<< 戦争というものの本質を見よう 電磁波について >>

The hill of Dugongs 「ジュゴンの見える丘」




2007年のLIVE EARTHでのCoccoさんのビデオです。
私はこれを見た時、涙が止まりませんでした。

歌って、アートってすごいですね。端的です。
私には何ページ書いても感じている全てをうまく伝えきれないのに。。。


****そして、その後のすばらしいニュース****
「ジュゴンがペンタゴンに勝つ」

サンフランシスコにある連邦地裁は1月24日、沖縄県名護市辺野古付近に建設が計画されている「普天間飛行場代替施設」の是非について、03年から審理を続けていた「沖縄ジュゴン対ゲイツ訴訟」で、原告ジュゴン側の勝訴判断を下しました。被告はロバート・ゲイツ国防長官です。提訴時はドナルド・ラムズフェルド長官でした。
********
以下は、沖縄で体を張って基地建設を阻止している牧師の平良夏芽さんのコメントです。

今回の連邦地裁の決定は、アメリカという国は大国だけあって、酷いこともするけど、アメリカ人の中には良心的な人たちがまだまだいる、ということの証明。ジュゴンという最も平和的な生き物が最も暴力的なペンタゴンに勝訴したということで象徴的です。今回の地裁の決定の最大のポイントはアメリカ政府が自分たちの責任を認めた、ということ。これからのわたしたちの運動のポイントは、アメリカの良心的な人たちとどれだけ繋がっていけるか、ということです。

以上、きくちゆみさんのブログより転載

ジュゴンはイルカや鯨と同じように、高次元の澄んだ魂の生き物。

ありがとう。。。 

私は沖縄二世。

父と母は沖縄出身。
私は内地生まれの内地育ち。ほとんどやまとんちゅう。
おばぁの話す言葉はわからない。子供の頃の電話の会話は一方通行。
基本の基本ならわかる!あきさみよ~、わらびんちゃ~、で~じ~、あがぁ...

こんな私ですが、我が家の食卓は気がつくと何でもちゃんぷる。
ゴーヤー大好き。

そしてなによりも、うちなんちゅうの心はしっかり受け継いでいる。

ありがとう、お父さん、お母さん、そして親戚のみんな。

沖縄の唄を聴くと心が震えます。
平和に対する思いは熱いです。

これもDNAのなせるわざなのか!?

みんなに伝えたい気持ちはたくさんある。沖縄にある米軍キャンプのこと。
戦争が始まる、本当の理由。

もし、興味を持っていただいたら、ゆみさんのこのページ読んでみてください。

沖縄で見かける若い米兵の攻撃的な態度の理由がわかります。
彼らも母国では普通の人。キャンプの中ではそんな彼らを兵器に変える洗脳が行われているのです。それが軍隊の訓練というものです。

こんな軍隊や戦争がなくなる世界がやってくることを願います。

そして近々そんな時代がやってくると信じております。

だって本当に、戦争を起こして莫大な富を築いている人々が崩壊しかかっているんですから。

光の時代です。ふふふふふ。

だから彼らは軍需産業で何とかしようと、やっきになって戦争を起こそうとしています。

どんな国もそんな彼らの手口に載る事がありませんように!

今こそ日本も立ち上がって世界の理性となることを願います。

それができる国だと信じております。


これ以上人々が苦しむ前に...

これ以上美しい自然が破壊される前に...



次回はガザについて
[PR]
by simplicity_circle | 2009-01-08 11:34 | WAKE UP!
<< 戦争というものの本質を見よう 電磁波について >>