<   2008年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

シュタイナー学校へ見学に行く!

先月シュタイナー学校のマーケットの日に見学を兼ねて行ってきました。
はじめて、実物を目にして、ため息が出ました。
そして、先週末は「Spring Festival」にも行ってきました。フェスティバルの内容も、ゲームでもらえる賞品も素敵です。プラスティックのおもちゃではなくて、石やガラス、ろうそく、フェルトの人形。そっかぁこういうものがあるんだぁ。。。と素直に感心してしまいました。
b0113192_12342272.jpg

b0113192_12343974.jpg


こんなところで育ててあげたい!!!

夢のような世界の教室、自然の素材で作られた遊具。階段。池。たくさんの季節の植物。ハーブや野菜のベジパッチ。鶏やグースのいる柵。今、申し込んでるパブリックの無機質な校庭とは正反対です。

暖かい先生の応対。笑顔の多い生徒さん達の顔。フレンドリーな保護者。

はじめて蜂のワックスでできたブロックのクレヨンを購入して触ってみました。
なんとも言えない優しい匂いで、あたたかい気持ちになりました。普通のクレヨンの油くさい臭いを思い出したら、なんだか気持ち悪くなりました。子供が描く絵も同じなのに、なんだかやさしく感じます。

はぁ~思いばかりが募ります。

実際子供をその学校に通わせている、お母さん達とお話をすると、やっぱりとっても居心地がいいのです。普通の集まり、一般的な人達と話すときの、違和感や遠慮を感じることがないのです。

いつもはこんな事言っても大丈夫かな?とついその人のタイプや人柄や顔色を伺ってしまいます。

憧れが募れば募るほど、焦燥感を感じます。

というのは、旦那さんがまったく興味というか、情熱を感じてくれないからです。。。
というより、反対しています。

シュタイナーの学校に入れるというのは、我が家の場合、はっきり言って、興味だけでは無理です。強い情熱がなければ、不可能です。

反対の理由は3つ。

まず、学費です。我が家の経済的状況では、あまりにも非現実的です。

次に、6年間住んでいるこの家を引越ししなければいけません。この日当たりがよく、木に囲まれているユニットを私達とても気に入っています。引っ越したら確実に家のレベルは下がるか、家賃がかなり跳ね上がります。私達にとって家族の時間を過ごす家はかなり重要です。今シドニーの賃貸事情はかなり悪いです。

最後に、シュタイナーの神秘性、人智学というものを、懐疑主義の彼は警戒しています。


う~ん、結局、「お金」と「スピリッチャル性」でぶつかっているのですね~。
[PR]
by simplicity_circle | 2008-08-26 12:56 | 二人の価値観

子供が子供らしくいられないこと

そう、玩具や食べ物なんかより、私が一番怖いものは、

子供が子供らしくいられないことなのです。

溢れるばかりの「物と情報」に溺れて「思いやり、ゆとり、寛容」といった愛情がこの世俗的な世の中では、忘れられていると感じるのです。

テレビのキャラクターでも、実際の子供でも、幼稚園や小学生ぐらいの子が、大人や世間を斜に構えてみる、ティーンネイジャーのような発言をするのも、最近の私には全然おもしろいと思えないのです。

少し大きくなってくると、斜に構えた、冷めた態度が「Cool!カッコイイ!」のです。子供らしい純粋なことを言う子はバカにされます。

小さな子が「私のうちのおもちゃはもっと凝ってて、豪華よ!」とか「私とどっちが上手?」なんて言っているのを聞くと、周りの大人の物欲、虚栄心、競争心などの価値観を反映しちゃって、可哀相だな~と感じます。

こういうことに、違和感を感じて、世俗的だなぁと感じてしまうのです。

だから、自分の子には変に現実的な社会にあまりにも早くから目覚めて欲しくないのです。昔の子供のように子供は子供らしくいられるように、夢のような世界においてあげたいと思うのです。

