<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

手放すもの 1

唐突ですが...

「私はどうやってこの地球に来たんだろう?」 と毎日真剣に考えています。
「 真実の地球の歴史」「 真実の人類と文明の歴史」を知りたいと!と日々探究しております。

そして、家事を全て放棄したくなるのです。困ったものです。
時間はいくらあっても足りません。

オーストラリアに来た頃からかな..
「魂とは?」「人生の意味とは?」「人生の目的とは?」
といった事を、精神世界のなかで、ゆるやかに探究し始めました。

2006年にアセンションという言葉に出会って、
「人類の意味」「本当の地球史」「宇宙の仕組み」「霊性を高める」
っと、探究する内容が変わってきました。

さて、こんな事は、世の中の偉い学者さん達がいろんな分野で長い間、科学的な考察をもとに実証したり、日々研究している事ですよね。

っでね、科学なんて小難しい世界と、かけ離れたところにいる私が興味があるのは、精神世界で語られている、宗教、信仰、あやしげな^^チャネリングのたぐいなのです。

本当に、怪しげな世界です。まやかしもたくさんあります。
それを重々承知の上で探究しています。

何故かというと、一部のまやかしを否定したとしても、
だからこれらすべてが狂人の戯言と結論付けできない、
筋の通った、確かな一本の大きな流れがあると感じるからです。

繰り返し、流れてくるメッセージは誰を通しても同じです。


自己の内面に神を見いだすこと。
この宇宙に存在するすべての存在は繋がっていてひとつである。
宇宙は大いなるすべてから生まれでて、いつでもその一部であって、最終的には大いなるすべてに回帰していく、はてしない旅。
始まりもなければ、終わりもない、時空を超えた世界。今を生きるだけ。

b0113192_9243346.jpg

宇宙は「無限大とメビウスの輪」なのです。
↑この絵画こちらのブログの説明にぐっと来ました。後半は私には難しいですが^^;

その宇宙の根源は「愛そのもの」。
存在するすべては、限りない魂の向上を願う光の子。



このメッセージが流れているものから、生きる指針を拾ってきました。



ただね、信頼できるかなと思っているソースでも、枝葉のところが違って、少し混乱してしまったり、メッセンジャーの人が全く方向転換して、共感できなくなってしまったりと、その時その時、自分の波動にあった物を読んでいると思います。(以前頻繁にこのブログで紹介して、夢中になっていた人気ブログがありましたが、今は一切読まなくなっています)


さて、そんな風に、情報を取捨選択しながら、集めていたつもりなんですが、それでも最近、入ってくる情報をうまく自分の中に整理整頓できなくなって、情報の海で溺れそうな状態になっていました。



でもね、ようやく、落ち着いてきた気がします。



まず、私が得る事のできる情報はあくまでも、人間の言葉に翻訳!?された情報です。

そのメッセージが、高次元から降ろされてきた叡智だとしても、必ずこの物質世界に生きる人間に理解できるようにいろんな表現で翻訳されています。

その翻訳される方(チャネラー・媒体)の知識や想念というフィルターも通ります。
だから意図せず、ニュアンスが変わってしまう事もあると思うのです。

それが、枝葉の違いだと理解するようになりました。

だから、その枝葉の違いに、おろおろする必要はないと思えるようになったのです。



そしてこの状態が「情報への依存」=「他人への依存」=「依存=執着」だったと気がついたのです!!

他人からの情報で浮き足立つ、心が騒ぐ自分がいたという事ですから。



執着は手放さなければ行けませんね。



それに気がついた今は、情報に乗っかってしまうのではなくて、クールにインプットするだけです。あくまでも参考まで。いつかそれが意味を持つ事があると思うので。




こんなスタンスを持つきっかけになった一つに、このブログがあります。
なんで、今までたどり着かなかったんだろう??と不思議になるくらい私好みのネタ満載です。



すべてには時があるのでしょうね。



おもしろくって、夢中です。(でもクールにね!!)
今過去記事を追って読んでいるところです。
時間がいくらあっても足りない。。。。



『シリウス文明がやって来る』



『手放すもの1』は「精神世界の情報への依存」でした。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-03-31 10:01 | スピリッチュアルに!

