<   2009年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

光の時代だよ~~!

あたくし、陰謀論だけを読んでいると、

世の中にある、恐ろしい、憎らしい、企み総てに腹を立てて、

テレビに向かってひとり怒り、

青い空に残る飛行機雲を撒き散らす飛行機に

「何のためにそんなことをしてる~!!!!」

と鼻息が荒くなってしまうのですが...
(でもケムトレイル最近シドニーで見かける事はなくなりましたよ!)


高次元からのメッセージというもので、闇の存在を説明をしてくれる、
スピリッチュアルなメッセージを読むと、落ち着きます。


さて、またまた「玄のリモ農園ダイアリー」森田玄さんのところからの紹介です♪

マシュー君のメッセージって聞いたことある人いますか?

あたくぴ、いつも次のメッセージを楽しみに待っています。

世界の出来事、とりわけアメリカ、闇の勢力の謎を、スピリッチュアルな観点からくわし~く説明してくれます。

そしていつも希望にあふれているから好きです。


高次元からのメッセージというものを「まゆつばもの」で見る旦那さんにはお勧めできませんので、我が家の旦那さんと同じスタンスの方は読まないでね♪


**********************************************************


オバマ大統領就任直前、1月15日に起こった「ハドソン川、飛行機不時着」

まだ記憶に新しいですよね。

なんと!マシュー君によると..

これも闇の組織の策略だったのだそうです!!


まず乗客の中には彼らが排除したい人物がいたそうです。

そしてニューヨーク、飛行機、墜落事故といったように「911」と同じ演出にすることによって、あの時の恐怖を蘇らせるという目的。

そしてまたもや、テロの仕業だと主張して、アメリカをテロから守るオバマの政務能力に疑いを投げかけ、それによって楽観的ムードをネガティブなものに変えることが目的だったのだそうです!

ご存知の通り、全員無事で、「ハドソン川の奇跡」となりましたね。

ニュースではエンジンに鳥が入り込む「バードストライク」はしばしば起こるが、双発機の両エンジンが同時に止まってしまうのは異例。 と、ありました。

去年のアメリカ大統領予備選挙キャンペーン最中のバラク・オバマが乗ったチャーター機も不思議な緊急事態に陥りましたね。
これも玄さんのところで紹介されています。私もテレビでそのニュース見ました。


二つの事件が、もし反対の結果になっていたら...


USエアウェイズ機がニューヨークで墜落していたら...

NYの悲劇、テロへの恐怖、テロという名の元の戦争、再加熱です。

オバマ大統領や彼を支援する、平和を求める世界の人々にとっては大打撃です。


もし去年オバマ次期大統領候補の飛行機が墜落していたら...

国民に人気の、次期大統領候補、不慮の事故死です。


国民に人気で影響力のある人って、何故かその真っ只中で命が立たれるのですね。

何ででしょうね~。不思議ですね~。


この状態を喉から手が出るほど望んでいる人たちがいると思いません?

誰にとって都合がいいでしょうか??? 

平和と調和、平等というものを望まない人々。


闇の組織、ことごとく失敗!?

それともただの、偶然?



「光の時代です~!」

ちょっと興味を持った方、
玄さんの「マシュー君メッセージ」を読むにはラベルのマシューをクリックしてみてください。

たぁくさんのメッセージがありますよ。


ただね、あたくぴ個人的な意見としては、去年の10月のUFO出現に関するメッセージはちょっと違うかな。。と。宇宙人の存在っていうか、異次元の存在は信じているんですけど、そういう形で来る事は今はないと思うんです。

すべて自己の中に求めるべきです。

外から来る助けに依存するのではないと思うのです。

まずは自分。

ということで、ここまで読んじゃった、そこのあなた!


かなり、スピ好きとみました。


だめです、否定しても。



読んでくれて、ありがとうございました。。。
[PR]
by simplicity_circle | 2009-01-27 13:53 | スピリッチュアルに!

