<< ふとんが恋しい マクロビ的な男女の違い >>

今日はまるっきりの転載です

以下、木花万乃さんのブログ木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示 からの全文転載です。最後のオレンジの文字だけがあたくぴの文章です。ご了承くださいませ。

2008年02月22日
順序と雛飾り
b0113192_926969.jpg

以前にも少し記した事がありますが、宇宙の法則というのは順序、序列を非常に重んじる仕組みです。

全てのエネルギーは循環しています。しっかりと循環するためには順序が守られている事がとても大切です。

雛祭りが近づいてきましたので、今日はその「順序」の中でも特に男女の並びについて記したいと思います。

雛飾りを飾る時や、結婚式の高砂、結婚写真など、現代では、大抵男性が自分にとって右側、女性が左側に位置しています。
この並びは、近代日本となって国際儀礼に合わせるために逆になったと言われており、それに合わせて雛飾りもその様に並べるのが一部地域を除き一般的となりました。

しかし、この並びは実は宇宙の法則から見れば誤りであり、天地逆転をもたらす一つの原因となっています。

まず左右の語源についてですが、
左は「火足り」です。右は「水極り」です。

ですから手で言えば左手は「火」の役割。右手は「水」の役割。
手を合わせる事により、「火水」(カミ)となります。

同じように男の役割は「火」です。女は「水」です。
やはり合わせて「火水」(カミ)となります。

すなわち、「火・左・男」「水・右・女」とくくられる事になります。

結婚式の際には、夫婦となって男は自分にとって左に位置し「夫・火」の役割を果たしていく事、女は右にて「妻・水」の役割を果たしていく事を神様にお約束をしなければなりません。結婚式とはそのような重要な意味を持つものです。
この時逆に並んでしまうと、お役が逆になってしまいます。

しかし、男には女の能力はありません。女にも男の能力はありません。
男は天で女は地です。お役を間違えれば天と地がひっくり返ってしまいます。
男は柱で女は土台です。お役を間違えれば家がひっくり返ってつぶれてしまいます。

間違えてはいけないのは、順序は守らなければなりませんが、それはどちらが偉いとかそのような階級付けをするためのものではないと言う事です。それぞれが神様から与えられた本来の能力を生かし、補い合い、エネルギーを循環させるための順序です。

もう、雛飾りを出されている家庭も多いと思いますが、お内裏様とお雛様の並びを確認されてみてください。

既に間違えて結婚式をしてしまった、写真を撮ってしまったと言うご夫婦もこれからは、改めるよう意識をしてみてください。

大した問題ではないと感じるかもしれませんが、「型示し」と言うのは思った以上のエネルギーがあるものです。
日本全国のひな人形、高砂の並び、結婚写真がきちんとした並びに変わってくれば、忘れられてしまった男女の役割を早く取り戻す事ができるでしょう。


 
あたくぴの結婚式の写真、私は右側に写ってます。という事は旦那さんは私の右に立ち、私は旦那さんの左に立っています。
これは反対です。
どおりで、我が家は逆転しているはずだ。
手抜き主婦であります。。。

いけない、役割役割、ご飯を作らなければ。。。


もひとつおまけの神示、これも宇宙の順序についてです


2006年06月04日
平成18年6月3日

古代日本が守りつづけた順序とは、天と地の事がひとつ。
夫が天で妻が地。
また、長男には長男の役割りありて生まれ、次男には次男の役割りありて生まれる。
その順番変えてはならず。
天と地は決してひっくり返ってはならず。
人間は全て平等なり。男女も同じく平等なり。
されど、男と女ではお役割が違いし。
それぞれのお役割を果たして、初めて男女平等となりゆく。
天と地の順番守りゆけば、家庭も順調、平和なり。
真の男女平等をしっかりと考え、意味を理解する者増えゆかば、この世も変わるなり。
親と子、その順序も間違えねば、親殺しなどおきるはずもない。
親と子は親と子。肩並びに並ぼうなど思わず、しっかりと我が子を見れば、子は間違わぬ事、なぜにわからぬ。
人間は皆根底を見直す時期来たり。
[PR]
by simplicity_circle | 2009-02-16 09:26 | スピリッチュアルに!
<< ふとんが恋しい マクロビ的な男女の違い >>