カテゴリ:ホリスティックに!( 10 )

「湿疹」あらたなる発見

先日(ちなみに手湿疹は今落ち着いています。あらたな発見もあったのでそれはまたの機会に!)と書きましたので、こちらで報告しようと思います。このブログ「湿疹」のキーワードでとたどり着く方もいらっしゃるようなので。参考まで!

ひとつ大きな発見がありましたよ☆

今年の1月に悪化した手湿疹、炎症がなかなか収まらなくて長引いていました。炎症している間は水を触るだけで悪化してしまうから、苦労していました。でもそんな中、「催眠両方」「波動測定器」と二つのアプローチで重金属、化学化合物質過敏症という共通の結果が出ました。自分が納得できる理由がわかっただけで心はすっきりしました。

その後甘いもの量を控えて(ちょっとね!)重金属が蓄積されているマグロ(ツナ缶も)等、大きな魚を一切やめて、解毒効果のあるコリアンダーをたくさん食べていました。しばらくサプリメントも取っていました。

少しよくなってきましたが、また新しい湿疹がプツプツ出てきて、なかなか炎症が引きませんでした。

そんな中、この間参加した石鹸の講習会のMieさんのプロダクトを使用させてもらったんです。

アボリジニが聖地と崇めたマウントウォーニング(以前紹介しました)の麓という空気と土の綺麗な場所の雨水とナチュラル素材で作られたプロダクトです。

彼女の天然化粧水と湿疹用のオイルを混ぜて手にしみ込ませた後、彼女の庭で栽培されたカレンデュラから抽出されたもので作られたオイントメントを塗るのです。

これがね、じわじわと効いてきたのです。ゆっくり炎症が治まってきました。(同じようにLeeの皮膚の弱い所(アトピー)に使ってみたら早く治っていくんです。すごいですよ!)

「Crystal Creek Cosmetics」フェイスブックにページがあります。連絡先は cccosme33@gmail.com です。(*チラシの中のメルアドは現在使用されておりません。)

完治まで最後の一押しという所まで来ました。けれどもちょっと水仕事で皮膚を刺激すると新しい湿疹が始まっていました。

それでね、兼ねてから、一度試したかったプランがあって、実行してみたのです。

それは...


「水道水を一切使わない」ということを試してみたかったのです。


とにかく水を触ると悪化するのです。水を触るとしみるのです。

そしてこの間ホリデーで1週間、グランパとグランマの山のお家に行ってきました。そこは水道水が通ってない、雨水タンクの家なのです。

私の予想は的中しました。

悪化の大きな原因は水道水でした!

多分水道水に含まれる物質。塩素かな?フッ素かな?とにかく何か。雨水には含まれていない何か。

お水でも悪化してしまうではなくて、水道水が悪化させていたのです!

だって雨水タンクだったら、いくら水を触って家事をやっても、手がひりひりしないのです。二日も経つと手の炎症が消えてしまいました!

しかもそれに気を良くして、ワインとビールを飲んでみたんです。そうしたら大丈夫なんです。この数年、必ず飲むと次の日は手がパカパカ割れてしまっていたのに!!

炎症が収まってシドニーに帰ってきたのですが、それから手湿疹が再発していないのです。

今の段階での考察ですが、多分、重金属やケミカルが体内に入るとプツプツと湿疹が出てしまうのだと思います。そして一度始まってしまうと、過敏になっているので、簡単にいろんなものに反応してしまうのです。炎症させるのは、水道水だったり、添加物のたくさん入ったアルコールだったりするのです。(ドライイーストのアルコールがダメだと言われています。)

でも炎症が始まってしまったら、天然素材のプロダクトで炎症を緩和させて、水道水に触らないでいるのが一番だということがわかりました!

って、そんなの普通の生活では無理ですよね。。。

でも原因を知ることは意味のないことではないと思うのです。

ますます、自然の汚染されていない場所で、雨がたくさん降る土地で、雨水タンクで暮らす生活をしたくなりました。

あ〜、夢の田舎暮らしはいつ実現するんだろう。。。

とにかくその時までに、今ここでできる下準備をしなければ。。。

手作りの練習練習。


そろそろ、現実逃避をやめて、練習の実践に入らなければ(笑)


8月8日追記:

数日前から湿疹がまた再発してしまいました。。。
今回は湿疹は4週間治まっていたんですけど、残念。

とはいえ、シドニーに戻ってきてからは、皮膚はいつでも乾燥した状態で、ちょっとした刺激で始まりそうな状態が続いていました。4週間よくもったなというのが感想です。もうまた水道水がひりひりして仕方がないので、手袋生活に戻っています。

それに今、MieさんのCrystal Creek Cosmetics の手に塗る化粧水を使いきちゃってるんですよね。。使用感でわかるんですけど、なんかやわらかいというか、浸透するというか、やっぱり水が違うんですね。。

みえちゃ〜ん、オーダー立て込んでて大変そうだけど、楽しみに待ってま〜〜〜〜す!
と、ここで催促してみる(笑)

あ〜、私もCrystal Creekのようなきれいな雨水のところで暮らしたい〜〜〜。





[PR]
by simplicity_circle | 2012-08-02 22:03 | ホリスティックに!

