<   2010年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

つれづれに...


またまた、更新がストップしていました〜〜〜!



ここで、また、ちょっと、自分のために、自分がブログを書くスタンスを書いてみます。
(ごちゃごちゃ、理屈をこねるうるさい、しむです。)



私は、どこに行った、何をした、誰と会った、何を聞いた。何を読んだ。
という理由では、ブログは書かないのです。



日誌を書いてるわけではないのですね〜。



亀のようなスピードで、迷路のような道をたどっていますが、
よりよい人間、よりよい生き方を求める、思いだけは、熱く、
そのために、どこまでも、自分のために、超マニアックで、自己満足な、
独り言を書き残しているのですね〜。


だから、いつでも、見聞から、何か気づくことがあった時と、
その事をさらに理解して、整理して、記録したい時だけ、書き残します。


でね、ここしばらく、全然ブログを書けないでいました。
その間もたくさん、書き残したいことはあったのです!
けれども、タイミングを逃すと、どんどん、筆が重くなってくるのですね。
そして、書かないでいる間に気がつきました!!


もともと、本当にだらしのない主婦なのですが、ブログを書かないでいると、
今まで見て見ぬ振りをして、後回しにしていたことがいくらでも出てくるのですね。。。
子供も私に遊んで欲しくてじゃれてくるし。


あ〜〜〜〜、反省。


家事はもとよりも、子供に割いてあげる時間をもっとつくらないとな。。。
っと反省しているのです。


あ〜〜〜〜〜〜、じかんがいくらあってもたりない。。。


本も読みたい、ブログも書きたい。いろいろ参加したい。
ってこんなことを書いているうちに、時間が過ぎていく、


バイオリンのレッスンの前にキッチンの片付けをしていこうと思ってたのに。。。
バイオリンから帰ってきたら、またお昼ご飯作らなきゃいけないから片付けておかなきゃ〜。

実は、お昼のお弁当も作っておいたのに、私がマックに向かっている間、
KarとJoy、今、全部食べちゃった!朝ご飯もあげたのに。。。


そして、お昼が終わったら、明日学校に持っていく、カップケーキを焼く予定だし、
その後はLeeを学校に迎えにいって、宿題をさせて、その後、ジムナスティック教室の送り迎え。


そして、バイオリンの練習と3人のお風呂。


うちはありがたいことに、夕飯はトレバー君がメインでやってくれる。ありがたし!!!


遅い夕飯を済ませて、キッチンの片付けと明日の支度をして、
あっというまに、寝る時間になり、
本の読み聞かせをしたりして、
子供と同じ時間に寝てしまう。。。




子供がもう少し大きくなるまでの、少しの辛抱。




あ〜〜〜〜〜〜、でも自分の時間もたくさんほしい〜〜〜〜〜。



でも、子供にはいつまでのこのまま子犬の様でいてもらいたい〜〜〜。よくばり〜〜〜。



こんな時間に早く家事をやれ〜〜〜〜〜と、
良い子のしむちゃんが、後ろで怒ってます。。。



といっても、いつもこの声はかき消されていますが。。。



それでは、元気に生きておりますので、



コレに懲りず、たまにのぞいて頂けると、とってもうれしいです。。。


 
明日は朝から夕方まで、修理とか何とかで、電気がずっとつかえません。。



明日できない分やることいっぱい...



love simcircle しむ。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-11-22 08:16 | 我が家の最近

Priceless


この間「愛に生きる」を書いた後、鼻息を荒くして、トレバー君に熱く語りました。


トレバー君は、また また、興奮しているよ。。。やれやれと、
面倒くさそうに相づちを打ちながら、部屋からいなくなってしまいました。


もうまた私の話し聞く気がないんでしょう!!
いいよ、今度この本英語で探してくるからねぇ〜!!!


