カテゴリ:心の持ち方!( 26 )

自己を内観する

この数ヶ月間、ただひたすら、自己の内観を続けています。

Steve Jobs氏のスピーチを聞いて、「私は全く今を生きていな。。。」と強く感じ、

そんな自分のために記事をUPしました

けれども、2ヶ月たった今、

まだ今を生きていません。今日が最後だと思って、毎日を丁寧に生きていません。

まだ「明日やればいいか。。。」っと、

やり残していることがたくさんあると感じます。


子供のこと、旦那のこと、母親のこと、友達のこと、

次から次へと色んな感情が湧き出てきています。


そして、久しぶりにこの言葉をかみしめています。





「Tomorrow Never Comes」 ノーマ コーネット マレック・作 / 佐川睦・訳


この言葉を最初に読んだときも、

そうだよね。。。そうだよね。。。と泣いて頷いていたくせして、

やっぱり、今日で終わったら、悔いの残る人生を生きています。



だって、私はとても高慢な人間です。

人のためにといいながら、本当は自分のエゴで行動していました。

そしてその高慢は劣等感の裏返し。

たくさんの人を傷つけてきました。

まだ謝っていません。



全てのはじまりである、母親に、昨日、心のからのお詫びを伝えました。

母には年に1回しか電話しません。

それはいろんな感情が渦巻くからです。

心穏やかに母の言葉を聞くことができました。

穏やかなふりをして話すことがどれだけ失礼なことか。

それは確実に母に伝わっていた。

惜しみない愛情を注いで育ててくれた母親に、

今までどれだけ高慢な気持をもっていたかと気がつきました。



この数ヶ月、沖ヨガ、身体の中心を知るクオレドナダンス、断食道場、チベット瞑想、断捨離、心身共に色んなアプローチをしております。

それに加え、気のおけない友達や尊敬する先輩達との会話からは、
何にも変えられない深い気づきがうながされています。


それらが絶妙に作用して、私の押し込めていた気持が解放されています。。。


そしてそれが日の目にさらされると、はっきりと見えてくるものがあります。。。





それは私のエゴでした。





本当に申しわけない気持で一杯です。
[PR]
by simplicity_circle | 2011-12-11 07:32 | 心の持ち方!

Steve Jobs 氏 伝説のスピーチ

2011年10月5日、アップルの創設者で、前CEOのスティーブ・ジョブズ氏がお亡くなりになられましたね。56歳、あまりにも早過ぎる、惜しまれる死でした。

永久保存版であると感じる動画が紹介されていたので、自分のブログにも残しておきます。
らばQ 『何度でも見ておきたい、感動を呼んだスティーブ・ジョブズ「伝説のスピーチ」(動画)』より

スティーブ・ジョブズ ス大卒業式でのスピーチ 前編


スティーブ・ジョブズ ス大卒業式でのスピーチ 後編





好奇心と直感に従って入った道は後にかけがえのないものとなりました

先を見て点を繋げる事はできません

振り返ってのみ繋げる事ができるのです

だから点は未来で繋がるのだと信じないといけません



あなたは愛する何かを見つけなければなりません

それは仕事でも恋愛でも真実です

真に満足する唯一の方法は 自分が素晴らしいと思う仕事をすることです

素晴らしい仕事をする唯一の方法は それを愛する事です

まだ見つけられていないのなら

探し続けなさい そして妥協しない



”毎日を最後の日であるかのように生きなさい”

外部の期待や 自分のプライド 挫折や屈辱への恐れは 全て死に際してなくなり

本当に重要なものだけが残る


自分も死にゆくと自覚する事は 何かを失うという思考の罠を回避する最良の方法です


人は必ず死にます

時間は限られているのです

だから他人の人生を生きて それを無駄にしないでください

他人の意見という雑音で

内なる声をかき消さないでください

アナタのハートと直感に従う勇気を持ってください

全ては二の次です


“ハングリーであれ バカであれ”




スティーブ・ジョブズ氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
[PR]
by simplicity_circle | 2011-10-07 11:34 | 心の持ち方!

お花の気持ち



咲くことのないと思っていたつぼみが...



b0113192_1475134.jpg




花を咲かせました。



お花と少し話せたかな...



ありがとう...
[PR]
by simplicity_circle | 2010-11-06 14:14 | 心の持ち方!