マハティール前マレーシア首相

あたくぴ、この方、いい印象を持っています。

歯に衣着せずに、思ったことを、バシッ!バシッ!発言する、
世界の中で非常に稀な政治家のひとりだからです。

大国でも、なんでも、恐れずに噛み付きます。

そして元外交官の天木直人さんの昨日のブログ
が、なるほど、おもしろかったので転載させてもらいます。

以下、天木直人さんのブログより転載です。 

本物かどうかわからない。
しかしいかにもマハティール前首相の書きそうな手紙である。
たとえ偽物であってもよく出来ている。


マハティール前マレーシア首相のオバマ大統領あて公開書簡

1月15日
  親愛なる大統領閣下

 私はマレーシア人ですから、先の大統領選挙ではあなたに投票できませんでした。

 しかし私は自分自身をあなたの有権者であると思っています。なぜならばあなたの言動は私や私の国に多大の影響を与えるからです。

 私はあなたの変革の約束を歓迎します。あなたの国である米国は間違いなく変革を必要としています。

 それは米国と米国人がいまや世界でもっとも嫌われるようになったからです。

 欧州人たちでさえあなたたちの傲慢さを嫌っています。

 しかしあなたたちは、かつてはまぎれもなく世界から称賛され、好かれていました。

 多くの国々を植民地支配と隷従から解放したからです。

 人びとは新年を迎えて決意を新たにする事を慣例としています。

 あなたも既に多くの立派な決意をされたことでしょう。

 もしお許しをいただけるならば、変革を求めてなされたあなたの多くの決意の中に、次の項目を付け加えるように提案させていただきたいと思います。

1.人々を殺す事を止めなさい。
米国は目的を達成するために人々を殺す事があまりにも好きです。
あなたはそれを戦争と呼ぶ。
しかし今日の戦争は職業軍人同士が互いに戦い、殺し合うものではありません。
それは、おびただしい数の無辜の市民を殺すことです。
そんな事をしていては世界が荒廃してしまいます。

2. 米国の資金と武力でイスラエルによる殺戮を無条件で支持する事を止めなさい。
ガザの人々を殺している戦闘機や爆弾は米国から供給されたものです。

3. 手向かう事ができないような国々に対して制裁を課す事は止めなさい。
イラクでは米国の制裁で50万人もの子供たちが薬や食糧の不足で死んでいきました。多くの子供たちが不倶者として生まれてきました。
そのような残虐さとひきかえに、あなたたちが手にしたものは一体何だったのでしょう。
犠牲者や良識ある人たちの憎しみでしかなかったのです。

4. より大量の人々を、より効率的に殺せるような新しい兵器を発明しないように科学者や研究者に命じなさい。

5. 軍需産業にこれ以上の武器をつくらないよう命じなさい。
世界に武器を販売する事を止めなさい。
あなたたちが手にする資金は血にまみれています。
それはキリスト教の教えに反します。

6. 世界の国々を民主化しようとする事を止めなさい。
民主主義は米国ではうまく機能するかも知れません。
しかし他の国々でも同じように機能するとは限りません。
民主主義でないからと言って彼らを殺してはいけません。
民主化の名の下に、米国は自らが転覆しようとする独裁政府よりも多くの人々を殺してきました。
しかもあなたの国が他国を民主化することなどは所詮できないのです。

7. 金融機関という名の賭博を廃止しなさい。
ヘッジファンドやデリバティブや為替取引を止めなさい。
銀行が、膨大な実体のない融資を行う事を、禁止しなさい。
銀行を制御し、監視しなさい。
制度を悪用して利益を手にした悪者を刑務所に入れなさい。

8. 京都議定書やその他の環境問題についての国際合意に署名しなさい。

9. 国際連合に敬意を払いなさい。
  
  私は、あなたが検討し、実施に移すべき「変革の決意」について、
他にもたくさん提案を持っています。
 
  しかしあなたは2009年中に達成すべき多くの決意を、既に固められて
いることでしょうから、これ以上申しあげません。

  もし、あなたが、私が提案した事のほんの一つか二つを実現する
ことができるなら、あなたは偉大な指導者として世界に末永く記憶されるでしょう。

  そしてその時は、米国は再び世界に尊敬される国になっている
ことでしょう。

  世界中の米国大使館から、高い防御塀や鉄条網がとり除かれる事でしょう。

  新年が素晴らしい年でありますよう、そしてあなたが偉大な大統領
になられんことを、祈念します。
                            敬具
                      マハティール モハマッド

[PR]
by simplicity_circle | 2009-01-22 13:53 | WAKE UP!

オバマ大統領

ついに誕生しましたね~!!

感無量です。


夜中3時に起きてきて、一生懸命見ましたよ。

でも、正直...

むずかしかった~~!!!  撃沈。。。

字幕つきで見てみたいものです。。。。

っということで、ありがたし、就任演説全文(和文)

いろんな人の意見を聞いて、自分の感覚が揺らぐ前に、感じたことを書いてみます。

注意:前回に引き続き、スピ&真相究明論的視点からの感想です。

彼は強く光り輝く魂の存在
それはこの未曾有の世界を正しい方向へ導く使命をもった魂
それだけの人格、実力、技量を兼ね備えた魂の持ち主
そしてその使命をしっかりと自覚して遂行している

このスピーチは、その要所要所で、背後の勢力への強い決別のメッセージが、がつ~ん、がつ~ん!!!と入っていました。

っと、あたくぴには感じられました。

真相究明論の中では、オバマ氏を疑問視する声もかなりあります。
オバマ大統領の新政権のブレーン達があまりにも、背後の勢力側の人ばかりなのと、アフガニスタン、イスラエル、ガザへのこれまでの対応、等...いろいろ。

あたくしとしては、こう思います。

背後の勢力の信頼を勝ち得なければ、大統領の座まで昇りあがる事は不可能だったでしょうし、まだその勢力に力があるのでしょう。

信念を貫いてこころざし半ばで暗殺された尊い人たちが歴史にいますね。

裏切られた!と思いたくなるような政策やコメントがあるのは仕方がないとあたくぴは思うのです。今の状況ではある程度ネゴシエイトしなければ...

