<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

デジャーデン・ゆかりさん


あれから1年がたってしまいました

ここシドニーの時間では8月30日深夜0時15分の事でした。

その数ヶ月前に、あこがれのゆかりさんと繋がる事が出来て、
これから、生き方、哲学、知識、スキル、いろんな事を教えてもらおう!
っと、人生における心の師匠と出会えた喜びに舞い上がっていた私は、
一瞬のうちに奈落の底へ突き落とされました。
胸にぽっかり穴があきました。

それから1年がたったのです。

ゆかりさんが残してくれた思いを拾うように、
ネットでいろいろ検索しました。
いろんな方がたくさんの情報を発信してくださっていました。ありがたいことです。

そして改めて深く気づかされます。

ゆかりさんは、今の私が漠然と感じている世界、
ようやく気がつき行動に移そうとしている事などはすべて、
クリアに体系化して、実践して、それを多くの人に伝えていらっしゃったのです。

私の浅はかな思慮、浅い知識が少しずつ深まるごとに、
ゆかりさんの大きさ、深さを、痛切に感じるのです。

直接ご師事を頂ける事が叶わなかった事にもきっと意味があるのでしょう。

自分で見つけ出さなければいけなかったのかもしれません。


去年の自分が書いた思いを読み返すだけでも、更に気がつく事があります。

ゆかりさんの言葉を追っているうちに
「仮面を外す、素顔になる、弱さの情報公開」
といったものに強い重要性を感じ、それからは意識的に積極的に取り組むようになりました。

それは、ゆかりさんからの私へのメッセージだと感じたからです。

そして今年になって、もっとクリアに見えてきました。

こんな私も無意識のうえでは、それを知っていて、だからゆかりさんと同じく、
本当の自分を知る事の大切さ重要性を強く人々に伝えている、
のぶちゃまのセッションが大好きだったのです!!

↑の去年の日記の中でも紹介したページの中盤にある「共に生きる」というコラムの中で、
4回連続の講座「かけがえのない“いのち”共に生きる」というものが紹介されています。
その講座の3回目の講師がゆかりさんで、4回目はかっこちゃんこと山元加津子さんだったのです。

これまた大好きなみぽさんも、かっこちゃんの活動を積極的に応援されています
(私の英語力ではちょっと...なのですが...)

いつもの繰り返しになりますが、惹かれるものには、理由があるのですね。
根底に同じものが流れています。


自然醗酵食品の料理教室を開催されていたゆかりさん。
私に「発酵」というキーワードを残してくださいました。 

「自然農法」を追っているうちに「炭素循環農法」に出会いました。
炭素循環農法の鍵は「自然の摂理」「生態系の循環」「微生物と発酵」です。
ぐぐぐっと惹かれました。


「もっとそちらの方向へ行きなさい」と受け取れるメッセージを、
今回の「福はうち」で頂きました。
「福はうち」の報告はまた次回に。






b0113192_2059740.jpg

これは「弱さの情報公開」のひとつです。
昨年の4月、ゆかりさんと会えてお話をする事が出来て、
天にも舞い上がりそうな私がいます。




今日は、ゆかりさんとゆかりさんのご家族に思いを馳せ




合掌
[PR]
by simplicity_circle | 2010-08-30 00:00 | いろいろ思う事

福はうち「開花改新の章」再受講 ♪


もうここでは、「福はうち」とはどうだこうだと書きません!
とにかく説明は、すごい!というだけにしておきます。

今回のセッションは高校時代からの友達で日本に住んでいるS と どんぐりさんと私の3人で、
講師はのぶちゃま、やすこさん、みほさんという豪華なものでした。

「開花改新」とにかく「自分を知る」です。
まぁ、出てきました、出てきました、3人とも!
本当の自分をさらけ出すって、怖くて、痛い事です。
傷ついた自分がいればいるほど、それを隠す殻は厚く固く、
本当の自分を隠そうと頑張ってしまいます。傷には触れてて欲しくないですからね。

