<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

lettuce

b0113192_849218.jpg

オーストラリアで、この手の⇧レタスを買うと、

⇩こんな風に、根っこがついてきます。

この根っこの古い部分を こんな風に 切って、ちょっと洗って、お水につけておくと。。。

b0113192_8442764.jpgb0113192_8445915.jpg



















一週間くらいでこんな状態⇩になります。(右側の緑の方)

b0113192_8252857.jpg



これを植木鉢に移そうと思います。

どうなるかな?


実は去年もやっているのです。

葉っぱが立派に育つ前に、花が咲いて、種が飛んで、
周りにたくさん芽が出てきました。

そして、冬になってしまい、成長が止まってしまいました。


でも、冬の間、不思議とレタスの芽がずーっと残っていました。
この芽は今年の夏に大きく育つのでしょうか?



今年は毎日ちゃんと観察しようと思います。

これからどうなるのか?
b0113192_1723286.jpg



ー追記しましたー

写真右側の、一週間くらい水につけていたものは、鉢に移し替えたら、
すぐしおれて枯れてしまいました。
逆に、写真左側の根っこを切った直後にすぐ植えたレタスは元気よく育って、いくらか葉を摘んで食べる事もできました。今花がついたところです。(12月8日現在)

結論:すぐ植えた方がいいです。

[PR]
by simplicity_circle | 2009-09-27 09:03 | ACTION !

今朝のシドニー


b0113192_20442610.jpg

内陸 Broken Hill から 930km 旅してきた「 sandstorm 砂嵐 」

今朝の我が家 7:00 am



砂埃のにおいで 朝方 目を覚ましました。

日が昇っても、一面 オレンジ色のまま。

ちょっと異様でした。

シドニーの、昨日の夜は、雹と雨風の嵐。

(我が家のあたりは、ほんの少し雹が降っただけで、ほとんど雨が降りませんでしたが...)


大地からのメッセージ...

そんな気がして仕方がありません。


ちなみに昨日の朝 7:00 am。普通の日です。
b0113192_20533445.jpg



太陽の存在って 本当に 神様のようです...



  
[PR]
by simplicity_circle | 2009-09-23 20:58 | 我が家の最近

これはびっくり、おすすめ品

昨日の備蓄品の話のつづき。

使い捨て用品をできるだけ、減らすために...

b0113192_232587.jpg


これなんだかわかります???




mooncupっていうものなんですけど、

そうお月様カップ。生理用品なのです。

ようは、洗って、何度でも使える、タンポンなんです。


wiki参照「月経カップ」


今まで、布ナプキンを使っていたのですが、やっぱり、量が多い日は、布だけでは、もれちゃうんですよね。

からだ本来の自然の力をとりもどすと、ちゃんと、出血もコントロールできるって言うんですが、

これがなかなか、ぜんぜん、できないでいました。


そんな話をゆかりさんとしましたら、天然ゴムでできた、「keeper」という生理用品があると教えていただいたのです。

これがあれば、体内で、血液をしっかりキャッチするので、生理も早く終わるのよ。
布ナプキンは補助的に使うだけですむし、
すぐれものよ〜
と言う話で、

シドニーに帰ってきて、早速、オーダーしました。

でも、keeper はちょっと痛いという、レビューを読んで、
わたしは、シリコンの mooncup にしました。

直接、UKから取り寄せました。



ずっとブログで紹介したい!と思っていたのですが、

産後、まだ、本格的に、生理が再開していないのです。
 
だから、実際の、使い心地を報告できないのですが...




これは、環境にも、からだにも、いいと思うので、紹介させてもらいました。


なので、私は、生理用品は、備蓄する必要がありません。




追記

使用後の感想

これはいいです!生理中だという事を忘れてしまいそうです。
出し入れの、違和感に、始めは少し、びっくりしました。
でも、何て言いますか、経産婦なので、慣れたら、全然OKです。
布ナプキンのもれる心配に比べたら何でもないです。

カップがいっぱいになる前に、トイレにジャーッと流して、
トイレットペーパーでふいて、再使用するのですが、
外出先ではまだ、替える機会がなく、今のところ、まだちょっと抵抗があります。
家では、毎回水道で洗えるので、いつも家に帰ってきます。
まあこれは専業主婦ですからできる事ですね^^

とにかく、総評は Good! です。

[PR]
by simplicity_circle | 2009-09-18 23:35 | 自然に還ろう!

