<< AVATAR Kar と Lee >>

エハン・デラヴィさん

エハン・デラヴィさん の講演会?+上映会が終わって、あっという間に一週間もたってしまいました〜。

忘れないうちに記録を〜〜!!

エハンさんのトークを実際、目の前で聞く前まで、
あのお笑い!?のキャラで宇宙の真理について語るというエハンさんを、
自分自身、どんな風に受け取るのか想像ができませんでした。
著書も読んだ事がありませんでした。

その感想は... 

「もっともっと聞きていた〜い!」 でした。

日本語のセッションだけ聞いて、名残惜しく会場を後にしました。

あのおどけたキャラで、話す内容は本当におもしろくって、なのに深い!
伝えたい事があまりにもありすぎて時間が足りない、だから話は飛ぶ飛ぶ。
その話、もっと深く聞きたい!
と思っても、次の瞬間は別の話題!

他の方がおっしゃっていたんですが、本当に知識がこぼれ落ちるという表現がぴったりでした。

たくさんのインスピレーションを受けました。

話の内容は、驚愕な説もありながら(少なくとも私には!)
なるほどぉ〜と、頷けるものでした。あの会場に足を運んだような方には自然に受け入れられる内容だったと思います。

あまり精神世界を探究されてない方には、誤解されてしまうかも!という話題もたくさんありました。
そこがおもしろかったんですけどね〜!!

(家の旦那さんみたいな方にはちょっと無理だったかな!?と思ったんですけど、英語のセッションでは、全く違って、まじめで地に足の着いたアプローチだったそうです。エハンさんも相手を観てちゃんと使い分けるんですね。。)



ひとつ、他で聞いた事がなかった説をここに書いてみますね。


この私たちのいる太陽系は螺旋状に回転しながら宇宙の中を移動している。
これが最新の科学なんだそうです。

エハンさんによると私たちが知らされている科学はこれっ位。(膝丈)
本当の科学はこれっ位(頭より上)進歩しているという事です。

私もこれには強く同意します。私たちのこの世界は傲慢で強欲なたった一握りの人々によって、意図的に科学的な進歩が停滞されていると信じておりますから。学問も医療も経済も政治もメディアも、彼らの意図に合う様に、都合良く統制されていると。 

でもこの変容の時代、これらの統制にもひびが入ってきているとも、考えています。

エハンさんは、こんなに深く広い知識を携えた方なのに、メディアに出てくる彼の印象は少し違うと日本にいる方から聞きました。

エハンさんは、難しい事を言うと、編集でカットされてしまうとおっしゃっておりました。

メディアの大衆を先導したい方向が見えませんか?
それともただ単に、大半の人が思考という機能を停止させていて、難しい事を望んでいないのでしょうか?



さて、太陽系が宇宙の中を移動しているとしたら、この太陽系も、この銀河も!?宇宙の中を旅をしながら、巡礼していると言えます。

だって、私たちの魂も、地球という場所で、巡礼の旅をしているのですから。
「人生は旅」なんていう表現もありますよね。


そう考えると、私たち、宇宙に存在する全ては巡礼の旅にいると解釈できるのです。


こんな想いが、『地球巡礼者』というエハンさんのこの映画に込められていました。


有名な『神々の指紋』のグラハム・ハンコックさん
思想家サティシュ・クマールさん
人類学者、エコロジスト、シャーマン、物理学者、植物学者、巡礼者、全く異なる分野の方々からのメッセージとともに、エハンさんの巡礼の旅に

深い深い、共感を覚えました。

パチャママ(母なる大地)への祈りのダンスをしている巡礼者のシーンで涙が抑えられなくなりました。

巡礼とは、人生とは、自然に大地に宇宙に感謝の気持ちと畏敬の念を持って、日々の暮らしを、喜びとともに生きていくことなんだ。
上ばっかり見ていてもだめ、下ばっかり見ていてもだめ、
過去も未来もなく、今を今日を毎日一生懸命生きようと改めて実感しました。

この地球環境の行き詰まった現代を生きている私たち。
このまま同じ方向へ進んでいったら、未来がないと誰でも感じているはずです。
私たちは変わらなければいけないのです。

エハンさんは、そんな現代を生きる人類を
「さなぎから蝶になろうとしている変容期」と表現します。
私たちがまず意識の浄化を行い、全ての価値観を根本から転換していく必要性があるのです。

あの葉っぱをむしゃむしゃ食べる青虫をみても、お世辞にも「美しい!」と言えません。
あのいも虫がどうやったら、あんなに美しくエレガントな蝶に変容するんだろう???


神秘的な何かを感じませんか?



私たちも蝶になれるのですか? 素敵ですね。





セレブレーションです。


今の状況を嘆き、悲観しても、全く意味がありません。


古いシステムの崩壊をみんなで祝いましょう!!


サティシュ・クマール氏






[PR]
by simplicity_circle | 2010-02-14 07:10 | スピリッチュアルに!
<< AVATAR Kar と Lee >>