<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Car Runs On Air

前回、新しいエネルギーについて紹介させてもらいました。
車の世界も新しい代替エネルギーの科学技術は、日進月歩で進んでいると感じています。

でも、すごい!というニュースが出ても、何故か、必ず、
あれ?あの話どうなったの??? いつのまにか消え去ってしまいます。
もしくは、ネット上では取り上げられても、大手のメディアでは取り上げられません。

① あなたは、実用的ではなかったんじゃないの?売名行為のがせネタだったんじゃないの?
っと、新技術開発の世界を、クールに、ひややかに、否定的に見ますか?

② それとも、もう少し大人な見解で、そんなものが開発されたら、既存のエネルギー業界、車産業が大打撃を受けて、失業者が増えて、経済が混乱しちゃうから、仕方がないんじゃない。と現状を受け入れますか?

③ 私は、経済がどんな大打撃を受けて、国民の生活が混乱するリスクがあったとしても、
国を挙げて、研究開発者を経済的に支援し、市場へ導入するための研究をすすめるべきだと強く感じています。

このブログでずっと書き続けていたことですが、それを阻止する力は本当に強大で強力です。
けれども持続可能性のない枯渇性資源に依存した、現代社会は、狂気の沙汰です。
経済への打撃を恐れて、命そのものの危機に気がつかないふりをして、饗宴を続けているのですから。これを狂宴とよばなくてなんと呼ぶのでしょう。。。

私はこれまで、③の気持ちを隠して②の心境で生きている人がどれほど多いかと感じていました。

けれども、今、日本の大震災という未曾有の危機に面して状況は変わったと感じています。
だからこそ声を大にして伝えたいことがあります。

私たちにはたった一つできることがあります!
すばらしいものがあったら伝えましょう!!

自分たちの利権を守るために、不都合な真実を揉み消す人たちに消されないように!!

私の周りには、本当にたくさんのすばらしい人達が、フェイスブック、ツイッター、メール、ブログ、さまざまな活動と、いろんな形で、声を上げています。

こんな私のブログを読んでくださる方は、きっとすでにプロバカンダからは目覚めている方だと推測します。でももし発信をしていない方がいらしたら、どんな形でもいいからはじめましょう!
まずは伝えることです!!みんなでシェアしましょう!!!


この小さな声は必ず、大きなうねりへと変わります!

それがガイアの意志・宇宙の意志に沿うものならば・・・



っということで、こちらの紹介もその一つです。youtubeで現在230万以上のビュー数です。
私は今日お友達からメールで教えてもらうまで知りませんでした。皆様はご存知でしたか?



この車の日本語の説明をネットで探したらこんなものがありましたので、貼付けさせてもらいます。この「空気で走る車」以外にもいろんな代替エネルギー車がトピックとなって話されています。

今回のトピックは“alternate forms of transportation”

In other words, different types of automobiles (cars) that we can use in the future.
Many developers are putting forward their own types of automobiles which do not use
fossil fuels (petrol/gas).
(言い換えれば、将来使用できる可能性のある、新しいタイプの乗り物{車}のことです。
多くの研究者たちが、化石燃料を使用しない独自の乗り物を提唱しているのです)

そして、この質問から始りました:

First, I would like to ask you students here if you are familiar with any alternative types of vehicles.
(皆さんへの最初の質問は・・・代替的な乗り物をなにか知っていますか?)

リニアモーターカーや、ソーラーカーなど既に利用されている例を挙げてくださった方もいるなか、(水素)燃料電池車と答えてくださったかたがおられました。この燃料電池車は水素を空気中の酸素と混ぜ合わせることで電気を発生させるため、排出ガスはほとんど無く、クリーンな乗り物です。

そしてEruが話題に出してくれたのは、「ブラウンガス(Brown's Gas)」
これについて、簡単に説明してくれました:

I think that brown gas was developed in Korea.
Brown gas is an excellent heating fuel for home use.
brown gas can be made anywhere, it's made from water...

