<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

季節のご挨拶




今年も大変お世話になりました。
このようなマニアックな独り言のブログに訪れてくださるみなさま。
心からの感謝の気持ちでいっぱいです。



みなさまの2010年はどんな年でしたか?



わたしにとっては、繋がる年でありました。
それはまるで雪崩のように高速でした。
そしてそれがここ数年願い続けていたことだったのです。



☆☆☆ Merry Christmas & A Happy New Year!!! ☆☆☆



b0113192_7223286.jpg




アンテナを張ってチャンスを逃さずに!
でもすべてに断捨離を!
だからこそ、ワクワクしているか、直感を大切に!



私はこんな感じで行こうかと思っています ♪



それでは、みなさま素敵な年末年始を迎えましょうね!!

みなさまの2011年が、心踊る年となりますように!!!




心からの愛と感謝をこめて...


simplicity circle こと simcircle

[PR]
by simplicity_circle | 2010-12-24 07:46 | 我が家の最近

断捨離 続行中

b0113192_7135045.jpg


「断捨離」まず自分と子どもたちの洋服と靴からはじめています。



不要なモノを片付けて、必要なモノだけが残ったとき、新しい自分自身を発見できる。



すでに衝撃の新しい自分自身を発見しています。









ここ10年以上着た事のない服を取り出してみて、

やばい。。。。

ウェストしまらない。。。。。。。。。。。









いや、全然衝撃ではないんです。知ってはいたんですよ。
でもまざまざと見せられたのです。
Joyを産んだ後、私の体は、体型を元に戻すことを忘れてしまったみたいで、
今では、万年妊娠6ヶ月。(過去2回は、つわりで元に戻っていました。。。)





ここオーストラリアにいると、ちょっとふくよかな自分が気にならないんですよ〜。





でも日本の人に会うと、やせてる人が多く、なんでそんなにやせてるの?
やせ型の家系なのね!うらやまし♪
なんて都合良く解釈して、幸せでいました。




でもどうやら、日本に帰るとみんなやせているらしい。。。




来年は日本に帰る予定だ。やぱい。。。。




っということで、断捨離で目の前に突きつけられたもの。。。。。




「今の私」




これはやばいので、来年の抱負は「シェイプアップに励む」




まず、そのために、励むために調べる。




なんて、現実逃避せず、




このクリスマスホリデーから、食べるものを改善して、食べる量を減らして、運動しろ〜〜〜〜。




自分に喝をいれてみました。









着れなくなった服、捨てる事で、元に戻る自分をあきらめる事にならないかな?
なんていう言い訳で処分できずにいましたが、
やっぱりエネルギーが違う。潔くさようなら〜〜〜〜〜。




さて、さっさと作業に戻らなきゃ!
[PR]
by simplicity_circle | 2010-12-23 07:44 | いろいろ思う事

「断捨離」のすすめ

またまた更新が止まってしまいました!
皆様元気でいらっしゃいますか〜〜〜???
11月から続いていた、イベントとクリスマス準備が一段落ついて、ほっと息をついています。



っということで、ようやく、とりかかります。



何に取りかかるかというと。。。。



「 お お そ う じ 」



これ、やらねば、やらねば、と思いながら、長いこと、見て見ぬ振りをしていました。
我が家は、8年前にこのユニットに引っ越してきてから、ずっと同じところに住んでいます。
物は溜まる一方で、大きな変化がありませんでした。

それではやっぱりエネルギーが滞ってしまうのですよね。
風水でもよくそういいます。

私と同じような思いをかかえ、でも重い腰をあげられずにいる方!
のぶちゃまの「ガラクタよ さようなら〜〜〜〜〜」「今年の意識は、今年のうちに@@@」
とっても啓発されますよ!

そちらで紹介されている「ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門」カレン・キングストン (著) これ、とても読みたいと思いました。


そんな私が数ヶ月前にお友達から「断捨離」という言葉を教えて頂きました。
その言葉の響きにも惹かれて、やらなきゃな〜〜。と思っていた所、
古本屋で目の前に「断捨離」の本を見つけました。

これは、もういい加減にして、さっさと始めなさい!というメッセージだと受け取りました。
本の最初を読みはじめただけで、いきなり、家にあるガラクタ・不要品を処分したくなりました!!!