unicorn poo

ローフード&発酵食入門講座

これまたとってもとっても勉強になりました。そして驚くほどおいしかったです〜〜〜♪

こういった講習会の企画のお手伝いをさせてもらうことってありがたいなぁと思います。
まず先生とお近づきになれること♡そして同じ関心のある方達と繋がることができること♡
本当にお声をかけてくれたみぽりんに感謝感謝感謝です♪

とっても素敵なさよこさん。ブログはこちらです♪ 三重でローフード〜Listen to your soul singing〜

そしてそもそもこの企画は、みぽりんとその世界ではとっても有名なエドガーケイシーの光田菜央子さんが繋がることで実現しました。その経緯はこちら菜央子さんのブログにあっておもしろいです。私も本当に今すごい勢いで世界中で人々の繋がりが広がっていると感じる毎日です。


ということで、すっかりナチュラルハイジーンに感銘したところ、なんとも絶妙なタイミングと申しましょうか、子供たちが3人熱を出してしまって、珍しく私にもうつってしまい大変な一週間を過ごしました。


ということで、早速我が家の Cold press jucier フル回転です。


低速回転ジューサーが一番栄養素が残り、酸化するのが遅いので48時間も保存できるというので、Cold press juicerを1年半くらい前に買って時々飲んでいました。
b0113192_10454275.jpg

この機種が$299とお安いのですが、 Choice Magazinでトップパフォーマンスに選ばれていたのです。

The Compact Juicer awarded top performance score in independent tests


けれどもジュースを作るにはとにかく大量のFruit&Vegi が必要で、それらが最近ずっと高いので、ジュースにするよりそのまま食べた方がいいかなと感じていました。それに大量にWasteがでることと、体によい繊維を全部捨ててしまうことに罪悪感も感じていました。


ところが、水溶性の繊維はジュースの中に残っているそうです。また大量に出るカスもケーキや煮込み料理にも使えそうです。(子供は人参のカスで作ったケーキが大好きです♪)


また、ナチュラルハイジーンの考え方を少し習いました。

ナチュラル・ハイジーンには、体内リズムがあるそうです。

朝4時~正午 :排せつ・解毒の時間
正午~夜8時 :摂取・消化の時間
夜8時~朝4時 :吸収・同化・利用の時間

朝食はフルーツだけにする。(排泄をスムーズに行うことができます)
消化のために生の物を先に食べる。(フルーツ→サラダ→食事の順番)
食事は正午から夜8時の間にする。

そして、正しい食べ合わせがあるそうです。

基本、果物は単独で食べること。
肉・魚などのたんぱく質とご飯やパンなどの炭水化物は、消化にかかる時間が異なるのでいっしょに食べるのは最も胃腸に負担をかけるのだそうです。 食べるなら、生野菜とお肉、生野菜と魚、生野菜と炭水化物..というように、ナチュラル・ハイジーンの薦める食べ物(果物と木の実と生野菜)といっしょに1種類の肉や魚、炭水化物をとるのです。(文章をこちらから拝借させていただきました)


いいとは、わかっていても、意志の弱い私はなかなか行動に移せないのですが、少しずつ取り入れてみようと思っています。


っということで、今、朝はキャロットアップルジュース。お昼頃に野菜ジュースを飲んでいます。


今朝も、せっせとお昼のジュースを作っていたら、パパが横に来て、しばらく黙っている。


何を言うんだろう??と様子を見ていた。






「Come on kids!!」






「Look Unicorn Poo」








b0113192_12365818.jpg

ユニコーンのうんちですって。。。。
[PR]
by simplicity_circle | 2012-07-01 12:48 | ホリスティックに!

今度はローフードの講習会!

手作りマルセイユ石鹸、デットクスと手作りコスメの講習会
とってもとっても有意義で、しかも楽しかったです♪ ただいま石鹸熟成中です♡

スタッフも最高でした!!フルメンバー磯野家なところが。
(気持ちが先走って、慌てん坊という意味です。)
そこがハラハラドキドキで楽しかったんです。
なんてね、みえ先生のレクチャーは本当にとっても素晴らしかったです!

GC&SYD企画は、さらに人の輪も広がって、
なんか今後も色んな形で続いて行きそうですよ。
この繋がりは去年のガイアシンフォニー上映会を企画した所からなんです。。。

講習会に来てくださった、お友達、初めてお会いする方、本当に素敵な皆さんで、
あ〜、企画に携わらせてもらってよかった。。としみじみと感じております。


その翌週はお友達企画の「お笑いワークショップ」がありましてね、
名前の通り楽しくて楽しくて、脇腹が痛くなるほど笑わせてもらいました。


そして来月6月22日と23日は、「ローフードと発酵食入門講座」です!

以前からブログに書いてきた通り、私は「ローフード」に興味があって、
「新谷弘実」のエンザイム論にも影響を受けていています

最近、自分の身体の問題(重金属アレルギー)、放射能汚染のこと、
考えれば考える程、ローフードの重要性にたどり着くのです。

できるだけローの割合を高くしなければと思っていました。

そして、

「発酵」も以前からブログにずっと書いてきた通り、
食にも農法にもすべてのキーワードだという結論に達しています。

それなのに、

いまいち、行動がともなわない私に、神様からのプレゼントのような企画です!!

