<< 毎度のことですが... 自然農法&パーマカルチャーのお庭 >>

日本の水源地を中国資本から守ろう!!

今日は、どうしても気になるニュースがあったので紹介します。

中国資本が日本の水源地を買収 危機感強める林野庁、調査開始
msn産経ニュースより

日本国内の水源地に中国資本が触手を伸ばしている実態が明らかになっているそうです。

その背景には、中国での深刻な水不足があるのでは?と専門家は推測しています。

「よい木材」ではなく、急斜面で伐採後の木材の運び出しに多額の費用がかかるような土地を「いい木があるので立木と土地を買いたい」と言って買収しようとしていたり、「今の市場価格の10倍の金を出す」などとかなり強気の姿勢もあるようです。

あたくぴ、このニュース、とても、とても、とても、恐ろしいことだと思うのです。

何があっても中国資本に日本の大切な自然を支配させてはいけないのです。
取り返しのつかないことになると思うからです。


彼らは貪欲です。己の利益しか興味がありません。

彼らは自然に畏怖も感謝の念もありません。

彼らの開発の後に残されるものは、自然の強奪と破壊、汚染と喪失です。


たまたま先週こんな動画を見ていました。わかりやすい例なので、見てみてください!
(1/2) 住民の怒り爆発!中国アフリカ進出の実態 
(2/2) 住民の怒り爆発!中国アフリカ進出の実態 


どうか、日本の森林の土地保有者が「目先の利益という欲」に目がくらむことがありませんように!!!


************************************


中国について、思うことを、ちょっと突っ込んで書いてみます。

以前、中国産について書いたことがありますが、あの環境汚染は尋常ではありません。
他にも、あまりにも非道な人権問題についてもあちらこちらで見かけます。

共産主義政党による一党独裁国家というものに恐ろしさを感じるのです。
独裁国家には「支配・権力・金・欲」という言葉がちらつきます。
(あれ資本主義国家の国際金融家と同じだ。黒幕は同じと言われていますが、やっぱり...)

人々は、思想、言論の自由もなく、抑圧されています。
政府により、政府にとって都合のいい情報、思想を刷り込まれています。
政府に都合の悪い事実は隠匿されます。

特別注意深く見なければいけない国だと判断します。


一応お断りしておきます。

あたくぴ、海外で暮らしておりますから、当然中国人の知り合いもたくさんいますし、その人達はいい人です。だから、人種的に批判する気持ちはありません。

また、日本だって、オーストラリアだって、世界中の先進国は、大なり小なり、後進国の資源を金に言わせて買っています。

共産主義国でなくても、資本主義国でも大なり小なり、政府のプロバカンダの刷り込みはあります。


でも中国共産党と中国資本のやり方があまりにも酷いと感じます。

どうか日本の美しい自然が彼らの毒牙にかかりませんように...。


そういえば、数ヶ月前、沖縄の自然を米軍から守りたいって書いたな...

やっぱり黒幕は同じかな???

[PR]
by simplicity_circle | 2009-05-13 11:28 | WAKE UP!
<< 毎度のことですが... 自然農法&パーマカルチャーのお庭 >>