でも、これは例えですけど、ここに傷があったんだ!
だから、私はこんな風に身体を動かして痛い所をかばっていたんだ!
っと気がつくと、傷をかばう事よりも、直そうという前向きな心が芽生えます。
もしくは、傷をかばう身体の動きだけが癖となって、残っていたとしたら、
気がついてしまった時点で癒えてしまうのです。

一回この工程に気がついてしまうと、傷口探しが楽しくなってしまうのですね〜。

さらに、そんなあるがままの自分を潔く受け入れて、
それを誰からも隠す必要がなくなると、
ばれたらどうしようという恐れがなくなります。
その爽快感、開放感がたまりません!!

すると、今まで無意識でも胸を痛めていた事が、
たちまち全く別のものになってしまうのです!

自己顕示欲なんてものは、木っ端みじんです。
でももともといらないものですからね ♪


どんどん壊して行きましょう!


自分を守る鎧や自分を隠す仮面を外して、
本当の自分を見る事、
本当の自分を見せる事、
それがあるがままの自分を認める事。
自己浄化のただ一つの道で、世界平和へのただ一つの道だと信じております。


霊性を高めるとは、
まずは自分を知る。
その上で、日々どうやって周りの人々と接していくか。
すべてここにかかっていると思うのです。

人々と関わるためにこの三次元の世界にやってきているのです。
一人っきりで生まれて、一人っきりで育ってきた人はいません。
人間関係を否定してしまっては本末転倒です。

昔の人は、一生瞑想や修行をしながら深い悟りの道を開くという孤高の人生もあったでしょうが、
今は日々の生活の中で悟りを得られるという、そんなレベルまで人間の霊性は進化しているようです。

スピリッチュアル的な知識を詰め込む事や、瞑想する事、霊感を磨く事はあくまでも手段です。
最終目的ではないのです。


ここなんですよ。大事な所は。


だから自分のネガティブな思考パターンやネガティブな行動パターンを生み出している、
インナーチャイルド探しは自分を向上させるために、欠かせない方法なんです。鍵なのですね。


本当に私の中のネガティブ、際限なく出てきます。
それを一つ一つ見つめて変容させて、減らしていく事が生きている理由。


っということで、またまたたどり着いた、私の痛い所を、
いつもの通り、自分のために、こんな公共の場に公表しよう!

でもその前に、どうしてそんな事をするのか説明しようと思ったら、
思いのほか、熱い思いが出てきました。


っということで、長くなってしまったので、続きは次回に!!
[PR]
by simplicity_circle | 2010-08-29 07:41 | 心の持ち方!

不思議な vision



「???」な ヴィジョンを見てしまいました。


瞑想中ならまだしも、目を開けている時に、そんなヴィジョンを見たのは初めてです。

これまで、日中の空にシルバー色に輝くものが横切って行くのを見て、
気のせい?でも飛行機よりは全然早かったよね。なんだったんだろう?
でも飛行機かな?それとも気のせいだったかな?っというのは何度かあります。


でも今回のは、ちょっと違うんです。


前回のエントリーでUPした月の写真を撮った夜の事です。


あの写真を撮る前に「あ〜つかれたぁ〜〜〜」と子供たちから隠れて、
ほんの一瞬ベッドに寝転んでいました。
その時、窓の外に、木々の間から見える満月に近い月に気がつきました。


「綺麗だなぁ〜」とつぶやきながらながめていると、


その丸いお月様の右下の方から


ペタペタペタっと、ちょっとかわいらしく、身体をくねらせながら出現したものがあるのです!!!


お月様の光を後ろから浴びて、シルエットになって見えました。


そのまるいかわいらしいお手て、歩く姿。


何だと思います??




やもりちゃん!




お月様の右下から左上に向かって走り去って行きました。



なん、なんだったんだ?????


そんな不思議なものを見た後の一番の感想は...


普通こんなヴィジョンを見るとしたら「龍」だよね...なぜヤモリなのだ???