自給自足って

唐突ですが、今、わたしは、買い物に走ってます。

何の買い物だと思います?



「緊急 非常時 への備蓄」です。


備蓄しておきたいものって、その「非常時 度」によると思うんですが、

しばらくお店がしまって、何も買えない! とか
物価が 異常に 急上昇して、高くて買えない!

っと、こんな設定で考えてみました。



別に緊急事態が発生しようと、しまいと、どっちでちもいいんです。
買い込むものは、どうせ、使うものですから。

何がいちばんの目的かと言うと、

いまの、我が家の「現代物質文明社会への依存度」を測っているのです。

ここ数年、夢は「プチ自給自足」なんて言ってるくらいですから、
より「製品」にたよらない生活をめざしていました。

でも、現状は、買ってしまえば、ラクなものを、買って、使っています。

あまりに、理想にとらわれて、毎日の生活に足かせをつけてしまっては、長続きできないので。。

だけどね、将来、万が一、経済が混乱したり、資源が枯渇したとか、

根本的に生活を変えなければいけなくなったら、

いつでも、気持ちよく、手放せるように、心の準備だけはしています。



まず、食べ物

とりあえず、お米 、小麦粉、基本の調味料、乾物、味噌、梅干し、豆、缶詰、パスタ、ドライフルーツ 等をそろえました。


家庭菜園をもって、醤油、味噌、梅干し、豆腐、その他発酵食品を自分で作れるようになったら、生きていく、最低限の、自給自足は、できるかも、なんて思いました。

それ以外の嗜好品は、なくても、生きていける。
逆にない方が、健康に生きていける。


次に、消耗品

使い捨て製品、トイレットペーパー、おむつ、おむつふき、ティッシュをそろえていますけど、これは極限、減らすべきですね。。。

布おむつがあるので、なくなったとしても大丈夫。でも、トイレットペーパーは欲しいです。。

基本的に、すべて布で、紙製品は少量を大事に使うというスタンスかな。


お風呂用品は、石けん と リンゴ酢 か レモン。
皿洗いも、石けん と アクリルたわし。 
洗濯も、石けん と 重曹。 それに、洗濯専花がある。
掃除も、石けん と 重曹 と お酢。  あれば、ユーカリやティツリーオイル。


まだまだ、煩悩だらけのわたし。

お肉も頂き、お酒も飲み、贅沢で不必要な食べ物もたくさん頂いています。
使い捨て製品も使って、ラクをしています。

そんな生活を捨てられずにいるのですが、

上に書いたことは、どれも、一応、練習 もしくは、実行 済み。

やっていける。


あとは、いろんな物を、手作りできるようになったら、

本当に、最低限の、自給自足は夢ではないかも。。。



こんな贅沢な世の中ではなくて、
本当に必要なものしか手に入らなくなる世界を
心のどこかで、望んでいるような気がします。
それは、人類のために、地球のために。。。
[PR]
by simplicity_circle | 2009-09-18 02:53 | 自然に還ろう!

ゼロからのスタート


by greenlifelabo


みっちーさんという、

ゆかりさんが最後のときを迎えたときの
富士エコパークビレッジ でのイベントをオーガナイズされていた方が 
その時の状況を日記で公開してくださっていました。

本当に ありがとうございました。
おつかれさまでした。

読んで つくづく 感じたのは、

やっぱり ゆかりさんは 大きな 大きな 使命(mission)を携えて
地球にやってこられて
その旅立ちの 時 場所 その方法
すべてが missionを最大限に遂行するためのものだったのだろう

っと。

いったい、ゆかりさんは、世界中にどれだけのバトンを残していかれたのでしょう?