斎藤一人さん



今頃、すっかり斎藤一人さんのファンになっています。



今日はネットでちょっと検索してみました。
もう見たらたまらず、ひとりさんの本を amazonで注文してしまいました。
それと農の本2冊と子供のために、漢字カルタも!



眼力 (CD付) 斎藤 一人
地球が天国になる話 斎藤 一人
斎藤一人大宇宙エネルギー療法 柴村 恵美子



速く届かないかな。


海外に住んでいるデメリットの一つ。
日本から本を取り寄せるととても高いです〜〜〜。


それでも海外にいながら日本の本を読めることに感謝!!
そして何を買っても文句を言わない旦那さんに感謝!!!



来年日本に帰国したら、絶対、大宇宙エネルギー療法を受けに行きます〜〜〜!


大宇宙エネルギー療法とは?
[PR]
by simplicity_circle | 2010-11-05 18:27 | 心の持ち方!

人生哲学・人生とは2


夫婦の関係について書くつもりでしたが、
その前に、もうちょっと前エントリーの「人生とは」で、続けることにしました ♪
※お昼にエントリーしてからかなり書き直しました。なかなかうまく表現できないのです。。。



人生とは、魂の成長を願い、
たくさんの感情を味わうためにこの世にやってきて、
目の前にある状況すべてを受け入れて、
今にフォーカスをして、
魂の成長に最高、最善の選択肢を選ぶこと。


とこんな風に書きました。今日はもうちょっと踏み込んで書いてみます。


まず、目の前にある状況は、すべて自分の選択の結果です。


選べないと思っていた宿命(年や両親や性別)も生まれる前に自分で選択しているからです。
ですので、すべてが自分の選択の結果なのです。


今、目の前の世界が喜びで満ちているのなら、
これは辛いことも、嬉しいことも経験したすべてを含めてという意味です。
だとしたら正しい選択をしてきたと言えるのではないかと思うのです。


その逆なら、どこかで間違った選択をしてきたということでしょう。
(生まれる前の選択はまちがいようがありませんので、この世での選択のことをいっています)
他人に原因を求めることは、自分をさらに苦しめることになります。


昨日フローチャートの選択に正解はないと書きましたが、
これは伝えたいことを、きちんと言い表せた文章ではなかったですね。


人生の道筋を決める選択に正解はないと思うのです。


けれども、人生での問題点にぶつかったときの質問はいつも同じで、


受け入れますか?


答えの選択肢もいつも一緒です。


受け入れる(Yes 喜びの道)に進む
受け入れない(No 困難の道)に進む



この質問に対する答えは、
受け入れる(Yes)に進むのが正解だと思うのです。
というか、一番、楽な、上の方のおすすめの道だと思うのです。


受け入れるための葛藤を正しく受けとめることによって、
立ち上がろうとする向上心が、迅速に深い魂の学びに繋がるのです。


もちろん選択の自由で、受け入れない(No 困難の道)を選び、
なぜ、こんなことが起きたのかと、自らを省みることをせずに、他に原因を求め、
怒り続け、嘆き続け、負の感情の中に、とどまっているという選択もあります。


ただその場合、フローチャートは「受け入れる Yes」という答えがでるまで、
延々と同じ問題が形を変えて、繰り返されることになるのです。



だから究極人生は、何が起きても、



受け入れ、喜びますか?    Yes
受け入れずに、苦しみますか? No



Yes を選ぶことなのかもしれません。



とてもとてもむずかしいことです。



あなたはこの考えを、極自然に受け入れることができますか?  Yes
それとも、受け入れられない。この考えに腹が立ちますか?    No




では、No と答えた方のために、もう少し話を続けてみようと思います。




それは次回に。。。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-10-25 12:28 | 心の持ち方!

福はうちから 「蕪と玉葱」


私ね、つい最近まで本気で
「こんな平々凡々な私の人生にインナーチャイルドなんてない!」
と思っていたんです。笑っちゃいますよね〜^^

けれどものぶちゃまとのワークのおかげで
「自信がなく劣等感の強い小さい私」がでてきてしまったのです!!