その為には、コマーシャリズムは百害あって一利なし。テレビを見なくなって、子供だけではなくて、私もなんだか心が穏やかになりました。やっぱりあのコマーシャルの音は心をかき乱します。( 実は今年の3月に突然アンテナが壊れたのです!偶然の必然ですね~^^ )

コマーシャルのない質のいい番組は少し大きくなって、自分をコントロールできる年になったら別にいいかなと思っています。少なくとも2歳のKarにはよくないのがわかります。テレビを見ているときは本当に筋肉が硬直しています。そしてどんなにいい番組でも一度見てしまうと、それからしばらく「DVDを見せて~、見せろ~」攻撃が2.3日続くので私が面倒くさい。

TVの存在を忘れると、また玩具と話しながら、一生懸命遊んでいます。イマジネーションの世界です。今も玩具のスプーン相手に楽しそうに「バイバ~イ」と言っている。一体どんな世界なんでしょうね???

Leeは今ふつうのプリスクールに行っています。HAPPYです。先生にもお友達にも不満はありません。でも来年Kindyにあがれば、もっとお友達との結びつきも強くなって、世俗的なものに触れる機会がぐっと増えるのだろうなぁと思うと、少しため息が出ます。こちらでのお誕生パーティーがいい例です。日本と比べて派手です。コスチュームやらデコレーションやら、食べ物も、とにかくコマーシャライズされたものが多く、とっても人工的な感じがします。

子育てで一番大事なのはやっぱり家庭だと思っています。どんな風に育てるかは、両親の日頃の思いと行動です。これに勝るものはありません。

学校に子育てをしてもらおうという、他人本位な気持ちはないつもりなのですが。。。

シュタイナー教育。。。

その奨励する細かい方針全てに、賛成しているかといえば、そうでもありません。できるかといえば、できません。それでも、私が今見ている方向と同じ方向を向いています。それだけで充分です。

普通の学校に行くよりは、似たような子育ての方針を持った親と、そんな風に育てられている子供が集まる場所。何よりも学校自体が先生がその方向性を示してくれます。自分が異質だと感じることが減ると思います。

もちろん普通の学校に行っても、似たような価値観を持った人はいるとは思います。ただ少ないだけです。

普通の学校へ見学に行くと、私が望む方向とは違うなぁと感じます。この間学校のキオスクで赤と緑のクリスマスカラーのスラッシーを買っている子を見て、ぎょっとしました。ヴィヴィッドな原色です。小学校です。おぉ~さすがオーストラリア。でもアメリカのようにジャンクフードの自動販売機はないようです。まだましと考えるべきかしら。。。

それと比べて、シュタイナー学校は...

ため息です。。。もちろん、憧れという溜息。
[PR]
by simplicity_circle | 2008-08-26 10:36 | 二人の価値観

あ~シュタイナー...

シュタイナー、シュタイナー、シュタイナー。

今の心境をタイプしてみた。

やっぱり...私てば、完全に執着してる。。。

この間のヒーリングの会のおかげで自分の執着心に気がついて、そっと手放すことができた気がしていた。

でも...根っこのところがまだできていない。

そう、8月になって、ブログを再開したのも、スピリッチャルアレルギーの旦那さんとの議論に勝つためです。自分の思考を整理するために、書くことをはじめました。

その勝ちたい議論というのは...

子供をシュタイナー教育の学校に入れたいということなのです。

頭ではわかっているのです。余計な雑念に縛られることもなく、本当に子供のためを思っていれば、結局は本当に彼らが必要としている環境へ導かれていく..と。

それはパブリックかもしれないし、シュタイナーかもしれない。

シュタイナー教育、まだLeeが1~2歳でプリスクールを選んでいた頃、ちょっと気になりました。情報誌やホームページを見て、憧れる気持ちがありました。

でも現実問題、我が家は毎日浴びるほどテレビを見ている、プラスティックやキャラクター商品もあふれている。絵本もたくさん読ませている。だいたい、私が手作りでお人形をつくるようなまめな母親ではない。

今の我が家では、その実践は到底無理だと思いました。でもずっとほのかな憧れを抱いていました。

それが、2.3年ほどたった今、「あれっ?」と気がついたら、あの頃、浮世離れしていると思っていたシュタイナー教育が奨励していることに、ある程度ついていける自分になっているのです!!これにはおどろきです!!!