手湿疹についての考察

まず、この数年でわかったこと。

とにかく、子供が生まれてからというもの、ハンドソープで手を洗いすぎました。
水仕事が急激に増えました。

敏感肌だった私には普通のお店で買える普通の生活用品(台所洗剤、お風呂用品、化粧品)、いわゆる石油が原料でできている用品は、刺激が強すぎたのです。界面活性剤なんて有名ですよね。その弊害が。

気がつかないうちに、皮膚の角質層がはがれ落ちて、バリア機能が崩れていました。

そうなるともう「アレルギー性接触皮膚炎」です。
湿疹が出てしまうと、何を触っても、あらゆる刺激で悪化していきます。


石油系製品が家にはなくても、外出先で気がつかずに使ってしまったりするのです。外食店においてある「紙おしぼり」とか。ぷつぷつっと湿疹が始まってしまうのです。

一番びっくりしたのは、ガソリン(軽油)を車に入れた後、湿疹が始まってしまったこと。もろに石油に反応していたのです!!


そしてアルコール。ワインやビールに入っている防腐剤などの薬品が湿疹を悪化させるという事がわかりました!

皮膚が「ぱかぱか」割れてくるのは、ワインのせいでした。
しばらくやめてみてわかりました。
いくら生活用品や食生活を気をつけても、治らないわけです。。。

加工食品の裏の内容物を目を皿のようにして読んでいても、ワインの事は考えていませんでした。

以前、ナチュラパスに言われて知っていたはずなんですけど、自分に都合の悪い事は記憶の中からこぼれ落ちるものですね。。。困ったものです。

でもね、ここで少し言い訳!

以前もワインとビールをやめてヴォッカとジンにした事もあったんですけど、治らなかったので、忘れてしまっていました。(当時は外出先で使っているソープや台所洗剤が原因だったんでしょうね)



さて、さて、最近の私は、誘発する原因と悪化させる原因がわかったので、とっても気をつけているんですけど、もうだめなんです。すっかりバリヤ機能が混乱しているので。


ホメオパシーのレメディもArs-alb(アーセニカム)が2回くらい効果があったのですが、もう効かなくなっていました。

Petroleum(石油)このレメディは3回試したのですが、毎回半端じゃなく悪化しました。

好転反応だからと我慢するのですが、もう痛くて、痛くて、続けられませんでした。

Petroliumのレメディで、手をグーにもパーにもできなくなる程、悪化して、どうしようもなくなって、わらをもつかむ思いでたどり着いたのが、漢方。


これがものすごい勢いで治りました。(ただし私の場合は、はじめの一回だけでした)


そこの先生はとにかく、アレルギーを心配して、食べる事、使うものを制限するより、肝臓を強くして、解毒作用をできるようにしなさい。と言って、そのための漢方を調合してくれます。


ここのSunny先生、診たても確かで、腕がいいと思います。
お勧めです。

Pure Natural
Chinese Herbs & Acupuncture Centre

Shop14, Victoria Plaza,
369 Victoria Ave. Chatswood
NSW 2067
Tel(02)9411-6666



でも漢方も私はやめました。確かにすごい炎症は抑えてくれるのですが、私の場合、完治はしないのです。そして、何よりも高いのです!!!家計が火の車。。



その他には、肝臓や皮膚に良いと言われているクリスタルを身につけたりもしました。



自然療法でも、皮膚、特に手や足の先に出る湿疹は、身体に入った毒素で肝臓や腎臓で処理しきれなものが、皮膚から排出しようと湿疹となって表れていると言います。


この間、のぶちゃまには、ティッシュソルトをおすすめいただきました。

のぶちゃまによるティッシュソルトの説明1説明2


皮膚の再生に、Kali-sulph(ケーライソーファー)  コラーゲンを作る!
肝臓強化、身体の毒出しに、Calc Sulph(カルクソーファー)  ブラッドクレンザー!


