<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

季節のご挨拶


今年も大変お世話になりました。

こんな、ひとりごとブログにおつきあいいただいた皆様、ありがとうございました。


新しい世界が、光速で、広がって行くのを感じております。

みんな繋がっている...

そんな実感が深まる毎日です。

ワクワク感がとまらないです。


世の中の変容は始まっている!

意識革命のBIG WAVE はそこまで来ている!!

そのWAVEをしっかり見つめて、捉えて、乗りましょう!!!

b0113192_6465099.jpg

みんな見えない翼をもっている ♪




☆☆☆みなさまの2010年が、光り輝く、素敵な年になりますように ☆☆☆

よいお年をお迎えください。


心からの愛と感謝をこめて...

simcircle 

[PR]
by simplicity_circle | 2009-12-24 06:54 | スピリッチュアルに!

原発事故と平井憲夫さんの遺言


私はその内部被曝を百回以上もして、癌になってしまいました。癌の宣告を受けたとき、本当に死ぬのが怖くて怖くてどうしようかと考えました。

でも、私の母が何時も言っていたのですが、「死ぬより大きいことはないよ」と。

じゃ死ぬ前になにかやろうと。原発のことで、私が知っていることをすべて明るみに出そうと思ったのです。



「原発がどんなものか知ってほしい」
「アヒンサー・地震と原発」(95年5月発行)に掲載



「平井憲夫さん」 1997年1月逝去。

1級プラント配管技能士、原発事故調査国民会議顧問、原発被曝労働者救済センター代表、北陸電力能登(現・志賀)原発差し止め裁判原告特別補佐人、東北電力女川原発差し止め裁判原告特別補佐人、福島第2原発3号機運転差し止め訴訟原告証人。




オーストラリアには原発がありません。
日本はあんな狭い国土に54基です。その内43基が運転中。(2009年12月18日現)
電力量の約30%を担っているそうです。(2004年現)



私はすべての人が幸せに、地球上で自然と共生する暮らしを夢見ています。



そのための「真実」を探究しています。

それ以外の理由はありません。



私は死を間近に迎え、恐れに打ち勝った人の真実の訴えを信じます。



『アーロン・ルッソ(Aaron Russo)監督 インタビュー』
(2007年8月24日逝去)
[PR]
by simplicity_circle | 2009-12-20 07:34 | WAKE UP!

crystal children


この歌をご存知ですか?

海外在住の方で、私のように、日本テレビ事情 通でない方もいらっしゃると思いますので、紹介させてもらいます♪

「クリスタルチルドレン」youtube

NHKみんなのうた
作詞 めけて と にせん
作曲 めけて
編曲 めけと と みみ


戦わなくっていいんだよ
好きになっちゃえばいいんだよ

顔も知らない同士 敵も味方もないでしょ?

仕返しなんていらないよ
誰も嬉しくならないよ

スッキリするのは一瞬だけ

見上げれば 遥か雲の向こうで
太陽は いつも何でも見ている


BRAVE!
憎しみも涙に代えて
許せる勇気もって生まれてきたんだ

LOVE!
この地球を光で満たす
心の愛を持って生まれたんだ
CRYSTAL CHILDREN(クリスタルチルドレン)


淋しくなんかないんだよ
人は誰でも独りだよ
だから色んな人の ステキが見えるんでしょう?

恐怖がらなくっていいんだよ
みんな同じ人間だよ
傷つき 傷つけ 泣き 笑い

見上げれば 広い空のどこかで
月はいっつも 何でも知っている


BRAVE!
怒りさえ歯をくいしばり
飲み込む勇気持って生まれて来たんだ

LOVE!
この地球を光で包む
祈りの愛を持って生まれたんだ
CRYSTAL CHILDREN(クリスタルチルドレン)


生まれて 生きて いつかは死んでゆく
奇跡起こす命 輝け!!


BRAVE!
憎しみも涙に変えて
許せる勇気持って生まれてきたんだ

LOVE!
この地球を光で満たす
心の愛を持って生まれたんだ


CRYSTAL CHILDREN(クリスタルチルドレン) BRAVE!
怒りさえ歯をくいしばり
飲み込む勇気持って生まれて来たんだ

LOVE!
この地球を光で包む
祈りの愛を持って生まれたんだ
CRYSTAL CHILDREN(クリスタルチルドレン)




どうですか? はじめて見た方、びっくりしました!?