ありがたい事です。



b0113192_1148053.jpg

[PR]
by simplicity_circle | 2012-05-31 11:35 | ホリスティックに!

オーストラリア・ブッシュフラワー


今週はYosshiさんの「オーストラリア・ブッシュフラワーエッセンス入門」のセミナーに参加しましてね、新たな世界を垣間みて、またまたワクワクしてしまいました。


私ね実のところ、今までオーストラリアのブッシュ(NSW州)を歩いていても、
北半球の森と比べて「地味〜」なんて少しタカをくくっていたところがあるんです。

生命力が強いのはこの自然環境でたくましく生きている事実が証明しているのですが...

波動も高いと聞くのですが...

なんというか、見た目が...


緑の葉も色が茶色っぽくて、
お花はちぃ〜さいか、大きくてへんてこりんな形だったりするし、
ブッシュの木々は、力が抜けているみたいで、今にも枯れそうに見えるし、
(でも枯れていないんですよ!!)
寝そべっているカンガルーちゃんや、寝てばっかりいるコアラ君と、
(もちろんかわいいんですよ!)
仕事でものんびりオージーと印象が重なって、


なんていうか。。。


やる気な〜い!! (決して悪い事だと言いたい訳ではないんですよ!)


私の夢のお庭は、北半球化させるぞ〜! なぁ〜んて思っていたのです。



でも、でも、でも、



またまた、私の浅知恵でございました〜〜〜〜。



大陸としては、世界一乾燥していて、最も古いといわれる、オーストラリア大陸。
こんな過酷で隔離された地で、太古の昔から脈々と現代まで生き続けた彼らは、



なんとも尊い、ものすごいエネルギーを秘めた、強力な波動を持つ植物様達だったのですね〜〜〜。





オーストラリアの植物・大地様 ごめんなさ〜〜〜〜い!!!!!!





本当に、自然に還ろう!などと謳っていながら、




全く心眼の開いていないsimcircleでございます。。。




でもまぁ、やっぱり、自分の庭は、緑に生い茂った木々や植物と
オーストラリアのネイティブの草木が素敵に調和したものにしたいと夢想しております。




セッション中に、インサイト・カード (エッセンスになったお花の写真のカードです)というものを使用しましてね、エッセンスを調合してもらいました。
このカード「オラクルカード」としてぜひ欲しくなりました〜〜。


って、そんな情熱と知識が、あっちこっちに、拡散して、統合されていない、
しかもせっかちで自分への誓約でいっぱいになっている私へ、



ブッシュフラワーからのメッセージは、

落ち着きなさいというものでした...



落ち着いて、内なる部分に目を向けて、
真なるハイヤーセルフとの繋がりを持って、
明瞭さを得て、直感的アプローチで問題解決。
情報の取捨選択、統合と吸収を行う。
魂のコアな部分に到達、前世の才能にアクセスして取り戻す。
オーラに入ったネガティビティのクリーニング。
物質の次元でのやりとりに喜びを持って、
才能が足りないという不足感を解消する。




そんなエッセンスが選び出されました。


スポット・オンなメッセージでした。


ブッシュフラワーエッセンス、もっとファンになってしまいました〜 ♪




こちらのページ エッセンスの意味がひとつひとつ日本語で説明されています。参考になりました。


ちなみにこのエッセンスを取り出して3日目、
上のメッセージには何の関係もないように思える、
再発していた手湿疹が終息に向かいだしています。


手湿疹、外的な要因より、内的な要因を強く感じる今日この頃です。


以下は自分への記録です ♪

***************************************************************************************************


Black eyed Susan

常に物事を急ぎ、生活はコミットメントで一杯になっています。
このエッセンスは、このタイプの人が生活のペースを落とし、
内なる静かな部分に目を向け、落ち着きと内的導きを見出すことの手助けをしてくれます。


Angelsword

様々な混乱や間違った情報の渦を切り抜け、
自分自身のスピリチュアルな真実に到達する効果があり
このエッセンスを飲むことで、前世において培った特別な才能にアクセスしたり、
それを取り戻すことが可能になります。
オーラのネガティブなエネルギーを解放してくれ、
ハイヤーセルフとの真の繋がりをサポートしてくれる。


Christmas Bell

愛だけでなく、物質次元でも与え・受け取る喜びという、物質次元をマスターすること、
自分の持っているものを扱うことが上手になるように助けてくれます。
また、自分が望んだ結果を実現してくれますので、
不足感を経験しているあらゆる人にとても役に立ちます。


Paw Paw

情報の質と量に圧倒されていると感じる傾向がある場合 ,
新しい考えや情報の統合と吸収をサポート。
ハイアーセルフとの繋がりをよくし、
新しいアイディアの吸収、落ち着き、明瞭さを得て、
直感的アプローチで 問題解決する





[PR]
by simplicity_circle | 2010-09-25 00:00 | ホリスティックに!

正しい食事ってどんな食事?& 病気について

自然食とか健康食とか考えだすと、マクロビオティックとか玄米菜食に行き着く方は多いのではないでしょうか?