と息巻く私に、戻ってきた彼がクールにさしだしたもの。













b0113192_15113220.jpg

我が家にすでにあったのです。しかも鈴木先生のサイン入り。きゃっすごい!(ミーハーな私..)
b0113192_15243330.jpg


そうでした。。。Leeが3歳でスズキメソードを始めたのは、グランマのお膳立てだったのです。
グランマが自分の子供も二人、スズキメソードでバイオリンを習わせていたのです。


グランマは当然読んでいたのですね。。。
そしてLeeのレッスンを始めたときに、うちに持ってきてくれていたのです。
英語の本だとさわろうともしない私。。。反省。。。
(でもグランマには音楽教育がメインなんです。私は人間育成が理由なんです。)


しかし、トレバー君は読んだ気がするなんて、あやふやなことをいう。
絶対読んでないはず。
もうとにかく読んで!!そうしたらまた頑張ろうって気になるから!!!


その後、彼、めずらしく、5ページも読んでくれました!!!


日本の先生でとってもいい先生がいるって聞いてるの、連絡とってもいい?
やれる所までやってみようよ!
今度は私がレッスンも練習もやるから!


金銭的に、時間的に辛かったら、その時、見直せばいいだけ。
今、この時は、お金では買えないよ。。。 
とにかくはじめてみよう!!


話は変わりますが・・・


今年からLeeはジムナスティックの教室に行っています。
ずっと、週一回一時間、お遊びのようなビギナーズクラスにいました。
進級テストを受けてという先生のすすめを、
お友達のお母さんと一緒に、レベルが上がったら、日にちも増えるし、レッスン代もあがるし、
と受けさせずにいました。

でも本人が楽しそうに通っているので、
一緒に行っているお友達にはちょっと申しわけなかったのですが、
進級テストを受けて、一つ上のクラスになりました。


レッスンの内容が変わったら、驚きの変化がおこりました。
身体的能力が開花していくのですね。。。

たった数週間で、もう、全然違うのです。。
大人の常識では考えられません。
子供の吸収力、発達力ってすごいのですね。。。
私もこんなに軟体動物のようになりたい。。。っとため息をつきます。
本当にたった数週間のレッスンです。


子供に与える環境の違いで、こんなにも身体的な発達に違いがでることを、
まざまざと見せられました。



トレバー君もジムナスティック教室には、本当に感心しております。



この時期の子供への環境の提供はプライスレスだよね。
借金してでも提供する価値はあるよね。
だってこの時は二度と戻らないから。




っと二人の意見は一致し、




ついに!来週から Karのバイオリンレッスンがはじまります!!
ラッキーなことにスポットが空きました。
今日はじめて先生にお会いできましました。
愛に生きていらっしゃる。。。
そんな先生と出会えたことに感謝。


Leeはまだスポットの空きがありません。来年入れますように!!
[PR]
by simplicity_circle | 2010-11-08 17:50 | ACTION !

炭素循環農法でベランダ菜園 11月初旬 ♪



b0113192_1054483.jpg



これなんだと思います??


自然のえのきだけ!


炭素循環農法では、キノコの生えている土はいい土ですといいます。
最近、えのきやら、キノコ類を使ったときは、石づきは捨てずに、植木鉢にすき込んでいました。
そしたら今、一本だけ顔を出しています。


たべてみたいな〜〜。
でも一本だけ食べてもね。。。


自然のえのき茸は歯切れがよく、ぬめりのある口当たり、鉄さびのような独特の香りがあって、とってもおいしい茸です。なんて『家庭でできるキノコづくり』という本に書いてありました。
(買っただけで満足して、何もしていないわたしです。。。)




さて、炭素循環農法の近況報告。


この間、みょうがが枯れてしまったと書きました。

ところが、

土がどこでどう混ざったのか????なのですが、
全然違う鉢になにやら、みょうがらしき葉を発見!様子を見ようと思います。
b0113192_1128795.jpg




それと、またまた、不調になっているのがあります。。。

葉ネギ、チャイブ、リーク。 

黒いアブラムシでいっぱいです。
ネギ科のものは虫除けにいいと聞くので、あちらこちらの鉢にいれていました。

どうも元からあった鉢の表面上にマッシュルームコンポストと炭素源をすき込んだのが合わないようです。栄養分が多すぎたのでしょうか。それ以前はとても健康的でした。


植木袋の葉ネギは健康的です。この植木袋は今の所、どの野菜も健康的です。
b0113192_11433682.jpg

b0113192_11435757.jpg


炭素源の割合かな??
昔からある鉢も、葉ねぎ以外の他のハーブは全部大丈夫です。


今の所、みょうがとネギは気をつけなければいけないということがわかりました。



調子のいい植木袋ですが、間引きをちゃんとしないと虫がつきそうな気配です。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-11-07 11:52 | ACTION !

