<< スピリチュアル ビジネス 潜在意識との対話 ー汚染の原因ー >>

confession

わたしは無関心でいました。

去年震災が起こってから、精神的に怒濤の数ヶ月を送った気がするのですが、
それと同時に、それまでの暮らしと何一つ変わらないかのように流れていく社会の風潮に、どうしようもない違和感を感じていました。

でも決定的な打開策も打ち出されない中、そこにある危険性を語る事は、
傷つけるだけで、思いやりに欠けている事だと思えてきました。
それは恐怖を煽るだけで人々を傷つける事だという社会的な反発を感じたからです。

所詮自分は海外にいて放射能汚染から離れた所に暮らしているのです。
沈黙してしまいました。
そして目を伏せてしまいました。

わたしは震災前から原発に反対していましたので、この震災をきっかけに、
日本は目覚めて、イノベーションの国として、また精神的リーダーとして、
世界を引っ張って行く存在になると、震災直後、心から信じていました。
「日本の皆さんにエールを送ります!」 「ワールドシフト」

その後わたしの希望的予想とは正反対の方向に進んで行く社会に、言葉を失い、
わたし自身の理想主義を嘲笑する気分になっていました。

その後は精神世界からのメッセージに未来への希望を見いだして、
幸せな気持に満ちたりて、ワクワクしていれば、未来はよくなる。
自分が幸せな波動を保っていればおのずと世界が変わる。
他人を変えるなんておこがましい事を考えてはいけない。
まずは望む世界に自分が変わる。
大丈夫と信じていれば大丈夫。
ネガティブな思いはネガティブを引き寄せる。
そう信じる事にして、問題から目を背けてしまいました。


でも今、それは間違っていたと感じる自分がいます。


それはとても刹那的で利己的な、意識・行為だったんです。


愛と奉仕を貫いたマザーテレサのような方は、
無関心で、刹那的で、利己的であれとはいいませんでした。


わたしの中でガラガラと崩れ落ちる物がありました。

気づかせてくれた大切なお友達に、感謝します。。。


タイムリーなメッセージが、FBのお友達のページに! 
こちらでもシェアさせてもらいます。
b0113192_8454865.jpg

[PR]
by simplicity_circle | 2012-06-04 00:00 | 地上に楽園を!
<< スピリチュアル ビジネス 潜在意識との対話 ー汚染の原因ー >>