<< 素食のすすめ 尊敬する人「藤田議員」 >>

911事件

今回は911に対して思う事を書いてみます。

まずはこの事件とその後の戦争による全ての被害者の方のご冥福をお祈り致します。

果たして私と同じ見方をしている人がこのブログを読んでくれる方の中にどれくらいいるのかちょっと不安なんですが...

もぉいきおい、書いてしまいます。どうせ私の独断と偏見のひとり言ブログですから。。。

私はぶっちゃけ「911はアメリカによる捏造・自作自演・でっちあげ」だと思っています。
テロとの戦いという理由のこの戦争に反対です!!
仮にテロが真実であったとしても暴力による解決は不可能だと思っております。

日本はアメリカに従って、テロ戦争に参加するべきだと思っている方...
911でっちあげ説をくだらないと思っていてもいいです。

この15歳の女の子が作った3分のフィルムを見てください。
Peace Takes Courage


そんなわけない!!と思っている方、時間があれば、テレビ番組を見るつもりで、どれでもいいので見てみてください。。。

きくちゆみの911関連映画に関する特別トーク(60分)
911公式発表に異論を唱えるドキュメンタリー映画5本のダイジェスト版とその解説です。
きくちゆみさんの最後の言葉が胸を打ちます。


これらは↓その中で紹介されている映画です。
★ 911ボーイングを捜せ10分間にまとめたダイジェスト版(10分) 
★ LOOSE CHANGE 2ND EDITION(日本語吹替)(80分)
ニューヨークの若者が作った映画です。センスが光ります。
★ Confronting The Evidence 証拠をつきつけて、911事件の再調査を求める
ダイジェスト版(30分)もしくは
ダイジェスト版(4分)
★ 真実を求める遺族たちの「9/11 Press for Truth」のダイジェスト版(2分)
911事件陰謀説をまったく受け付けられない方にはこの映画がお薦めだそうです。



イラク戦争開戦前にシドニーでも大々的な反戦デモがありました。確か1万人の参加者だったと思います。私も参加しました。私は普段、デモに参加して自分の主義を表明できるような、強い信念と行動力を持った人ではありません。恥ずかしさが先に立って、思わず傍観者でいるタイプです。

それでも、911が起こってからの政府の公式発表や大手メディアから流れる報道、世論にどうしようもない疑問を感じていました。

だから911直後からすぐインターネットで検索を始めました。その当時でも、ネットの世界ではいろんな疑問が投げかけられていました。

当時は(もしかして、今でもまだ!?)陰謀論・トンでも本として片づけられてしまっていたように思います。私自身もどこまで信憑性があるのかはわかりませんでした。でも一般で報道されている事が真実ではない!という確信だけはありました。

「石油利権の為の戦争反対!」というと、私の周りのオージーはみんな同意見でした。日本人の反応はいろいろでした。さらに心の中では「でっちあげテロ・戦争」と思ってたのですが、そんな過激な発言はさすがにできませんでした。

反戦デモに参加した事をランチで職場の日本人に何気なく話しました。

一人は「反戦って、反戦って騒ぐのもどうかと思う。大体サダムフセインは悪い人なんだから、イラク人を助ける為なんだから!」と怒り..
もう一人は「そうだよね、フセインは悪い人だよね~。でもう~ン、やっぱり戦争ははんた~い!うん、せんそうはんたい!」といった、判で押したような答えが返ってきました。

こんな認識しかないんだ。。もうこれ以上わからない人に話しをして、この人とは友達にはなれないかもなんて、ナイーブに傷つく自分がいやなので、身近な人に自分からこの話題を振る事はやめようと決心したひとコマでした。


反感、反論のある方にはすいません。感じ方は人それぞれだと尊重しております。


それでも一日も早くこの無益な戦いに終りがくる事を願ってやみません。
戦争の犠牲者はいつも無力な一般市民です。

あなたは傷つき、横たわっている子供達の写真を何も感じることなく直視できますか。。。
[PR]
by simplicity_circle | 2008-01-30 06:55 | WAKE UP!
<< 素食のすすめ 尊敬する人「藤田議員」 >>