実権を握ったこれからは、少しずつ、背後の勢力を排除していって、本当に彼が目指している方向へ向かっていくのではないかと思っています。

世界経済崩壊でそんな背後の勢力も断末魔を迎えているようです。

しかし、背後の勢力の存在と噂されている人たちがたくさんカメラに映っていましたね。歩く姿、車椅子に乗る姿、その表情に悲壮感が漂っていて哀れを感じたのはあたくしだけではないと思うのですが...

今までこれだけ世界中の人たちを苦しめてきた人たち...
この世で裁かれることがあっても、なくてもいいとさえ思うのです。
どうせあの世で地獄をみるのですから。

善の存在である魂は死後は当然善の存在に戻ります。
その状態で、人生において、自分の思いや行いによって、影響を与えた他人の思いや感覚もすべて自分の感覚として再体験するのです。

現世でよい行いが多ければ多いほど、当然、暖かい素敵な再体験になるでしょう。それを人は天国と表すのだと思います。

影響力が大きければ、その与えた影響も広範囲。

世界中の人の苦しみ、痛み、悲しみ、恐怖、余す所なく再体験するって...


生きているうちに、早く光の勢力に合流して、今までの悪い行いをすべて、終わりにして、富を世界中で分かち合う事で償いをしてもらいたいものです。
[PR]
by simplicity_circle | 2009-01-21 12:03 | スピリッチュアルに!

扉を開く

世の中不況ですね~。
暗いニュースに胸が痛くなります。

そんな時は、虹心、花心。
勝手に贈らせてもらってます。

でね、やっぱりこう思うんです。

今、困難の中にある人は、ラッキーな天からのありがたいメッセージ。
気づきなさ~い。本当に必要なものはなんですか~。
心眼をひらくチャンス到来だよ~!

さて、そんな他人事のように書いているあたくし...
心眼は開いているのでしょうか?
自分の身に起こったら、慌てふためいて、自分の状況を嘆いたり、哀れんだり、怒ったりするのでしょうか?

するかもしれませんね~。
だからこんな事を書いて自分を確認してます。

オーストラリアは季節がひっくり返っているせいか「風が吹けば桶屋が儲かる」の経済波及効果がいつも半年から1年遅く来ます。その逆もしかりです。

日本より遅く、ついにやってきそうです。大きな波が。

【キャンベラ19日AAP】アクセス・エコノミックスは、オーストラリア経済がかつて経験したことのない急激な経済の悪化の開始に向けて備えるように警告を発した。

 アクセス・エコノミックスの専門家は「かなり厳しい事態が我々を待ち受けている。状況は急激に悪化する。これは単なる不況ではない。オーストラリア経済がかつて経験したことのない急激な悪化となるだろう」と予想している。

慌てふためかないように、地に足をどぉーんとつけて乗りきるぞ!

そのために自給自足を夢見て、ブログを書くことによって心の準備だけはしてきたのですから!!


旦那さま! 本当に現実に起きてるでしょう!!

数年前から旦那さんにむかって、ひとり鼻息あらく主張していました...

大変な時代がくるのよ~。経済が破綻するのよ~。
だからこの現代社会にどっぷり依存しない生活をしようよ~。

何を根拠に...とため息まじりだった彼。

とはいえ、現代社会の行き詰まりは誰の目にも明らか。
地球温暖化やら天然資源の枯渇やら環境汚染...etc
経済が破綻しても、しなくても、環境を守る一つの方法になるのなら田舎生活もいいんじゃないというスタンスでした。

それでも私の主張にどうしてもクールに反応する彼。

その冷めた態度は、私の情報源がスピリッチュアル&陰謀論だったからです。

スピリッチュアルというものは、生まれ変わりとか、高次元の存在からメッセージとか、彼には限りなく怪しい世界と映るようです。
自分の感覚で体験しない限り、懐疑主義を貫くことでしょう。

陰謀論とは世の中のいろいろなことに、背後に何か意図を持って結託して世界をコントロールしている極少数の人々、組織がいる。

それらの事実はマスコミ、学問、政治、経済、科学、信じられないくらいあらゆる業界で統制されているので表に出てくる前につぶされています。だから一般の人は彼らにとって都合のいい情報だけを与えられて、マインドコントロールされている。というものです。

一昔前は陰謀論として片付けられてましたが、今は真相究明論です。

怪しい、根拠がない、マインドコントロール、カルト...と拒絶反応を起こす気持ちもわからないでもないです。確かに本当にそういう人たちもいますからね。

でも私達が信じている世界に疑問を持った時、
スピや真相究明論に真実を感じる答えがあったとしたら、
全てを否定することの方が極端だと思うのです。


*********************************************************

アメリカ発の世界経済危機が2007年頃から始まって激動の2008年2009年になる。
こんな噂がまことしやかにスピ系の間では囁かれておりました。

陰謀論の世界では成長しないと破綻してしまう経済システムやそれによって、莫大な富を築いている人たちが暴露されていました。世界経済の崩壊も予測していました。
このブログでも「Money As Debt」を紹介しました。

そんなおり、2007年の8月にサブプライムローン問題が発覚したのです!

