですが、その方から聞いた話しをしてくれました。

「ヨガ的に言うと、身体にあるチャクラというのは7つだけではなくいろいろな所にあって、第六チャクラ(サードアイ)と第五チャクラ(スロート)の間にもチャクラがあって、ちょうど瞑想中舌をおくと言われるスポット、上の歯の付け根のあたりがチャクラになるんだそうですが、子供が親指シャブリをするのは、そのチャクラを使って、第五と第六のチャクラを通すためにやっているから無理にやめさせるのも可哀想なんだそう。」

という話しでした。それなら下唇も同じかその先生に聞いてもらいました。

すると、こんな答えをいただきました。。。。

「下唇は全然話しが違う」
「下唇を吸うというのは、物が言えていないというサイン」

これを言われて、はっとしました。
だって言葉を変えれば、「話しを聞いてもらえていない」ということなのです。

何でそう思ったかと言うと、Joyには大切な大切な「テディのブランケット」がありました。
外出する時以外(たまに外出する時も)ずっとずっと大事に持ち歩いていました。
そしてその「テディ」とリップバイティングはセットでした。
だからJoyに話して「テディ」をしまってしまいました。

彼なりに理解しているのか、あんなに大好きだった「テディ」がなくなっても取り乱す事はなく、
探す事もなく、情緒はかなり安定している様子です。

けれどもその「テディ」がなくなったら、彼がどうなったかと言うと。。。

よくしゃべるのです。

寝る前はいつも、テディを握って瞑想状態だったのに、
お布団の中でずーっと私にしゃべっているのです。
しかも私が気もそぞろで聞いていると、「I can't talk you~!!!」とおこるのです。
この子こんなにしゃべる子なんだ。と母親の私がびっくりしていた時に、

ヨガの先生から上のような言葉をもらって、すぐに合点がいきました。。。

私はあまりにも自分の事ばかりに夢中になっていて、子供をしっかり見ていなかったのです。

言葉のおぼつかない3人目のJoyは特に、きちんと思いを伝えられる上の2人より、
さらに放っておかれていたんだと思います。

そしてどうせ聞いてもらえないからと、いつもテディをまとって、下唇を吸って、気持を落ち着かせていたのだと思います。

それなのに、そんな彼をみて、私はどんな風に思っていたと思いますか?

「やったぁ〜!Joyが瞑想状態になった!」
「これでしばらく大人しくなって、そのうち寝ちゃうかな?」
「ラッキー♪ よし今のうち仕事しちゃおう!」

と思っていたのです。

もう今、私は、反省して、胸が痛くて、自己嫌悪に陥っています。


ヨガの先生からのアドバイスは、小鳥の声が聞こえるような場所に行って、楽器を吹いたり、歌を歌ったり、一緒にお話をしたりしてください。というものでした。

そして、続くアドバイスは、一般的な意見というよりもまるでリーディングしているような内容でした。

この歳でまだおむつをしているのはおかしい。オムツを取って、お漏らしをさせて、気持悪いという体験させて、早く取ってしまいなさい。というものでした。

実はJoyはトイレに拒否反応を起こしていて、オムツを取る気がまったくないので、まぁ、本人がその気になったらと放っていました。だって、トイレットトレーニングするのは本当にコチラの根気がいる事ですから。なのにそこを指摘されたというのは。。。

やっぱり彼にもっとアテンションをそそぎなさいということなんだな。。。。と思いました。

そして思い当たるのは、いつもこのブログに登場する姐様が、
『癒しでなんぼでマンボデェイ』という癒しのチャリティイベントを企画して、
今日がその当日だったんですが


「お手伝いする〜!」と、手を挙げたものの、
「ずっと忙しかったあなたは今回はお休み」と言い渡されてしまいました。

ノブ姐は、目の前を見ていない、地に足のついてない、私のエネルギーを感じて、
知っていたのでしょう。

それなのに、これっくらいは大丈夫だろう!?と手が出る足が出る私。

そんな人のアドバイスを聞かない私に、宇宙は「原因と結果」をがつんと見せてくれました。


そうなんです。大きな事を夢見て行動する事も大切ですが、やっぱり目の前の事をおろそかにしてはいけないのです。宇宙はしっかりと現実を見せてくれます。大きな学びがありました。

ノブ姐は言います。

「これだけ忙しくしていたアナタを支えていてくれた旦那様、家族を大事にしなさいと。」

ようやくですが、気がつけただけ、ありがたい事です。
実はお友達からも同じ意見をもらっていました。
それなのに、頭でわかったつもりでも、なかなか腹には落ちてこないものです。


お休み=家族を大事にする事です。


何度も、何度も、同じ言葉を自分に言い聞かせなければいけないかもしれません。


大切な家族。大好きな家族。それでもすぐ自分の理想に走ってしまう私。


バランスが大切です。


毎日が学びです。


もう一度いいます。私は、私の家族が大好きで、とても大事に思っています。
[PR]
by simplicity_circle | 2011-10-01 20:31 | 我が家の最近