私は、たまたま、2008年の5月に日本へ里帰りしていて、突然テレビから流れ出したこの曲に、びっくり仰天してしまいました。(クリスタルチルドレン!?イルカ!?宇宙!?そして、このメッセージ...こんなにベタにスピ界のメッセージを公共の番組で...まぁわかる人にしかわからないとは思うけど...)

「日本ってすごい国だね~(涙)(涙)」
「こんな歌をテレビ(メディア)が流してるなんて~(涙)(涙)(涙)」

訳の分からない私の涙に母はあっけにとられていました。



子供たちって、本当に、優しいんですよね。。。

こんなに、いたらない母親の私を、全身で愛してくれて、許してくれる。

「ごめん、今のはママが悪かったね。」 謝ることがなんと多いことか。。


「水は答えを知っている」にありました。「しなさい」という命令形では奇麗な結晶はできないそうです。命令はよくない。と本を読んで感動してLeeにも言ってありました。

「もう、ここ片付けてよ!!!」 怒る私。
...Leeの視線 ...
「片付けしようね〜」

こんなことの繰り返し。。。

こんな器の小さな私ですが、子供の心を大切にしてあげたいという気持ちは、強く持っております。

私はひとりひとりの大人に、自分の子供はもちろん、他人の子供も、地域社会、世界全体で大切に守って育ててあげるという意識が求められていると感じていました。以前の日記でも熱く語っていますね。

でもみぽさんの話を読んで、子供はもちろんのこと、大人の中のインナーチャイルドを癒してあげることの大事さについて、気づかされました。どんなに幸せに育ったとしても、小さな繊細な心は傷を負っているものですからね。。。まずは、大人のインナーチャイルドを助けてあげることも大事なんだ。そうでないと子供を守るのも簡単ではないし、世界を変えるのは難しいのかなって。

っということからも、人々はいいかげん物質ばかりを追いかけることはやめて、内面を省みる、精神の世界を探究する時が来ていると感じます。


そして、そんな時代に生まれてきたこの子たちは...


憎しみも涙に代えて
許せる勇気もって生まれてきたんだ

怒りさえ歯をくいしばり
飲み込む勇気持って生まれて来たんだ

この地球を光で満たす
心の愛を持って生まれたんだ

この地球を光で包む
祈りの愛を持って生まれたんだ



ほんと、この言葉に涙が出てしまいます。。。


そういえば、きくちゆみさんのこの日記を読んでいた頃、
「クリスタルチルドレン」ぜひ英語訳で世界に広めて欲しい~と思っていました。
ゆかりさんとふたりでそんな話をされていた様子が書かれています。

あっまた涙が出てしまいます。。。


最近、泣いてばかりです。
[PR]
by simplicity_circle | 2009-12-19 08:38 | スピリッチュアルに!

シドニー スピッリチュアルな集い ♪



先週はすてきなクリスマス会に参加できる機会に恵まれました。


シドニーは(きっといろんなところでも!)
素敵な輪が広がっていると感じています。

ここ数年、こんな事言ったら、「怪しい人」って引いちゃうかな。。。
あっ、引いちゃった。。。 いいやブログで書こう。。。ひとりごと、ひとりごと。

こんな心配をしないで、思う存分話すことができる人たちと出会いたい!っと強く願っておりました。

そんな願いが叶って、現実の世界で、たくさんの素敵な人たちと対面する事ができました。


エハンさんの「地球巡礼者」の講演会&上映会を主催されている、yuriyaさんにもお会いする事ができました!!っというか、エハンさんの事をブログに書いたおかげで、yuriyaさんと繋がる事ができて、そのおかげで、こんな機会に恵まれる事ができたのです。ありがとうございました!!想像通り、大人な落ち着いた魂を感じる方で、行動力と愛に溢れた素敵な方でした。


そして、そのエハンさんの事をブログに書くようにすすめてくれた、シンクロで繋がる事ができた、みぽさん、お会いできて本当に嬉しかったです。 芯がしっかり定まって、落ち着いていて、温かい包み込むような愛に溢れる方でした。出会いに感謝です。そしてまたお会いできるのが本当に楽しみです!!


そして、みぽさんを紹介してくださった、のぶちゃまもゲストでいらっしゃっていて、いつもの温かいのぶちゃんパワーを炸裂されておりました。最後のプレゼントでの指名には、ただならぬ力を感じました。すごいです。Yさんのびわには仰天いたしました。私にも、みょうがの苗。すごかったです。(みょうがなら、鉢植えでもOKと聞いて欲しい!と願ったら、突然回ってきました。)(でも今びっくりして茶色くなってます。がんばって愛を送ります!!)