おぉ~!もしや、スピ系のメッセージや陰謀論とよばれるものは、ほんものぉ~??

あたくし、興奮しました。

そして徐々に確信を深めてまいりました。

サブプライム後、世界経済の流れが激しく変動していることは、
いくら、スピや真相究明論を受け入れなくても、否定できないですよね。

うちの旦那さん、最近の毎日のニュースに、私の主張に対する冷めた態度が、
前とは少しばかり、変わってきています。

あなたも扉を開けてみますか? あたくし←ココでたくさん勉強させてもらいました。

*ちなみにあたくぴのスタンスは、その背後の存在の名前や、誰がいるという細かい事は、あまりにも闇が深く重視していません。糾弾することも目的ではありません。
ただ知るという事が、そのコントロール下から脱け出すために有効な手段だと思うのです。

どうせ消えていなくなる勢力です。
この世では必要な悪という役割を演じているだけですから...

知らない人には「驚愕の事実」が表のニュースに出てくる日も近いかもしれませんね。


オバマ大統領、もうまもなくですね。楽しみです。

056.gif056.gif056.gif056.gif056.gif
[PR]
by simplicity_circle | 2009-01-20 12:53 | WAKE UP!

シークレット・エージェント

またまた、「玄のリモ農園ダイアリー」からの紹介で~す。
いつもビビビッと心を打たれます♪

Youtube「Love Is The New Religion」英語版
これは、バックミュージックにしてもいいですよ!

玄さん日本語訳↓
愛は新しい宗教

いま世界に起きているのは戦争と暴力で
暗いことばかりのように見える

でも、それと同時に、穏やかに静かに、
見えない所で、ほかのことが起きている

内なる変革が起きつつある
より高い光に導かれている人たちがいる

それは沈黙の変革だ
内から外へ
下から上へ

自分の正体をそろそろ明かそう

私は、秘密の、隠れた世界作戦の
組み込みシークレットエージェントだ

スピリチュアルな陰謀がある
私たちには、この惑星のすべての国に潜伏組織がある

私たちのことはテレビでは見ないだろう
新聞にも出てこない
ラジオでも聞かない

かっこよいことはしない
ユニフォームもない
好き勝手なカッコで人種もスタイルもない

私たちのほとんどはこっそりと働いている
世界中のあるゆる国や文化で
隠れて静かに働いている
大きい町小さい町、山々や谷、農地や村々、部族や離れた島々で

通りですれ違っても気づかないだろう
私たちはこっそりやっているから
表には出てこないし
別にだれの手柄になっても関係ない
やることをやるだけだ

ときどき通りでお互いが分かるときがある
そんなときは黙ってうなずいて、誰も分からないようにそのまま行き過ぎる

日中は当たり前の仕事をしているふりをしているが
それは表向きのことで、本当の仕事が始まるのは夜だ

私たちのことを”心の軍隊”と呼ぶ人もいる
心のパワーで新しい世界をゆっくりと造ろうとしているんだ

私たちが情熱をもって喜んで動いているのは
中央司令部からの命令があるからだ
それがスピリチュアル情報局(SIA)だ

私たちは誰も見ていないときに
秘密の愛の爆弾を落す


抱擁
音楽
写真
映画
優しい言葉
微笑み
瞑想と祈り
ダンス
社会活動
ウェブサイト
ブログ
無差別の親切

それぞれが独自の才能で独自のやり方で自分たちを表現する

「この世界の内に望む変化に、あなた自身がなりなさい」
これが私たちの心に留める一番のモットーだ

変革はそうすることのみ可能なことを知っている
私たちには海をすべて合わせたくらいのパワーがあることを
静かに心から知っている

私たちの仕事はゆっくりと慎重だ
山を造るように
ちょっと見ても分からないだろう
でも、そうやって、これから数世紀の内には
大陸プレートさえも動かすだろう

愛は21世紀の宗教だ

別に高い教育などなくてもいい
特別な知識がなくても理解できる

それは、心の知性から来て
人類すべての、時間を超越した進化の動悸の内に
埋め込まれている

この世界に望む変化にあなた自身がなる
あなた以外にそれをやる人はいない

私たちはいま募集中だ
あなたも私たちに参加するかもしれない
もうそうしているかも・・
誰でも歓迎だ・・
ドアは開いている・・

ブライアン・ピアグロシ
(著書”The Big Glow"より)
訳文責: 森田 玄 

以上、緑文字は玄さんブログより転載でした。


そぉか!

私が好きな人、もの、すべて、みぃ~んな、シークレットエージェントだったんだ!


そして...

このあたくぴも!!