『食品の裏側』『キレない子供を作る食事と食べ方』『粗食のすすめ』

これらの本にも、とっても影響を受けました。

玄米 穀物 精製されていない いのちが通った食品、食材がいいこと
よく噛んで ゆっくり食べること
腹八分
昔からの伝統食がいいこと(身土不二)
地産地消が理にかなっていること

砂糖や精製食品 加工食品の健康への悪影響
動物性タンパク質や乳製品の弊害
食品添加物や農薬や遺伝子組み換え製品の危険性
現代の安い便利の食品の質とその内情

共感できる方の意見は共通しています。

それまでの私は、白いご飯、簡単に旨味がでる安くって便利な加工食品と調味料、
おいしいお肉や魚介類を食べたいだけ食べることに強い疑問や罪悪感を持っていませんでした。

でも実は少し罪悪感がありました。母親に自然食で育てられていたからです。
(おかあさん、どうもありがとぉ〜)

だからね、気がついてしまったら、めざす方向の転換は簡単でした。
(どこまで実行が伴っているかという話はおいておいて..へへっ^^;)



でもね、Karを妊娠してた頃、この本に出合って、選択の壁にぶち当たっていました。
衝撃の本でした。『病気にならない生き方』新谷弘実著
b0113192_1211041.jpg

日本ではとても有名みたいですね。

現代の食文化、食生活はまちがっている。
ほとんどの主張に共通点があります。


ただ、最後に、何が好ましい食べもの、食べ方というところで、
野菜と果物の摂り方についての考えが、他の諸先生方とは違っていたのです。


この35万人以上の胃腸を診察し、膨大な臨床経験をもつ 、世界初で胃腸内視鏡によるポリープ切除術を研究開発導入した医師は、生野菜、果物については違った主張だったのです。


酵素(エンザイム)が全ての鍵をにぎる
エンザイムをたくさん含むフレッシュな食物を多く摂ること
その視点から、生野菜、果物を摂ることを奨励しているのです。


マクロビオティックや自然療法などでは、
陰陽のバランスを提唱して、生野菜や果物は体を冷やすといわれています。


当時の私は悩んだ末、どちらを実践するかという選択でマクロビ的な思想を選びました。
なので、衝撃は受けたものの、ブログに紹介する事もなく、この本はそのままになっていました。


それから数年経って、ローフードという考え方を知りました。
食材を極力生で摂取する食生活。
精神世界で語られている、未来をみるような気持ちになりました。以前書きました

『ローフード』石塚とも著 

この本も読んでみました。惹かれる部分もたくさんあるんですが、
ローフードの比重をそんなに高くする必要もないように思いました。

輸入食品に過度に頼ることになったり、電気機械の必要性が高くなったり、
すこし不自然になって行くような気がしたからです。

それと何でもフレッシュなものをミキサーで砕いてしまうことに、
よく嚼んで食べるという、大切な工程がないがしろにされているようで、
一抹の不安を感じました。

それでもローフードという理念にはとても惹かれました。


そこで気がついたのです。


あれっ数年前に読んだ、新谷弘美先生の提唱する食べもの、食べ方は、マクロビとローフードの中間にいる。中庸だ!!!


昨年の4月、マクロビ研究家でもあった、デジャーデン・ゆかりさんとお会いできた時に、新谷先生について、彼女の意見を伺ってみました。


「私は新谷先生のおっしゃることが本当だと思う..」
と言葉を選びながらおっしゃっておられました。

ゆかりさんのローフードに対する見解も少し話してくださいました。
その見解と共通した意見を発信している方を偶然!?今見つけました。
もっともだな〜と思いました。“i-healing.com 心と身体をまるごとキレイにしたい人集まれ”

その時のゆかりさんは、マクロビ食はもちろん、ローフードのパンや、いろいろなものを出してくださいました。マクロビもローフードもいいとこどりです。

本当に、知識の広さと、なんでも器用にこなしてしまう、ゆかりさんに私はあこがれのため息をついたものです。


ゆかりさんも中庸な方だったのです。



っということで、今の私の目指すところは、新谷弘実先生の提唱する食生活です。



あの、くどくてすいませんが、「目指すところは!」です。

どれほど実行がともなっているかというと...


家族全体にイライラのエネルギーが流れない程度に、ゆるゆるです。
かなりいい加減です!あはは。


最近お友達から「病気にならない生き方2」を貸していただきました。
b0113192_12104929.jpg

この本は2冊セットで読むと尚よいですね!

1は理想編。2は実践編



さて、食について、自分への記録のために書きましたが...



個人的には、病気って、心の持ち方、生活習慣の他に、天命、自分の定めた宿命としての役割もあると思っています。


もうひとつ病気に対する姿勢に「シリウス文明がやって来る」にこうありました。


病気のことで、
必要以上に話し合ってはいけないし、
想ったり、考えてもいけない
ということが云われています。

このことはまた、病気という概念に、
「同調してはいけない」ということでもあります。



本当だ!辛い心配な思いをしていながら、気丈に泣き言を言わないすばらしい方がたくさんいる。そう言う人は知っているんだ!


