<< オバマ大統領 シークレット・エージェント >>

扉を開く

世の中不況ですね~。
暗いニュースに胸が痛くなります。

そんな時は、虹心、花心。
勝手に贈らせてもらってます。

でね、やっぱりこう思うんです。

今、困難の中にある人は、ラッキーな天からのありがたいメッセージ。
気づきなさ~い。本当に必要なものはなんですか~。
心眼をひらくチャンス到来だよ~!

さて、そんな他人事のように書いているあたくし...
心眼は開いているのでしょうか?
自分の身に起こったら、慌てふためいて、自分の状況を嘆いたり、哀れんだり、怒ったりするのでしょうか?

するかもしれませんね~。
だからこんな事を書いて自分を確認してます。

オーストラリアは季節がひっくり返っているせいか「風が吹けば桶屋が儲かる」の経済波及効果がいつも半年から1年遅く来ます。その逆もしかりです。

日本より遅く、ついにやってきそうです。大きな波が。

【キャンベラ19日AAP】アクセス・エコノミックスは、オーストラリア経済がかつて経験したことのない急激な経済の悪化の開始に向けて備えるように警告を発した。

 アクセス・エコノミックスの専門家は「かなり厳しい事態が我々を待ち受けている。状況は急激に悪化する。これは単なる不況ではない。オーストラリア経済がかつて経験したことのない急激な悪化となるだろう」と予想している。

慌てふためかないように、地に足をどぉーんとつけて乗りきるぞ!

そのために自給自足を夢見て、ブログを書くことによって心の準備だけはしてきたのですから!!


旦那さま! 本当に現実に起きてるでしょう!!

数年前から旦那さんにむかって、ひとり鼻息あらく主張していました...

大変な時代がくるのよ~。経済が破綻するのよ~。
だからこの現代社会にどっぷり依存しない生活をしようよ~。

何を根拠に...とため息まじりだった彼。

とはいえ、現代社会の行き詰まりは誰の目にも明らか。
地球温暖化やら天然資源の枯渇やら環境汚染...etc
経済が破綻しても、しなくても、環境を守る一つの方法になるのなら田舎生活もいいんじゃないというスタンスでした。

それでも私の主張にどうしてもクールに反応する彼。

その冷めた態度は、私の情報源がスピリッチュアル&陰謀論だったからです。

スピリッチュアルというものは、生まれ変わりとか、高次元の存在からメッセージとか、彼には限りなく怪しい世界と映るようです。
自分の感覚で体験しない限り、懐疑主義を貫くことでしょう。

陰謀論とは世の中のいろいろなことに、背後に何か意図を持って結託して世界をコントロールしている極少数の人々、組織がいる。

それらの事実はマスコミ、学問、政治、経済、科学、信じられないくらいあらゆる業界で統制されているので表に出てくる前につぶされています。だから一般の人は彼らにとって都合のいい情報だけを与えられて、マインドコントロールされている。というものです。

一昔前は陰謀論として片付けられてましたが、今は真相究明論です。

怪しい、根拠がない、マインドコントロール、カルト...と拒絶反応を起こす気持ちもわからないでもないです。確かに本当にそういう人たちもいますからね。

でも私達が信じている世界に疑問を持った時、
スピや真相究明論に真実を感じる答えがあったとしたら、
全てを否定することの方が極端だと思うのです。


*********************************************************

アメリカ発の世界経済危機が2007年頃から始まって激動の2008年2009年になる。
こんな噂がまことしやかにスピ系の間では囁かれておりました。

陰謀論の世界では成長しないと破綻してしまう経済システムやそれによって、莫大な富を築いている人たちが暴露されていました。世界経済の崩壊も予測していました。
このブログでも「Money As Debt」を紹介しました。

そんなおり、2007年の8月にサブプライムローン問題が発覚したのです!

おぉ~!もしや、スピ系のメッセージや陰謀論とよばれるものは、ほんものぉ~??

あたくし、興奮しました。

そして徐々に確信を深めてまいりました。

サブプライム後、世界経済の流れが激しく変動していることは、
いくら、スピや真相究明論を受け入れなくても、否定できないですよね。

うちの旦那さん、最近の毎日のニュースに、私の主張に対する冷めた態度が、
前とは少しばかり、変わってきています。

あなたも扉を開けてみますか? あたくし←ココでたくさん勉強させてもらいました。

*ちなみにあたくぴのスタンスは、その背後の存在の名前や、誰がいるという細かい事は、あまりにも闇が深く重視していません。糾弾することも目的ではありません。
ただ知るという事が、そのコントロール下から脱け出すために有効な手段だと思うのです。

どうせ消えていなくなる勢力です。
この世では必要な悪という役割を演じているだけですから...

知らない人には「驚愕の事実」が表のニュースに出てくる日も近いかもしれませんね。


オバマ大統領、もうまもなくですね。楽しみです。

056.gif056.gif056.gif056.gif056.gif
[PR]
by simplicity_circle | 2009-01-20 12:53 | WAKE UP!
<< オバマ大統領 シークレット・エージェント >>