そして、これを不本意ながら、ここまで読んでしまった、そこのあなた!!!


秘密の隠れた世界作戦
スピリッチュアル陰謀を達成するための秘密組織
その組織の組み込みシークレットエージェントなのですぅ!!!!


今日思わず、愛を送ってしまいませんでしたか?
任務遂行中です。

このブログは「愛の爆弾」と比べたら「愛の後方援護射撃!」ってかんじかな?

影響力ちいさっ!

あははっ。


「この世界に望む変化にあなた自身がなる」



そう、まずは自分から...



日本の人ってシークレットエージェントの率かなり高し!!!


っていうか、本来世界中に存在するすべてがシークレットエージェントなんだよね...

日本の人は覚醒率高し!!というべきかな?


ぴったりな例えを思いつきました!!!


自分はシークレットエージェントなんかではない!と思いながら、
まだこれを読んでるあなた!!

そう、あなたは...

「記憶をなくしたCIA工作員 ジェイソン・ボーン」 
b0113192_8324037.jpg





こんなかんじ??


あたくぴ、マットデイモン すきです。
[PR]
by simplicity_circle | 2009-01-19 12:02 | スピリッチュアルに!

無の哲学 

ここは瀬戸内海を見おろす小高い丘の上のみかん山。山小屋が二つ三つある。

山小屋をめざして来る若者の中には、人生に絶望して、わらをもつかむ気持ちで来る者が多い。
私は彼等に何をしてやることもできない。長い間黙って働き、黙って去る若者に、わらじ銭すら与えられない心身の貧しさを嘆く老農だが、たった一つ彼等に与えることができるものがある。

一本のわらである。

「革命というものは、このわら一本からでもおこせる」



今ここで人生に落胆している人が、間違えてでもこの文章に目が止まったとしたら...

「わら一本の革命」故 福岡正信さんの本を読んでみてください。


以前も紹介させてもらいましたが...

福岡さんの「無」の哲学に宇宙があります。

そこに生きる意味、生きる指針を見い出すことができたら...
「農」に哲学を見い出すことができたら...


無であって生である自分を、WHOLE UNIVERSEを、感じることができるのではないかと...ちっぽけなちっぽけな存在の私は思うのです。


もともと人間は何者でもないのです。おごりを捨てることから始まります。


***人は自然を知りえない***

人間とは何か。人間は、地上で考えることのできる唯一の動物であると自負して来た。そして人間は自分自身を知り、自然を知り、自然を利用でき、知は力であると過信するようになった。

人間は自然科学の発達、物質文明の遠心的な拡大に向かって直進してきた。人間は自然から出発しながら、しだいに自然から離反していき、やがて自然の反逆児として人間独自の文明を築いてきた。

それが人間にもたらしたものは、人間疎外の空しい喜びであり、自然の乱開発による生活環境の破壊でしかなかった。

自然から孤立した人間の生活は空虚であり、生命と魂の発展の源泉は枯れ果てて、人間はただ寸刻の時間と空間を争うだけの、奇怪な文明の中で疲れやんでいくばかりである。

***科学者の幻想***

人知は不完全であっても、いつかは完全になり、使用方法を間違えなければ役立つものだという確信はゆるがないで、果てしなく空しい可能性に向かって挑戦していくだろう。

科学者の活躍はどこまでも釈迦の掌中での乱舞でしかない。

地上の生物、無生物を意のままに変え、新しい生命を創造したとしても、人知の所産、創造物は、どこまでも人知の領域を超えることができず、人知に出発した人為は、大自然の目から見れば、すべて徒労に終わるという運命を免れることはできない。

「無[Ⅲ]自然農法」より抜粋

私は西洋的な考えに基づく現代社会。学問や農業や医療や宗教、経済といったいろいろなものに違和感、憤りを感じていました。このブログに書いてきた通りです。

福岡さんの無の哲学にその答えを見つけました。

以下緑は「わら一本の革命」より抜粋

どこからこれが来たか。デカルトから来た。「我思う、故に我あり」
人間が、まず、ある。万物の霊長である人間、神の子である人間、最高の動物としてつくられた人間がまずここにある。それからすべてがスタートしている。人間が実在を証明している。

だからすべての自然も人間のために存在する。人間がそれを知ることもできれば、利用することもできる。それを活用することも、人間のためであれば差し支えない。人間のためにすべてを犠牲にしても差しつかえない、と言う観念にまで行く。


1596年-1650年没のデカルトのこの命題が近代の幕開けとなったといわれているそうです。

もともと、神は自己の外にあり、神と自己は別の存在とする宗教観の世界で生まれた、

自然と人間を切り離し、人間を自然より上と序列してしまった思想。

この西欧文明の思想によって発展してきた現代社会。


その先に永遠の持続性を見い出すことはできますか?




それに比べて...