手湿疹が痛いと泣き言ばかり言っている自分が恥ずかしくなりました。
なので、診断のお願いをする時以外はもう話をするのはやめますね。
ブログにもこの情報は役に立つぜひシェアしたいと思ったときだけ書くようにします。


よっし〜さんの宇宙人さんは肉体を持って悩みがあるという事自体がうらやましいと言うのだそうです。
肉体からの辛さ葛藤があって、そこから学べばそれだけ霊性の進化が加速するからでしょうか?

生きてるこの人生、何が起きても楽しまなければ損ですね。


不満、愚痴、泣き言をやめます!!
[PR]
by simplicity_circle | 2010-04-30 12:29 | ホリスティックに!

手湿疹についての考察

まず、この数年でわかったこと。

とにかく、子供が生まれてからというもの、ハンドソープで手を洗いすぎました。
水仕事が急激に増えました。

敏感肌だった私には普通のお店で買える普通の生活用品(台所洗剤、お風呂用品、化粧品)、いわゆる石油が原料でできている用品は、刺激が強すぎたのです。界面活性剤なんて有名ですよね。その弊害が。

気がつかないうちに、皮膚の角質層がはがれ落ちて、バリア機能が崩れていました。

そうなるともう「アレルギー性接触皮膚炎」です。
湿疹が出てしまうと、何を触っても、あらゆる刺激で悪化していきます。


石油系製品が家にはなくても、外出先で気がつかずに使ってしまったりするのです。外食店においてある「紙おしぼり」とか。ぷつぷつっと湿疹が始まってしまうのです。

一番びっくりしたのは、ガソリン(軽油)を車に入れた後、湿疹が始まってしまったこと。もろに石油に反応していたのです!!


そしてアルコール。ワインやビールに入っている防腐剤などの薬品が湿疹を悪化させるという事がわかりました!

皮膚が「ぱかぱか」割れてくるのは、ワインのせいでした。
しばらくやめてみてわかりました。
いくら生活用品や食生活を気をつけても、治らないわけです。。。

加工食品の裏の内容物を目を皿のようにして読んでいても、ワインの事は考えていませんでした。

以前、ナチュラパスに言われて知っていたはずなんですけど、自分に都合の悪い事は記憶の中からこぼれ落ちるものですね。。。困ったものです。

でもね、ここで少し言い訳!

以前もワインとビールをやめてヴォッカとジンにした事もあったんですけど、治らなかったので、忘れてしまっていました。(当時は外出先で使っているソープや台所洗剤が原因だったんでしょうね)



さて、さて、最近の私は、誘発する原因と悪化させる原因がわかったので、とっても気をつけているんですけど、もうだめなんです。すっかりバリヤ機能が混乱しているので。


ホメオパシーのレメディもArs-alb(アーセニカム)が2回くらい効果があったのですが、もう効かなくなっていました。

Petroleum(石油)このレメディは3回試したのですが、毎回半端じゃなく悪化しました。

好転反応だからと我慢するのですが、もう痛くて、痛くて、続けられませんでした。

Petroliumのレメディで、手をグーにもパーにもできなくなる程、悪化して、どうしようもなくなって、わらをもつかむ思いでたどり着いたのが、漢方。


これがものすごい勢いで治りました。(ただし私の場合は、はじめの一回だけでした)


そこの先生はとにかく、アレルギーを心配して、食べる事、使うものを制限するより、肝臓を強くして、解毒作用をできるようにしなさい。と言って、そのための漢方を調合してくれます。


ここのSunny先生、診たても確かで、腕がいいと思います。
お勧めです。

Pure Natural
Chinese Herbs & Acupuncture Centre

Shop14, Victoria Plaza,
369 Victoria Ave. Chatswood
NSW 2067
Tel(02)9411-6666



でも漢方も私はやめました。確かにすごい炎症は抑えてくれるのですが、私の場合、完治はしないのです。そして、何よりも高いのです!!!家計が火の車。。



その他には、肝臓や皮膚に良いと言われているクリスタルを身につけたりもしました。



自然療法でも、皮膚、特に手や足の先に出る湿疹は、身体に入った毒素で肝臓や腎臓で処理しきれなものが、皮膚から排出しようと湿疹となって表れていると言います。


この間、のぶちゃまには、ティッシュソルトをおすすめいただきました。

のぶちゃまによるティッシュソルトの説明1説明2


皮膚の再生に、Kali-sulph(ケーライソーファー)  コラーゲンを作る!
肝臓強化、身体の毒出しに、Calc Sulph(カルクソーファー)  ブラッドクレンザー!


そして私の皮膚を見て「お水が足りてない」との指摘。

「子供を連れてるとトイレに行くのが大変でね、外出するときはついお水を控えちゃうんです〜」という私に、

「トイレに行く心配と肝臓とどっちが大事なの!?」と。

もっともな、のぶちゃまなのでした。。。




っということで、これからも、私の手湿疹、

身体面、精神面からホリスティックにアプローチしたいと思っています。

このブログ、結構、湿疹で検索してたどり着く方もいらっしゃるようなので、また経過を報告しますね。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-03-30 07:24 | ホリスティックに!