別にシュタイナー教育を意識してテレビをやめたわけでもないし、食べ物に気をつけるようになったわけでもないのです。

ただ、子供の成長と精神衛生上、けばけばしい色のキャラクターグッズに執着して欲しくないのです。コマーシャリズムに載せられて物欲的になって欲しくないのです。広告に載せられて、呆れるほどの砂糖や食品添加物の入った不自然な食べ物を好むような子供になって欲しくないのです。

「プリスクールのお友達はバービーたくさん持ってるよ~。ブラッツ、プリンセス、ポニー...」と時々、少し羨ましそうに言うLee。その後「でもLeeのママはそういうの好きじゃないんだよね~」と自分を納得させるように言っている。怒りはまだ感じない。まだ純粋な4歳。

私も心の中では、ごめんね~、ママも子供の頃はキャラクターグッズもテレビも大好きだったよ。気持ちはわかるのよ~。でもね、いらないのよ~。信じて~。という思いを送るしかありません。

食べ物に関しては、さほど執着はないようです。ここでの一般的なお菓子を食べている子供を見て、「体に悪いのを英語の人は知らないのね~」なんて私の真似をして言っています。それでも子供ですから、恐ろしい色のロリーとかを羨ましそうに見ている時もまだあります。。。

でも、玩具や食べ物なんかより、私が一番怖いもの。それは...

次回へ...。
[PR]
by simplicity_circle | 2008-08-26 09:41 | 二人の価値観

小学校えらび♪

オーストラリアでは新学年は、夏休みが終わった、1月下旬頃からはじまります。

来年の1月には5歳になっているLee。週二日で3歳から2年間通ったプリスクール(幼稚園)が今年の12月で終わります。

来年は日本では幼稚園の年長さんになると思うのですが、こちらでは、小学校付属のKINDYという学年になります。

という事は、この時点で小学校選びをしなければいけないということなのです。

公立(パブリック)の小学校の学区制も日本と比べて、かなり自由があります。自分の学区の学校ではないところに行っている生徒さんはたくさんいます。というのは、日本とは違って、学校ごとに特色があって、日本のようにあまり統一されていないようなのです。校長先生の方針が色濃く出るようです。だからなおさら、合う、合わない、好き、嫌いが出てくるのです。

我が家の学区内の学校は遠く、車で送り迎えしなければいけないので距離のメリットはありません。それなら、好みのところを選ぼうと、学区外の学校2校に申込書を送って返事を待っている状態です。どちらものびのび教育と聞いています。

私はシドニーのこの治安ならパブリックに何の異論もありません。

旦那さんが最初に誤解したように、お金を余計にだして、パブリックより質のよい教育、質のよい環境、質のよい生徒を..なんて事を考えているわけではありません。むしろ、プライベートは経済的な余裕のある人達が来る分、余計に世俗的な価値観を持っていそうで、もっと怖いです。

そう、私が今つよ~く、憧れ、望んでいるのは...

シュタイナー教育

今これが原因で、旦那さまとはじめて、意見が衝突しています。

普段なら多少意見が合わなくてもどちらかが折れるか、お互い妥協して、それなりにハッピーできました。

こんな風にお互い譲れない状況になったのは、正直に言ってはじめてです。
[PR]
by simplicity_circle | 2008-08-24 09:54 | 二人の価値観

家族のきずな♪

さて、最後にとっても嬉しかったメッセージについて。

私のこのきまじめな気性は、どうやらドイツでの過去世から来ていると言われました。。現世の家族だけではなかったようです^^ 

ものすごく厳格な家庭で厳しく育てられて、しかもドイツ人!ものすごい堅物なイメージ^^
ブログの内容が硬いのも納得。。。

どうやらきちんとしなければ。。という思いに追われているようです。
なぁんて言って、実際の私は、その思いに追われていても、きちんとしているどころか、生真面目なくせに、いい加減で、抜けているところばかりなので、突っ込みどころ満載です。それは私を知る人はみんな同意するでしょう^^