でてきたそれは、まるで「おおきなかぶ」でした。

の「そこに確かにはえているわよ」
し「宅の庭は花畑ですのよ、ホホホホホ〜」
の「ほらそこにでっかい葉っぱが・・・」
し「またまた、のぶちゃまったら♪ 気のせいですってば!」
 「あっでも野菜を否定している訳ではないんですのよ〜」
の「あのね、しむちゃん花畑って信じたい気持ちはよくわかるんだけど・・・」
し「あらどうしましょう、さすがののぶちゃまも幻想をみていらっしゃる...」
 「私もできれば野菜ぐらいとれる庭だったらよかったのになんて思ってるんですのよ〜」
 「でも野菜がとれるような庭ではないみたいですの〜。ホホホホホ〜」

これが去年の8月のやり取りでした。

そして今年の3月についにその葉っぱが引き抜かれました。
それは本当に「かぶ」でした。お花ではなかったのです。。。
それも「うんとこしょ、どっこいしょ」の「おおきなかぶ」
幻想を見ていたのは、どうやら、本当に、私だったのです。

さて、花畑から収穫してしまった「おおきなかぶ」
煮るのか?焼くのか?はたまた 生でいただくのか?
どう料理したらいいのか、それ以来、考えあぐねている状態でした。

ただ、その「かぶ」が私の花畑のど真ん中に、どーんとすわっていた痕跡ははっきりしていて、
どの花壇にも余すところなく面していたという事実に驚き呆然とするばかりです。

そして先月の「福はうち」で、その「かぶ」は、実は、
「たまねぎ」だったと気がつくのです!
だって、この「かぶ」剥いても剥いても新しい顔が出てくるのです!!!

次から次へといろんな側面が出てきましてね、本当に目から鱗の連続なんです。
でもいくら私の内面をさらけ出すワーク「弱さの情報公開」と言っても相手があっての事です。
書くべきではない事が殆どですが、シェアできる範囲で書いていきます。


まず、発見した私のインナーチャイルド

「人の評価」に過剰に反応する私。
「お兄ちゃんみたいにできない私にがっかりした?」
「お母さんみたいに器用じゃなくてがっかりした?」

「嫌われる」ということにも、過剰反応する私。
「人に嫌な思いをさせないように、一生懸命自分を抑えているの」
「人の心を傷つけない様に、いつもいつも気を使ってるの」
「どうして私のことが嫌いなの?」

後ろに、お母さんに、好きでいて欲しくって、褒めてもらいたくって、認めてもらいたくって、聞き分けのいい優しい子でいたかった私が隠れていたのです。
それがわかった今、過剰反応が少し穏やかになってきています。

それでも、まだ根強く残っている、相手の反応を気にしすぎる癖
「人に対する恐れ」が手放せず、それを変容させるためのワークを続けていました



でもね、そんな私の独り言も、のぶちゃまにかかったらひとたまりもないんです。
「どうして人が恐いのかわからない」という私に、

過去生に何か原因があるなんて逃げちゃだめよ!
現世にある原因を見つめてしっかり対峙していこうね!
キーポイントはお兄ちゃんよ!
と今回の「福はうち」の前から予告されていました。

もうそう言われた時点で「えぇ〜〜やだ...」と、
何故だか後ずさりする私がいました。
実は兄とは、私が日本を出て以来対話というものがないのです。
そこにインナーチャイルドの鍵があるなんて、
いやだ。。。見たくない。。。
っと思いました。

そして「福はうち」当日、セッション中、のぶちゃんが忘れていてくれればいい..
という願いもむなしく、突然その話がはじまりました。

「そうは のぶちゃま もとい 問屋が 卸さない」なのです。。。


まず子供の頃私は3つ上の優しい兄を尊敬していて、大好きでした。
兄が自慢だった反面、私と違って頭のいい兄への強い劣等感も持っていました。

のぶちゃまに指摘してもらうまで気がつかなかったのですが、
私の、できない、下手だという自信のなさは、
子供の時の兄からの、罪のない言葉が心に刺さって、
今の私を作っていた面もあるようです。
それほど、当時の私にとって、兄の言葉は影響力があったのだと思います。

大人になってそれぞれの人生を歩みだすと、
私たちは全く別の道、やり方を選ぶようになっていきました。
交流も殆どなくなっていきました。
そんな中、兄と私の意見の違い、アプローチの違いだけは、家族を通して見えてきます。

なので今の私は「また兄に批判されるかな、拒絶されるかな」
そんなネガティブな思いだけが膨らんでいってしまったのです。
兄への劣等感から、他の誰よりも、兄の反応に過剰反応をしてしまうんですね〜。

それが「拒絶されたら...批判されたら...痛い...」という臆病な気持ち
「人が恐い」に繋がっていくのですね。。。
それは兄への劣等感の投影でした。


そしてここからが「福はうち」での驚きの展開なんです!!
ここが「かぶ」ではなく「たまねぎ」だと言う所以です。


そう、インナーチャイルドには
「傷つけられたという被害者という立場」と「傷つけたという加害者の立場」
が同時に存在して、どちらになる事もあるんだという事が見えてきたのです!