私はこのあたりでゲッコーを見た事はありません。
それにどう見ても遠くの空に、飛行機のように月の前を、横切るヤモリでした。

後日「月とやもり」で検索してみたら、ちょうどぴったりのイメージを見つけました
私の見たヤモリは月に対してもっと小さかったんですけどね。。。



子供の頃、島の祖母の家に行くと、ヤモリが壁の上をぺたぺたと歩いていたものです。

沖縄ではヤモリは家守(や〜る〜)と言って、
家を守ってくれる、守り神のような存在で、縁起ものだと教わりました。

そして「ケッケッケッケッケッ」と鳴くのだそうです。

やさしい黄緑色で、トカゲと違って、かわいらしくて、
子供の頃の思いでと重なって温かいイメージを持っていました。


それとふと気がついたんですけど、「今頃!?」とトレバー君には言われそうですが、
我が家には、結婚祝いでもらった、高さ2m程の大きな絵があります。それってGeckoの絵なんです。
Geckoはヤモリですが、この絵が家守とは気がついていませんでした!!
b0113192_1539116.jpg

縁起のいい絵をもらっていた事に、11年後に気がつきました ♪


ヤモリ→家守=Gecko→ゲッコウ→月光
月とヤモリって何かあるのかしらん??

あっ、月虹もゲッコウだ!
もしかして月虹が出ているって言うメッセージ?
かけすぎ〜〜〜!私の頭の回転では、そんな事すぐわからないよぉ〜。


しかし、こんなにはっきり目でみた妄想(^^)いやいや、ヴィジョンは初めてでした。
これは落ち着いて瞑想でもしながら、その意味する所を突き止めたいと思います。
自分でたどり着いた方がいい。
とは思うのですが...


どなたか、その意味わかる! という方いらっしゃらないでしょうか〜〜???
[PR]
by simplicity_circle | 2010-08-28 15:59 | 我が家の最近

月虹と宇宙のエネルギー



満月の1日前のシドニーの月は魅惑的でした。
8月25日 満月 03:04 魚座に向かう、一日前の月の写真。


b0113192_15113861.jpg

b0113192_1512113.jpg


月虹(げっこう)は、夜間に、月の光により生じる虹。
「ナイト・レインボウ(Night rainbow)」
「ムーンボウ(Moonbow)」
「ルナ・レインボウ(Lunar rainbow)」などとも呼ばれる。

月虹がよく観測されるハワイ諸島のマウイ島では、
これを見た者には「幸せが訪れる」「先祖の霊が橋を渡り祝福を与えに訪れる」
と言われている。

wikipediaより


満月の日も月虹が出ていましたが、その前夜の方が綺麗に色が出ていました。


最近は来客が重なって、外出・イベント続きで忙しく、でも楽しい毎日を過ごしていました。
そんな中、スピ系のセッションも続きましてね。

どぉっ〜っと、気づきがやってきまして、もう全然追いつかないのです。

書いて整理した〜〜〜い!
なのに次々事は起こる起こる。
ポジティブな事もネガティブな事も!



そして心の底からの喜びと感謝に圧倒され、本当に毎日が楽しく充実しています。



そんな毎日を皆様も過ごされていますか???



私はね、星の運行についてはまったく知りませんし、あまり調べたりはしません。
でもね、耳や目に自然に入ってきた時は、きっと知っておいたらいいかもよ!
と上からのメッセージとして、その情報を自分に当てはめてみたりします。

8月のこの時期は特別な星の配列があったり、水星の逆行もあったり、
宇宙のエネルギーの流れが激しいようです。

そして満月の月虹を見ました♪

水星の逆行に当てはまる事も起きました!!! もぉびっくり@@@

でもあまりネガティブな事にフォーカスしないように、
水星の逆行の特性と期間は忘れる事にします。
でも起きましたよ。



さて次回は「福はうち」で 衝撃のネガティブ出現!!!
(あはは、衝撃のなんてあくまでも私にとってね☆)
[PR]
by simplicity_circle | 2010-08-26 16:48 | 我が家の最近