その時の人生は兵隊で、家族を残して先に死んだことに、ものすごい無念を残していたようです。そして今世での家族がその時のリユニオンらしいのです。だからこの家族をいただいたことに私はものすごい喜びを感じるのだそうです。私からは喜び、絆、嬉、などの文字が浮かぶそうです。

実際そうなんです。自分の家族が大好きで、その存在に癒してもらって、こんなに幸せでいいのかしらん?あ~でもこの気持ち誰でもいいから伝えてしまいたい!!と迷惑なくらい、大好き!しあわせ!とあたりかまわず、言っていました。国際結婚で100%祝福されなかったせいかと自分では思っていました。

今お腹の中にいる赤ちゃんもその家族の一員になるためにやってきてくれたようです。ますます会えるのが楽しみです!!!妊娠きら~いなんて愚痴をいってる場合じゃないですね。お腹の中から一生懸命愛を送ってくれているそうです。

そして「そのままでいいんだよ」というメッセージもいただきました。

私が水の中で大きな御釈迦様?仏の手のひらの上で安らかに横になっている綺麗なビジョンが見えたと伝えていただきました。

「そんなにもがかなくても、既に仏の手のひらの上にいるからいいんだよ」という暖かいメッセージとしていただきました。

ありがたいことです。しあわせです。

この私がいただいた「愛の波動」がみなさまに流れていきますように。。。。
[PR]
by simplicity_circle | 2008-08-21 11:52 | スピリッチュアルに!

「ごめんね~」を言う♪

笑いがどれだけ人間に大切なのかは知っていた。
笑いで病気を治せるくらい威力があるってことも知っていた。
当然自分でも笑っているつもりだった。
だってまわりは楽しい人が一杯。

でも気がつかないうちに忘れていたんだ!

健康とか環境とか追い求めるうちに、スピリッチャル的な理想にたどり着いた。
それは今でも間違いではないと思ってる。

でもその理想を追い求めれば追い求めるほど、世俗的な考えや行動に「どうして~!!?」と眉間に皺をよせている自分がいたのです。

旦那さんには「また眉間に皺よせて~」とからかわれていました。

でも旦那さんに言われると、もぉあなたみたいに、お気楽、楽しく、リラックスしている人に言われると余計しわがよる!!と言っていました。

自分のためではなく、大好きな大好きな旦那さん自身の為に、あせる気持ちがありました。

最近、その気持ちをブログに書くことによって、人にはそれぞれの方法とペースがある。無理やり仕向けるのではなく、まず自分が浄化して、そして知らないうちに相手を引っ張っていってあげよう!とここまでは、気づきがやってきていました。

だからあえて押し付けないようにしていました。
ただ子供の学校選びのことではちょっと議論しなければいけないことはありました。

そんなおり、とっても心がやさしくて、めちゃめちゃ楽しげなヒーラーNさんからの思いがけないメッセージ。

「旦那さまに心からのごめんなさい」をしてあげるとラクになるわよ~!

これには「えっ!???」

旦那さんとはラブラブです。日ごろの感謝も妻として母としての、私のいたらなさへのお詫びも欠かしたことはありません。それ以外に「私がごめんなさいしないといけないことがあるのかしらん?」でした。

でもわかりましたよ~!!