お花の気持ち



咲くことのないと思っていたつぼみが...



b0113192_1475134.jpg




花を咲かせました。



お花と少し話せたかな...



ありがとう...
[PR]
by simplicity_circle | 2010-11-06 14:14 | 心の持ち方!

斎藤一人さん



今頃、すっかり斎藤一人さんのファンになっています。



今日はネットでちょっと検索してみました。
もう見たらたまらず、ひとりさんの本を amazonで注文してしまいました。
それと農の本2冊と子供のために、漢字カルタも!



眼力 (CD付) 斎藤 一人
地球が天国になる話 斎藤 一人
斎藤一人大宇宙エネルギー療法 柴村 恵美子



速く届かないかな。


海外に住んでいるデメリットの一つ。
日本から本を取り寄せるととても高いです〜〜〜。


それでも海外にいながら日本の本を読めることに感謝!!
そして何を買っても文句を言わない旦那さんに感謝!!!



来年日本に帰国したら、絶対、大宇宙エネルギー療法を受けに行きます〜〜〜!


大宇宙エネルギー療法とは?
[PR]
by simplicity_circle | 2010-11-05 18:27 | 心の持ち方!

お花と繋がる ♪

b0113192_17513362.jpg

精神世界を探究している人って、結局、音楽や舞にたどりつく人が本当に多いと感じるのです。
農もそうです。
故デジャーデン・ゆかりさんもそうでした。


神に捧げる「舞」そして「音楽」
神=宇宙=地球 ワンネスを感じる 
有効な手段とは...
っというか、もしかして唯一の手段??? 


それは...


「アート」なのかもしれない・・・


私の頭の中で、芸術とは???
なんていうお題が、ぐるぐるしていました。


そんな中yukarippleさん


すべてがアート。
お百姓さんの鋤を持つ手・鋤の流れがアート。

お風呂の水をバケツリレーして、庭の畑に持って行く40過ぎの女のパフォーマンス!!!
魂をゆさぶるそのバケツさばきに、感動!!



などとおっしゃる。!


たしかにそうだ!!


そんな中、たまたま読み出した「愛に生きる」の中の鈴木鎮一先生の言葉もシンクロ!!!


芸術とはもっとも日常的なわたし自身にあったのです。


アートとは対極の位置にいると感じて、アートに憧れているわたし...
勝手にアートという狭い枠組みの世界を自分で作り、永遠に入れないでいるわたし...
絵が超〜ヘタで、お皿の盛りつけも、ケーキのデコレーションも大嫌いなあたくし...



アート・美 のとっかかりをつかもうと、お花の妖精の力をお借りすることにしました ♪



お花の生け方ではなく、
お花の、あしらい方、ふれあい方、を教えてくださる素敵なセッションに参加してきました。


花あしらい センス オブ ワンダー シドニー

b0113192_1227835.jpg



本当に花(自然)と向き合うことで、今の自分が見えてくるのですね。

私の作品からは、
私はどこに焦点を持っていきたいのか?
何をひきたてたいのか?
引き算が必要な自分も見えてきました。
そしてやっぱり好みは野の花なんですね。バラでも野の花。
次回は自宅の花瓶を持っていってチャレンジしてみます!!




そして一週間たった今日、いさぎよく他の花を捨てました。


b0113192_12315226.jpg

それでも私はまだしつこく、名残おしそうに、
もう咲かないといわれている、青いつぼみを、捨てられずにさしてしまいました...



っでね、先週お花の妖精がきてくれたのか....