よもやまばなし


週末、思いがけず「アルプスの少女ハイジ」のビデオを頂きましてね、
早速子供たちと見ました。
いや〜よかったです。

テレビ文化もそう否定ばかりする必要もないな〜。
案外いい時代だったなぁ〜なんてすっかりノスタルジックに、
Back to the 70s! になってしまいました。


今ググったら、英語圏ではない世界中のいろんな国に輸出されているんですね〜。

あんなブランコに乗って、干し草のベッドで寝て
木のボールと木のスプーンで飲むスープ
アルプスの山に憧れたものです。



さて、我が家のキッズは、これ好き〜〜なんて言いながら、
3人とも釘付けで、見ていました。

っが、物語が進むうちに。。。

「Lee、これ好きだけど見たくないのぉ〜、悲しくなっちゃうのぉ〜〜」

号泣しながら、ビデオをとめてという。

ハイジがアルプスの山から連れ去られて泣いたり、アルプスの山を恋しく思ったりする所で、
嗚咽を漏らすほど泣く。

大丈夫ちゃんとハイジは山に帰れるし、ハッピーエンドだからといくら言っても、
中盤彼女は殆ど見ていませんでした。

こんなに感情移入するのも珍しいなぁ〜なんて笑っていました。


っで、後で思い出した事があるのです。


若い時分ヨーロッパをバッパーで旅行したトレバー君、
スイスの山々の話をする時はよく興奮していたものです。


また話は飛んで今から3年ほど前、サイキックの所で、
トレバー君とLeeは過去生でも親子だったわね〜。
その時も彼女は8人兄弟の一番上の子でスイスの山の中で暮らしてたわね。
父と娘の結びつきが強いのも当然よ。なんて言われました。

その時は、そう言えばトレバー君ヨーロッパの中ではアルプスの山が一番好きと言ってたなぁ〜。
案外あり得るなぁ〜。なんて思ったものです。


私は基本的に過去生の話は、「ふ〜ん」「へぇ〜」「おもしろーい」「かわいそー」で終わります。
まったくもって、他人事です。
まだ聞いただけで、涙があふれてきたというような経験はないので。

何十回、何百回、人によっては何千回?よくわかりませんが
ソウルグループの魂の記憶が一緒に保管されているとしたら
どれほど膨大な魂の記録があるのでしょうか?
魂というのは、地球にやってくる前からの宇宙の歴史すら携えていると考えているので
何が出てきてもありだな。っと思うのです。

でもこの現世の、今現在の何かに繋がりができた過去生が
ピックアップされて、表にひょこっと出てくるのかなと解釈しております。


そんな私ですが、過去生でトレバー君とカップルだった人生のひとつが
北アメリカでネイティブアメリカン
と言われた事は嬉しかったです。
私アメリカ・インディアンの精神性に憧れておりましたので。

過去生でも種族の違いによる家族の問題があったみたいですから、
今生でもひとつ同じ課題に取り組んでいたようです。それにはちょっと納得できました。


さて、話はまたアルプスの少女ハイジに戻りますが、


トレバー君とLee。スイスの山で暮らしていた過去生がある。
というのはありかも。。。
っと、ハイジへの異常な感情移入を見て、そんなことを思いました。


でもね、Leeの名前をきめるときに、私には Heidiという希望もあったんです。

ビッチな女の子がその名前だからだめだめ、印象が悪い。
とトレバー君に却下されたんですけどね。。。



っということで、本当によもやまばなしでした。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-08-16 13:38 | 我が家の最近

パワースポット




今日は平和に思いを馳せる日ですね。

世界中の人々が日常生活において、平穏な心を持つ事が、世界中の平和に繋がると信じています。

それが過去の人々への恩返し。




なかなか思いをまとめる時間がないです。。

しかもこんな時間に、家の掃除をしなければいけないんだけど。。。
ついコンピューターに向かってしまう私。
テスト前の現実逃避は部屋の掃除だったんだけどな。。。

トレバー君の影響でやらなければいけない事は後回しにする!
という生活態度が板についてきています。(日本人離れしていっています^^)

