<< アメリカ・インディアンのように... またまた告白しちゃいます! >>

科学で証明できない事

唯物論・唯脳論(物事の原理は物質か物理現象。もしくは脳が作り出した現象とする考え方)は現実的、科学的といわれ、
観念論(物質よりも精神、理性、言葉に優位性を置く理論)は非現実的・オカルト的といわれる傾向にあると思います。

さて、私のとなりにはこの唯物論・唯脳論と思われる人がいます。
それは私の旦那さんです。だから精神世界の事を書いてちょっとドキドキしてます。受け入れられない人がどんなリアクションを取るのか、想像がつくから。

物質主義ともいっていいのかな...彼の場合、物質が宝という訳ではないのですが、「物質と対比される目に見えないもの・・・精神、心、人情、愛、といったものに対しては、鈍く反応することとなる」Wikipediaより。 とこんな感じかな?

科学の物差しで計れないことを語る事はあまり好きではありません。

そして必ず疑います。まぁ変な宗教や詐欺商法には引っかからないタイプです。なにしろ何でも疑いますから。

それと懐疑主義というのかな物事の良し悪しを決め付けず否定しません。科学で証明できない事は、決して「ありえない」とは言わず「わからない」の一点張りです。

彼の両親などはもっとすごいです。科学で証明できない事を話すと冷ややかに反応するので、私もそんな会話をふることはしません。

まぁここでは、これが、一般的な人たちなんだと思いますが..

私にしてみると、これは西洋で始まった「科学信仰」という宗教だと思うのです。キリスト教の理念も絡んでいますが。

旦那の方は私と連れ添っている間に、その宗教から片足が出かかっていると思います。昔は「輪廻転生、前世」なんて事を言うと、何を頭のおかしな事を言っているんだという感じでした^^

今でも「死んでみなければわからない」という立場を貫いていますが、そのくせ冗談で「次の人生では君が男になって..」なんてことを言っています。

これに比べて日本は「科学信仰」の人もたくさんいると思うのですが、それと同時に培ってきた独自の精神文化があるので「観念論」というものを自然に持っている人がたくさんいるのだと思うのです。

既存の宗教に縛られていない日本。自然と精神を尊ぶ文化が受け継がれてきた日本って素敵だなぁなんて心底思うようになりました。

ということで、「私はアセンションを意図して生きたいの!」なんて事は旦那にはとても言えません!
また訳のわからないことを言い出したと言われるのがおちです。

でもそんな彼も「アセンション」という言葉や「スピリッチャル」という言葉を使わなければ、私の言う事に耳をかしてくれるのです。

科学は万能ではないことも。
この現代の物質文明は科学という宗教になっていることも。
人間はもっと謙虚になって立ち止まらなければならないことも。
環境を破壊し他者との奪い合うというライフスタイルを終わらせなければならないことも。
正しい食物を食べる必要性があることも。
合成化合物質を避けなければいけないことも。

全く同感。と理解を示してくれます。

執着を手ばなすこと。
楽しく生きること。
ネガティブを捨てること。
人間、自然、地球、宇宙と全てのものはつながっているという森羅万象を感じること。
森羅万象を感じて、拡大視野を持って生きること。
銀河集合意識に意図する想念を送る。
等など...

こんな精神論はわざわざ私が言うまでもなく、無意識に実行しているように思えるので、
彼はアセンションなんて言葉を知らなくても、同じ方向を見てくれているのだと感じます。

だから突然私が「田舎で暮らそう!」「私ベジタリアンになりたいの!」と言い出しても、
「いいんじゃない」とクールに構えています。


登山の入り口は人それぞれ、でも辿り着く山の頂点は同じだと思うのです。

私には頂上なんかはるか先の雲の上で見ることもできません。

それでも私の登山の方法は今のところ「ベジタリアンになること!」と「田舎暮らし!」です。

もう、夢ではなく、努力次第です。がんばりま~す!!
[PR]
by simplicity_circle | 2008-02-08 07:40 | スピリッチュアルに!
<< アメリカ・インディアンのように... またまた告白しちゃいます! >>