なんか繋がっています。いくつもの他の繋がりもありました。



本当に、たくさんの、たくさんの素敵な波動を持った方達が集まっていて、



なんていうか、私のたましいは、お尻が青い!器が違う!なんて事を改めて実感いたしました。



だからこういう素敵な波動を持った方達の影響を受けて、少しでも成長したい!と、また決意を新たにいたしました。


他にも知り合いになりたい!と願っていた方との出会いもあって、感激してしまいました。



蒔いた種がどんな風に育つか、本当にたのしみです。


これからよろしくお願いします!!!
[PR]
by simplicity_circle | 2009-12-18 16:44 | スピリッチュアルに!

地球上の変化!?

今朝、目が覚める瞬間、夢の中の私は、

メジロダコがココナッツの殻を大事に持って、二本の脚で「走る」映像を見ていました。

「これから、こんな姿があちらこちらで観察されるようになるよ、これがアセンションの流れだよ」

こんな、男の人の声が頭の中をリフレインしていて、目が覚めた後も、しばらく夢か現実かわからないくらい、はっきりした声でした。

最近、BBQでベイビーオクトパスを食べて、なんかグロテスク、宇宙人みたい。。。
現在の地球には、猿型の進化した人間がいるように、宇宙には、タコ型!?の進化した高等生物がいてもおかしくないよな。
そういう宇宙人が、このタコを食べている私を見て、悲鳴をあげるかな??
まっその宇宙人が猿を食べてたら、私も悲鳴をあげるな。

なんて荒唐無稽な事を考えていました。

そのせいか、『軟体動物のハイレベルな知性:道具を使うタコ(動画)』
このニュースがいやに印象に残ってこんな夢を見たのかもしれません。

そして、2ヶ月くらい前に読んだこんな文章を思い出して、
妙にこの男の人のメッセージに納得していました。

動物たちについて話しましょう。彼らは魂の家族での自分たちの場所を知っています。間近に迫ったこの激動の日々にあって、その変化は人類よりも動物の方がより顕著でしょう。
あなたたちのインターネット上では、ある”補食”動物たちが、いつもなら”餌食”になるはずの動物たちと仲良くなっている写真や映像が流れています・・
なかにはそれらの異種動物どうしで守ったり、子育てする例すらあるのです・・
さらには、”どう猛な”動物がおとなしくなって人間たちと仲良くなっているケースもあります。
これらの動物たちは地球に広まっているより高くなった波動に反応して、その性格がより穏やかになっているのです。



そして、まだ子供たちが寝ている間にと、寝ぼけた頭で、PCをひらいたら...


ふたつのメールにびっくり!!
あまりのタイミングに、笑ってしまいました。

それと今、Joyが眠りこけていて、久しぶりに、PCの前に座る時間がもらえた!
これもものすごいプレゼント!なので、思わず、ブログに記録。



Mail #1 Bambi & Thumper

これはカナダのAlbertaの裏庭で撮られた写真、すごいでしょう!
バンビとタンパーは本当にいるのです!
b0113192_13308100.jpg


b0113192_13303529.jpg

b0113192_13315992.jpg

b0113192_1332198.jpg

b0113192_13451815.jpg

b0113192_133322.jpg

b0113192_822727.jpg

b0113192_83035.jpg








Mail #2 PORK CHOPS

カリフォルニアの動物園で、珍しい3つ子のトラが生まれました。
けれども早産で未熟児だったため、赤ちゃんは生後間もなく全部死んでしまったそうです。
その後、お母さんトラは、健康上はなんの問題もないのに、身体的に弱っていったそうです。

そこで、その動物園は何を決断したと思います??








そう、孤児のぶたちゃん達をトラの皮で包んで、
連れて行ったらこんなことが起こったのです!!!


b0113192_13564237.jpg

b0113192_13565914.jpg

b0113192_13572014.jpg

b0113192_13575416.jpg

(少し検索してみたら、実際はスリランカの動物園での写真みたいですね)


でもあり得ない種族の共生ですよね!!


なんか地球の波動が本当にあがっているという事が、わかる人にはわかるように、表にでているんですね。

う〜ん、もう、ワクワクがとまらない!!!