私は劣等感から、自分の方が上手に出来る事を必死で探します。
それが相手の立場から見れば、同じ結果を招く事もあるのです。

私が必死に取り組んだ事は人付き合い。
周りの人と仲良くなって、上手につきあう事で、
兄や親に認められたかった。兄に羨ましがってもらいたかった。
私だってできることがあるんだってわかってもらいたかった。


そんな小さな子供の心の叫びを理解したら、肩から力が抜けていくのを感じて、


心の奥底から母と兄に「ごめんね〜〜〜」という気持ちが込み上げてきました。


勝手に被害者意識でいっぱいになっていた私の加害者の側面を見せられて、
申しわけないという気持ちと同時に、
だからこそ、お互い学びのために今生で家族である事を選んでいるという、
深遠なる人生の仕組みを垣間みて、涙が溢れ出ました。。。


でね、この結果もすごいんですけど、ここまでの気づきを得るまでのプロセスもすごいんです!


のぶちゃまは、私の深層意識に隠していた思いを白状する前からすでに視ていて、
上手に誘導していくんです。のぶちゃまとやすこさんが巧みに話を持っていきます。

するとね、私自身は自覚すらしていなく当然頭の中に文章も作っていないのに、
言葉が勝手に口からボロっと黒い塊がこぼれるように出てきてしまったのです。

ベテラン警部 のぶちゃまとやすこさんの華麗なる連係プレイ!絶妙な誘導なんです。
この度はみぽさんのバックアップもありました。

「取調室で尋問を受けている容疑者が、おもわず自白した瞬間の気持ち」
というものを体験させて頂きましたよ。本当に!(笑)


「お前も大変だったんだよなぁ..これでも吸うか?」
「でもなぁ本当にそれだけか??」
「本当の事言って楽になりなよ、なぁ...」


加害者の私がボロっと出てきました。。。


もうそんな感じ!! 伝わりました???


ネガティブな思いをぶつけてくる人はそれだけ傷ついているんです。

傷つけられた私も、実は人を傷つけているのです。

人を恐がる必要は、ほんとうに、ないのかもしれません。。。



気づきの後には、さらに新たな気づきも続きます。
あの傲慢な私ともまた出会ってしまいました。

この間やっつけてしまったと思った、トレバー君相手に繰り広げていた、私の押しつけ

「私のやり方とこのペースが正しいのよ〜!」

この私がまた他で顔を出しているのを見つけたのです...
人それぞれにアプローチの仕方とそのペースがある。
それを尊重するべきで、押しつけは傲慢だと気がついたはずなのに...
本当に嫌になってしまいます...
でもトレバー君には3年かかった事が、1週間で気がつきました。
亀の歩でも少しずつ進歩しているかな。。。




あやまらなきゃね...
[PR]
by simplicity_circle | 2010-09-04 23:24 | 心の持ち方!

福はうち「開花改新の章」再受講 ♪


もうここでは、「福はうち」とはどうだこうだと書きません!
とにかく説明は、すごい!というだけにしておきます。

今回のセッションは高校時代からの友達で日本に住んでいるS と どんぐりさんと私の3人で、
講師はのぶちゃま、やすこさん、みほさんという豪華なものでした。

「開花改新」とにかく「自分を知る」です。
まぁ、出てきました、出てきました、3人とも!
本当の自分をさらけ出すって、怖くて、痛い事です。
傷ついた自分がいればいるほど、それを隠す殻は厚く固く、
本当の自分を隠そうと頑張ってしまいます。傷には触れてて欲しくないですからね。

でも、これは例えですけど、ここに傷があったんだ!
だから、私はこんな風に身体を動かして痛い所をかばっていたんだ!
っと気がつくと、傷をかばう事よりも、直そうという前向きな心が芽生えます。
もしくは、傷をかばう身体の動きだけが癖となって、残っていたとしたら、
気がついてしまった時点で癒えてしまうのです。

一回この工程に気がついてしまうと、傷口探しが楽しくなってしまうのですね〜。

さらに、そんなあるがままの自分を潔く受け入れて、
それを誰からも隠す必要がなくなると、
ばれたらどうしようという恐れがなくなります。
その爽快感、開放感がたまりません!!