なんていう、影響力なんでしょう。


この最後のバトンの渡し方があまりにも華麗で

ゆかりさんを慕う すべての人の心を繋げて 強くしています。


ご家族の方に託されたバトンが一番重く

悲しみ 辛さ 寂しさ どれだけの痛みをともなうでしょう


それでも、それだけの痛みを 乗り越えて 羽ばたいていく
強い魂の持ち主なんだと感じます



どんな形になるか 今の私では想像できませんが、
ゆっくり 同じ志を持った人と、つながっていきたいと願っています。




みっちーさんの日記の中で、

ゆかりさんがご主人とオーストラリアへ移住した直後の状況を知らせるお手紙を紹介してくださって、

大工仕事とガーデンつくりの毎日、現金収入をどう確保するかについての悩み、子供のこと、でもつながりの中で光明を見出しつつあって、大変だけど夢と理想に懸命にチャレンジする姿が綴られていた。そうです。


ゆかりさんだって、ゼロからのスタートだったんですよね。


「お庭がなくても、ベランダ菜園が一番の練習場所よ!」
っという、ゆかりさんの言葉を思い出しました。



勇気づけられました。

みっちーさんありがとうございました。
[PR]
by simplicity_circle | 2009-09-08 12:22

最後だとわかっていたなら


お友達の「一期一会」のことばでうかんだこの詩

言わずと知れた、有名な詩ですね。
(911の消防士の書いたという話は違いますが...)

Tomorrow Never Comes
by Norma Cornett Marek

公式HP http://www.sanctuarybooks.jp/saigodato/


『最後だとわかっていたなら』



作・ノーマ コーネット マレック 
訳・佐川 睦



あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら

わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう



あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして

そして また もう一度呼び寄せて 抱きしめただろう



あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら

わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても わかってくれていたかもしれないけれど

最後だとわかっていたなら
一言だけでもいい・・・

「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう




たしかに いつも 明日はやってくる

でも もしそれが わたしの勘違いで

今日で 全てが 終わるのだとしたら、


わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい



そして わたしたちは 忘れないようにしたい



若い人にも 年老いた人にも

明日は誰にも約束されていないのだということを

愛する人を抱きしめられるのは

今日が最後になるかもしれないことを



明日が来るのを待っているなら
 今日でもいいはず


もし明日が来ないとしたら


あなたは今日を後悔するだろうから



微笑みや 抱擁や キスをするための 

ほんのちょっとの時間をどうして惜しんだのか と

忙しさを理由に

その人の最後の願いとなってしまったことを

どうして してあげられなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちを 

しっかりと抱きしめよう

そして その人を愛していること

いつでも いつまでも大切な存在だということを
そっと伝えよう



「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を

伝える時を持とう


そうすれば もし明日が来ないとしても

あなたは今日を後悔しないだろうから







心に響く 悲しい 詩です

これ とてもむずかしい事です


でもね 未来なんて 本当に ないんです

未来と思っていても その時になったら

それは そのときの いま なんですから


いまここ に生きるだけ 

ただそれだけ

いま この瞬間を 一生懸命 生きる

ただそれだけ




だからね


みんな 愛してるよ ありがとう
[PR]
by simplicity_circle | 2009-09-08 10:45

のぶこちゃま

親愛なる わたしのもう一人のお師匠 のぶこちゃま

この場を借りて あらためて
お礼をさせてください

ありがとうございました

のぶちゃんが私とともにいてくれたこと
のぶちゃんのことば その存在に どれだけ救われたことでしょう



すべてがリアルタイムでおきたんです


8月17日の のぶちゃんのブログで こんなやりとりがありました。


環境を思うだけで、ぜんぜん、実がともなってないのです!!

という私に、

もぉ〜〜〜〜なにいってるのぉ〜〜@@@@

あなたのすてきなエネルギー発揮のときなのよ@@@

愛されて育った やさしいシムちゃんだからこそ

地球レンジャーとして出動するのよ@@@@ふっふっふっふ

たのしみだわ〜〜 霊気をたくさん 植物やこどもにつかってね@@@




すると その同じ日に ゆかりさんから 日本ツアーのお知らせが届いたのです。


偶然?


これも 天の計らいであろうと 受け取った私は

のぶちゃんに 背中を押された形で^^


4月にゆかりさんと会った後 ずっと考えて 実行していなかったこと

ゆかりさんに「シドニーでパーマカルチャーのセミナー」の依頼をすること

を実行したのです。


それにしても あのメッセージ ↑↑
のぶちゃんは 私が 何を考えていたかは 知らなかったんですよ...