追記しました!

トラと人が仲良く戯れる絵

スピ界での一説によると、これからの世界は「ジャングル大帝レオ」みたいな世界になるなんて聞いた事がありました。波動があがると、生きるために殺生する必要がなくなるので、共存、共生が可能になるとか。絵空事のような話でしたが....




[PR]
by simplicity_circle | 2009-12-17 14:25 | スピリッチュアルに!

michael jackson

最近、書きたい事が山のようにあります。
書きたいと思った時に書けないことが殆どで、次から次へとまた他の興味のあるトピックがやってきて、全然追いつきませ〜ん。
(でも、それも上の方からの計らいかもしれませんねぇ。。。まだまだだよって)

この間からガイア理論について書きたいのですが、気があちらこちらに移って、なかなかたどり着きません^^;

今日は「ただいまっ♪」の みほりんさんのマイケル・ジャクソン『This is it』の日記の中で紹介されていた、2001年のマイケルの「オックスフォード大学での講演」を読んで、胸が熱くなっています。

彼の本当の心、彼という人間、大きな愛、大きな使命にふれて、涙が出ました。。。

『 This is it 』私もずっと見たいと思っているのですが、なかなかチャンスがなくて、
DVDでとあきらめていましたが、やっぱり見に行きたいな。。。

あのスピーチを読んで、彼がなんでマスコミによって、あんなにも執拗にバッシングされていたか理解ができました。
俄然、あたくぴの勝手な見解を書いてみたくなりました。
人によって、捉え方が違うと思います。
いつもの事かもしれませんが、まっひとりごとです。



KING OF POPは、70年代、80年代、90年代を駆け抜け、
2000年を迎えても、音楽性は衰える事を知らず、
完成度は更にあがっていたと専門家は評します。

それなのに、何故か、ゴシップ、訴訟問題、レコード会社との軋轢。
マイケルを取り囲む状況は、その音楽活動を阻害する条件ばかり。

私自身は、マイケルの歌は好きですが、特別なファンではありませんでした。

でもずっとかわいそう。。。という気持ちを持って、ゴッシップをみてきました。

あの有名な2005年のマイケル・ジャクソン裁判の発端となった、BBCの番組を放映時に見ていました。あのマイケルの横に寄り添う男の子..見た瞬間に「この子目が怪しい。信用できない」とTVを見ながら旦那に言っていました。

だからその後マイケルが訴えられた時、絶対マイケルは白だよ!と私は一人息巻いていました。

私は自分の直感を信頼しています。




さて、彼が亡くなった後、あちらこちらで、彼の記事を目にするようになりました。

そして思いいたりました。


90年代前半から、更にメッセージ性の強い音楽を打ち出して行ったマイケル。
慈善活動にも力を入れていました。

Wikipediaでチェックするとよくわかります。
それと同時に音楽活動への障害があらゆる方面からおきています。


この事実は、私にとっては、火を見るより、あきらかです。


マイケルの歌・マイケルの活動はあまりにも 広い世界の人々の「心」に影響力があります。

こんなメッセージや活動がまともに、他の低俗なポップミュージックと同じように、
垂れ流しで、世界のお茶の間に届いてしまったら、

人類が「愛」に目覚めてしまう。。。
人類が「許し」の心を持ってしまう。。。。

大変、困る人たちがいます。


戦争や紛争や人種差別、様々な、社会にある闇を、自分たちのために、利用している人たちです。

人々の心がすさんで、家庭や社会の人間関係も崩壊しつつある、現代社会のあり方が都合のいい人たちです。



彼らににとって、これほど邪魔な存在はありません。
マイケルの存在は脅威だったと思います。
だから背後からいろんな圧力を使って、マイケルの音楽活動をつぶしてきたのだな。っと。