すると、今まで無意識でも胸を痛めていた事が、
たちまち全く別のものになってしまうのです!

自己顕示欲なんてものは、木っ端みじんです。
でももともといらないものですからね ♪


どんどん壊して行きましょう!


自分を守る鎧や自分を隠す仮面を外して、
本当の自分を見る事、
本当の自分を見せる事、
それがあるがままの自分を認める事。
自己浄化のただ一つの道で、世界平和へのただ一つの道だと信じております。


霊性を高めるとは、
まずは自分を知る。
その上で、日々どうやって周りの人々と接していくか。
すべてここにかかっていると思うのです。

人々と関わるためにこの三次元の世界にやってきているのです。
一人っきりで生まれて、一人っきりで育ってきた人はいません。
人間関係を否定してしまっては本末転倒です。

昔の人は、一生瞑想や修行をしながら深い悟りの道を開くという孤高の人生もあったでしょうが、
今は日々の生活の中で悟りを得られるという、そんなレベルまで人間の霊性は進化しているようです。

スピリッチュアル的な知識を詰め込む事や、瞑想する事、霊感を磨く事はあくまでも手段です。
最終目的ではないのです。


ここなんですよ。大事な所は。


だから自分のネガティブな思考パターンやネガティブな行動パターンを生み出している、
インナーチャイルド探しは自分を向上させるために、欠かせない方法なんです。鍵なのですね。


本当に私の中のネガティブ、際限なく出てきます。
それを一つ一つ見つめて変容させて、減らしていく事が生きている理由。


っということで、またまたたどり着いた、私の痛い所を、
いつもの通り、自分のために、こんな公共の場に公表しよう!

でもその前に、どうしてそんな事をするのか説明しようと思ったら、
思いのほか、熱い思いが出てきました。


っということで、長くなってしまったので、続きは次回に!!
[PR]
by simplicity_circle | 2010-08-29 07:41 | 心の持ち方!

「癒し」について


前回のエントリーで「植物からの癒しのエネルギーを求めている」と書きました。


そんな自分の言葉に反応して、このエントリーを書いています。
反応するとは何かあるんですよね。


実は私「癒し」という言葉が苦手で使う事を避けていました。


なんとなく「癒されたい」という表現に、
他人本意な、依存的な印象を感じてしまうのです。


依存心の強い人は幸せにならないと強く感じるからです。
期待が裏切られると、不満、憤り、怒り、恐れ を生み出すのです。


反対に、


自立している人は、援助を期待する気持ちがないので、
裏切られる事がありません。
受けた援助には感謝の気持ちしか生まれません。
だから心が穏やかでいられるのです。


こんな考え方を持っているので、精神世界で語られる、こういったメッセージに共感します。
宇宙の法則は、自由意志による「自立と選択」

そんな私の心情にぴったりの言葉が
「魂の向上」「魂の浄化」「心のデトックス」なのです。

すべて自分の中に鍵があるのです。


この心の持ち方、心のあり方が、この地上にユートピアを実現させると思うと...


素敵じゃないですか???


なので精神世界を探索していても、ここ数年まで、
ヒーリングとか癒しとか、開運という方面については、
あまり興味もなく知識もありませんでした。


でも最近は、少し、天使や天上界の援助を受け取ってもいいんだな。
と思えるようになってきました。
だからブログにもエンジェル様達が登場するようになりました。


それでも、自然からも癒されたいという自分がいた事を発見してちょっと驚きました。

驚いたりせず、当然の事と、私はもうちょっと柔らかくなる必要があるのかもしれないですね。


でもやっぱり、上ばかり見て、足下がおぼつかなくならないように、
しっかり地に足をつけて、現実の世界を自分に正直に生きていきたいです。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-08-01 00:00 | 心の持ち方!

ちょっとした落ち込みなら. . .