治らない手湿疹

手湿疹について語ったら、長いですよ〜。

完治する事があったら書こうと思っていたのですが、いつまでもそんな様子がありません。
2004年の10月から、ほとんどずっと悩まされています。
一本の指から始まったのに、5年かけて、今は両手、親指以外全部です。

ステロイド、自然療法、ホメオパシー、漢方、フラワーエッセンス、いろいろやりました。
様々なハンドクリームも試してみました。

そして少しづつ、わかってきた事もあります。

何を試しても、一度や二度は治るんです。でもすぐ新しい湿疹が始まって、その後は効果がなくなってしまうのです。

絶対、問題は私の中にあると感じています。


細かい事を書く前に、前回の続き。


Yosshiさんはフラワーエッセンスのプラクティショナーでもあります。

エッセンスの選択にも、宇宙やエンジェルからのメッセージが届きます。
エッセンスにも宇宙とエンジェルのエネルギーを入れてくれます。


私の治らない手湿疹、原因は私の生活習慣以外に、精神的なものを感じていました。

その事を伝えると...「感謝がない」という言葉がすぐ降りてきました。


えっっえ〜〜! 心底驚きました。


この数年の間の気づきの中で「湿疹への感謝」がNo1だったからです。


だって、湿疹に悩まされた事が、食生活、生活用品を根本的に見直す原動力になったからです。

その結果が子供の未来を守る、地球の未来を考えるという事に繋がったのです。

だから、湿疹になってよかった〜って心から感謝していたのです。

最近は、それでも治らない手湿疹に、まだ何か気づき足りない事がありますか???という気持ちになっていました。


そんな私に感謝が足りない!!!???


そうするとYosshiさんは「どうも身体に対しての感謝が足りないみたいですよ」っとさらに、メッセージが続く。


なんと、自分の外面的な要因のコンプレックスが関わっているようなのです!!


湿疹、特に手に出る湿疹というのは「恥」の気持ちに関わるのだそうです。


どうも私の場合は、自分の身体に対する恥=コンプレックス?で感謝が足りないという事らしいのです。。。


えぇ〜〜〜〜!



確かに、乙女な時分には、いろいろと、乙女な悩みはありましたけど、もう今となっては、ねぇ、今さら、ねぇ。。。


白状します。今でも、コンプレックスはあります。
もっとすらっと細長い体系になりたいとか。。。出産後のお腹をどうにかしたいとか。。。二の腕が。。。(この辺でやめておきましょうねぇ。。とまらなくなるので^^)


これが私の治らない手湿疹にかかわっているとyosshiさんの宇宙人は言う!!


さらに!私ではこの場で、とてもハンドルできないような、大人なトピックもでてきた!


でもね、精神世界を探究しているものとしては、ちょっとホットなトピックだったんです。

地球は今、アクエリアスという時代に向かっていますからね。。。
女神の時代です。隠された女神達の封印が解かれています。

真なる女性生意識を開花させましょう 
水瓶座の時代という新しい時代に向かって
男性性意識と女性性意識を統合させましょう
そして、それらを統合させた上で
女性性意識を強く押し出してゆきましょう


時間があまりありません。女性性の活性化が求められています。


イエスの妻であるマグダラのマリアの「マグダラの書」も読んでみたいなぁと思っているところでした。



まぁそんなアドバイスをふまえた上で、この手湿疹に、皮膚に関する3種類のフラワーエッセンスを調合してもらいました。


今10日程経過しています。ゆっくりとですが、明らかに収束の方向へ向かっています。


すごい。。。やっぱり「コンプレックス」に発していたのでしょうか???



また経過の報告をしますね。


次回は、もうちょっと湿疹について、外的要因についてわかってきた事を書いてみますね。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-03-28 08:17 | ホリスティックに!

手湿疹にホメオパシー療法   

b0113192_14142437.jpgヨーロッパ伝統の自然療法「ホメオパシー」というものに、以前から興味はあったのですが、今まできっかけがありませんでした。気になるので、ちょっと検索してはみるものの、わかったようでわからない。。。

ドイツの医師によって19世紀初頭に生み出された原理で症状の原因となっているもの、またはそれに似たもの(レメディ)を微量に与えることによって人間の中にもともと備わっている自己治癒力や抵抗力を呼び起こす。

毒には毒を持って制する??
いつか本でゆっくり読んでみようと思っていました。

それが、ついにホメオパシーを試してみる機会がやってきたのです!

「私の体は治りたくないみたい。治ると、すぐとなりのスポットから新しい湿疹がまた始まる。アトピーが2本の指の間をぐるぐる回っている」

といつものヘルスショップの自然療法士に説明すると、今までの自然療法は続けたまま、ホメオパシー療法を試してみようという事になったのです!

液体のレメディーを処方してくれました。『Arsenicum Album』猛毒の砒素です。ちょっとビックリしました。でも原物質が分からなくなるほど薄く希釈してあるので、全く危険はないそうです。

調べてみましたが”類をもって類を癒す”という原理だそうです。同種療法や類似療法とも言われます。

例えば不眠の人に極限まで希釈振盪したコーヒーのホメオパシーの薬を与えたり、大量の鼻水、涙がでる花粉症などには同じような作用を及ぼすタマネギから作られたAlliumCepaというホメオパシー薬を与えたりするそうです。

慢性の状態になっているという事は、体がその症状に鈍感になって、悪いと気づいていないという証。現代医学、つまりアロパシー(対症療法)では症状を押さえ込む薬を投与しますが、ホメオパシーは逆で、その症状を起こさせるものを与えることによって、体は"これは大変、治さなきゃ"と気づかせるのだそうです。

つまり、人間の体にある自然治癒力を呼び覚ますスイッチの役割を果たすのがホメオパシーなのですね。

そして私の手湿疹の場合、このホメオパシーが最後の決め手となりました。写真のビンがなくなる頃には、赤いプツプツもなくなり、手袋をしないで水仕事をしても、シャワーを浴びても湿疹がでなくなりました!!