彼のビデオクリップをみると、今になって、
彼がどんな勇気の持ち主だったか、
強い心を持って、背後の勢力と戦っていたか、
痛いほど、伝わってきます。

彼の死の真相は私には、わかりません。でも彼の音楽活動が90年代前半から、意図的に阻害されてきたと感じています。

でも、なんか、反戦運動をしていた、ジョン・レノンの事が頭をよぎります。。。。



マイケルの 95年リリースの アルバム『HIStory』

人種差別や環境破壊、民族紛争、個人に対する中傷、裏での金のやりとりなど、人間の負の面を積極的に批判した新曲が多く含まれています。


また、911の直後にいち早く立ち上がったのは、マイケルだったんですってね。
私この歌の存在、知りませんでした。



何故、こんなすばらしい歌が当時リリースできなかったんでしょうね。。 
私には意図を感じます。


そういえば、こんな記事があった事を思い出しました。

911直後の新聞の記事で、あらゆるラジオ局に、ジョンレノンの“イマジン”のリクエストが殺到する中、メディアの間では、放送するなという規制がかかっていて、その規制を無視して“イマジン”を流していた番組か、DJが降板か何か、おとがめを受けて、抗議する!みたいな小さなニュースがありました。(すいません8年も前でうろ覚えです)

で、当時の一連のメディア規制は、自主規制だったってことになっているようですが、実際は、いつでもメディアに本当の言論の自由などなく、人々の思考を扇動する役目を果たしているだけに過ぎないと感じています。

確か田中宇さん発信の国際ニュースだっと思いますが、 当時のアメリカのファシズムのような動きをリアルタイムに発信されていました。


今日は、マイケルの「オックスフォード大学でのスピーチ」を読んで、こんな思いに核心を持ったのでありました。


あげたら切りがありませんが、
彼の歌のメッセージは本当に、天からのメッセージですね。













マイケル、あなたの「大きな愛」と「魂の叫び」に涙が止まりません。



あなたの意思は確実に人々の心に引き継がれています。




マイケル、ありがとう。
[PR]
by simplicity_circle | 2009-12-11 04:36 | WAKE UP!

「ミミズコンポストで生ゴミ処理」

EMが生ゴミから堆肥を作るのが目的だったとしたら...


ミミズコンポストは、みみずに食べてもらって、生ゴミを処理、なくすのが目的です。
しかもその糞が肥料となる、おまけつきです。


ゴミを減らすというのが目的だとしたら、ミミズファームがいいのかな??
と現在の私は考えています。

ただミミズコンポストとは、生き物を飼うという事で、
ちっともかわいくないけど、ペットを飼うような緊張感があります。

来年から、ぼちぼち始めてみようかな...と考えております。


なぜ、こんなに消極的なのかというと、一度失敗して、
ミミズくん達を全滅させてしまっているのです。。。。


え〜〜ん! ごめんよぉ〜〜。


理由は。。。


EM生ゴミ堆肥ができあがって、さて、どうしたものかと、考えあぐねている時に、
旦那さんが、英語のソースで「うちのミミズはボカシで作った堆肥も全部食べてくれる!」というものをみつけたのです。

もし、ミミズがEMで作った、まだ半熟の堆肥を食べてくれるのなら、こんなおいしい話はない。
大量にあるオレンジやレモンの皮もタマネギの皮も全部処理できる!!!


早速ミミズファーム用の容器と、ミミズを買ってきました。
(庭の土の上に直接置くタイプではなく、ベランダでもできるミミズファーム)
b0113192_12363954.jpg


ココナッツの皮で寝床を作ります。
b0113192_1238333.jpg

b0113192_12374350.jpg
 
b0113192_12394167.jpg

b0113192_12401232.jpg

b0113192_12404851.jpg

b0113192_12413828.jpg

こんな風に、ミミズくんのお家をせっせと整えて、湿った新聞でカバーしました。

そして、2日後に、
ざざ〜んと、酸っぱい匂いのする、EM生ゴミ半熟堆肥をいれました。


結論


ミミズくん達は酸素が大好きです。

「嫌気性の EM生ゴミ」と「好気性の みみず」は、相容れません。


発酵した、生ゴミに、ミミズ君たちびっくりして逃げ出して、ひからびてしまいました。


そもそも、ミミズ君たちが慣れるまで、量も少しづつ、様子を見ながらでないといけないそうです。
始めっから、生ゴミを全部処理しようなんて欲張ってはだめですね。

ミミズくん達だって、生き物だから、デリケートなんですね。
ペットを飼うような覚悟が必要かなと。


でもミミズ君たちが、すっかりミミズファームのお家に順応して、着実にファミリーを増やしていったら、きっとそんなに細かい事を気にしなくてもいいのかもしれませんね。


またそのうち、ボチボチ始めてみようかと思っています。
成功したら発表しますね。いつになるやら(^^;)
[PR]
by simplicity_circle | 2009-12-10 12:54 | 自然に還ろう!