Eru以外、誰もブラウンガスの存在をしらず、あとでネットで検索してみてとのこと。
そこで私も調べてみました。

たしかに彼の言うように、「水」が燃料で燃やしても二酸化炭素が出ない画期的なクリーンエネルギー。開発者のブラウン氏から名前がとられているそうです。

最近の原油価格高騰が深刻な中、実用化を望むばかりです。

またEruは、代替車として「エアーカー」も例に挙げ、このように説明してくれました。

In France, a man has developed a car that runs on air...
It's very simple: there are 2 large compressed air tanks which are stored in the body of the car
on each side. It can go just as fast as needed and about 100 miles.
Electricity is used to recompress the air while driving it, so the air stays compressed.

空気を燃料とする、空気自動車「エアーカー」。私がネットで調べる限り、資金不足により開発速度がゆっくりだとのこと。少しでも早い実用化を望みたいですね。

エアーカーの説明の中で、「a car that runs on air」という文章が出てきます。
この文中で使われている「ON」は、“by means of something”という意味で、
「空気によって走っている車」という意味です。「空気中を走る車」という意味ではありません。
「空気中を」と言いたい場合は、「in the air」となります。



English Cafeより 代替エネルギー乗り物についての所だけを抜粋させてもらいました。
2008年8月11日のエントリーです。その後はどうなっているのでしょうね。。。
[PR]
by simplicity_circle | 2011-04-27 07:25 | ACTION !

「新しいエネルギーの未来」

緊急会議 田中優×小林武史 (2) 「新しいエネルギーの未来」

これまでの体制が崩れてしまった今、必要なのは"元通り"にすることではなく、"よりよい仕組みを作る"こと。実は、日本にはたくさんの新しい技術が生まれている。明るい未来に向かうには、どんな道を選べばいいのか?


以前よく紹介させてもらっていたきくちゆみさんのブログでよく紹介されていた田中優さん。
ずっと「脱原発」を訴え続けてきた方の一人です。活動家の方です。


緊急会議 田中優×小林武史 (1) 「今だからこそできる話がある」
これもとてもおもしろかったです。


最近、しみじみと思うのは、この手の話をかなりの人と普通に話せるようになった事実に私は明るい未来を見ます。



そして↓この田中優さんの動画はすべて必見です!

希望が見えます!
エネルギー問題、持続可能な社会、今この時が社会を変えるターニングポイントなのです!

04.08.2011 田中優・絶望を希望に変える講演会 『東電原発震災をターニングポイントに』
[PR]
by simplicity_circle | 2011-04-26 19:31 | ACTION !

「ワールドシフト」

以前紹介させてもらった、アーヴィン・ラズロ博士のメッセージ
今この時に、もう一度聞いて欲しいです。







「ワールドシフト」とは、世界の発展の方向性を変えることです。
今までとは異なる目的、優先権、そして価値観を持つこと。

我々は世界を「シフト」しなければいけません。
今の世界は持続可能なものではないからです。
「シフト」とは変化を意味します。
変化の対象は政治経済のみならず、文化や自然との関係性も含みます。

われわれには、その機会と技術、ノウハウがあります。
現代ほどそれが実現可能である時代はないのです。

あなたの「声」は世界を変える力を持っているのです。

世界をリードするイノベーションと、とてもすばらしい歴史を併せ持つ日本は、
リーダーシップをとることができます。

リーダーシップとは技術力や経済力とするだけのものではありません。
文化やその国に住む人々のものの考え方を源泉とするものでもあります。

本来の日本は、伝統的な文化・芸術などを見てもわかるように、
自然ともにあり、協調や協力を重んじてきました。

今、もう一度本来の「和」の精神を見直し、それをテクノロジーと融合させるのです。
最新の科学、最新の知識と伝統的な価値観を併せ持つ新しい文明を開いていくのです。


[PR]
by simplicity_circle | 2011-04-25 19:27 | ACTION !

