<< 母なる地球・父なる宇宙 アメリカ・インディアンのように... >>

森羅万象を感じて

私は地球上でおこるありとあらゆる災害や疫病はそこに存在する人間と全ての生命体の意識や行動の結果だと思うのです。

こんな事を言うと、うちの旦那は人間の排出するCo2によって地球温暖化になって災害は増えるので行動によってというのには同意してくれますが、意識の影響については???です。

だから人間の活動のせいで地震が増えると言うと、それはなんの根拠もないと言います。

私の見解はこうです。

人間は「体」という物質に「意識」という魂が入っていると思うのです。それは科学の物差しでは計測できない精神という領域です。

そして人間以外の物質には魂がないと考えるほうが不自然だと思うのです。それが人間の傲慢だと思うのです。

ホメオパシー
のところでも少しだけ触れましたが、量子物理学の世界では、物質を粒子の世界まで追っていくと結局全てはエネルギー体の集まりなのです。

エネルギーは波動です。波動には違いがあって。波動の違いは次元の違いと解釈しています。

だからすべての物質が人間のように能動的な人生を送るのではないかもしれませんが、意識があるという意味では同じだと思うのです。そして能動的な人生を送る人間の次元が一番高いかというと、全くそんな事ではないようです。

だから自分の体一つをとっても、それぞれの細胞、筋肉には意識があるようです。

去年、オーラの見える指圧師の方にマッサージしていただいた時、私の細胞からのメッセージをいくつか伝えていただきました。
ちなみに一つは「リラックスして~!」というものでした。はははっ笑ってしまいました。

総合の意識体である「自分」では気がつかない意識、これを無意識というのでしょうか??
この細胞の意識からのメッセージに気がつかないと、そこから問題や病気が生じてくるのかなと思いました。

私の体一つをとっても、無限にある意識の集合体でその意識が協力し合って「私」という人間を形成していると思うのです。

ということはこの地球、大地というものも、人間、動物、植物、鉱物、水、空気、存在するあらゆる物質=意識によって形成されている集合体なんだと思うのです。

ということは!地球にも地球の「私」という自我の存在があって当然だと思うのです!!

そして今これを書いている私は「私」という一個の個別の存在だと思っていたけれども、
「地球」という集合体の無限の細胞の一つに過ぎず、地球の「私」の一部なのです!!

もっと拡大していけば、地球は太陽系、銀河系、宇宙の一部で、

結局はすべてがつながっているということなのです。。。

だから地球上に存在するすべて、細胞や原子たちの意識の集合体がそれぞれの場所で何かを引き起こしていると思えるのです。

人間という細胞が地球のがん細胞になっていたら、地球の免疫力が働いて、何かしら行動を起こしてもなんら不思議がないと思うのです。

これが私の小さな気づき「すべては繋がっている」です。


地球は人間のものではない

人間が地球のものなのだ


シアルス(シアトル)首長の葉(1853)


「インディアンの大予言」
サン・ベア&ワブン・ウインド著 加納真士/三村寛子 共訳 扶桑社 より
[PR]
by simplicity_circle | 2008-02-09 16:28 | スピリッチュアルに!
<< 母なる地球・父なる宇宙 アメリカ・インディアンのように... >>