思い出したことがあるのです。


私芸術の分野は全くの無知です。
アートのセンスがないからとなんだか気恥ずかしい思いがありました。


でもながめることは好きなんです。


とくに家に関するものが好きなんです。インテリアとか花や絵や写真。


でも今はどうせ仮住まい。子供に壊されるし。
と、なんとも味気ない生活をしています。


それって、もしかして、今に生きていない??


生活にいろどりが欲しい。。。


と久しぶりにそんな感覚を思い出しています。。。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-11-04 14:14 | 自然に還ろう!

人生哲学・夫婦とは

お知らせ:2日の夜更新した後、3日の夜ところどころ書き直しました。いつものことですが、後で読み返すと、自分の表現の幼稚さを見つけて、どうしても書き直したくなってしまうのです。こんなわたくしの文章におつきあい頂ける方、本当にいつもありがとうございます。


夫婦の形にもいろいろあります。
はじめから愛のない結婚もあることでしょう。
完全に冷えきった夫婦の関係もあるでしょう。
愛はなくても情だけで繋がっている夫婦もあるでしょう。


どんな夫婦の関係も不平不満がなければ、それでいいのだと思うのです。


不平不満を言い続けるくらいなら、別れる。
別れられないのなら、不平不満を言い続けるべきではない。
という考えに、たどり着きました。
それが自分のため。相手のため。子供のため。


夫婦というのは、 親や子供のように血が繋がった関係ではありません。
他人です。血が遠いのです。


そして、血のつながった両親は、彼らの人生があって、自分より早くこの世を旅立ちます。
同じく、血のつながった子供も彼らの人生があって、自分よりずっと後にこの世を旅立ちます。


だとすると、自分がこの世の旅路をともに歩むのは、
他人であるパートナー・連れ合いなんですね。
血は遠くても、魂的には他の誰よりも自分に近い存在なのです。


パートナーとは、けして自分の幸せを約束してくれる存在ではありません。
言えることは、その時、魂の成長にとって最高・最善の相手だったということだけです。


その理由でお互いが引き寄せられ、
ちょうどつり合いがとれたので、
パートナーとなりえたのです。


だとしたら、スタートの理由はいろいろあるでしょうが、
やっぱりすべてが自分の選択の結果なのです。
できることなら、反目しあい、いばらの道を進むより、
尊敬しあい、尊重しあい、励ましあい、楽しい道を、手を取り前に進みたいものです。


その一番遠くて、近い存在を大切にすることが、
パートナーを持つ人生を選択したのなら、クリアするべき、大きな課題の一つ、
なのではないかと思うのです。




ここで、少しプライベートなことを書いてしまいます。

私の実家の両親はお見合いでの結婚ですが、父の退職と同時期に、別居が始まりました。
ちょうど私がオーストラリアに来た時期と重なります。

この10数年間、両親の関係をみながら、いろいろなことを学ばされました。
夫婦の難しさ。二人の背負っている課題。
怒り。抑圧。悲しみ。寂しさ。恨めしさ。あきらめ。責め。罪悪感。etc...
様々な苦しい思いが錯綜している二人をみていることは本当に辛いことでした。

でもね、これだけの苦い思いをそれぞれに経験した今、二人は友達になりつつあります。
一緒に住むことは無理ですけど、わかりあえることができるようになってきて、
楽しそうにふたりで電話でやり取りしているようです。
結婚生活をしていた頃よりいい関係を築きつつあります。

っというか、今まで、一方的に自分の考えを押し付けてばかりいた父が、
完全に聞き役に回って、母のご機嫌を取れるように変われたのです。
(父がんばりました。相手を尊重することを学びました!すごいです!!)