そして私の皮膚を見て「お水が足りてない」との指摘。

「子供を連れてるとトイレに行くのが大変でね、外出するときはついお水を控えちゃうんです〜」という私に、

「トイレに行く心配と肝臓とどっちが大事なの!?」と。

もっともな、のぶちゃまなのでした。。。




っということで、これからも、私の手湿疹、

身体面、精神面からホリスティックにアプローチしたいと思っています。

このブログ、結構、湿疹で検索してたどり着く方もいらっしゃるようなので、また経過を報告しますね。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-03-30 07:24 | ホリスティックに!

Amma's 2010 Australia Tour


*追記 2012年6月:今現在アンマについては、この頃とは違う見解を持っています。もちろん素晴らしいと感じてる方を否定したい気持で書いている訳ではありませんが、私自身の現在の見解はこちらです


今日は、手湿疹について続きを書く予定だったのですが、
先ほどお友達から素敵な情報が飛び込んできたので、ちょっと興奮しております。


皆様「アンマ」ってご存知ですか?

Mata Amritanamayi アンマ公式サイト


愛と自己犠牲の並々ならぬ行動によって、マーター・アムリターナンダマイー――
むしろアンマ(母)という呼び名で知られています――は、
今や世界中の何百万もの人びとから親しみ愛されるようになっています。

アンマは会いに来る一人ひとりを優しくいたわり、
自分の胸に引き寄せ心をこめて抱きしめます。
相手の信条や、何者で何のために来たのかを問うこともなく、
その限りない愛をすべての人とわかち合います。

一人づつ抱きしめる――この易しい、しかし力強いやり方で、
アンマは数え切れないほど多くの人びとの人生を変え、
彼らの心が開かれるように助けてきました。
過去 37 年間に、世界各地からやって来た2700万以上の人びとを自らの胸に抱きとめてきました。

たゆみなく人びとを救うために献身するアンマの精神からは
多岐にわたる慈善事業のネットワークが生み出されるにいたり、
無私無欲の奉仕であればこそ感じることのできる安らぎを、
そこで見つけることができると人は言います。

アンマの教えは普遍的です。
宗教は何かと問われればいつでも、アンマの宗教は愛だと答えます。
アンマは何びとに対しても神を信じなさい、宗教を変えなさい、などと言うことはありません。
私たちに望んでいるのは、自分自身の真の本質を探すこと、自分自身を信じること

――ただ、それだけです。




私は数ヶ月前に知ったばかりでした。

デイリー ルーツファインダーの榎本さんがアンマについて書かれている過去記事を読んでとても胸を打たれていました。


そのアンマさんがいらっしゃるという情報が友達から来ました。

知ってしまった以上、なんだか、行かなければと、ドキドキしている自分がいます。

子供たちの水ぼうそうの兼ね合いもあるし、
旦那さんが行くと言ってくれるとは思えないんですけど、
ちょっと策を練ってみようと。。

詳しい日程、会場はこちら↓
Amma's 2010 Australia Tour


シドニーは、4月12日(月)、13日(火)
会場は、Sydney Boys High School,
Gate 2 Cleveland Street,
Moore Park, Surry Hills, Sydney, NSW

ゴールドコーストで行こうかな??





追記:4月13日現在

アンマーに会いに行く事はできませんでした〜。残念。
Karの発疹がまだ治りませんでした。
体調の弱った人が来ると思われる場所へ連れて行く事はできませんね。
それと、GCで参加したお友達から、子連れで行くのはかなり厳しかったという情報を得たからです。

必要であればまた機会が表れるますね。きっと。。




[PR]
by simplicity_circle | 2010-03-29 13:33 | ACTION !