でも外で水仕事をする時はいつも手袋を持参しています。普通の洗剤を使うとやっぱり湿疹が戻ってきそうで怖いのです。それに湿疹のあった指はまだ他の皮膚より薄いのか、かなり乾燥しやすいので、保湿はこまめにしています。

ホメオパシー、奥が深いです。読めば読む程、わかったようでわからなくなってくる。自然療法士の彼女も「2年勉強してるけど、複雑で奥が深いわよ~」と分厚い本を片手に言っていました。このヘルスショップの自然療法士に予約をすれば、$10で瞳で健康状態を診療してくれるIridology(虹彩学)も受けることができます。アジア人の暗い瞳でどの程度診る事ができるのかわかりませんが、いつか受けてみたいものです。確か今月は会員はただなのです。でも今のところ切実な問題がなくなってしまいました。

それではもうちょっと、ホメオパシーの不思議について。

薄めれば薄めるほどレメディとしての効果が高くなる。そして、薄くなればなるほど、レメディーは肉体から感情へと作用するというのです。

どうしてでしょう?

最近の量子物理学の目覚しい進歩で、やっとそのメカニズムが少しわかりかけてきました。原子の世界という極めて微小な世界は粒子であると同時に波動でもあるという不思議な世界。私たちの普通 の世界では思いもつかない様な事がいっぱい起きています。

薄める過程において粒子の数は、どんどん少なくなって毒性は薄まっていくのだけど、波動という相では希釈しても弱くなるとは限らない。薄める倍率によって弱くなったり強くなったりする。

ホメオパシーというのは、希釈していく過程で波動という形になったエネルギーと毒性症状の情報を含んだレメディを服用する事によって、体は現在の症状に似た情報を得ることになり、体の中の免疫系統が反応して治癒していくという感じでしょうか?

レメディの効果の波動が、その人の波動が停止してしまっているところに作用するのだそうです。

日本ホメオパシー医学協会参考、引用
由井寅子さんと中村じゅあんさんの対談が興味深かったです。スピリッチャルが好きな人は目を通してもらったら面白いかもしれません。
[PR]
by simplicity_circle | 2007-09-29 14:57 | ホリスティックに!

手湿疹治りました

治ったと宣言をしてしまいます!

b0113192_1550639.jpg以前シンプル化 生活用品 治らない手湿疹で3年間治った事がないと書きました。

4ヶ月くらい前から「石油系の合成化学物質」を家の中から排除しました。加工食品や精製食品を食べる量をかなり減らしました。乳製品もお肉も量を減らしました。糖分も控えるようにして、旬の野菜や豆食品をもっと摂るようになりました。食べる物も使う物も値段よりも質と安全性を考えるようになりました。

当時、皮膚が薄くなっていた指は、伸びる爪を支えきれなくて剥れてきて、爪が小さくなっていました。湿疹からはじゅくじゅくと汁がでてきて痛くてかゆかったのです。

こんな状態で、ヘルスショップにいる自然療法士に相談してみました。簡単なカウンセリングの結果は。。

*合成化学洗剤をやめたのは大正解。
*食生活は↑あのような感じでとてもいい。
*もっと魚(特に青魚)をできれば週5回食べて下さい。
*皮膚の為のサプリメントを摂った方が効果的。
  「PRIMROSE月見草, FISH OIL & VITAMIN E」 
  「ZINC FIX 亜鉛 ORANGE ビタミンC」

*水は一日2㍑ 飲んで下さい。皮膚の回復にはとても重要。


皮膚のためによくない事は...私の場合。。

*紅茶を1日4.5杯は、カフェインの取りすぎ。
*スパークリングワインはできればやめた方がいい。


ワインは一日3杯以上、週末はもっとです。多過ぎるそうです。無理だったらせめて量を減らして下さいとの事。。ワインの中に入っている、糖分と保存料などの化学薬品が皮膚によくないそうです。しかもスパークリングには一番多く含まれているそうです。。。dinnerでsparkling wineを飲む事を楽しみに一日を過ごしている私。めまいがしました。

*飲むのならできれば「ジン」「ヴォッカ」というホワイトスピリット系のお酒とSoda Waterに替えて下さい。ビールもダメです。

お酒の中の薬品については全然考えていませんでした。。。 これは痛い!!