するとあれだけ頑くなになっていた母も、
私も悪かったのよ。と折れてくるのです。

魂的な見方で二人をみれば、片方だけが悪いのではなく、片方だけが正しいのでもないのです。
本当に学びのために、そんな完璧な状況が出来上がっていたと思うのです。

それをお互い、相手が悪い悪いと言っていると、何年たっても解決しないのですね。


そんなふたりの経緯をみてきて思うのです。


あなたの使う言葉次第で、
その相手はあなたを幸せにしてくれる存在にもなり、
あなたも相手を幸せにしてあげられる存在になる。





さて、私の両親のケースとは少し違うのですが...
すでに精神的な気づきもあり、相手を愛し、大切にしているつもりでも、
夫婦という関係には、落とし穴があるのだと考えさせられています。


心で、尊敬しあい、励ましあい進むことが大切だと理解しています。
そして自分の魂の成長を追い求めて、がむしゃらに走っています。
毎日ひとつひとつの問題をクリアしていくことに集中しています。


一生懸命になればなるほど、一番近い存在であるがゆえに、
安心感がある相手を、優先順位の最後にしてしまうのです。
言葉をかけることも後回し、いつしか表情を伺うことも忘れてしまうのかもしれません。


愛しているからこそ、わかりあえているという思いと、安心感が、
甘えの気持ちをおこさせて、
歩調を合わせることを忘れさせてしまうのかもしれません。


本当は一番遠くて、近い、運命共同体である存在だからこそ、
実は、何をおいても先に、心をかけてあげるべきではないかと思うのです。


敬う順位というのは、精神世界でもいろいろ言われています。


もしかして有名な人の言うことと違うかもしれません。
これは今現在の私のレベルで思う事です。
言葉でいうほど、簡単なことではないのですが。。。


まず、自分自身を認めて愛する。
そして、自分で選んだパートナーを認めて愛する。


そこがしっかりしていれば、家庭の基盤が安定するのではないかと思うのです。


そこがしっかりしていたら、自然にお互いの両親に感謝、
子供に愛情が溢れ出すのではないかと思うのです。


逆に二人の絆があやふやだと、お互いの両親に対する対応でぶつかったり、
子供にも愚痴を言ったり、八つ当たりをしたりして、
家族全体に軋轢が生じる気がするのです。




それと もうひとつ、思考パターン・行動パターンにも落とし穴があると思うのです。


愛しているからこその、押しつけ 。
これがあなたにとっていいのよという押しつけ。
相手をコントロールしようとしてしまうのです。
尊重することを忘れてしまうのです。


愛しているからこその、抑圧。
相手の意見に異議があっても、自分の中で押し殺して、気持ちを抑圧してしまうのです。
それは自分を傷つけることになってしまいます。


そして夫婦の間に問いかけられる問題はさらに難易度が上がっていきます。


はじめの頃の、二人だけの関係では、自分自身や相手自身のことに対する選択は、
それぞれの選択だからと、クールに尊重できます。

けれども夫婦とは一つのことを二人の決断で決めなければいけないことがどんどん増えていきます。
子供のこと、家族、生活、家のこと。
そして意見が違ってしまった場合、折り合いのつけ方が大切になってくると思うのです。


押しつけもいけません。我慢することもいけません。
今の私のレベルでの理解では、
相手を愛する気持ちで尊重できれば、自ずと良い答えが訪れるのではないかと、
希望的観測をこめて考えております。


これは私が本当に気をつけなければいけないことなのです。
このブログで落とし穴に落ちている私を書いてきました。
最近は片足入れた所で気がつくようになってきました。今の所ね! Touch wood!!



いつでも謙虚な気持ちでいたいものです。


こう考えると、夫婦という課題を選んだということは、究極、


お互いの歩調を合わせること。
お互いを尊重すること。
そして一緒に前に進むこと。



これだけが、唯一のクリアするべき課題なのかもしれません。


それには努力と優しさが必要不可欠


自分の人生の登場人物で、夫婦以上に歩調を合わせる必要があって、
尊重するべき問題が投げかけられる相手はいません。


そのかわり課題がクリアできると、喜びや楽しみを分かち合うことができ、
人生の難問を助け合って、解決していける、頼もしい存在になるのではないでしょうか。



そのためには・・・



いい言葉を掛け合い、言霊を使うこと。
目を見つめること。
抱きしめること。




そんなことが大事だな...っと、そんな風に思うのです。



これは日本人同士では抵抗があるかしら??その点、国際結婚は利点かもしれませんね。
(なんて、実はうちの旦那さん少し日本の男性のような所があります^^愛すべき恥ずかしがり屋さんなのです)