治らない手湿疹

手湿疹について語ったら、長いですよ〜。

完治する事があったら書こうと思っていたのですが、いつまでもそんな様子がありません。
2004年の10月から、ほとんどずっと悩まされています。
一本の指から始まったのに、5年かけて、今は両手、親指以外全部です。

ステロイド、自然療法、ホメオパシー、漢方、フラワーエッセンス、いろいろやりました。
様々なハンドクリームも試してみました。

そして少しづつ、わかってきた事もあります。

何を試しても、一度や二度は治るんです。でもすぐ新しい湿疹が始まって、その後は効果がなくなってしまうのです。

絶対、問題は私の中にあると感じています。


細かい事を書く前に、前回の続き。


Yosshiさんはフラワーエッセンスのプラクティショナーでもあります。

エッセンスの選択にも、宇宙やエンジェルからのメッセージが届きます。
エッセンスにも宇宙とエンジェルのエネルギーを入れてくれます。


私の治らない手湿疹、原因は私の生活習慣以外に、精神的なものを感じていました。

その事を伝えると...「感謝がない」という言葉がすぐ降りてきました。


えっっえ〜〜! 心底驚きました。


この数年の間の気づきの中で「湿疹への感謝」がNo1だったからです。


だって、湿疹に悩まされた事が、食生活、生活用品を根本的に見直す原動力になったからです。

その結果が子供の未来を守る、地球の未来を考えるという事に繋がったのです。

だから、湿疹になってよかった〜って心から感謝していたのです。

最近は、それでも治らない手湿疹に、まだ何か気づき足りない事がありますか???という気持ちになっていました。


そんな私に感謝が足りない!!!???


そうするとYosshiさんは「どうも身体に対しての感謝が足りないみたいですよ」っとさらに、メッセージが続く。


なんと、自分の外面的な要因のコンプレックスが関わっているようなのです!!


湿疹、特に手に出る湿疹というのは「恥」の気持ちに関わるのだそうです。


どうも私の場合は、自分の身体に対する恥=コンプレックス?で感謝が足りないという事らしいのです。。。


えぇ〜〜〜〜!



確かに、乙女な時分には、いろいろと、乙女な悩みはありましたけど、もう今となっては、ねぇ、今さら、ねぇ。。。


白状します。今でも、コンプレックスはあります。
もっとすらっと細長い体系になりたいとか。。。出産後のお腹をどうにかしたいとか。。。二の腕が。。。(この辺でやめておきましょうねぇ。。とまらなくなるので^^)


これが私の治らない手湿疹にかかわっているとyosshiさんの宇宙人は言う!!


さらに!私ではこの場で、とてもハンドルできないような、大人なトピックもでてきた!


でもね、精神世界を探究しているものとしては、ちょっとホットなトピックだったんです。

地球は今、アクエリアスという時代に向かっていますからね。。。
女神の時代です。隠された女神達の封印が解かれています。

真なる女性生意識を開花させましょう 
水瓶座の時代という新しい時代に向かって
男性性意識と女性性意識を統合させましょう
そして、それらを統合させた上で
女性性意識を強く押し出してゆきましょう


時間があまりありません。女性性の活性化が求められています。


イエスの妻であるマグダラのマリアの「マグダラの書」も読んでみたいなぁと思っているところでした。



まぁそんなアドバイスをふまえた上で、この手湿疹に、皮膚に関する3種類のフラワーエッセンスを調合してもらいました。


今10日程経過しています。ゆっくりとですが、明らかに収束の方向へ向かっています。


すごい。。。やっぱり「コンプレックス」に発していたのでしょうか???



また経過の報告をしますね。


次回は、もうちょっと湿疹について、外的要因についてわかってきた事を書いてみますね。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-03-28 08:17 | ホリスティックに!

インナーチャイルド 2

☆ 朝 UP した後から、ちょっと書き直しました☆


はじめのインナーチャイルドを思い出した数日後、たまたまYosshiさんが瞑想会を開いてくれて、お友達と一緒に瞑想をしました。

そしてお題を、その時の私に、とってもホットだった「ザ・インナーチャイルド」にしてくれたのです!