「 EM生ゴミ堆肥 」

我が家はベランダしかないので、コンポストをするのも、ちょっと制限が多いです。
(やってみて、気がつきました。)

生ゴミの処理には、2種類の選択がありました。


1.EM菌(ぼかし)を使って、生ゴミを堆肥に!

2.ミミズを飼って、生ゴミを食べてもらって、ゴミ処理! + ミミズの糞を肥料に!



ここで、いきなり「 EM生ゴミ堆肥 」の結論!

1.「EM生ゴミ堆肥」の利点は、基本的に何でも入れられます。

ミミズは食べない、柑橘類、タマネギ系も、OK
人間が食べられるものならOK、卵の殻や貝殻だってOKです。

ですが...

バケツの中で熟成させた生ゴミを、土に埋めて、更に一定期間、完熟させる場所が必要です。
庭が必要です。生ゴミは結構出るので、本気で処理しようと思うと、結構場所が必要になります。
ベランダにトロ箱(大きな箱)を置くだけでは、全然、出る生ゴミの量に追いつきません。

ある程度の庭(土)があればらくにできると思います。

バケツの蓋が閉まっていたら、臭いはしません。キッチンに置けます。
ただ、中は結構、発酵臭がします。生ゴミがいっぱいになって、バケツから掻き出した後は、外で簡単にバケツを洗う場所が欲しいです。


埋める庭があるのなら、ただ掘って埋めるだけよりも、EM菌で一度発酵させてあれば、分解が早いという利点があるのだと思います。(これはあくまでも理論的にです。。。何しろ実践できていないので、私の場合、理論だけです)


バケツがいっぱいになった後、1週間から10日間ほど、糸状菌(白い菌)が発生するように、バケツの中で密封状態で熟成期間が必要です。
その間、新しい生ゴミを入れる、ローテーション用の他のバケツが必要です。
本気で生ゴミを処理しようと思ったら、バケツは2つは必要だなぁ。という感想です。



さて、EMとは何??? という方はこちら → EM研究機構

EM菌が入った、EMボカシを使った、生ゴミ堆肥の作り方はこちら → 参考1参考2



「EM生ゴミ堆肥」を作るために、我が家は専用バケツとボカシを買ってきました。
b0113192_1823036.jpg
b0113192_18241677.jpg
















ポイント!

*腐ったものはだめです。(でも野菜、すぐかびるんですよね〜、時々緑色のカビがはじまった物も入れてしまいます。だめだと思うんですけど、白い菌、糸状菌は出てきます〜。)

*水分は腐敗しやすいので、できるだけ水気を切っていれる。

*あらかじめ、ある程度小さく切っておいた方が発酵が進みやすいようです。(でも、はっきりいってそんな時間はないです)

*EM菌は酸素が嫌いです(嫌気性)。ビニールで中蓋をした方がいいです。(私はビニールの上からぎゅーっと手で押して空気を抜いています)

*しばらくふたをしたまま熟成させると、白い菌(糸状菌)がでます。これがいいのです。腐敗ではなくて、発酵が進んでいる証拠です。。

*下に溜まった液が、なんとも言えない、甘酸っぱい、カブトムシの餌のような!?匂いがしていたら、成功です。発酵臭。

*液を薄めて、肥料として使ったり、排気口に流して使ったりできます。



結構ここまでは、簡単にできました。
ただ、うちのユニットには、その後の完熟させる場所がなく、結局、お友達の家の庭に埋めさせてもらう事になっています。。。




ポイント! つづき

生ゴミ堆肥を埋める時、草木の根っこには、触らないように気をつけてください。根腐れしてしまうようです。

完熟してない堆肥は窒素飢餓を起こさせます。土壌の微生物に余計な仕事をさせてしまうようです。 
(肥料のつもりで、枯らしてしまっては、本末転倒なので。。。)

生ゴミ堆肥と土をよく混ぜて、枯れ葉など炭素系のもの一緒に埋めて、一度しっかり分解させてから、使用した方がいいと思います。




もううひとつのつぶやき。

くどいのですが、自然農を目指しているのですから、EM菌に頼るのも、なんかなぁ〜という気持ちもあって、米ぬかだけで試してみたのですが、やっぱり糸状菌は簡単には発生してくれませんでした。蜜を入れたらいいかもしれませんが、EMぼかしを買った方が確実で簡単です。

近くの森の落ち葉の中にある、土着菌を採取して、それを使うのが一番自然の摂理に沿ってるかな〜なんて、ひとり考えたりしております。




さて、次は我が家のミミズファーム、ただし、ただいま挫折中。。。
[PR]
by simplicity_circle | 2009-12-08 18:50 | 自然に還ろう!