ゆかりさんから 快諾のお返事を頂いてた後
うれしくって、一番にのぶちゃんに報告しました

(の)ま〜〜〜〜 すごい 鼻息がこちらまで ふいてきたわっ!!!
(私)この鼻息とめられませ〜〜ん!!

こんなやり取りの直後に「ゆかりさん急逝」の知らせが飛び込んで来たのです



ゆかりさんの死をどうやって納得したらいいのかわからない私は

のぶちゃんのことばに支えられました。


彼女の生き様を私たちが 伝えていくことができるよ。。。

彼女が遣り残したと 思う事があるなら それを 私たちがやればいいのさ。。

Simちゃんは ひとりじゃないのよ。。ここにも同じ生命体がいるんですから(笑)

いっしょに 彼女の分まで ここシドニーから はじめましょ!!!!

                   愛 感謝 見送り

                愛をこめて のぶちゃまより。。




わたしの たいせつな「霊性のお師匠さま」のぶこちゃま

これからもどうぞよろしくおねがいいたします。



たくさんの たくさんの 愛と感謝をこめて

simcircle


 
[PR]
by simplicity_circle | 2009-09-07 11:28 | スピリッチュアルに!

ヒマラヤ クリスタル ソルト ランプ

「Himalayan Crystal Salt Lamps」

というものが、ゆかりさんのお宅にありまして、「クリスタルソルトを暖める事によって、塩のミネラルが空気に溶け出して、体にもいいのよ」とおっしゃっていました。

我が家では、ヒマラヤソルトは、食べるのみでした。
b0113192_2211457.jpg


シドニーに帰って来てみると、あちらこちらで売っていて
早速、購入して、今では、我が家でも毎晩、使っています。
b0113192_22282100.jpg

琥珀(アンバー)色の穏やかで柔らかな明かり というんですけど、

お店で選ぶ時に ピンクが濃い方がミネラルが多いと思い
一番濃い色を買ったんですけどね...






b0113192_22284988.jpg

夜 つけると なんとも あやしげな ネオン色です。。。



今回、どうしていいのか、ちゃんと調べてみました。



お部屋の空気を自然に清浄します。

自然の マイナスイオン 発生 空気清浄機 って感じかな?

自然なマイナスイオンが空気中のほこりやアレルゲンを清浄します。


その仕組みは。。。


電球やキャンドルによって、低温で暖められることによって
塩が湿気を引き寄せ、表面上が湿ってきます。

それが、 空気中に過度にある有害なプラスイオンを結合してマイナスイオンにかえる原因です。

というのが、お部屋のマイナスイオンを作り出す仕組みだそうです。




ヒマラヤソルトランプだけでなく、いろんなヘルスグッズが、お店より安く買えるという
ゆかりさん お勧めの、オンライン ヘルスグッズショップも教えていただきました。

ということで、オーストラリア在住でヘルスグッズに興味のある方へ ご紹介しますね。

こちら↓


To Health By Choice
[PR]
by simplicity_circle | 2009-09-05 22:53

行動にうつす!

ゆかりさんを失って、気づいたことのひとつ。


「育児に追われて時間がない。。。」

は言い訳でした。

「時間は作るものです」


心の中からは、

「もう、あなたって、本当、口ばかりで、行動がともなってない!」
「語るより、行動!」

「思うだけよりも、言葉に!」でも「言葉だけよりも、行動に!」

とこんな声がいつも聞こえておりました。


でも私の自我はこう言います。

「そんな事言っても、3人の子供たちと家事で精一杯」
「寝不足で頭がぼーっとしてるし」
「頭の回転だって早くないんだから、思考もまとまらないよ」
「行動に起こす前に、まず勉強しなきゃ、今は勉強の時」
「でも記憶力が悪いから、読んでも忘れちゃうよ〜」


めざすは「ベランダで自然農法」
でも、どこから手をつけていいのかわからない。

「そのうち、本気になるぞ!」
「まず、ゆかりさんのパーマカルチャーのレクチャーを受けて それからね。。。」

ゆかりさんという存在に甘えていました。



それでも、最近ね、思いを綴るだけではなくて、行動に移そう!