そこでも幼稚園ぐらいの私が、ものかげから、大人の顔色をうかがっている様子が浮かび上がってきました。


そして、もう一つ思い出しました。
私のインナーチャイルドが顔を出すパターン。

それは...


あからさまに私のことを嫌い〜〜〜!とはっきり態度に表す人。
攻撃的な、めらめらとしたエネルギーを感じた時です。


これに対する私の反応は、


人に嫌な思いをさせないように、一生懸命自分を抑えているのに。。。
人の心を傷つけない様に、いつもいつも気を使ってるのに。。。
どうして私のことが嫌いなの?

傷つき、怒り、悲しみの涙を流しました。


「私は嫌われる」ということにも、過剰反応するのです。


聞き分けのいい子になろうとしていた、あの子がいるのですね。


こんなに自分の気持ちを我慢して、言うことを聞いているの。
おりこうさんだったら私のこと好き?
優しい子だったら褒めてくれる?

好きでいて欲しくって、
褒めてもらいたくって、
認めてもらいたくって、
必死だったんです。



でも今は冷静にわかります。



「嫌いだ〜〜〜!」という激しいエネルギーをあからさまに送る人って、

幸せではない。
満たされていない。
常に不満を相手のせいにして、
他人に問題の原因を探すのです。

自分よりいいポジションにいる事が許せない。
嫉妬心に飲み込まれているんですね。

かわいそうな心の状態にいる人なんです。
だからそれを隠すように、攻撃してくる。



もう私はこういった攻撃で涙を流す事はないと思います。



生まれる前に、魂の向上のために、自分でいろんな課題をセッティングしてきたと思います。
その課題をうまくクリアできたら、同じような事は起こらなくなると考えています。
だから相手が変わっても、繰り返し同じような問題が起こるとしたら、確実に解決の糸口は自分の中にあると解釈します。

私が選択した、この課題は、大抵が職場にしかけられていたなぁと思います。


8年位?このタイプの出来事は起こらないので、今は、次の課題に移っていたかもしれません。

自分の行動パターンを客観的にとらえて、ちょっとだけ自信を取り戻すこと。

次のステップのために。


なんか本当の意味で、できない自分を温かく包んであげられるようになった自分を感じています。


Yosshiさんの瞑想誘導中「そこで悲しんでいる小さなあなたを抱きしめてあげてください」と言われ、ぎゅーっと抱きしめた瞬間、本当に外からぎゅ〜っと抱きしめられました。


この子って、本当に私のために来てくれた天使なのかもしれないと実感して涙がでました。


抱きしめてくれたのは、1歳5ヶ月のJoy君。


私たちの瞑想中、真ん中で一人大人しく待っててくれたのです。
いつも「本を破いたりしないでね」とお願いしてもきょとんとした顔をしているのに...
本当は、言葉が、わかるんですね〜。


以前まだこの子がお腹の中にいた時「福はうち」で
「この子はお母さんを癒すために来てくれてるのよ〜」
「僕からの愛を受け取って〜って言ってるわよ〜」と教えていただきました。





kokiaさんの「天使」歌詞が胸を打ちます。

彼女も地上に舞い降りた天使ですね。




瞑想会の最後に、また新たなる私の課題がYosshiさんからやってきました。

これもわざわざ公表するような事ではないのですが。。。

どこかの誰かのインスピレーションになるかもしれないので。。。

恥を忍んで^^;



どうも、私の治らない手湿疹。

私のコンプレックスに関係しているかもしれないのです。

え〜まだコンプレックスあるの〜〜〜。

もういやだ〜〜。

と思ったのですが。。。

あったのです。



それはまた次回に。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-03-27 08:22 | スピリッチュアルに!

インナーチャイルド 1

さて、さて、ようやくたどり着きました! 「変われるかな???」からの続きです。


「インナーチャイルド」


インナーチャイルドを自覚した今だとはっきりとわかる事があります。


今までの人生で嫌いな人っていましたか?
思い出すだけで腹が立つ人っていましたか?
絶対友達になりたくないって思う人がいましたか?