雅ランティエさんの「愛を「育てる」ということ」という日記がとっても印象的でした。



そしてその日記に貼付けてあった、野口嘉則 公式ブログの恋愛関係、夫婦関係、上司・部下関係をはぐくむ「行動法」とは? という日記で紹介されていた「7つの習慣」スティーヴン・R・コヴィー著より抜粋されたこの言葉に胸を打たれました。。



愛する気持ちを失ってしまった。


という男性に対する博士の言葉だそうです。


だったら、奥さんを愛すればいいんです。
そうした気持ちがないのだったら、
それは奥さんを愛するとてもよい理由になりますよ。


愛は動詞である!
愛という気持ちは、愛という行動の結果にすぎない。


だから奥さんを愛しなさい。
奥さんを愛する行動をしなさい。
奥さんに奉仕しなさい。
犠牲を払いなさい。
彼女の話を聴いてあげなさい。
感情を理解してあげなさい。
感謝を表しなさい。
奥さんを肯定しなさい。



遅すぎないですよ。


少しずつでも..


今日からでも言葉に出して、行動してみましょう!!!


そして、この言葉を、奥さんを旦那さんに入れ替えてもう一回!!


だから旦那さんを愛しなさい。
旦那さんを愛する行動をしなさい。
旦那さんに奉仕しなさい。
犠牲を払いなさい。
彼の話を聴いてあげなさい。
感情を理解してあげなさい。
感謝を表しなさい。
旦那さんを肯定しなさい。





ちなみに、うちの旦那さんの、自分を落ち着けるためのマントラ。
「Happy wife, Happy life. Happy wife, Happy life」
笑っちゃうんですけど、これ、雑貨店の母の日のためのセールのキャッチフレーズだったんです。
うまいですよね。売るためのキャッチフレーズが、意外に深くって、
私達二人の中で、ヒットしてしまったのです。そしてふたりでよくこのフレーズを使うのです。

でもWifeもあんまりわがままばっかり言っていたら、
愛想を尽かされてしまうので、WifeもHubbyにやさしくしなければね!

でも理想の妻にほど遠いわたしは...
う〜ん。。。彼のやることを監視しないように気をつけます。。。
こんなレベルなのです。。。




さて、長い長い、私のなんちゃって人生哲学シリーズ、
おつきあい頂けた方は本当にどうもありがとうございました。




次回からは何を書こうかな。。。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-11-03 00:00 | スピリッチュアルに!

人生哲学・鏡の法則


今日はね、何だかんだと、わたしの言葉はこねくりまわしません。





どうぞこちら↓をお読みになってみてください。





人生どんな問題も解決する知恵 「鏡の法則」






私、泣きました...






どうしても許せない人がいる方。
どうしても自分を許せない方。


どうやったら手放せるか、


他の方の心の軌跡をたどることで、
つかめるかもしれません。




結局、すべてがここなのです。




自分なのです。




自分を見つめることがすべてなのです。




みんな伝えていることは同じなんですよね。。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-11-02 08:58 | スピリッチュアルに!

人生哲学・言葉とは


言葉をかえよう!という気持ちをおこさせる、ひとりさん流説明です。


人生うまくいっていない人、仕事がうまくいっていない人は、
不平不満愚痴泣き言心配事そんなことばかり言っています。


「うちの旦那がね、こんなんでね、どうのこうの、やんなっちゃうのよ」
「別れちゃいな」
「子供のために我慢している」
「言いながら我慢しているのなら、別れちゃいな」


別れることよりも、愚痴を言っていることの方が悪いの。 
別れたって幸せになる人はいくらでもいるけれども、
その愚痴を聞かされながら、健康になる子どもや、幸せになる人はいないんだよ。


会社の上司でも何でもそうなの。


コドバには不思議な力がある。
幸せだな〜っていうと、
もう一回言わなきゃならない現象が必ず起きるという法則があるの。


泣き言、旦那の悪口を言うと、
また悪口を言わなきゃならないことが必ず起きるの。
そうするとまた言うの。そしてエンドレスで言わなきゃならないの。
いいながら自分の人生が悪くなってしまうんだよ。