っと、ゆかりさんに、シドニーでの講演を依頼したのです。

ブログには、「ACTION!」という新しいカテゴリを作りました。
その初めての記事が「デジャーデン・ゆかりさんからのお知らせ ♪」
だったのです。シドニー講演会を実現するために、自分へのプレッシャーのために書きました。

その後が「ゆかりさんの訃報のお知らせ」になってしまったのです。皮肉なものです。


今も悲しみでいっぱいです。

でも、ゆかりさんから頂いた種、無駄にはできません。
不器用ですが、大切に育てていきたいと思います。



そこでね「ゆかりさん亡き後、私が早速、決心して、始めている事」


何だと思いますか??






「ベランダの植木鉢に毎日お水をやる!」


いま「おいおい、そんな事すらしてなかったの?」とずっこけたあなた。

すばらしいです。あなたの実行度は私よりかなり高いところにあります。


こんな不器用な私にどうか教えてください。


昨日お友達からは、すてきなアドバイスを頂きました。

「ベランダとキッチンを10回くらい出たり入ったりするのに、JOYの後追いがひどくてね。。」
という悩みに、「長いホースを買って来て、キッチンにその時だけつないだら?」

○○ちゃん、思いやりにあふれて、ブログを書く事もいつも励ましてくれて、どうもありがとうね。○○ちゃんの存在に支えられています。



これだけの文章を書く間Joyをおんぶ。今、背中で寝てる。なんとかできそうだ。
しかし、Karはその間、何故か2回もうんち。今日何度目のうんちだ?
[PR]
by simplicity_circle | 2009-09-04 12:25 | ACTION !

ゆかりさんの遺志を伝える

ゆかりさんとお会いした時に 

自分自身で、ネットを通して情報を伝える、という活動はしていない。
そのために、割かれる時間によって、実際の活動が犠牲になってはいけないから。
著名な活動家の方達もそのジレンマに苦しんでる。

と控えめにおっしゃっておられました。

私は、そうですよね〜、大切なのは実際の活動で、それは人を先導できる方に限られますが、情報の拡散は他の人でもできますものね。

こんな凡人な私でもやりますよ! 
あっ、でも誰も読んでないブログしかないか。。あはは。
まっ、すでにたくさんのすばらしい方達がいろんな形で発信されていますもんね、
そのおかげで今ここにいます。

というような会話がありました。


でね、今さっき、デジャーデンゆかり公式ブログ+セカンドホームタウン構想というブログを見つけました。

本当に活動の幅が広く、なんて精力的な方だったのでしょう。。。

AuthorのGentaさんは「セカンドホームタウン構想」をゆかりさんとこれから一緒にもっともっと大きく育てていこうとしていた矢先だった、と察します。

残された私たちにできる事は、ゆかりさんが蒔いてくれた種を育てる事なんだなと感じます。


そこにゆかりさんのメッセージがありましたので、無断で転載させていただく、失礼をお許しください。



みんなで、地球人として生きていること、 ボーダレスに家族として繋がっていることを、 一緒にエンジョイしましょう!! 人生いろんなスパイスやカラーがあるほうが楽しいですから・・・ね!


デジャーデンゆかりからのメッセージ

『全ての生命体と手をつないで…』

自然の中で感動気づきを日々与えられながら自然に学びを受け、命授けられた者同士が和を結び輪と連なり、大きな宇宙という空間の中それぞれのエネルギーを分かち合いながら共に更なる命を育み創造していきます。

地上の 目に見える存在ばかりが中心になりがちな世の中ですが、目に見えない心で感じるしかない存在や、足元や土の下の数えきれないミクロとマクロの生命体の存在、これまで気付かなかった存在を受け入れ仲良くなるとあら不思議、そこには笑顔あふれる安心したエネルギーに満たされた現実の暮らしが待っていました。 宗教でも難しいことでも何でもありません。

森羅万象全てに、宇宙と繋がる生命が宿っていると感じます。
毎日のご飯の素材一つ一つ に、お風呂に入るという現象に、部屋の光・香り・温かさの中に、体や暮らしから排出される廃棄物にも洗剤などの日常消耗品にも、それら命はみんなこちらが 対話する準備ができるまで待ってくれています。

デジャーデンゆかり  (パーマカルチャリスト)




ゆかりさんを失って、心にぽっかり大きな穴があいています。
[PR]
by simplicity_circle | 2009-09-01 15:03