<< 自然災害 ついに学校がはじまりました! >>

地上の楽園

これこそ地上の楽園!?


またまたきくちゆみさんのところからの紹介で~す。

スピの間では、地球全体がこんな世界になっていくと言われています...
極寒のシベリアですでにこんな世界が実現されているなんて...

すごいです。

『 アナスタシアの回帰』

シベリアの森で自然そのままで一人暮らしをしていた美しい女性、アナスタシア。1995年に発見された彼女のライフスタイルとは、「野生」の動物たちが自ら彼女の元へ持ってきてくれる果実や木の実、ベリーやキノコを食べ、平安に生きているという奇跡に満ちた生き方。それは現代の文明社会に生きる私達にとって、まさに驚嘆すべきものでした!彼女の人生の中の『奇跡』とは、自然が地球とともにあるように、当たり前のように彼女の生活に満ち満ちたものでした。自然を理解し、未来を予知し、テレパシーで交信、テレポーテーション・・・etc、それらを当たり前のこととして、その中で自然に生きているのです!そんな彼女が伝える叡智は、人々に感動と「気づき」を与え、既に、ロシアの数知れない人々のライフスタイルを自然へと回帰するものに大変貌させているのです!
今回、招聘するレオニド・シャラシュキン博士もその例外ではなく、アナスタシタとの出会いによって実業界のエリートへの道を手放し、深い精神性に根ざした自然の中で、自然と共存するエコ・コミュニティを育み、それらの活動を通じて彼女の叡智を人々に伝えるために世界規模の活動を展開しています。
今もなおそのライフスタイルを続けるアナスタシアを私達が知る手だては、シャラシュキン博士が英訳した書『響きわたるシベリア杉』しかありません。これまで画期的と言われてきた技術がどれほど原始的であるかを明確にすると共に、『信じがたい能力』と言われてきたものが、本来人間に備わっている当たり前のことである、ということも丁寧に伝えてくれています。そして、人類の新文明がたどる未来がどのようであるかもはっきりと語っています。実際にその本を読んだ多くの人々が喜びに満ち、自らの生き方を手作りで拓いています。
アナスタシアは語ります。人の本来あるべき生き方は、世界を再生させる手だてとなる、と。今回、シャラシュキン博士に講演いただけるということは、その叡智に触れ、来る未来に力強く生きることへの何よりもの宝となるに違いないのです。
時空の証明・コズミックラブ実行委員会

STAR NATION PROJECT からの転載 

あぁ香川に行きたい... 講演、明日もあるんですって。


アナスタシアのガーデン。写真が掲載されています。

あぁこんな暮らしがしたい...

自然とは完璧なのです。「無為自然」

やっぱり見ている未来はみな同じです。


『響きわたるシベリア杉』

日本語翻訳をゆみさん、出版していただけないでしょうか。。。

英語版はこちら


きくちゆみさんのところで紹介されている「ローフード」ずっと気になっています。

アナスタシアさんもローフードなんでしょうかね?やっぱり。

これからの未来、人間に求められるものは、「ローフード」???



ちょっと食べるものについても書いてみたいです。。。
[PR]
by simplicity_circle | 2009-02-10 12:07 | 自然に還ろう!
<< 自然災害 ついに学校がはじまりました! >>