天国行きの言葉を使っている人に不幸な人はいないの。


「会社がやんなっちゃうのよ」
「あんた言葉変えてみな」


類共の法則っていうものがあるんだよ
今のあなたに起きていることは、今のあなたに丁度いい。
っていうお釈迦様の法則がある。


地球があって、地球の周りを月が回っている。
月が向こうに行こうとしたの。
そうしたら地球の引力にひっぱられちゃったの。
あっちに行こうとするのと、落っこちようとする力のバランスが取れて、
ぐるぐる回っている。


旦那の悪口をいう人。
「俺が紹介したのではないでしょう」


あなたにぶすぶすぶすぶす言っている旦那もよくないけど、
見ず知らずのはじめて会った俺に、旦那の悪口をずーっと言っているというのは、
あんたね、釣り合いがとれてるんだよ。


「釣り合わざるは不仲の元」って、
釣り合っていなかったら、不仲になって、必ず切れていっちゃう。


会社の悪口をずっと言っている。
「じゃ、やめれば」
「いや、やめることはできないのです」
会社の悪口を言ってても、やめることのできないあんたにとって、
ピッタリの会社なんだよ。今のあんたに丁度いいの。
この世の中、今のあんたに丁度いいことしか起きないんだよ。


もし変えたかったら、言葉を変えな。


「課長がガミガミ怒鳴るんです」
課長はじぶんを押さえられないんだよね。
あんたはよそいって、課長の悪口を言うことが押さえられないんだよね。
だからぴったり釣り合ってるんだよ。


それよりもいう言葉を変えてごらん。現象が変わっちゃうから。




今回もまるっきり斉藤一人☆15分間☆ハッピーラッキー付属のCD「つやこ49」(47分)からの抜粋でした。



新・天国言葉


愛しています
ついてる 
うれしい
楽しい
感謝してます
しあわせ
ありがとう
ゆるします



ついてない不平不満愚痴泣き言悪口文句心配事許せないはやめます!




本当に、


『類友の法則』「類は友を呼ぶ」

『鏡の法則』「あなたが世界を映し出す鏡」
      「現実は心を映し出す鏡」
      「相手は自分を映す鏡」
      「子供は親の鏡」


なのですね、うーん痛いけど、考えさせられます。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-11-01 08:19 | スピリッチュアルに!

人生哲学・病気とは


ひとりさん流・病気について。


これ実は書きたくないのです。なぜならば書きだしてしまった以上、
多少なりとも努力しなければいけなくなるから。
あ〜私の努力は3日坊主にすらならない...
っということで、全くできていないと告白した上で書いてしまいます。



病気になる人の原因


自分が許せないんだよ。
うちの親が許せないのです。誰々が許せないのです。
という人は最終的に自分が許せない。

幸せになりたかったら、自分を許すって言うの。

「私、親がどうしても許せないんです」
「親を許せない自分を許すって言うの」

ゆるすってゆるむっていう意味なの。 許すって言うと、体の硬直が緩むの。
硬直させておくと交感神経がもろに働いて、顆粒球やなんかが働きだすと、
自分の体を破壊していってしまうの。
今は免疫学でそういうのがわかってきた。


自分を許すと口に出して言えばいいの。たったこれだけ。


「ひとりさんからそうやって教わったのに、私は人を許せないのです」
「教わったのに許せない自分を許すって言いな」

人を許せないと体に硬直がおきる。
許せない状態って、だらっとして、許せませんという人は少ないでしょう。
たいがいそういう人はどっかに力が入ってるんだよ。


いつも頭が痛いんです。
目の上が頭が痛いとしたら、誰か目上の人で嫌ってる人がいるだろう。
そういう人がいると目から上に硬直が起きる。だから頭が痛くなるんだよ。だからそれよしな。