今なら素直に「ごめんなさい」ができます。

「わらう」「たのしむ」を忘れてました。いくら相手を思っても、これでは通じない。

ごめんね~旦那さん。こんな世の中に生きていて、何でもかんでも「 Pathetic 」なんて額にしわを寄せてたらやっぱり楽しくないよね~。

いくら口に出して言わなくても、無言の私のプレッシャーを感じていたはず。。。

彼がYoutubeを見て笑っている間、横で本を読んでいる私。

くっだらない!もうちょっと自分を磨くものに興味を持てばいいのに、時間の無駄!
と思う私のオーラを全身で感じていたことでしょう。。。

自分では我慢して言わないようにしていたから、「あたしってばがんばってる、えらい!」ぐらいに思ってました。

ぜんぜん、えらくない。

「わたしたちが それに エネルギーをそそげば そそぐほど 執着として わたぴたちのエネルギーに 影響してくることもあるのでしゅ。。。。」

Nさんはこの私の執着のエネルギーをみて指摘してくれたのですね。Nさ~んありがとうございました~~~~!!!わかりましたよ~~!!

だんなさん、ごめんね~。子供たちにも、ごめんね~。もうちょっと楽しく行こうね~。

b0113192_10102678.jpg

[PR]
by simplicity_circle | 2008-08-21 09:22 | スピリッチュアルに!

「わらい」♪

「福はうち」でいただいた、素敵なメッセージ。でも本当の意味で消化して自分の中に取り込むまで、時間がかかっています。頭では理解しているつもりでも、感情が縛られているのですね~。

その後も何気ない人との会話の中からもやっぱりそうなんだなぁ~と感じるものがあります。

極めつけは、昨日の夜。

LeeとKarがカウチの上でぴょんぴょんはねて遊んでいた。「怪我しても知らないよ!カウチも悪くなっちゃうでしょう!」なんて怒っていたけど、ほうっておいた。

そしたら何を思ったか、Karがカウチの上から突然カーペットをめがけて水泳選手のような飛込みをした。

それはそれは美しい、飛込みだった。

LeeもSwimming Lessenであんな角度でお水に入っていけたらいいのにと心底、惚れ惚れと眺めていた。

私がその美しい角度の残像に恍惚としていた瞬間、火がついたようにKarが泣き出して、われに返った。見たら口の中から血が流れてる。

そりゃそうだ。水のないところであんな風に落ちた衝撃はすごいだろう。

口の中を切っていた。

なのに、口を血で真っ赤にして泣いているKarを抱きながら、笑いが止まらない。心配しながら笑いをこらえるから涙が出てくる。あのあまりにも美しい角度が何度も頭によみがえってきて笑いが止まらない。

ごめんね、Kar。 痛くて泣いてるのに...


ママはこの腹をかかえて泣くほど笑うって言うことをしばらく忘れてたよ。

気づかせてくれてありがとう。

ちょっと前までは、くっだらないこと大好きだったのにね。。。


ゆとりを持って、極端になりすぎないで、楽しんで...

b0113192_15174067.jpg

他のメッセージについても消化するためにもっと書いてみます。
[PR]
by simplicity_circle | 2008-08-20 15:25 | スピリッチュアルに!

福はうち♪

b0113192_13315253.jpg先週なんですが、素敵なヒーリングの会に参加してきました♪

「福はうち」療法という名前でした。

すごいんですよ。7人の気の合うヒーラー仲間が、お互いが受け取ったメッセージをつなぎ合わせていったら、新しいヒーリングの方法を一緒に広めなさい。というものだったらしいのです。

それぞれ、いろんな方法でヒーリングをされたり、他にお仕事がある方たちです。でもヒーリングの流儀や方法なんてものにとらわれず、新しい簡単なヒーリングの方法を広めるために、とりあえずやってみよう!と開催された、ヒーラーの方たちの人柄が表れている、かるーいのりの、あたたかーいセミナーでした。
私は縁あって、初回の二日目に参加させていただきました♪   

こうやって世界中で、地球全体の波動をあげようという気運が高まってるのでしょうねぇ。素敵です。

商売敵とか能力の上下とかそんなドロドロした嫌な波動とは無縁です!ピュアな(お笑いな!)暖かい波動が流れていました!!  