コンポストについて! 

のぶちゃまのゴミ削減チャレンジに触発されて、コンポストについてちょっと書いてみます。


自然農法を夢見る毎日、まずベランダの鉢のための土作り!!

生ゴミをコンポストにすれば、土ができるかな!?

ゴミを減らす事は、環境にいいし、一石二鳥♪


こんな軽いのりで、コンポストについて調べるけれども、どうも今一ピンとこない。
お店に行くけど、Bunnigs(ホームセンター系のお店)の店員もよく説明してくれない。

そして、ここオーストラリアはなんでも高い!!!
「ミミズコンポスト」の容器もミミズも「EM生ゴミ堆肥」用のバケツもボカシも、高いのです〜!


それでも、覚悟を決めました!
よくわからないけど、始めてみようと..



っで、この決意、半年前。




ただいま、ながらく、挫折中。。。




今年の4月、ゆかりさんのお庭のコンポストを見せていただきました。

全然、臭いませんでした。
b0113192_11522799.jpg

b0113192_11543539.jpg




「生ゴミ」と「枯れ葉や雑草など(炭素系のもの)」を交互に、
ラザニアのように入れていくそうです。
b0113192_1144370.jpg


ミミズコンポストはうじが湧くなんてよく言いますが、

「うじ虫をわかせないためには、炭素源、窒素源、水分のバランスが大事 」なんだそうです。


話は少し飛びますが、


ゆかりさんのお庭は、多くのところが、
ピーナッツの葉やクローバー、それとサツマイモの葉で覆われていました。

雑草のように、グランドをカバーして土を守って、土壌を改善する役目があるからです。
これらの葉は、踏みつけて歩く事によって、さらに土壌を豊かにしていくそうです。

特にピーナッツは窒素を土壌に固定する 豆科(根粒菌がある)の植物ですので、
土壌改善に有益だそうです。

上の写真の緑の葉っぱ。雑草ではなく、ピーナッツの葉っぱでした。



コンポストについて習ってきた事は、これで全てです。
まだ庭がないので、また将来、ゆっくり習おうと思っていました。



一般的にコンポスト化に最適な 炭素/窒素比は 20〜30 と言われています。
炭素循環農法では 40 です。もっと炭素源が必要になります。

この辺りについては、実践経験のない、私にはまったくわかりません。。。
ゆかりさんの見解を聞いてみたいものです。

今となっては、叶わぬ夢ですが、ゆかりさん!もっともっと、お話ししたかったです。


コンポストって、窒素源(生ゴミ)の量に対して、かなりの炭素源が必要なんですよね〜。
やっぱり庭がないと、少し、ハードルが高いです。


それと、こういうのって、感覚なんですよね〜。
いくら、話を聞いても、説明を読んで、勉強しても、
感覚に勝るものはない。

ゆかりさんって、とっても、こういった感覚に優れた方だったんだと思います。
何故かというと、発酵食品も、上手でしたから。

お味噌、お醤油、ぬか漬け、ぶどう発酵水?いろんな発酵食品があって、食べさせていただきました。
納豆、ヨーグルト、バター(発酵じゃないか)なんでも、器用に作られます。



「発酵食品」を制したら、なんでもできるのかもしれませんね。

土作りも、コンポスト作りも。



なんといっても、微生物を扱う事が、すべての鍵なんだと思うのです。
腐敗ではなく、発酵。


微生物の働きを感覚で理解する事が、
すべての近道なのかもしれないと、思う今日この頃です。


だから、ゆかりさん、私にさりげなく、発酵食品を作る事をすすめてくれたのかもしれない。
ぬか漬けのヌカ床の作り方も教えてくれました。
ぶどうの発酵水?も教わりました。なのに、、なんだかよく思い出せないのです。。。



まずは、発酵食品を作ってみる!


どこかで、発酵食品の作り方、実演会、ないかな???
行ってみたい〜!!



あれ? 生ゴミコンポストについて書くつもりだったのに。。。
また「農」に話がいってしまいました。すぐマニアックに走ってしまいます。


コンポストについてもう少し、続けます。また次回に。
[PR]
by simplicity_circle | 2009-12-08 12:10 | 自然に還ろう!