これまでの人生で、激しくそのように感じた人の特徴を思い起こしてみました。


するとね、おかしいくらい、明確なパターンがあるんです。
今まで気がつかなかったのが、不思議なくらい。

その時の私は、何にそんなに反応していたか、客観的に見えてきたのです。



自分のインナーチャイルドを発表するって、ドキドキしちゃうんですけど、
やっぱり「仮面を外す」ですから。

いきますよ!

さぁ、どんなことなんでしょう!?


勝手に私を評価する人。
できない。能力がない。頭が悪い。という見下された評価をされること。


わたしこれに↑とっても反応してしまうのです。


その中でも二つのパターンがありました。


定番のパターン。あえて悪い評価を表明できる立場にいる人って、上司や先輩。
育てたいという愛情からくる評価ではなくて、必ず、めらめらとしたエネルギーが一緒にやってくる。

自分を評価できる立場にいる人だから、私にとって、それはそれは、痛い。

自分が情けなくって、悔しくって、傷ついて、悲しみの涙を流しました。



もう一つのパターンはただの通りすがりの人。
友達の友達。遠い関係。別に会わなければいけない人ではない。

こちらは上下関係はないから、直接怒りがきます。でもやっぱり心の中で傷ついていました。



「できない」と評価されることに、ものすごく過剰反応していたのです。



では、なんで、人の評価が気になるのでしょうか??

そこにインナーチャイルドの私がいました。



そこにいる、私を見つけ出したのは、うちの男の子たちのやり取りを見ていった、
のぶちゃまの言葉です。

「子供はね、やさしいんだよ。おかあさん(おとうさん)を悲しませたくないから、頑張って、我慢して、聞き分けをよくしようとするの」

この「聞き分け」という言葉に、私の魂が反応しました。


自然に涙が溢れてきて、なのにそんな自分が恥ずかしくって、
思わず笑ってしまいました。


確かに、こんな思いが蘇ってきたのです。


好きでいて欲しくって、
褒めてもらいたくって、
認めてもらいたくって、

聞き分けのいい子でいたかったのです。

ものすごく頑張ってたんです。小さい私も。


こんな声も聞こえてきます。

お兄ちゃんみたいにできない私にがっかりした?
お母さんみたいに器用じゃなくてがっかりした?

劣等感で傷ついていたのです。
努力ではどうにもならない実力の差にひとり傷ついていたのです。


私の母親は、注意深い人だったので、あからさまにコンプレックスを植え付けるような発言をしたと思えませんし、された記憶もありません。


私は、大人の顔色をうかがって、相手の気持ちを読む子供らしくない、ナイーブな性格を持っていました。


女の子だからいいかとあきらめている様子を受け止めて、
ひとり「私はだめなんだ...」と、自分でだめだめの烙印を押していました。


その子供のナイーブさを持ったまま大人になった私は、やっぱり、人の顔色を伺って、傷つきやすいところは、全く変わっていません。

 
とにかく自分に自信がないのです。

私は頭が悪い。不器用だと。。。


それでも、そんな自分を守るために、鎧をかぶります。
これ以上傷つきたくないから。


「私はだめだめなの〜〜!!」と過小評価することで、
他人の評価で傷つく自分を守るのです。


最初からだめだとアナウンスしておけば、
他人に、なんだ全然駄目じゃんと太鼓判を押されて、傷つくことがないのです。


だって、言ったでしょう!?私はだめなんだって!


