<< ウミガメが自分を撮影? オーストラリアの農薬事情 >>

シュタイナーで羽仁もと子先生


Karは3才から、シュタイナーの幼児教室(日本語)に週一回通っています。
そこの先生が、これまた本当に素敵な方で、驚く程、いろんな活動をされていてすごい方なのです。

影ではこっそり^^ エンジェルーヒーラーだったりもします。


その数ある活動のひとつだと思うのですが、


1930年 羽仁もと子 の思想に賛同した女性たち
によって生まれた団体「全国友の会」

っと、いうものにも参加されていて、この間、その「全国友の会」の「教育理論」のところを幼児教室のお母さん達に紹介してくださいました。


私は聞いた事もなかった方だったのですが、日本で女性初のジャーナリストで、自由学園の創立者だそうです。


「自由学園」羽仁もと子・吉一

1903年、二人は新婚生活の中から題材を得て、婦人誌『家庭之友』(『婦人之友』の前身)を創刊し、数年後、独立して婦人之友社を設立しました。雑誌を通じて、古いしきたりにとらわれていた女性たちに、自分の才覚で家を切り盛りする知恵と勇気を与えました。
  
 

1921年(大正10)、もと子と吉一は、知識の詰込みではない、新しい教育を実現するため、自由学園を創立しました。生徒に自ら昼食を調理させるなど生活と結びついた教育はまさに大正デモクラシー期における自由教育運動の象徴と言えましょう。

重要文化財 事由学園朝館より  



シュタイナー思想ととても共通するものがあって、ちょうど時代も同じ頃。
あの時代、いろいろと降りてきていたのでしょうね。とおっしゃる先生。



世界中戦争の動乱の時代、そんな点も興味深いです。


羽仁 もと子     (1873年9月8日 - 1957年4月7日)
1921年 自由学園を創立

ルドルフ・シュタイナー(1861年2月27日 - 1925年3月30日 )
1919年 自由ヴァルドルフ学校開講



ちなみに自分の興味でさらにググってみました。



鈴木 鎮一 (1898年10月17日 - 1998年1月26日)スズキメソード創始者
1937年頃〜児童教育をはじめる。

野口 晴哉 (1911年9月 - 1976年6月22日(昭和51年)) 野口整体創始者
1923年関東大震災に被災し、このとき本能的に手をかざして治療をしたことを契機に、
治療家を目指したという。1947年「整体操法協会」を設立

臼井 甕男 (1865年8月15日 - 1926年3月9日) 霊氣創始者
1922年 鞍馬山での断食で治癒能力を得て臼井霊気療法という手当療法を確立した。



話が横道にそれてしまったので、先生に教わった「教育理論」続きは次回。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-06-17 13:18 | いろいろ思う事
<< ウミガメが自分を撮影? オーストラリアの農薬事情 >>