彼は、まるで私の肩の上の悪魔のごとく、いつも
「いいよいいよ、そんなの後回しで〜〜〜」と言うのです。
なんていっても彼、モットーが
「procrastinate」(ぐずぐずする/(後まで)延ばす)ですからね。

いい旦那さんをみつけたもんだ!っと自分を褒めたくなります。
(はて?それでいいのか悪いのか??^^)


なので、さくさくっと、つれづれに、出来事なんぞを書いてみようと思います。


宇宙の叡智と繋がりたいと自己の浄化にせっせと励んでいる毎日。
思いとは裏腹に失敗もたくさん(涙)学び学びの毎日です(汗)。

浄化を促進するために、心の目を磨くために、
神社や聖地、パワースポットの御祭神、氏神たちを、参拝する事がいいと言われています。

海外に住む私。私が住んでいる地域にある異文化の宗教の教会にはピンと来ません。
やっぱり神社に行きたいなぁ〜〜っと海外に住んでいる事によって、
日本人である自分を再確認する毎日であります。

でね、そんな私が代わりに訪れているのは、何処だと思いますか?



ナショナルパーク。



特に平日の朝は殆ど人がいなくって、いいんですよ〜。

本当は、ブッシュウォーキングをしながら
アボリジニの人々が残してくれたスポットなどに行って
座って瞑想なんぞをしたいのですが...


私の場合、いつでも1歳児を連れているので、そんな事はさせてくれません^^


しかたなく、子供用のプレイグランドの遊具の上に座って、
目を開けたまま、こまぎれに、ひとり怪しげに瞑想をしています。


先週の金曜日は13日の金曜日でした。
この日は宇宙エネルギーとの深い繋がりを持つことが可能な日です。
特に、女神との繋がりを持つのに重要な日です。
それは、人類の長い歴史の陰に隠されてきた女神との繋がりを持つ日です。

またまた「シリウス文明」より


LeeとKarをそれぞれの学校にドロップした後、Joyを連れてナショナルパークに直行しました。
その日は、人っ子一人いない朝で、いつもよりさらに、静かな日でした。
静寂を楽しみました。


水辺にあるプレイグランド
私静かな水辺が大好きです。

b0113192_15313993.jpg

b0113192_1532221.jpg


何も不思議な現象ではないんでしょうけど、太陽の光って本当に虹色をともなっているのですね〜。


b0113192_15323976.jpg

差し込んでくる光にも虹色。
髪の毛に反射する光にも虹色が見えます。
太陽をしばらく見つめていると
太陽の渕から波打つような虹色のエネルギーのようなものも出ています。

しかしオーストラリアの太陽は冬でも強い!
UVを肌にじりじりと感じます。なんかひからびていく肌を感じました。
やばいやばい!!
ほどほどにしなきゃね ♪



虹色を見つけただけで幸せな気持ちになりました。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-08-15 15:50 | 我が家の最近

NSW北部


一週間のホリデーから昨日の夕方、帰ってきました ♪

b0113192_849257.jpg

b0113192_941178.jpg



今回はイルカに加えて、くじらも見る事が出来ましたよ ♪
大地のエネルギーに包まれてきました〜。
シドニーより温かったです。


9時間のドライブの帰り道は、グランマも一緒に来ました!
火曜日には飛行機ですぐ帰ってしまうんですけどね。
Leeの学校のコンサートを見るために、仕事も休んで、わざわざシドニーまで来てくれたのです。

本当に孫への惜しみない愛情に感謝の気持ちで一杯です。


今の所、洗濯、片付け、家事に追われていますが、
1週間ネット環境になかったので、
読みたいものがたまっていて、コンピューターの前に座りたくてうずうずしています。


とりあえず、落ち着いたら、この一週間の間の気づきを、また まとめていきたいです。
ホリデー中に「ハトホルの書」を読んで、
自分の中では、ものすごい気づきの螺旋上昇の流れを感じています。

b0113192_8552348.jpg



そして、もう一つの私の密かな目的、
夢の場所、Hinterland探索は、できませんでした。
私の希望ばかりを優先する事も出来ないのでね。。。

残念でしたが、また次回。

きっとクリスマスかな?