その自分の行動パターンがわかったら、無理に鎧をかぶらなくってもいいって、
なんかリラックスした気持ちになれたような気がするのです。

本当の自分を受け入れてあげるってこういう事なのかな〜って、少し感覚で理解した気がします。



そういえば、 最近たまたまパターン2の人に10年ぶりに再会していました。

10年以上前Partyで会った時、日本に住んで英語の先生をしてたんだよ。なんて世間話をしていました。日本人はあ〜だこ〜だとあまり肯定的でないことを、さも知った様に語っていたんです。その人。

その後、突然、君の英語のレベルは○○なら○○だね。(細かいことは忘れちゃったんだけどね)といきなり査定したんです。

自分の英語のレベルはわかっていたんですけど、友達との楽しいPartyの席で、頼んでもないのに、勝手に、不意にジャッジする無神経さに腹が立って、もうこいつとは話さない!と心の中で誓いました。もともとの友達その人のお姉ちゃんも、コンプレックスをくすぐるようなことを言う人で、内心好きじゃなかったんです。

数週間前に久しぶりにその姉弟に再会して、その出来事を思い出していたのです。


そして今なら、私のインナーチャイルドが反応していたんだなとわかります。

それが今起こったら「そんな性格だったら、あんまり友達できなかったでしょう?」と笑って言える自分がいます^^



もうひとつ、このインナーチャイルドに関連して、私の過剰反応していた弱点を思い出しました。


それは次回に。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-03-26 19:22 | スピリッチュアルに!

chiken pox 2

一晩経って...


Karは本格的な水ぼうそうになっています。


それとはうって変わって、

Leeのラッシュは全く広がっていません。

っというか、ただの虫さされだったのかな?
昨日の一瞬の微熱は偶然だったのかな?
というような状態です。

予防接種後、ホメオパシーのレメディーを摂ったか摂らなかったかの違いかもしれません。


Joyは全く発症する気配がないので、2週間後になるまでわかりません。



あ〜今のうち、まとめてみんなで終わりにして欲しいなぁ。

そしたら、大人になってから余計な心配がいらない。

そして毒素も健全に排出できる、強い免疫力もつけてほしい。

私の様に湿疹で苦しまない様に。

野口整体によると、水ぼうそうは腎臓を育てる病気だそうです。



とにかく、様子をみて、また思う事があったら、書いてみようと思います。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-03-26 11:56 | 我が家の最近

chiken pox

この間からずっと、インナーチャイルドの続きを書きたいのに...
なかなかコンピューターの前に座る時間が取れないでいます。

先週の土曜日はグランパ・グランマ、日曜日と月曜日は友達夫妻が泊まりに来ていました。
火曜日と水曜日は子供たちの学校と習い事で、一日中外出です。
そして木曜日、今日の事なのです。

朝、Leeを学校に連れて行った後、Karのプリスクールに着いて、彼にぷつぷつを見つけました。
きっと昨日虫にさされたのだろうなと思ったのですが、先生と相談して、
念のため、GP(お医者さん)に連れて行くことにしました。


そして、


Chiken Pox(水ぼうそう)にかかっている事が発覚したのです〜!!!
プリはお休みする事になりました。


午後Leeを学校に迎えにいくと、
Leeが「足に赤いぷつぷつがあるの〜」と言う!!



あ〜これで、私たち、1週間、家に缶詰が決定!!!
そのまま、スクールホリデーに突入。


はてさて、この先どうなる事やら。。。


私は自然療法やホメオパシーに傾倒しているので、
はっきり言って、予防接種というものに、かなり不信感を抱いています。
できれば、受けさせたくないのですが、プリや学校に入る際に、必ず予防接種のレコードの提出を義務づけるので、しかたなく、受けさせています。

ここ数年は、ホメオパシーのレメディ、薬害の排出で「スーヤ(Thuja)」を接種後に取らせています。(ホメオパスの処方でした)

一般的には「Nux-v」毒の解毒、「Sulph」毒の排泄、「Sil」毒や異物の押し出し、がすすめられるようです。

LeeもKarもChiken poxの予防接種を18ヶ月の時に受けています。
Karの時にはThujaで流してしまいました。Leeの時にはまだホメオパシーをよく知りませんでした。
(JoyはまだChiken poxの予防接種は受けていなくて、今は発症していません)


我が家のGPからは、発症してから7日間は、他の子供、妊婦、がん患者に接触しない様に、自宅にいてください。薬はいらないし、ただ安静にしていればいい。かゆみを和らげるための「カーマインローション」を塗ってあげてください。という指示でした。
(ナチュラパスに代替え品を聞いたら「カレンデュラクリーム」と言っていました)