瞑想やひらめき、夢や会話の中からメッセージを受け取るのです。
解釈が少しだけできるようになってきたのかもしれません。

と、こんな事を前回書きました。

最近は、瞑想中、入浴中、夢の中、人の会話の中に、はっとするメッセージがあります。
自分の声ですが、ポンッと頭に入ってくるので、降りてきたなと勝手に判断しています。

それって、誰にでもある事で、普通の事ですよね。
日常生活の中、頭の中でいろんな思いが浮かんでは消えて行きます。
頭の中でいろんな声が行き交いします。


でもその声を否定せず、なりきりで、メッセージをいただいた!っと思っています。

そうすると、最近小さな悩み事がこれで解決する事がわかってきたのです。
ふて寝 +これ ↑ “なりきり” でかなり復活が早くなりました。


悩んでいる時って、

ぐずぐず泣き言を言う声と、
そんな事言ってたって解決しないでしょうという諭す声。

ちょっとくらいいいかな?
そのちょっとがダメなのよ。

私ってぜんぜんだめ。
でもがんばってるの。

まるで自分の肩に天使と悪魔が乗って話をしているような感覚ってありますよね。


そんな時に、どちらかの声に集中して注意深く探って行くと、
なんか自分の中で納得のいく答えにたどり着くのですよ〜。


しかもその後に「エンジェルカード」やら「フェアリーカード」を引いてみると、
その答えの背中を押してくれるようなカードが出てくるのですね〜〜。びっくり〜!!
本当にエンジェルもフェアリーもやさしい。。。


こんなことをしてると悩んでいたり、悲しい気持ちになっていても楽しくなってしまいます ♪
あ〜なんて単純なんだろう私って。

っで、その直後、またすぐ小さな事でクヨクヨしているのです〜〜〜。亀の歩〜〜。



もう一つの方法もあります。


いじいじ悩んでいる時に、一瞬思い浮かんだ言葉に、
「ちょっとぉ〜いい言葉じゃない?私ってなかなかいいこと言うじゃ〜ん!」

なんて思ったら、忘れないうちに書き取っておくのです。
それを後で読み返すと、これは頂いた言葉だなと感覚でわかります。


こんな心の中のつぶやきや、やりとりを、何の意味もない。私には霊感がないから。
っと、知らんぷりをし続けたら、一生そのままなんですね。
雑念、思考なんでも、一つ一つに集中する事が内なる声と繋がる事だと最近気がつきました。


他の人の声が聞こえるとか、話している人のヴィジョンを見るとか、憧れちゃいます。


先週はみぽさんの「リトリーバルの基礎練習会」に参加させてもらいました。


次回はリトリーバルについて。。。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-05-17 14:41 | 心の持ち方!

少し悲しい気持ちになったら...

書きたい事がうまく選べなくなった時は「10分Writing!」


さて、最近ますます、スピにはまっている私。

書きたい事は日々の出来事から何を感じたかという事ばかり。

こういった、スピな心持ちを、どれほどの人が共感してくれるのだろうか???
日々の生活の人々を前によくそんな疑問が浮かびます。



私自身はこうやって暮らしていると、一つ一つの出来事に理由が見つかって、本当に楽しいのです。
それはネガティブな出来事があった時に一番感じます。



最近、ちょっと痛い気分になる事が多いです。

それは、自分自身を見つめ直さなければいけないことが起きるからです。

目の前で起こる出来事は、私の中にその要因があるからです。

鏡です。



理由はただ一つ。



「学び」です。




ちょっと悲しい気持ちになったり、嫌な気持ちになった時、どうやって過ごしますか?


食べる事?買い物?カラオケ?旅行?スポーツ?





私は昔から「ふて寝」なんです。


もぉやだ〜〜!!と思ったら、寝てしまうんです。
そうしたら考えずにすむからです。

そして何故か目が覚めると胸の痛みが少し取れているのです。とっても単純です。

ひどい痛みの時は、これを何日も何日も繰り返す事になるのですが、
目が覚めた瞬間はいつも胸の痛みが取れているのです。

なんでだろう〜〜と思っていました。


今思うとこれは寝てる間にあちらの世界で癒していただいていたのですね〜。


ありがたいことです。






最近の私は、ここからもう少し積極的な手段をとるようになってきました。



瞑想やひらめき、夢や会話の中からメッセージを受け取るのです。

解釈が少しだけできるようになってきたのかもしれません。





あっ10分、続きは次回に!
[PR]
by simplicity_circle | 2010-05-14 10:11 | 心の持ち方!