<< 人災からフェミニズムに?? 地上の楽園 >>

自然災害

先週末から始まった、VIC州でのブッシュファイヤーについて、どうやって書こうかしばらく考えていました。

この大惨事は日本のニュースでも流れていましたね。本当に惨いです。胸が痛いです。

自然の脅威というものをまざまざと見せつけられています。

QLD州では1月以降、豪雨を伴う2つのサイクロンに見舞われ、州土の60%以上が洪水となっています。サイクロンによる破壊と洪水で大変なことになっています。

あちらこちらで観測史上初という言葉が聞こえてきます。

まず、これらの災害によって、被害にあわれた方に心からの花心と虹心を...

世界中で益々頻繁に起こる自然災害。他人事ではないのです。
どこで起こるかなんてわかりません。
心して、暮らしていかなければいけないと思います。

これらの災害は「地球」と「地球に存在する生命すべて」を救うためのもの。
とスピリッチュアルの世界では言われています。

こういう事を信じられない方には到底受け入れられない考え方でしょうね。

だから不快に思った方はここで、読むのをやめてください。。。


*******************************************************************


地球上に浄化の嵐が吹き荒れると、何年も前からずっと警告され続けています。

あなたの目の前に起こるすべての事は「気づきなさい」というメッセージ。
災害もそうなのです。

さて、何を気づけと言っているのでしょう???

答えはシンプルです。

人間は傲慢さを捨てて、自然へ還りなさい。霊性を取り戻しなさい。

もう、物質至上主義を捨てて、今のままの経済成長を求める幼稚な考えを捨てなさい。


どうしても捨てきれない人のところには、これでもか、これでもかと、捨てる助けがやってきます。

荒行事です。でもこれはあるべき姿へ戻すための試練です。

「心して暮らす」とは、自然に畏怖の念、敬意を持って生きていくということなのです。
「自然と調和」「共生」の意識です。

他の言い方をすれば、災害も因果応報です。
災害は天災であれ、人災であれ、自然からの因果応報。
それぞれの魂のカルマの摘み取りでもあります。

どんどん話は飛んでいってしまうのですが...

私たちのほとんどは、この三次元の地球上で人類有史以来、輪廻転生を繰り返して、カルマの摘み取りをしています。

花の(良い)種をまけば素敵な花(カルマ)を摘む事になります。
いばらの(悪い)種をまけば辛いとげ(カルマ)を摘む事になります。

ほとんどの魂は、生きて、死んで、生まれ変わって、この世、あの世を行ったり来たりしています。

それが、なんと!今のこの時は...

地球上での輪廻転生の最終章なんですって!

今、この現在に生を持っている人はそれだけで特別な存在で、
リレーで言えば、最終アンカーなのです。

ってあたくしたちってすごくな~い!???

だから、今ここで頑張って生きているそこのあなた!

あなたは、クラスのリレーの選手に選ばれて、しかもその中でもアンカーなのよぉ!!!
クラスメイトの、ものすごい期待を背負ってるんですから。
クラスのヒーローです!

カルマの摘み取りのためだけに生きているのではありません。
輪廻転生の最終章をまかされているのですから!!!

ちなみに、輪廻転生はレースではないので、他のチームを負かすとかそんな事でなく...あくまでも、すべての魂の成長が目的ですけどね。

よく旦那さんには「っで、成長した先には何があるの?」と聞かれます。

最終的に「大いなるすべて」「サムシング・グレイト」「根源神」へと到達するための果てしない旅だと答えます。

でも、そもそも、私たちすべては、大いなるすべてから、生まれ出て、大いなるすべての一部であるわけで、もともと私たちは一つです。

う~んだから
b0113192_15512662.jpg




こんな感じ。

宇宙に存在するすべてのものが、大いなるすべてに到達して融合しても、それはさらに、果てしなく、旅は続く。

「無限大 infinity」と言うイメージです。

「宇宙は無限であって無でもある」

↑これがいまのあたくぴの精一杯の解釈です。

ぜぇ~んぜぇ~ん、的外れだったりしてね^^ それはそれで、成長の過程。あはは。

あたくぴ、阿部 敏郎さんの「巨大なタペストリー」での表現に、涙が出そうになりました。
ぜひ、そのビジョンをあなたの想像で見てください。

さて、果てしない旅の話に戻ると、この時期に命を落とすことになった人については...

魂の上での同意があるそうです。

そしてあの世の四次元の世界から、この世の三次元の世界の私たちと一緒に、
三次元四次元の輪廻転生の世界を卒業するために、同じように頑張っているそうです。

宇宙の法則は自由意志です。

すべての事象は自由意志によって選択されて起こるべきして起こることです。

いつ、どこで、誰のところに、この性別で、といった宿命も、すべて自分で生まれる前に自由意志で決めて生まれてきます。

だから自分の性別、親、家族、境遇、に不満を持っているという事は、自分の魂が求めているものから遠くかけ離れていってしまっていると言うことです。
そこには必ず、学び、カルマの摘み取りという必要性があるので自分で選んでくるのです。

生き方、どんな勉強、仕事をする、誰と出会う、結婚する、しない、子供を持つ、持たない、こういった運命も、自分の考えや選択で引き寄せるものですから、これも自由意志。

っということは、解決する手立てをもたずに、状況や、他人にだけ不満を持ち続けてはいけないということなのです。


さてさて、こんな事を考えていても、実際の自分を振り返ると...

小さなグチを気のおけない友達に聞いてもらって、
結局はそんな小さなことで愚痴る自分がちいさっ!という結論にいたって、
あたくぴ、人間まだまだ小さい!と自己分析しながらも、
吐き出して、気分がすっきりしている自分がいます。
でもそんな小さな自分も認めてあげるのです。
だって、無理に背伸びしてもしかたない。
でもこうでありたい自分をブレずに持っていたいです。


今日はなんだか人間の霊性についての基本の基本を書いてしまいましたね。

なんででしょう???


こんな最後まで読んでくれてどうもありがとうございました。。。
[PR]
by simplicity_circle | 2009-02-13 16:04 | スピリッチュアルに!
<< 人災からフェミニズムに?? 地上の楽園 >>