ということで、なんか声が小さくなってしまうのですが、お酒についてはちょっとワインとビールを減らしました。

まぁこんな生活と、写真のアトピー用のクリーム(ハーブを調合して作ってくれました)で手の保湿を心がけていたら、1.2ヶ月もしたらかなり落ち着いてきました。ステロイドや炎症止めの薬を使わないで、この状態になったのは、初めてです。かなりうれしいです。

CREAM-ECZEMA

Vitamin base
Tea tree oil
Lavender oil
German chamomile
Zinc Drink
Calendula oil


でもあともう一歩のところで完治しないのです。炎症は治まるのですが、どうしても赤い小さいプツプツが消えないのです。刺激があるとすぐ湿疹が始まりそうです。「なんか私の体は治りたくないみたい。いつでも湿疹を発症する機会を狙っているという感じがする」と自然療法士に経過を話すと..

「ホメオパシーを始めてみる?」と聞かれました。

次回はホメオパシーについて。
[PR]
by simplicity_circle | 2007-09-27 16:26 | ホリスティックに!

思いこみから健康に-健康から幸せに

毎日食べているもの、毎日使っているものなど、何気なく体に取り込まれるものによって体の健康だけではなく、心にも大きな影響を及ぼすということを実感するようになりました。

心と体は表裏一体。関連がなく全く別の問題と決めてしまうことの方に無理があると私は思います。

さて今回は、健康をそこなうと心も変わってしまうという整体からのアプローチです。

産後のうつが出産の時に生じた骨盤のゆがみによって引き起こされることもあるので、整体で治療したことによって治ったという話を聞きました。

他にも体の状態で、心が不安になったり、苛立ったり、強情になったり、意地悪になったりすることはたくさんあって、感受性が変わってくるのだそうです。だからこの先生は体を治療する事によって、怒りっぽいのを治したり、苛立ちを鎮めたりする事ができたそうです。

その「野口整体」私自身はこの整体に通ったこともなく、わずか2.3冊の本を読んだだけでその全体の理念を理解しているわけではないのですが、本を読んで衝撃を受けました。創始者である野口晴哉氏は明治生まれの方です。今なら同じような方向を見た方はたくさんいらっしゃいますが、戦前戦後といったあの特殊な時代に世間の常識とはかけ離れた自由な発想を唱えている人がいたということに驚きを覚えました。体癖論、活元運動、愉気法、潜在意識教育など独自の概念や方法論をもっています。人間の中にある力を認めることによってその人を健康にしてきたといいます。

野口整体は、強制的な力をもって曲がっているものをただ伸ばすというような反自然的で体の状態の反復を招く様な方法とは大きく異なっています。
社会生活の中で日常的にくり返される誤った生活習慣は、脊髄を中心とした体の偏り、ゆがみ・病む体の表にあらわれ、観察されます。
その「体癖」の自動調整運動と脊髄調整を中心に野口法の整体指導は行われますが、自己に対する教育と実践のトレーニングを通じて固定した観念や不自然な生活習慣は改められ、自己治癒力の健全な発動を促します。その結果得られる心と体との調和は、新鮮な心地良さとして「感知」されることでしょう。
意識的に観察の対象を運動に限定し、それを通して「気」の傾向を把握し、その変化を誘うといった特有のダイナミズムと、深い柔和な愛情をこの方法は合わせ持っています。

 野口整体 気・自然健康保持会より転載

体のゆがみを治しても、心のあり方と生活習慣をあらためなければ、またもとに戻ってしまいます(体癖)。だからその原因をあらためることによって体のゆがみをを作らず、心も体も健康になっていくといったとこでしょうか。赤ちゃんにだって一息四脈を保って動いているという自律性があります。人間が本来持っている自律性を信頼し、潜在意識に働きかける事によって、もっともっと健康で強く生きていけるということなんだと思います。問題のある場所だけを取りあげるのではなく、その人間そのものを全体でとらえて治療するという、ホリスティック医療の先駆けのような存在ですね。近くにあったらぜひ通ってみたいものです。。

潜在意識に働きかけるということ。

あなたの体は弱いと他人にいくら言われても何でもない。何かの拍子に自分は弱いのだと、自分の潜在意識に「と思い込んでしまう」と弱くなる。便所で尻をまくっていても風邪を引かなかったのに、靴下がちょっとぬれたからといって風邪をひく。肌脱ぎしてお化粧している人が、襟巻きを忘れたら風邪をひいた等と平気で言う。「この子供は弱いのですが」と子供を連れてくる母親には「私が弱くしたのですが」というべきだと思う。

腹巻というものは大正時代に流行した物であるが、下痢などをするとお腹が冷たくなることがある。それでお腹が冷えると下痢になると思い込んでしまった。腹巻を取ると下痢をすると思っている人に大正型という名を呈した。がその人は、その思い込みが取れたため、腹巻を取っても大丈夫になり、その名を返上して腹巻をやめてしまった。
時代を感じていいですね^^

そういえば、オージーはかなり薄着で、真冬でもおへそをだして歩いてる女性なんかも見かけます。おなかを冷やして病気になるなんて思い込みは微塵もないと思います。そして絶対、冷え性ではないと思います。

薄着をしたから風邪をひくと心配するのではなく、薄着をしたから風邪をひくわけではないと思い込むこと。それでも薄着になって体の調子が悪くなるのなら、冷え性であるその根本の理由を考えたほうが健康になるような気がしました。

次回は野口晴哉氏の唱える潜在意識教育について書こうと思います。
[PR]
by simplicity_circle | 2007-09-05 23:13 | ホリスティックに!