<< シドニーで自然農法の野菜 ちょっとばかり陰謀論の中から... >>

沖縄の普天間移設問題について

b0113192_20393652.jpg

「辺野古の海」 「NIRAI-CANAI 地球の癒し」から写真を拝借させて頂きました。

数日前、久しぶりにニュースを見て、頭に血が上りました。

最近はニュースを追う事はやめているのですが、
身内の問題になると、やっぱり気になってしまうのですね。
達観の境地なんてほど遠いです。

普天間基地移転についての記事を読みました。
本当にアメリカという国は、いつになったら闇の勢力から抜け出すのでしょうか?
もういいかげんにしてくれ!と怒りが爆発してしまいました。

そしてまた、そのニュースの伝え方、プロパガンダにも腹が立ってしまいました。

ニュースの通りに、「国外県外移転、期待させて、約束を守らなかった」と
鳩山さんや民主党に怒りをぶつけているのなら、矛先をまちがえていますよね。

この問題も、政治家が、日本が、アメリカが、という政治問題だけに固執していても解決しないのです。

唯一の出来る事は、わたしたち一人一人の人間の目覚めです。
政治を語るより、わたしたち一人一人の心の持ち方、生き方を変える事です。
ネガティブな想念をなくしていくのです。

それが地球全体に広がっていく。全ては繋がっていると認識する事なのです。
拡大意識、地球人として生きる気持ちを持たなければいけないのです。

それが世界中のもつれた糸口をほどいていくと信じています。



結局答えは「精神世界」にあります。



ここに全ての答えがあるのです。



いつになったら、そう考える人が大半の世の中になるのだろう...



「シリウス文明」のKagariさんは、

まだ沖縄の米軍基地は必要だという見解です。
獣達からの攻撃の抑止力になるようです。


私は、沖縄県民になった事はないのですが、沖縄に家族も親戚も友達もいます。沖縄二世です。


沖縄にいるみなさまへ

他の地に生きている人より、更に霊性を高める必要があるようです。試練だと思います。
その地を選んで生まれてきた方、きっとそれが出来るからなのでしょう。
遠くから応援しております。



精神世界から見た沖縄について、「シリウス文明」より抜粋させていただきます。


沖縄は、善くも悪くも、地球にとって、
極めて重要な関門のひとつとして、
守護されて来た地域です。

沖縄という地名は、
“霊的世界と 物質的世界とを結ぶ 綱渡り”
を表していて、善くも悪くも、ここが、“綱渡り”状態になります。

このような重要地点であり、
沖縄に住む方々は「霊的な高さを求められる」ので、
そのような精神性に見合わなければ、
辛い試練を受けることになります。

沖縄全体が、重要な聖地です。

聖地に住むということは、そこに住む方々にも、
それが試練として、求められて来ます。


「普天間」問題

ネガティヴ(闇)側の支配構造が終了して
ポジティヴ(光)側に転換します

米軍基地という存在はそのままに、
その中身の本質が入れ替わった状態にあります。


「沖縄は、世界各国の「手綱を引きながら」守護されている」より

水面下でその入れ替わりが完了している事を願います。



もう一つ沖縄基地問題の説明 ↓ 参考まで!
「古いシステムから新しいシステムへの「橋渡し」には、火花が生じる」
[PR]
by simplicity_circle | 2010-05-31 00:00 | WAKE UP!
<< シドニーで自然農法の野菜 ちょっとばかり陰謀論の中から... >>