原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」

このニュースに衝撃を受けています。

それは、私からみたら、あちら側にいると感じられた学者達が、
政府や電力会社の発表を飛び越えて、
魂の声に耳を傾けた、勇気のある行動をとったからです。

確かに彼らが今まで成し遂げたことの罪は重いと思います。
原子力を平和利用という名目で推進してきた国家、電力会社、企業を、
牽引サポートして来た立場であるからです。
原子力利用を推進してきた人々は、
欲にまみれていたか、あまりにも自然に対して驕り高ぶっていたかのどちらかです。
それが、今日本国民、いえ、世界をこのような未曾有の危機にさらすことになっています。

この罪は思いです。

でもそれと同時に、どれだけの非難にさらされることを承知の上で、
原子力利用の危険性を提言する立場で国民を牽引する立場に変わったということに、
私は光を見るのです。

未だに、真実を隠匿して、責任回避をし、あげくの果てに、まだ原子力発電の必要性を訴え続け、
人類を滅亡へと導いているのかと思える人々がたくさんいます。

そういう方は、魂が闇の世界にいっています。
でも生きている今なら光の世界に戻ってくることができます。


だから私はあえてここで言いたいです。

どんな方も、安易な非難、怒りはご自分の魂を曇らせます。
この地球、ガイアに生かされている私たちは、みんな共に生きているのです。
誰のせいということは存在しないのです。
究極のところ人類の共同責任なんですから。
牽引して来た人ばかりが悪いのではありません。
牽引されて来た人にも重い罪があります。
それはガイアという自分自身の生命に対する尊厳を忘れていたことです。
あまりにも盲目で、驕り高ぶっていたことです。
これまで原子力発電について危険性はたくさん発信されていました。
その声に耳を傾けなかった人々、
結局はその恩恵を被っていた人々、
私たち全てに責任があるのです。

そんな私たちのすべてに求められていること。
自分自身の浄化作用を活性化させているガイアの意志に沿うことです。

ガイアの声を聴きましょう。

こんなにも強く揺さぶられても、ガイアが何を望んでいるのか、まだ気がつかないですか?



原子力発電所は地上のすべてから、
即刻撤廃しなければいけないのです!!




原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する
2011年4月16日 13時17分 (2011年4月16日 13時18分 更新)

東京電力の福島第1原子力発電所の深刻な事故を受け、政府の原子力安全委員会の歴代委員長を含む原発推進派学者の重鎮たちが原発の「安全神話」崩壊に懺悔を繰り返している。特に元原子力安全委員長の松浦祥次郎氏や前原子力委員会委員長代理の田中俊一氏ら原発推進の学者16人がこのほど、異例の緊急提言を行った。

「原子力の平和利用を先頭だって進めてきた者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝する」との謝罪を前面に掲げた提言の内容は政府や東電の発表よりも今回の事故を深刻に受け止めており、緊迫感が伝わってくる。

大量の放射能を閉じ込めるのは極めて困難、と認める「私たちは事故の推移を固唾を飲んで見守ってきた。しかし、事態は次々と悪化し、事故を終息させる見通しが得られていない」「膨大な放射性物質は圧力容器や格納容器内に拡散・分布し、その一部は環境に放出され、現在も放出され続けている」 「特に懸念されることは溶融炉心が圧力容器を溶かし、格納容器に移り、大量の水素ガスの火災・爆発による格納容器の破壊などによる広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除できないことである」

提言は、水素爆発などで格納容器が破壊され、放射性物質が長期にわたり国土を汚染する可能性を指摘している。日本を代表する学者たちが、チェルノブイリ原発事故級の最悪の事態を想定していることがわかる。

16人は東京大学名誉教授、京都大学名誉教授、東京工業大学名誉教授など錚々たるメンバーで、原子力安全委員会や原子力委員会の歴代委員長や委員を務めるなどした日本を代表する原子力の専門家たちだけに、発言には重みがある。