首が痛いんです。首は頭と胴をつなぐところです。
だから人間関係にトラブったり、腹を立てていると首が痛くなるよ。同級生でもいいんだよ。

目下の人に腹を立てていると、腰が痛くなる。子供のこととか。

怒っていてもぐっと押さえて何も言わないんです。
怒りをぐっと押さえているとどこに行くと思う?
腰にたまって痛くなる。

私は言っちゃってるんです。
言っちゃってると腰も痛くなった上に、人の恨みも買う。

手のここにふくれができた。これは何の因果でしょう。
手先で使っている人、部下の人に腹を立てている人がいるでしょう。


こういうことになってるんだね。たったそれだけ。


癌になる人に癌になる前にどういうことがありましたか?
と調べていくとみんな同じような経験がある。
原因があるから結果がある。


因果ってこわくないのよ。
お水を飲んだらおしっこが出たということと同じこと。
たったそれだけのことなの。


癌になる人は、頑張り過ぎか、頑固な人。
人生頑張りすぎちゃだめだよ。あまり頑固になってはダメだよ。


頑固をやめたら治るの。


胃が悪くなる。食べものに対する感謝が足りない。
人が傷つくようなことを平気でがっと言ってしまうと、知らなかったとしても、腸をやられてしまう。
それに頑固、頑張り過ぎが加わってしまうと、腸癌になってしまう可能性が圧倒的に高い。
肺癌は心配し過ぎ。心配事の強い人、責任感が強い人、そういう人は肺をやられてしまう。


人間なんて、神経、魂、肉体しかないの。
肉体の間違いは食べものの間違いだけなの。
あとは考え方の間違いなの。


私の場合何が悪いのでしょう?
そんなことはどうでもいいの。
それよりもこっち「天国言葉」を言おうよ。
そしてこっち「地獄言葉」をやめようよ。



「天国言葉・地獄言葉」は前エントリーで紹介しました。


病気になる人は「地獄言葉」を使ってるんだよ。



それとね、人間って食べ過ぎだからダメなんだよ。



体の中には顆粒球やなんかがあってね、癌細胞でも何でも食い殺してしまうようになってるの。


お腹が減っている時間がないといけないの。
3回も食べてはいけないの。
今の人は3回も食べる程働いていないの。


お腹を減らしていれば、その間に白血球だって、お腹が減っていれば、悪いものも全部食べちゃうの。
それを、お腹はすいていないけど、時間だから食べるけど、
野生の動物は腹が減ってから獲物探すんだよ。それからやっと捕まえるんだよ。


それがいやなら草食動物になっちゃいな。草食動物ならのべつぐしゃぐしゃ食ってたっていいよ。
でも肉食とかそういうことをするのだったとしたら、それはだめなんだよ。


だから朝食を抜けば、お腹がへる時間ができるから、
この時間にに悪いものでも何でもやっつけちゃうの。
癌細胞なんて一日300個くらい誰でもできるの。
みんなやっつけちゃっているんだよ。
だから腹一杯にしちゃダメだよ。


やまいだれに 品物の品 いろんな品を山ほど食べると癌になる。
字に書でてあるでしょ。


だから食べすぎちゃいけないんだよ。それをまず一つ気をつける。



それから人間は脚を使って何万年も生きてきたから、脚を使わなければダメなの。
いくら便利になっても、脚を使わなければ病気は治らないようになってるの。
1日続けて20分歩くの。


今の人は、食べ過ぎの上に、運動不足なの。どんな薬も効かないの。


人間って、お腹減らす時間があって、脚を使って運動して、
それで「ツイてるね〜、ありがたいね〜」って言ってれば、
それでいいんだよね〜。


世間でいわれる“がんばる“は、『頑固に意地を張る』という意味なんだけど、
そうやって神経を張りつめているから、人生がおかしくなちゃう...


天の神様は、


『晴れ晴れとした顔をしなさい。顔晴(がんば)れば、しあわせですよ』


と言っている。


だから、


精一杯 顔晴りましょう!!!






今回はまるっきり斉藤一人☆15分間☆ハッピーラッキー付属のCD「つやこ49」(47分)からの抜粋でした。



さて、CDからの抜粋をあともう一回。
私にとっての耳の痛い話は続きます。。。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-11-01 07:55 | スピリッチュアルに!