東洋の思想では、人間は自然の一員にしかすぎない。
ここの石や花と人間とどこが違うのか。自然の眼からみたら、なんの区別もない。同列だと思うんです。


すべてに神を見る八百万の神、自己の中に無限大の世界があり、無限大の世界の中に自己がある。神、仏との一体感。日本、東洋ならではの世界観。

そこから生まれるのは調和と共生。持続可能性のある、あるがままの自然の姿を垣間見ます。

今、西欧文明のいきづまりが、西洋哲学の誤りに出発すると気づいた西欧人が、東洋の哲学に熱い視線を向けているのは深い意味がある...
東洋の哲学とは「無の哲学」であり、無為自然の哲理である。


以前紹介した西欧文明のやってくる前と後のラダックも西洋と東洋の違いを端的に現しています。

自然はすでに完璧である。

「何もしない」が出発点であり、結論であり、手段ともなる不耕起、無肥料、無農薬、無除草の四大原則の「自然農法」。

「自然農法」が全人類に求められるキーポイントだと思うのです。




ここまで目を通していただいた方。
ありがとうございました。。。
[PR]
by simplicity_circle | 2009-01-10 21:17 | 自然に還ろう!

またまた沖縄について

伊禮麻乃さん 「フェンス」

澄んだ声が心に響きます。




昨年5月に帰国した時に、沖縄へ行きました。
父と母の故郷である離島へも行きました。
沖縄美ら海水族館へ行くために北部へも行ってきました。本当に美しいところでした。

久しぶりにたくさんの親族と友達と再会ができて、楽しい時間でありました。

私の親族は以前から食と健康への意識が高かったのですが、みんな共働きで忙しそうでした。
それが今はそれぞれ、庭で野菜を栽培していました。
久しぶりの血族との再会になんだか自分のルーツを見た思いがしましたぁ。

て~げ~でおおらかな人たち。やっぱり沖縄が好きです。

さて、その後オーストラリアに帰国して私と旦那は、しばらく本気で沖縄移住を考えておりました。

住むならどこがいい?田舎がいい!やっぱり北部やんばる??
畑をやりながらCAFÉでもできたらいいねぇ~。
ふたりでわくわく考えておりました。

まぁ結局、オーストラリアにいることが現実的でしょうという結果になりましたが...


その時にやんばるの高江のヘリパット建設反対運動を知りました。

やんばるの森には広大な面積のアメリカ軍のジャングル戦闘訓練センターがあります。
アメリカの兵士たちは、実戦を想定した訓練を繰り返しています。そして、ベトナム戦争の時は、枯れ葉剤の散布実験まで行なわれたそうです。

そこに新たに6ヶ所ものヘリパットの建設が始まっています。

そして、以下のことをまたまたゆみさんのブログで知りました。

なんと、昨年の5月にイスラエルとドイツとオランダの軍隊と日本の自衛隊が視察に来ていたそうです。それは将来、これらの国々の軍隊が合同訓練をする計画がある、ということ。

ジャングルを想定した?合同訓練。今度はどこを侵攻するつもりなんでしょう?

さらに...

この地域へのヘリパット建設に反対している8歳の子どもを含む15人の高江地域の住民を、政府(沖縄防衛局)は「通行妨害仮処分命令」の申し立てをして訴えました。(8才の子供に対しては、政府は世論を恐れて訴えを取り下げた)

反対運動とは、座り込みによるものです。

もし、この訴えが不当だ!と思ったら、声をかけてくださいませ。あたくし署名をFAXで送ります。期限は今月1月26日です。


ベトナム戦争、今のアフガニスタン、イラク侵攻(あえて侵攻と言わせてもらいます。ベトナムもアメリカの侵攻です)においても、日本の米軍基地というのはいつでも出撃と後方支援の中核を担っています。

世界の遠い国の戦争は日本の戦争でもあるのです。

おかしいですね。憲法第9条というものがあるのに....


日本にある米軍基地は日本を守るためにあるのではありません。

アメリカにとって日本が必要なのです。地理的に重要な極東基地なのです。

政府のプロバカンダから目覚めましょう!!


そして辺野古のジュゴンと自然を滑走路建設から守ること一緒に、
ヤンバルの希少な動植物と自然もへリパット建設から守りましょう。


1日も早く、世界中の軍事基地、兵器、兵隊がなくなる世の中を意図します!
[PR]
by simplicity_circle | 2009-01-09 11:55 | WAKE UP!

戦争というものの本質を見よう

ガザでのパレスチナ人への非道な行い。
イスラエルを止められない世界の国々。
その理由を一般のメディアとは違う見方で見ている自分。
それを誰かに伝えたい。

昨日の玄さんのブログに共感しました。
 「イスラエルとパレスチナ」

デイビッド・アイクを知っている人はいるかな?
彼の主張のすべてについていけるわけではないのですが、私もこのイスラエルについての見解はとても参考になりました。以下一部抜粋

私たちは、ユダヤとか非ユダヤとかイスラムといった馬鹿馬鹿しい、子どもじみた呼び名を捨て、あらゆる人々への平和と公正の名の下に一緒になる必要がある。ユダヤ人の不正とかパレスチナ人の不正があるのではない。ただ不正があるのみだ。

ある人に公正で、他には不正であれば、それは誰にとっても公正ではあり得ない。すべての人にとって適用できないのなら、そんな公正など意味がない。そして、世界が沈黙を続け、見て見ぬ振りをしているかぎり、それがパレスチナ人たちに適用されることは決してないだろう。



ここで話はころっと変わって...