特に気になるのは、「当面なすべきことは原子炉及び使用済み核燃料プール内の燃料の冷却を安定させ、大量の放射能を閉じ込めること。これを達成することは極めて困難であるが、これを達成できなければ事故の終息は覚束ない」と述べた点で、有効な解決策を見いだすのが難しいことを自ら認めているとも受け取れる発言だ。

2011年4月1日、会見した田中俊一氏は「原子力の平和利用を進めて、まさかこういう事態、これほど国民に迷惑をかけるような事態は予測していなかった。…結果的にこういうことになっていることについて、原子力を進めてきた人間として、国民に謝らなくてはならないという気持ちは、みんな持っていると思う」と心境を明かした。

田中氏は提言をまとめた理由について「(我々は)余計なことを言わなくてもいい年齢だけれども、黙っていられないと。とにかく早くこの状況を抜け出して頂きたいという思いでまとめた」と述べた。学会で地位も名誉もある学者たちが、自分たちのこれまでの仕事を全否定するような今回の提言や会見が、事故の深刻さを物語っている。

原子力安全委員会では、歴代OB、現役首脳も自己批判

提言は、最後に事態打開策について「当面の難局を乗り切るためには、関係省庁に加え、産業界、大学等を結集し、我が国がもつ専門的英知と経験を組織的、機動的に活用しつつ、総合的かつ戦略的な取り組みが必須である」と指摘する。

提言に加わっていない原子力安全委員会前委員長の鈴木篤之氏(日本原子力研究開発機構理事長)も4月6日、衆議院経済産業委員会に招致され、「国民にたいへん申し訳ない。私にとって痛恨の極みだ。この事故を反省し、よく考えていかないといけない」などと反省の弁を述べている。

原子力安全委員会では、歴代OBに限らず、現役首脳も自己批判に追い込まれている。斑目春樹委員長は、やはり6日の衆議院経済産業委員会で、「今回の事故を深く反省し、二度とこのようなことが起こらないよう指導していきたい」などと弁明に懸命だった。


J-CASTニュースより
[PR]
by simplicity_circle | 2011-04-17 09:12 | ACTION !

伝説のスピーチ

「リオの伝説のスピーチ」この伝説のスピーチを、以前紹介させてもらったことがあるのですが、


今、この時だからこそ、もう一度、真っ白な子供の声を聴いてもらいたいと思います。







このスピーチを聴いても、物事や現実を知らない子供の理想論なんて皮肉っていた大人達。

子供のあまりにも真っすぐ過ぎる訴えに、素直に耳を傾けることができなかった大人達。

聴いて感動しても、何もアクションを起こさなかった大人達。

経済発展こそが人類の豊かさを実現する唯一の手段と考えていた大人達。

だから経済発展しか念頭になく、自然から略奪し、自然を破壊し、生態系を狂わせても、
自分の命や未来の命には何も影響がないと疑うことすらなかった大人達。



こんなことが起こった後でも、今の生き方を続けるのですか?

まだ物質の豊かさ、便利さ、安さを追い求めて生き続けるのですか?

現代の人類の科学では現実に対処しきれない事をこんなにまざまざと見せつけられているにもかかわらず、それでも原子力発電を必要不可欠なものだといいながら生きて、あなたは胸を張って死ぬことはできますか?



私はこのままでは、子供たちに、子孫に申しわけなくて、あわせる顔がありません。



実は私たち人間の豊かさと幸せを究極的に保証するものは経済ではなくバイオスフィア、つまり生命圏なんです。

David Suzuki博士もナマケモノ倶楽部へのメッセージでおっしゃっております。

私も強くそう思います。
地球に存在する多種多様な生物はそれぞれの個性を保ちながら、
繋がりを持って一つの命を生きていると感じています。
それが共存するということだと思うのです。