b0113192_856119.jpg

[PR]
by simplicity_circle | 2010-08-09 09:08 | 我が家の最近

チャクラは花


『ハトホルの書』より Part 1


ハートのチャクラについてこんな事が書かれていました。


ハートのチャクラは肉体の「中心太陽」とも呼ばれ、
より高次の意識と全体性に至るエネルギーの流れのすべてがそこで生じるという、
方持梁(一方の端を固定し、もう一端を自由にした梁)の様な部分なのです。

ハート・チャクラは「花びら状」ですが、他の全てのチャクラも精妙な領域では
まさに花そっくりのエネルギー構造をしています。

心の花が開く時には必ず感覚の広がりが生じます。

感覚体験が増えれば増えるほど、開いた心の花びらも更に成長するのです。
感じる事をおろそかにしたりとめてしまったり、自分の感覚に正直でなくなると、
花びらは閉じがちになります。



自己のエネルギーをマスターするエクササイズでは


ハートのチャクラにプラーナが流れ込む様子を想像し、ただそれを感じてください。
花が開く所を視覚してもいいのですが、それが目的なのではありません。

花びらが開くようにしてハート・チャクラが開くそのエネルギーを感じ、
花がどんどん大きく広がってあなたの身体の幅いっぱいになるのを感じる事です。
花びらを次第に広げていき、心地の良い所まで開くに任せてください。
この開いたハート・チャクラの花に意識を向けたまま、少しの間憩いましょう。


「ハトホルの書」より 



この歌を思い出しました。



「 花~すべての人の心に花を~」






作詞作曲は、喜納昌吉さん
喜納昌吉&チャンプルースのライブハウスって「チャクラ」って言うんですって。
平和活動家である、 喜納昌吉さん。偶然ではなく当然なんでしょうね。




b0113192_6481749.jpg




奇麗な花を咲かせましょうね。。。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-08-02 00:00 | スピリッチュアルに!

「癒し」について


前回のエントリーで「植物からの癒しのエネルギーを求めている」と書きました。


そんな自分の言葉に反応して、このエントリーを書いています。
反応するとは何かあるんですよね。


実は私「癒し」という言葉が苦手で使う事を避けていました。


なんとなく「癒されたい」という表現に、
他人本意な、依存的な印象を感じてしまうのです。


依存心の強い人は幸せにならないと強く感じるからです。
期待が裏切られると、不満、憤り、怒り、恐れ を生み出すのです。


反対に、


自立している人は、援助を期待する気持ちがないので、
裏切られる事がありません。
受けた援助には感謝の気持ちしか生まれません。
だから心が穏やかでいられるのです。


こんな考え方を持っているので、精神世界で語られる、こういったメッセージに共感します。
宇宙の法則は、自由意志による「自立と選択」

そんな私の心情にぴったりの言葉が
「魂の向上」「魂の浄化」「心のデトックス」なのです。

すべて自分の中に鍵があるのです。


この心の持ち方、心のあり方が、この地上にユートピアを実現させると思うと...


素敵じゃないですか???


なので精神世界を探索していても、ここ数年まで、
ヒーリングとか癒しとか、開運という方面については、
あまり興味もなく知識もありませんでした。


でも最近は、少し、天使や天上界の援助を受け取ってもいいんだな。
と思えるようになってきました。
だからブログにもエンジェル様達が登場するようになりました。


それでも、自然からも癒されたいという自分がいた事を発見してちょっと驚きました。

驚いたりせず、当然の事と、私はもうちょっと柔らかくなる必要があるのかもしれないですね。


でもやっぱり、上ばかり見て、足下がおぼつかなくならないように、
しっかり地に足をつけて、現実の世界を自分に正直に生きていきたいです。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-08-01 00:00 | 心の持ち方!