伝授された方法はいたってシンプルです。                                                                             

「愛と感謝」を感じます。
その後に受け取る「・・・」何か、(言葉、ビジョン、感覚...)をそっと手放すのです。


たったそれだけです。

足の裏からエネルギーを集めて
胸まできたら「内なる魂と融合せよ」と伝える
等など具体的な方法はこちらの方にあります。

私は瞑想しても何も聞こえない、見えない、感じない、感度の鈍いタイプなのでのんびりやっていこうと思います。

このブログで綴っているとおり、ハイヤーセルフさんと繋がろうと、心身の浄化をあっせって、理想ばかり頭で追いかけております。

でも、ゆとりを持って、極端になりすぎないで、楽しんで...というメッセージもいただきました。

今自分の中で、ゆっくり消化しています。。。

ちなみに、ハイヤーセルフ=内なる魂=ガイドスピリット=守護霊=過去生のひとつ=魂の故郷=グループソール etc... 呼び名は何でもいいと思っています。

「福はうち」は新しいヒーリング。これからは、取り決めや堅苦しい手順に縛られる時代ではない。

愛を送りたいと思ったら、相手に素直に送ればよい。 世界中、愛の必要な人や場所があふれている。

自分の利益の為、相手を変えたいから、という押し付ける愛は無償の愛ではないが 、

ただ、あふれ出す愛をシェアしたいという神の愛のレベルであれば、

家族でも、見知らぬ相手でも 遠く離れた相手でも、自分に敵対心をもっている人に対してでも、どうも好きになれない相手でも 、

無償の愛をただ、送ればいい。



結局惹かれるメッセージはみんな一緒です。

「花心、虹心、水心、宇宙の癒しのイルカちゃん意識」
[PR]
by simplicity_circle | 2008-08-20 13:41 | スピリッチュアルに!

わら一本の革命

b0113192_13331693.jpgこの「わら一本の革命」の福岡正信さんがお亡くなりになられたのですね。。。うさごんさんありがとうございます。

この本も私にとっては、衝撃の一冊でした。。。

パーマカルチャーの本で紹介されていて、存在を知った、日本の偉人です。今ちょうど「無Ⅲ 自然農法」を読んでいる最中でした。

自然農法(しぜんのうほう)とは、不耕起(耕さない)、不除草(除草しない)、不施肥(肥料を与えない)、無農薬(農薬を使用しない)を特徴とする農法。肥料や農薬を使用する従来農法(有機農法も含む)と異なり、基本的に播種と収穫以外の作業を行わず、自然に任せた栽培を行う。日本や世界各地に実践者がいる。 Wikipediaより
自然農法確立と実践の代表者のひとりです。(もう一人の岡田茂吉さんについては私はまだ知識がありません)

さて、衝撃のニュースにどうしても私の感じる、勝手な福岡ワールドについて書きたくなりました。

実は前からいつか書きたいとは思っていたのですけど、とてもとても私の陳腐な文章では、恐れ多くて書きだすことができませんでした。でもまぁ自己との対面という意味で書かせてもらいまっす。「何もわかっとらん!」と喝が入りそうです。。。
しかも、私の印象は著書の言葉からだけです。

この<現代の老子>と言われる福岡さんの語る、無の哲学と実践に、計り知れない宇宙の真理を感じます。

福岡さんはこの高次元の宇宙の叡智を今の地球に伝えて、実践して見せるために大きな使命を負って生まれてきている人だとつよく感じました。だから個人的には、もう少し長く地球に滞在されるのかと思っていました。もう充分お役目を果たされたのでしょう。なんだか寂寥の感があります。。。

でも福岡さんは哲理としての精神世界を語りますが、あくまでも地に足のついた精神哲学です。人間とは何か、自然とは何か。

神々や宇宙からのメッセージという形で真理を伝えることはしません。宗教にも所属していません。神がかり的にみえるものは避けている感があります。

けれども、一農民としての立場で語るその真理の深遠なる世界は人間の叡智を超えています。

福岡さんは全て自分との対話という形で悟りを開いた方のようです。

若かりし頃「急性肺炎」にかかりそこで「死の恐怖」と「現世への懐疑」という苦悶の世界へ陥ってしまったことから、一気に悟りの世界へ到達してしまったようなのです。

「この世には何もないじゃないか」それが「無の哲学」のはじまり。

「自然はすでに完璧である」「人間は何もしなくていい」「無為自然への回帰」

人間には知りえない自然を科学で研究して、自然と人間を切り離したものと考えたことによって、宇宙の孤児となってしまった人間。

科学で蝶をすみずみまで解剖して分析することはできても、蝶を生み出して飛ばすことはできない。仮にそれができたとしても、蝶の心までは知り得ない。

これらは著書の中でのことばです。(ちょっとうろ覚えですが。。。)