生物多様性とは?~地球に生きる豊かな生命

地球に生命が誕生してから約40億年。この間、海、川、森、大地のあらゆる場所で、実に多種多様な生命の営みが生まれ、進化と絶滅を繰り返してきました。科学的に明らかな生物種は約175万種ですが、このほかに今なお未知の生物を含めると、地球には約3,000万種にも上る生物が暮らしていると言われています。こうした多種多様な生き物と、それらがつながってバランスが保たれている生態系、さらに生物が過去から未来へと伝える遺伝子の個性までを含めた生命の豊かさを、生物多様性(Biodiversity)といいます。
外務省公式ページより


私たちの命は生と死を持って、それぞれの存在が支えあい、バランスがとられて、存在しています。


地球意識を持つこと。


それが早急に求められていることだと感じています。
[PR]
by simplicity_circle | 2011-04-12 15:14 | シェアしたい事

10 things to learn from Japan


"10 things to learn from Japan "
SKYNEWS reported this a few days back.
日本から学ぶ10の事ー数日前のスカイニュースより

1. THE CALM(=冷静)
Not a single visual of chest-beating or wild grief. Sorrow itself has been elevated.
大げさに悲嘆にくれたり、泣きわめいている光景は全くみられない。
悲しみは確実に膨れ上がっていったとしても。

2. THE DIGNITY(=尊厳)
Disciplined queues for water and groceries. Not a rough word or a crude gesture.
Their patience is admirable and praiseworthy.
水や食料の供給には整然した列で並び、乱暴な言葉や野蛮な行為もない。
彼らの忍耐力は素晴らしく、賞賛に値する。

3. THE ABILITY (=能力)
The incredible architects, for instance. Buildings swayed but didn’t fall.
素晴らしい耐久性を誇る建築技術。例えば、ビルは大きく揺れても決して崩壊しない。

4. THE GRACE (Selflessness) (優雅・無私欲)
People bought only what they needed for the present, so everybody could get something. 
人々は今必要な物しか買わないため、すべての人が必ず何かしら買うことできた。

5. THE ORDER(=規律)
No looting in shops. No honking and no overtaking on the roads. Just understanding.
お店では盗難もなく、道路ではクラクションもならないし、追い越しもない。
ただ皆が状況を理解している。

6. THE SACRIFICE(=自己犠牲)
Fifty workers stayed back to pump sea water in the N-reactors. How will they ever be repaid? 
福島原発では50名の消防士達が海水注入のために待機した。 
彼らは一体どうやって見返りを受け取ることができるのだろうか?

7.THE TENDERNESS (=思いやり)
Restaurants cut prices. An unguarded ATM is left alone. The strong cared for the weak. 
レストランは値段を下げたり、警備のないATMもそのままで安全。 
弱い者に対する強い思いやりである。

8. THE TRAINING (=訓練)
The old and the children, everyone knew exactly what to do. And they did just that. 
大人から子供まですべての人が、(地震の時は)どうするべきかを実に良くわかっていた。 
そしてその通りに行動した。

9. THE MEDIA (=メデイア、マスコミ)
They showed magnificent restraint in the bulletins. No silly reporters.
Only calm reportage. Most of all NO POLITICIANS TRYING TO GET CHEAP MILEAGE.
メディアや報道機関もニュース速報等で明白な自粛を示した。 
くだらない事を言うレポーターもいなく、冷静な報道だけだった。
その中でも、マスコミを安易に利用しようとする政治家もいなかった事も特筆できる。

10.THE CONSCIENCE (=良心)
When the power went off in a store, people put things back on the shelves and left quietly. 
お店が停電になった時、人々は持っていたものを元の棚に戻し、そして静かに店から出て行った。


With their country in the midst of a colossal disaster -
The Japanese citizens can teach plenty of lessons to the world.
自国がとてつもない大災害に見舞われている最中でも、
日本人は世界にたくさんの教訓を与えてくれている。




英語のこのメールを受け取り、ネットで検索したら、
やっぱりすでに訳してくださっているページがありましたので、
皆さんにシェアさせていただきたく、ブログに転載させてもらいました。
「プレミアムサーチ株式会社」より。



日本人であることを心から誇りに思います。
[PR]
by simplicity_circle | 2011-04-09 16:30 | シェアしたい事