そして、その本を全部読む時間も内容をまとめる時間もないのですが、
最近お気に入りなんですが、社会学者の宮台 真司さん。
彼のトークショーで丁度紹介されていました。なのでそこをリンクさせて頂きます。

videonews.com
マル激トーク・オン・ディマンド 第505回(2010年12月18日)
物への執着を捨てる「断捨離」という教え
ゲスト:やましたひでこ氏(クラター・コンサルタント)



気がつけば物も情報も何でも抱え込んでしまう現代にあって、
今、自分に本当に必要な物だけを取捨選択する力を付けていく必要性を感じ
ヨガの教えを元に新しい片付け術として断捨離を考案。

断捨離は基本的には物を捨てることから始まる。
まず、今自分に必要な物以外は全て捨てることで(捨)、
必要な物と不要な物を見分ける力を養い、不要な物を抱えなくなる(断)。
そして、最終的には物への執着を捨て去ることができるようになることで(離)、
より自由な人生を勝ち取ることができるというもの。

ポイントは物の視点から自分の視点に立ち返ることと、
それが「今」必要かどうかという時間軸を価値判断に含めること

物への執着を捨てることで心の平安を得る教え、断捨離の意義




そういう視点でとらえられると、なんだか片付けが心躍るものになりました!




やるぞぉ〜〜〜〜〜!!!



って、今週末から長期のクリスマスホリデーです。
わたくし、シドニーに帰ってくるのは、1月中旬です。。。



終わるわけがないので、



片付け、来年の新年の抱負です。。。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-12-21 19:21 | いろいろ思う事

ウィキリークス 支持するよ〜〜〜!!!

WikiLeaksの創設者 ジュリアン・アサンジ(Julian Assange)さんの言葉です。
機密告発サイト・ウィキリークスの衝撃の動画より抜粋



すべては威圧的な力を振りかざす巨大な国家権力に対抗するためです。

この世の中には、国家権力の恐怖を前に何もできない人が大勢いる。
一人一人の力は小さいかもしれないが、互いに結びつくことで、
国家に対抗できる力を持つことができるのです。



アメリカ軍がやっていることは戦争犯罪です。
だからこそ、私達は機密文書を公表することに力を入れています。
私達の目標は、国家権力の不正をただし、よりよい社会を作ることです。
そのために、隠蔽された情報をすべて包み隠さず明るみにして、人々に伝えたいのです。




これからは中国、ロシア、民間企業の機密情報をどんどん公開していきたいそうですよ!!!
アサンジさん、オーストラリア出身です!(身びいきなあたくし^^)


そして、アサンジさん、おととい逮捕されてしまいましたね。(理由もまたお決まりのあの手...)
私には、小泉・竹中氏の経済政策を批判していて、痴漢容疑で逮捕された植草教授と重なります。


でもどんどん有名になっていくからいいんですよ。っというかもっともっと話題になって!って感じ。


世界中の人々にウィキリークスが知れ渡る。


この「サイバー戦争」は「レジスタンス運動」だと私は思うのです。


世界中の一般市民がウィキリークスを支持すれば、


必ず、世界に平和がやってくる。コレは絶対!!!!


そして世界から、紛争、差別がなくなる。


っと私は信じています。



WikiLeaksは国家の安全保障と軍関係者にとって大きな脅威だ。
モラルに反し、犯罪行為に他ならない。




あほらし。。。



あんたたちにとっての脅威でしょう。。



あんたたちが失脚すれば、



もとは普通の善良な市民だったのに人間の心を失って鬼畜のように人を殺している、哀れな若者も国へ帰れる。

自由と民主主義という仮面を被ったファシズムの国家の洗脳を受けた哀れな市民たちが解放される。

そんな国を支持し協力し続けている世界中の国も解放される。

そんな国の扇動に乗って、戦闘状態にある敵対国だって、
ウィキリークスのレジスタンス行為による情報の公開によって、同じようにつぶれていく。


このレジスタンス運動によって、それらの巨大権力がすべてつぶれた後、


結局背後には、戦争によって莫大な利益を得るために、世界を牛耳っている存在がいたという事実が、浮かび上がるだけでしょう。


憎しみあい、殺しあうことは、一般の善良な市民には全く必要のないことだった、
彼らが、人々の心を恐怖で操っていただけなのだということがわかるだけでしょう。


だからわたしたち一般市民が、何よりも、一刻も早く、するべきことは、


謂われない虐殺が繰り広げられている、アフガニスタン、イラクの人々を解放してあげるために、
その他の紛争によって、苦しんでいる人たちのために、
自分たち自身のために、
未来の子どもたちのために、


力を合わせる必要があるのです。その時が来たのです。


人間の命を何とも思っていない、巨大な権力へ対抗することなのです。


だからウィキリークスを全面的に支持するのです!!!





本当にそんな世の中が来ているのですね。
絵空事の話ではないのですね。
確実にもう隠し事のできない世界に突入していくと実感しています。。



私、WikiLeaksを支援します!!!
[PR]
by simplicity_circle | 2010-12-10 12:03 | WAKE UP!