<< The hill of Dug... 少し嬉しかったこと♪ >>

電磁波について

私は携帯電話が好きではありません。
なんか耳や頭が異常に熱くなるのが気持ち悪いのです。

片手がふさがっていたので、受信中の携帯のアンテナを自分の胸で支えて開いたら、

その瞬間「ズズズズズッ」ってすごい振動が体に伝わった。

うわぁっ、気持ち悪い。

まだ妊娠中だった私は「赤ちゃんごめんね~」と、その後はできるだけお腹に近づけないようにしました。なんか怖いです。

でもやっぱりあると便利です。


去年の暮れ、携帯を切った後、頭がすごく痛かった。通話時間をみると、1分も話していない。前は2.3分話すと頭が痛くなっていたけど...

なんだか電磁波を受け付けない体になってきたかな~なんて思って、その日に黎明さんのブログを見ると、なんとタイトルは「携帯電話の電磁波」ちょっとシンクロ。うれしかったです。

まさに人体が携帯電話の電磁波を拒絶し始めているのである。ということが書いてありました。



さて、ここからは認識の違いについてのぼやきです。

また前回の義理の両親に話は戻るのですが、この方ふたりは科学技術が大好きです。というか、学者として西洋医学の先端にいたのです。

だから!?電子レンジも大好きです。自分達が現役のころ20年近く住んでいた家にはなんと!コンロがありません。毎日2台の電子レンジをフル稼働して生活をしていました。

二人とも、博識のある方達です。だから私なんかが下手な意見を述べても...と彼らのすることに口出しをするつもりはまったくないのですが...

電子レンジを使わないという行為がすでに、彼らの意見に反することになってしまうのですね~。

彼らはちょくちょくうちに遊びに来てくれます。1週間くらい滞在することもあります。毎回寝食を共にするので、どうしても考え方や方針の違いを隠すことができないのです。

とてもできた人たちなので、私を批判もしませんし、私の考えを尊重してくれます。

でもここ数年、考え方や行動が、ますますヒッピー化していく私。

「非科学的なことで神経質」と思ってるだろうなぁと肌でビンビン感じています。


今は、電子レンジは暖める時だけ短時間で使います。その時に子供達をキッチンの外に出るようにしつけています。すると...

母:「電子レンジの電磁波は安全なのよ。そのテレビの電磁波の方が害があるのよ」

私:「そうよね、TVも電磁波が強い。だからいっそのことTVなんてなくてもいいかも、て思う。TVのBIG Fanでもないし、時間の無駄になるし 、子供達のためにも無い方がいい...」

母:「聞いて、TVを否定するけど、いいプログラムもたくさんあるのよ」「壊れたアンテナ直さないの?」

と、この会話、もう既に何度していることか。。。。


毎回のことで少しばかり疲れる。。

同じようなパターンの会話が、化学化合物質、オーガニック製品、栄養学、医療について...いろんなことで同じように繰り返される。


科学者のリポート、世間一般常識で認められていることと、違うことばかり信じている私。

奇異に感じるだろうなぁ。


でも私は現代社会の常識に????なのです~!!!!

自分が間違いと気がついたらいつでもすぐ訂正しまぁ~~す。



グランマがよく子供達に携帯で話をさせるので、ある日、ついに言ってしまいました。

「子供には携帯を使わせたくないの。私って本当に神経質でごめんなさい」

グランマは短時間なら大丈夫よと言いかけたけど、

「電磁波が安全と認められていることも知っているけど、将来やっぱり安全ではなかったと検証された時に、当時私も安全性を疑ってたのに、子供達に使用させてしまった。。。って後悔するのが一番イヤなの。だから念のため」

それ以来、子供に対しては電磁波について何も言わなくなりました。

Organic Milk 同様、少しずつでも距離が近くなっていくといいな。



あぁ~でも私。本当は電磁波測定器を買いたいのです~。
うわっ!この電気機器、こんなに電磁波出てるぅ~。ってわかると楽しいと思いません? 

以前も紹介したブログ「家庭菜園は地球を救えるか?」の電磁波を考える。参考になります。

私もWHOが10年かけた調査の結果だした国際基準値は結局は健康や安全性よりも経済優先だったと思います。
[PR]
by simplicity_circle | 2009-01-07 11:42 | WAKE UP!
<< The hill of Dug... 少し嬉しかったこと♪ >>