<< しばらくコンピューターが壊れて... AVATAR >>

『Water』ドキュメンタリー映画 

昨日は「Water」の上映会に行ってきました。

ロシア発の「水」の神秘に迫る衝撃のドキュメンタリー映画です。

この映画のメッセージは


「水は情報を記憶する」

「人の意識が水に変化を与える」



というものです。


こんなことを唐突に言うと、「また、訳が分からない。非科学的な」っと、
うちの旦那さんは拒絶反応を起こすと思います。

でも、常識として、認められている、現代の科学によって、どれだけ「水」が起こす現象について、明確に解明されているのか、考えたことはある?と逆に聞いてみたいのです。
まっ私は、全く理系の頭脳を携えていない(イヤイヤ、活性化させていないだけ!^^)ので、私相手に、科学的議論をして勝っても、なんの意味もないので、私たち議論もしないんですけどね^^

旦那さんは、また僕のワイフは、お水に「愛〜感謝〜」なんて話しかけて、おかしなことをしているけど、まぁ、それで彼女が幸せで、自分に害がないなら、余計なことを言わずに、好きなことをさせよう。と思っていることでしょう。

この映画も誘いましたが「僕がベビーシッターをするから楽しんでおいで〜」と快く子供の面倒をみてくれました。でも正直この映画は科学的アプローチから「水」を語るので、旦那さんにも観て欲しかったな。



さてさて、映画の話。


この映画では、現代の科学ではまだ解明できていない「水」の持つ摩訶不思議な性質について、

ノーベル賞受賞を含む一流の科学者や研究者、宗教者によって、

研究成果や、歴史的知見、信仰、哲学的思想によって、迫っていきます。



その驚くべき事実「水の真実」とは!?

「水というものの重要性」

「水の持つ秘めたる力」


というものを、を改めて実感することができました。


以前も少し紹介しましたが、江本勝先生の「水からの伝言」大好きです。
江本先生の本を読んだことのある方には、更にヴィジュアルに客観的に理解が深まりお勧めの映画です。

全くご存じない方、著書の内容を写真を掲載して紹介してるページがありました。こちら。映画のイメージが少し掴めるかと思います。



世界では水資源の枯渇が危惧されています。

人の身体は年齢によりますが、60%〜90%が水分だそうです。



人類は、今ここで、水の大切さをもう一度、踏み止まって、考えるステージに来ていると感じるのです。
[PR]
by simplicity_circle | 2010-03-01 11:19 | WAKE UP!
<< しばらくコンピューターが壊れて... AVATAR >>