福岡さんは70年も前からすでに自然農法を目指して実践を始めてらっしゃった方です。

30年も前から「病める現代の問題」をつぶさに予想されていました。そして原因も解決法も提示されていました。

明らかに未来が見える人でした。


合掌
[PR]
by simplicity_circle | 2008-08-19 13:44 | 自然に還ろう!

落とせない垢...

私についているまだ落とせない垢。それは...

「食」です。まだ食べる事とお酒を飲むことへの未練が私の中にあるのですね~。
ここが軽やかに飛び立てないゆえんだと思います。
注:今はさすがに飲んでいません。妊娠中ですから^^

他にも垢はまだまだたっくさんあるとは思うのですが^^
自分ではっきり認識している、俗世界から片足が抜けない理由です。

修行僧のような、ストイックな生き方。心身を清めるための、菜食主義、断食、水行、登山(特に富士山!!)お遍路、太陽凝視etc...

黎明さんの読者さんたちで、次々と次元を上昇していく皆さんはそれを、楽しく簡単に実行しています。みなさん本当にすごいですぅ。

スピ界の全ての人がそこまでストイックな行為を勧めているわけではありません。黎明さんの浄化の最低条件は「ベジタリアン」です。どうしてそんなにもハードルが高いのだろう~と少し甘えの気持ちもどこかにあり、なかなか自分の言葉で説明をすることができませんでした。

でも先日、片岡鶴太郎さんがでていた「オーラの泉」をDVDで見ていて...合点がいきました。

片岡鶴太郎さんはボクシングの世界に入った事によって、バラエティーの仕事をしていた時の自堕落になりがちな不規則な生活から抜け出し、肉体と精神を一度リセットさせたということです。

そうですよね~ボクシングの世界って、ストイックですよね~。
俗世界から離れるための修行僧の生活のストイックさと通じるものがありますね。
このストイックさは、心身の感覚を研ぎ澄ますためのものなのですね。

研ぎ澄まされた精神は感度がよくなる。すると、雑念や憎念のない真理しか伝えない澄んだ波動をもつ五次元の植物の意識(精霊・自然霊と江原さんや三輪さんは呼んでいる)と波長が合うのですね~。

鶴太郎さんはそこで、ふと呼ばれたような感覚で見つけた椿の花によって、インスピレーションを得て、絵画という世界に入り才能を開花していく。

よく整備された空港(自分の土台、人格)があれば、
たくさんの飛行機(声、導き、才能等いろんなもの)が降りてこれるのです。


そして黎明さんのおっしゃる浄化は、空港を整備するということで、その勧める方法は効果が高く、最短ということなんだと思います。でもこれをすれば絶対ということではなく、あくまでも手段なのですというようなことを繰り返しおっしゃっていたと思います。

だって魂についた垢の種類も量も人それぞれ、簡単に落とせる人そうでない人もいるでしょうし、早く取れるにこした事はないのですが、人それぞれ向いている方法やペース、タイミングというものもあることでしょう。

私の旦那さんのように、自然との深い触れ合いによって浄化されるタイプもいるでしょうし、登山という方法の人もいるでしょう。

今は富士登山がとっても熱いようです!!皇太子様も登頂されたようです!!!
b0113192_1139126.jpg

8月現在日本人アセンション者 約50万人 世界約20万人ですって。
こういう情報は旦那さんには根拠が示せないからだめかな^^
[PR]
by simplicity_circle | 2008-08-09 11:51 | スピリッチュアルに!