「とてつもない金持ちに生まれた人間の苦しみなんて普通の人には分からんだろうな。」
これ麻生首相の発言です。天木直人さんのブログにありました。
他にも数々の失言。

政治家としてどんな精神構造をしていたらこんなに失言ができるんだろうと不思議に思っていました。

はっきりいって、かなり反感を持っていました。

でもね、昨年の12月「日中韓サミット」の麻生首相。なんていうか、お決まりの握手のパフォーマンスなんだけど、見て、覚えている人います?

お決まりの微笑でポーズを取る両国の首脳の手を、政治家に似つかわしくないくらい、満面な笑顔で、ぶんぶん振り回して握手するその姿が、あまりにも天真爛漫で、思わず...

この人本当に無邪気な「どらえもん総理」なのかもしれない!!と少しだけ反感が薄らいだ気がしました。

そして最近のこのニュース、ちょっと麻生首相に期待したくなってきました。

米ブッシュ大統領:「ハマスに責任」ガザ空爆で見解。
麻生総理は、パレスチナ自治政府のアッバス議長に電話をし、1000万ドルの緊急支援を表明。アッバス議長は、イスラエルに攻撃中止を求めた日本に感謝。

麻生総理、あなたの行動の価値をわかっている日本人の集団がここにいる。頑張れ!

注:上記抜粋と2つのリンク先、Richardさん、真相究明でとても参考になるのですが、少し過激な物言いをします。

このニュースの裏は、すごいことだと思うのです。
だって日本の首相になったというのに、シオニスト、ネオコン、タカ派に盾をついているのですから。

ちょっと今後、麻生太郎なる人をすこし見守ってみようという気になりました。

黎明さんからは「一番最初に覚醒した政治家、総理大臣と成って下さい」と、こんな提言がありました。
[PR]
by simplicity_circle | 2009-01-08 14:32 | WAKE UP!

The hill of Dugongs 「ジュゴンの見える丘」




2007年のLIVE EARTHでのCoccoさんのビデオです。
私はこれを見た時、涙が止まりませんでした。

歌って、アートってすごいですね。端的です。
私には何ページ書いても感じている全てをうまく伝えきれないのに。。。


****そして、その後のすばらしいニュース****
「ジュゴンがペンタゴンに勝つ」

サンフランシスコにある連邦地裁は1月24日、沖縄県名護市辺野古付近に建設が計画されている「普天間飛行場代替施設」の是非について、03年から審理を続けていた「沖縄ジュゴン対ゲイツ訴訟」で、原告ジュゴン側の勝訴判断を下しました。被告はロバート・ゲイツ国防長官です。提訴時はドナルド・ラムズフェルド長官でした。
********
以下は、沖縄で体を張って基地建設を阻止している牧師の平良夏芽さんのコメントです。

今回の連邦地裁の決定は、アメリカという国は大国だけあって、酷いこともするけど、アメリカ人の中には良心的な人たちがまだまだいる、ということの証明。ジュゴンという最も平和的な生き物が最も暴力的なペンタゴンに勝訴したということで象徴的です。今回の地裁の決定の最大のポイントはアメリカ政府が自分たちの責任を認めた、ということ。これからのわたしたちの運動のポイントは、アメリカの良心的な人たちとどれだけ繋がっていけるか、ということです。

以上、きくちゆみさんのブログより転載

ジュゴンはイルカや鯨と同じように、高次元の澄んだ魂の生き物。

ありがとう。。。 

私は沖縄二世。

父と母は沖縄出身。
私は内地生まれの内地育ち。ほとんどやまとんちゅう。
おばぁの話す言葉はわからない。子供の頃の電話の会話は一方通行。
基本の基本ならわかる!あきさみよ~、わらびんちゃ~、で~じ~、あがぁ...

こんな私ですが、我が家の食卓は気がつくと何でもちゃんぷる。
ゴーヤー大好き。

そしてなによりも、うちなんちゅうの心はしっかり受け継いでいる。

ありがとう、お父さん、お母さん、そして親戚のみんな。

沖縄の唄を聴くと心が震えます。
平和に対する思いは熱いです。

これもDNAのなせるわざなのか!?