水ぼうそうって、これだけの事なのに、なんで、予防接種がいるんでしょうね。本当に疑問です。

今日はネットでいろいろ検索してみました。

子供がかかる病気について参考になるブログがありました。

ホメオパスや自然療法士、ホリスティック医療を実践する多くは
子どもが小児病に罹ることは
病を克服する過程で親から引き継いだ毒素や
体内に宿した毒素を押し出すための
健全な免疫機能を確立するのに必要なプロセスであるいいます。


そのブログの水ぼうそうのページ


LeeとKarが、小さいうちに、しかも同時に!かかったことに、私は大喜びをしております。(時間差が一番困るんです。長引いて私が大変だから!)

今Joyにも、マイルドにうつるように、天使にお願いをしています。
潜伏期間を経て、2週間後に発症はやめてくださいませ。
おねがいします〜〜。


っということで、ちょっと、しばらくは、予定を全てキャンセルの状態です。
そしてスクールホリデー中の旅行もJoy次第で変更の可能性もあり!!!
子供が小さいうちは、なかなか予定通りにことは運ばないですね〜。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-03-25 22:15 | 我が家の最近

この歌を捧げます。

今日はインナーチャイルドについて続きを書こうと思っていたのですが、


ただいま猛烈反省中。


久しぶりにやってしまいました。



昨日は友達夫婦がうちに来て一緒にDinnerをしていたのですが。。。



あ〜ん。また飲み過ぎて、記憶がない。



ただいま二日酔い。




子供たちも一緒に相当遅くまで起きてたようだ。



Leeを起こしたら、眠いと泣くので、今また寝かしてあげている。


3人とも爆睡中。


今日は学校遅刻。


旦那さんも、今日はお仕事お休みするとまだ寝ている。



こんなおとうさんと、おかあさんでごめんね。



「3杯以上飲まない」の約束を久しぶりにやぶってしまった。。。。






私の肝臓にこの歌を捧げます。






こんなアホな私ですが、今日はとってもとってもとっても嬉しい日。


魂の家族。大切な友達。彼女の結納、入籍の日。


ここシドニーから、心からの祝福を。。。





kokiaさんというアーティスト、数日前に知りました。天使の歌声ですね。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-03-22 07:16 | 我が家の最近

変われるかな???

私のところにも「変容」のチャンスがやってまいりました。

何だと思いますか?



そう


私の中の


「インナーチャイルド」の存在にたどり着いたのです!!!



実は去年の8月にのぶちゃまから霊氣1を受けました。
それ以来、ず〜っと探索していました。

セッション中、のぶちゃまから、悲しい子供だったときの私を感じる。

と言われたのですが、皆目検討つかない!
ぜんぜんピンと来なくて、その日は過去生からのアプローチで時間切れとなりました。
4時間もかかったのに!!!(何も感じない、見えてこなかったのですぅ。。)



それから7ヶ月。



こんなに、平々凡々で育って、人に語れるような、たいそうな話もない私の人生に、トラウマとかインナーチャイルドってあるのかな?

っていうか、こんなに今幸せなんだから、もしかして私にはそんなものはないのかもしれない!

なんて単純に考えていたのです。。。


(今になると、なんと浅はかな私。と自覚しております^^)



そんな私に、続きをやりましょう。。。とのぶちゃまの方からお誘いが。


のぶちゃまの温かい心に感動しながらも、出てこなかったらどうしようと言う躊躇の気持ちもありました。


でも、のぶちゃまの、確信は揺るぎがないようだ。



っということで決行してみました。






仰々しい、華々しい、っていったら、変か、

とにかく、聞いた誰からもそれは可哀想だと同情してもらえるというような、たいそうな話はなくても、


あなたの中にも、わたしのなかにも、インナーチャイルドがあるということがよくわかりました。




10分が過ぎてしまったので、今日はこの辺で。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-03-21 07:55 | スピリッチュアルに!