みんなに伝えたい気持ちはたくさんある。沖縄にある米軍キャンプのこと。
戦争が始まる、本当の理由。

もし、興味を持っていただいたら、ゆみさんのこのページ読んでみてください。

沖縄で見かける若い米兵の攻撃的な態度の理由がわかります。
彼らも母国では普通の人。キャンプの中ではそんな彼らを兵器に変える洗脳が行われているのです。それが軍隊の訓練というものです。

こんな軍隊や戦争がなくなる世界がやってくることを願います。

そして近々そんな時代がやってくると信じております。

だって本当に、戦争を起こして莫大な富を築いている人々が崩壊しかかっているんですから。

光の時代です。ふふふふふ。

だから彼らは軍需産業で何とかしようと、やっきになって戦争を起こそうとしています。

どんな国もそんな彼らの手口に載る事がありませんように!

今こそ日本も立ち上がって世界の理性となることを願います。

それができる国だと信じております。


これ以上人々が苦しむ前に...

これ以上美しい自然が破壊される前に...



次回はガザについて
[PR]
by simplicity_circle | 2009-01-08 11:34 | WAKE UP!

電磁波について

私は携帯電話が好きではありません。
なんか耳や頭が異常に熱くなるのが気持ち悪いのです。

片手がふさがっていたので、受信中の携帯のアンテナを自分の胸で支えて開いたら、

その瞬間「ズズズズズッ」ってすごい振動が体に伝わった。

うわぁっ、気持ち悪い。

まだ妊娠中だった私は「赤ちゃんごめんね~」と、その後はできるだけお腹に近づけないようにしました。なんか怖いです。

でもやっぱりあると便利です。


去年の暮れ、携帯を切った後、頭がすごく痛かった。通話時間をみると、1分も話していない。前は2.3分話すと頭が痛くなっていたけど...

なんだか電磁波を受け付けない体になってきたかな~なんて思って、その日に黎明さんのブログを見ると、なんとタイトルは「携帯電話の電磁波」ちょっとシンクロ。うれしかったです。

まさに人体が携帯電話の電磁波を拒絶し始めているのである。ということが書いてありました。



さて、ここからは認識の違いについてのぼやきです。

また前回の義理の両親に話は戻るのですが、この方ふたりは科学技術が大好きです。というか、学者として西洋医学の先端にいたのです。

だから!?電子レンジも大好きです。自分達が現役のころ20年近く住んでいた家にはなんと!コンロがありません。毎日2台の電子レンジをフル稼働して生活をしていました。

二人とも、博識のある方達です。だから私なんかが下手な意見を述べても...と彼らのすることに口出しをするつもりはまったくないのですが...

電子レンジを使わないという行為がすでに、彼らの意見に反することになってしまうのですね~。

彼らはちょくちょくうちに遊びに来てくれます。1週間くらい滞在することもあります。毎回寝食を共にするので、どうしても考え方や方針の違いを隠すことができないのです。

とてもできた人たちなので、私を批判もしませんし、私の考えを尊重してくれます。

でもここ数年、考え方や行動が、ますますヒッピー化していく私。

「非科学的なことで神経質」と思ってるだろうなぁと肌でビンビン感じています。


今は、電子レンジは暖める時だけ短時間で使います。その時に子供達をキッチンの外に出るようにしつけています。すると...

母:「電子レンジの電磁波は安全なのよ。そのテレビの電磁波の方が害があるのよ」

私:「そうよね、TVも電磁波が強い。だからいっそのことTVなんてなくてもいいかも、て思う。TVのBIG Fanでもないし、時間の無駄になるし 、子供達のためにも無い方がいい...」

母:「聞いて、TVを否定するけど、いいプログラムもたくさんあるのよ」「壊れたアンテナ直さないの?」

と、この会話、もう既に何度していることか。。。。


毎回のことで少しばかり疲れる。。

同じようなパターンの会話が、化学化合物質、オーガニック製品、栄養学、医療について...いろんなことで同じように繰り返される。


科学者のリポート、世間一般常識で認められていることと、違うことばかり信じている私。

奇異に感じるだろうなぁ。


でも私は現代社会の常識に????なのです~!!!!

自分が間違いと気がついたらいつでもすぐ訂正しまぁ~~す。



グランマがよく子供達に携帯で話をさせるので、ある日、ついに言ってしまいました。

「子供には携帯を使わせたくないの。私って本当に神経質でごめんなさい」

グランマは短時間なら大丈夫よと言いかけたけど、

「電磁波が安全と認められていることも知っているけど、将来やっぱり安全ではなかったと検証された時に、当時私も安全性を疑ってたのに、子供達に使用させてしまった。。。って後悔するのが一番イヤなの。だから念のため」

それ以来、子供に対しては電磁波について何も言わなくなりました。

Organic Milk 同様、少しずつでも距離が近くなっていくといいな。



あぁ~でも私。本当は電磁波測定器を買いたいのです~。
うわっ!この電気機器、こんなに電磁波出てるぅ~。ってわかると楽しいと思いません? 

以前も紹介したブログ「家庭菜園は地球を救えるか?」の電磁波を考える。参考になります。

私もWHOが10年かけた調査の結果だした国際基準値は結局は健康や安全性よりも経済優先だったと思います。
[PR]
by simplicity_circle | 2009-01-07 11:42 | WAKE UP!